法隆寺は太子の怨霊を沈めるために藤原氏の思惑によって建てられたもの
●聖徳太子 - http://bit.ly/rARV2V 抜粋
山岸涼子氏の「日出処の天子」を読んで聖徳太子に興味を持ち、次に読んだのが、梅原猛氏の「隠された十字架」。
法隆寺は太子の怨霊を沈めるために藤原氏の思惑によって建てられたものだ、とする大変ショッキングな内容でした。
それ以後太子に取り憑かれたように太子にのめり込んでいきます。


私はこの文で初めて知り昔の人はいろんな伝説を持つものだと思った。
特にこれだけ日本国民に愛される人たちは特別なのかとも。


一時は流行った聖徳太子はいなかったという陰謀説の前に調べてみると色いろ有るものだ。


●聖徳太子 - Wikipedia http://bit.ly/vuROn1
●聖徳太子 - 飛鳥の扉 http://bit.ly/vE4siw
592年,推古天皇が豊浦宮(とゆらのみや)で即位し,甥(おい)の廐戸皇子(うまやどのみこ-「聖徳太子」)が皇太子となった。
廐戸皇子(うまやどのおうじ)は推古天皇の摂政となり,政治を行った。聖徳太子は大王(天皇)中心の政治をめざし,遣隋使派遣,冠位十二階や十七条憲法を制定した。
また,四天王寺・法隆寺などを建立した。

飛鳥時代は渡来人が活躍した時代でもある。その渡来人たちが伝えた仏教は日本に大きな影響を与えた。
大和王権の有力な豪族に蘇我氏と物部氏がいる。
蘇我氏は渡来人の東漢氏(やまとのあやうじ)や西文氏(かわちのふみうじ)とつながり,大陸の文化を多くとりいれようとしたり,仏教を崇拝し自宅に仏像をおいたりした。
物部氏は石上神宮を氏神とし,中臣氏や忌部氏とともに排仏を主張した。こうして蘇我氏と物部氏の対立が激しくなっていく。
この動乱の中で廐戸皇子が登場し,大王を中心とした争いのない国づくりを目指していく。


「聖徳太子」は個人名ではなくは、後世「厩戸皇子」につけられた称号(諡号)です。厩戸皇子が推古天皇の摂政として活躍した時代には「聖徳太子」という称号はありませんでした。

「聖徳太子」と呼ぶとき、それは「厩戸皇子」以外の誰でもありません。ただし、「聖徳太子」の称号が一人歩きし、様々な伝説・信仰を生みだしてしまったのは確かです。

と書いてあったけれどもそれが事実とすれば安倍晴明や空海や役行者の様に死者を蘇らせて使役として使った。


伝説とは面白いもの。
蜂須賀小六が一夜城を作ったのも似たものなのかな。
実際にはシテイない起こっていないことをさも有ったように創作してその人の伝記に塗り固めていく。
事実ブラス創作が多いのかな。

●【聖徳太子謎紀行】 http://www.shoto9taishi.com/

●聖徳太子とは誰のことか http://bit.ly/rs3nq0

●聖徳太子と法隆寺 http://www2.biglobe.ne.jp/~t-iwata/horyuzi.htm

●聖徳太子 http://bit.ly/vbekbg 抜粋
「聖徳太子とはどんな人?」と問えば、多種多様の返事が返ってくるでしょう。

逆に言えば、聖徳太子を知らない人はいないと云っていいのでしょう。

こういう人って他にどんな人がいるでしょう。

「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」ッてところですかネ。

次のレベルに行くと「卑弥呼」、「神武天皇」、「中大兄皇子」、「藤原道長」「平清盛」、「源義経」、「足利尊氏」、「徳川慶喜」でしょうか。

それにしても聖徳太子の知名度はなんなんでしょう。私のようなちょっと歴史好きの人間を始め、一般的にいってイメージや知識といえば以下のようになるのではないでしょうか。

1.馬小屋で生まれた。
2.推古天皇を助けて、冠位十二階、憲法十七条を作成。
3.仏教を保護し、広めた。
4.一度に十人の話を聞いた。
5.法隆寺を建てた。

こんなところではないでしょうか。

このHPは聖徳太子に対する知識やイメージをさらに深いものにしていただくために稚拙ながら作ってみました。


このページなどは面白かった。

最近では 坂本龍馬の方が知名度は高いと思うけれども、
空海なども知名度は高い。

こんな人が現代に一人でも蘇ったらどうするかな。


●聖徳太子陵 http://inoues.net/tenno/shoutokutaisi.html
●聖徳太子墓/太子町ホームページ http://bit.ly/tSYidt
●聖徳太子像摂政像(仏像事典写真画像付き) 仏像ドットコム・東洋仏所 http://bit.ly/uWIh41
http://bit.ly/txgUu3


いろんな説もあり 色んな名所有るようだけど金と時間のない私などはネットで上のようなサイトを巡り楽しんでいる。

どうも子供の頃から言われて聞かされた事から抜けられなくて系統立てて頭の中では整理しきれていない分が多分にある。

それでも先に書いた空海などと一緒で生活の一部になっているのは間違いない。

日本人て素晴らしいとつくづく考える今日この頃です。

AD