今日1月23日は何の日

テーマ:

 西暦 2018 年 1 月 23 日 (第4火曜日 旧暦 12月 7日
今日の誕生花
★フクジュソウ(福寿草)     アッツザクラ
adonis     Phodophpoxis paurii
幸せを招く     愛を待つ
fukujyuso.jpg    attsuzakura.jpg
★印画像は、http://www.366flower.net から御提供頂きました。

八甲田山の日
    1902年(明治35年)に冬の八甲田山へ軽装で雪中行軍に出かけた兵士210名が遭難したことによる。本来は冬の重装備が必要だが、指導部の無謀な判断で遭難し199名の命が失われた。
冥王星の日(撮影日)
    1930年1月23日および29日にローウェル天文台(米国)で撮影された写真から後日、冥王星が発見されたことを記念したもの。冥王星の発見は同年2月18日で、こちらも「冥王星の日」とされている。
ワンツースリーの日
    1月23日を「123」で「ワンツースリー」とよむ語呂合わせ。人生に対してジャンプする気持ちを持とうと言う明るい希望の日。
真白き富士の嶺の日
    1910(明治43)年、神奈川県の逗子開成中学の生徒12人が学校のボートで乗り出し、七里ヶ浜で遭難して全員が死亡しました。 この遭難は社会的事件として新聞で大々的に扱われました。この悲報に接した鎌倉女学校の教諭・三角錫子が「七里ヶ浜の哀歌」を作詞し、この歌は全国で愛唱されました。
電子メールの日
    1994年(平成6年)に電子メッセージング協議会(JEMA・現Eジャパン協議会)が制定。「1(いい)23(ふみ)」の語呂合わせから。
[[著名人の誕生日・命日]]
羅山忌
    江戸時代の儒学者・林羅山の1657(明暦3)年の忌日。

●今日は何の日 寺田屋、坂本龍馬襲撃事件~お龍の機転が龍馬を救う
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180123-00010000-php_r-pol
慶応2年1月23日

慶応2年1月23日(1866年3月9日)、坂本龍馬と三吉慎蔵が伏見の寺田屋に止宿中、伏見奉行所の捕り方に踏み込まれる、寺田屋襲撃事件が起こりました。薩長同盟締結直後の出来事でした。

伏見の寺田屋は、江戸時代初めからの船宿といわれます。伏見は京と大坂を結ぶ舟運で栄え、大坂から淀川を遡ってきた過書船が伏見港で荷揚げし、荷物を高瀬船に積み替えて京都市中へ運ぶ中継地点でした。また過書船の中で最小の三十石船は旅人専用の船で、定員28名、水夫4人が乗り込んで、伏見と大坂八軒家間を1日2回、昼と夜に運航していました。その船着場となったのが伏見の京橋で、船宿や旅籠が39軒も建ち並んでいたといいます。中でも大きな宿が6つあり、その一つが寺田屋でした。

寺田屋は薩摩藩の指定宿でもあり、大いに繁盛しましたが、幕末に2度、大きな事件の舞台となります。一つが文久2年(1862)春の、薩摩藩国父・島津久光の率兵上京の際に起きた、薩摩藩士の同士討ちである「寺田屋事件」です。9人の藩士がここで命を落としました。当時、寺田屋にはお登勢という名物女将がいて、亭主を失って後、一人で宿を取り仕切っていたといいます。非常に面倒見がよく、捨て子を育てたり、志士たちを匿ったりもしていました。坂本龍馬もお登勢を「おかあ」と親しみを込めて呼んだといいます。

龍馬は元治元年(1864)8月頃、お登勢に頼んで、恋仲の娘を宿に置いてもらいました。娘の名は龍。京都の医者・楢崎将作の娘で、将作の死後、一家離散の憂き目にあっていたところ、龍馬と知り合ったのです。義侠心に富むお登勢はこれを快諾しました。お龍は住み込みの仲居として寺田屋で働くことになり、やがて龍馬を絶体絶命の危機から救うことになります。

慶応2年(1866)1月22日、龍馬は京都で幕末史の一つのエポックとなる大仕事を成し遂げました。犬猿の仲の薩摩藩と長州藩の手を組ませる「薩長同盟」の締結です。翌23日、龍馬は伏見の寺田屋に戻り、成功を祝って、彼の護衛役である長府藩士・三吉慎蔵やお龍らと、2階の部屋で八つ半(午前2時頃)まで酒を飲み語らっていました。

異変にまず気づいたのは、お龍です。小宴も果て、風呂に入ろうとしていたお龍が、窓の外を見ると、宿を多数の提灯が囲んでいます。即座に彼女は着物もまとわずに2階に駆け上がり、捕り方に囲まれていることを龍馬に報せました。当時、龍馬は要注意人物として幕府方からマークされており、新選組や京都見廻組、奉行所から狙われていたのです。

ほどなく、奉行所の捕り方が寺田屋に踏み込み、龍馬らのいる2階の座敷に向かいました。灯りを消した座敷を、捕り方の龕灯提灯が照らす中、死闘が始まります。部屋に踏み込んできた捕り方に龍馬は短銃で、三吉は手槍で応戦、龍馬は左手に負傷しました。捕り方にも死傷者が出て怯んだところ、二人は闇に紛れて脱出。目指したのは、1kmほど北にある薩摩藩伏見屋敷でした。

寺田屋の200m北西に芸州浅野屋敷があり、その西側は濠川に面しています。龍馬と三吉は川を泳いで渡り、対岸の材木小屋に身を潜めます。材木小屋にたどり着いた龍馬は、出血と疲労で身動きができなくなりました。三吉はすぐに発見されるだろうから、潔く切腹しようと言いますが、龍馬はそれを制し、一人で薩摩屋敷に向かうよう勧めます。三吉は承知し、龍馬を残して救援を求めるべく北上します。

空が少し白み始めた頃、三吉がようやく薩摩屋敷に駆け込むと、薩摩屋敷にはすでに危急が伝わっており、救援の手勢が出発していました。伝えたのは、お龍です。彼女は寺田屋の2階に駆け上がり、龍馬に急を告げると、自分の判断で外に飛び出し、薩摩屋敷に駆けていたのです。見事な機転でした。

薩摩屋敷では留守居役の大山彦八が救援態勢を整えて、2人の行方を捜しており、三吉から龍馬の居場所を聞くと、藩の旗を掲げた船を仕立てて川を下り、龍馬を救出します。ちなみに大山は大山弥助(巌)の長兄で、西郷吉之助(隆盛)の従兄弟でした。

薩摩屋敷に保護された龍馬は、数日間、お龍の手厚い看護を受けて過ごし、やがて西郷のはからいで、3人は京都の薩摩屋敷へと移ります。そしてこの事件をきっかけとして、龍馬は命の恩人のお龍を妻に娶りました。 一つ間違えば凄惨な事件になるところでしたが、龍馬とお龍を結びつけた幕末のエピソードとして、多くの人に好まれる話です。

●今日は何の日 グッドバイ、また会わん…同志社の創設者・新島襄が没
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180123-00010001-php_r-bus_all
明治23年1月23日

明治23年(1890)1月23日、新島襄が没しました。同志社英学校(後の同志社大学)を創立した明治を代表する教育家で、新島八重の夫としても知られます。

新島襄は天保14年(1843)、上州安中藩士・新島民治の長男として、江戸の安中藩邸で生まれました。通称は七五三太。これは同居する祖父・弁治が、孫が4人続けて女子であったため、男子誕生に「しめた!」と言ったことに由来するともいわれます。諱は経幹。 幼少の頃は腕白で、8歳の時に他の子供たちが怖がる高い囲い板の上を、下駄履きのまま渡ってみせて転落し、目の上を16針縫う大怪我をしました。傷痕は後年まで残り、結婚後、妻の八重から頭髪が薄くなったら傷が目立つのではと言われると、「そこまで長生きしない」と笑ったといいます。

10歳になると藩の漢学所に通い、猛勉強の末に年少ながら秀才と呼ばれました。そんな襄は認められて、14歳の時に藩主・板倉勝明より蘭学修行を命じられます。翌安政4年(1857)に勝明が急死すると、新藩主・勝殷(かつまさ)は蘭学を廃止。ところが、襄は蘭学への意欲を抑え切れません。祐筆役の父と同様、藩の祐筆補助となった襄は、職務に就かずに蘭学塾に通うようになり、咎められると、休職願いを出して蘭学書や物理、天文学の書物を読みふけりました。 そして万延元年(1860)、18歳で幕府の軍艦教授所に入所。2年間の操船修行を積み、文久2年(1862)には私費で甲賀源吾の塾に入って、西洋の陸海兵学や数学を学びます。

襄の熱意は、単なる蘭学や軍艦への興味ではありません。当時は欧米列強の脅威が迫り、幕末の動乱の只中、襄もまた多くの若者と同じく、日本の将来を案じました。そして「わが国を強国にするには、敵を知らなければならぬ。異国の事情を知らなければならぬ」という思いが、彼を駆り立てていたのです。同文久2年、藩は襄の海軍修行の成果を認め、備中松山藩がアメリカから購入した洋式帆船の操船指導を命じます。備中松山藩板倉家は、安中藩板倉家の本家にあたりました。江戸と玉島港を往復する洋式帆船の航海で、襄は船で外国に渡れることを肌身で感じます。

翌文久3年(1863)、襄はともに蘭学を学んだ菅沼総蔵から、アメリカでは大統領を選挙で決めることを聞いて衝撃を受けました。アメリカを自分の目で確かめたくなった襄に、菅沼は長崎で入手したという聖書の漢訳本を渡します。もちろん国禁の書ですが、襄は聖書の説く天地の創造主という考え方にまたも衝撃を受けました。この頃から、襄は蘭学から英学の研鑽へと切り替えます。

元治元年(1864)、襄は大きな転機を迎えます。備中松山藩の帆船が箱館に向かうことを知ると、襄は便乗を頼みました。家族には箱館で英学を修行すると告げましたが、胸中密かに期するものがあります。すなわち国禁を犯しての、アメリカへの密航でした。

箱館に着くと、懐のさみしい襄はロシアの司祭ニコライの日本語教師となり、本心を打ち明けて、機を窺いました。ニコライは後に東京神田にニコライ堂を建てる人物です。やがて坂本龍馬の従兄・沢辺数馬や、英国人の商館に勤める福士宇之吉の協力を得て、6月に上海へ出航。上海でアメリカに向かうワイルド・ローバー号に乗ることができました。ローバー号の船長テーラーは、旅費のない襄を自分付のボーイにしてくれ、「ジョー」と呼びます。この「ジョー」から彼は襄と名乗ることになりました。

以後の襄は、出会う人々の善意に導かれて進んでいきます。 翌年の7月20日、ローバー号はボストン着。行くあてのない襄をテーラーは、ローバー号の船主・ハーディー夫妻に紹介しました。襄の学問への熱意を知った夫妻は支援を決め、襄をフィリップス・アカデミーに入学させます。やがて勉強を献身的に手伝ってくれる神学生との交流から、襄はキリスト教精神に感銘を覚え、慶応2年(1866)、ハーディー夫妻立会いのもと洗礼を受けます。

翌年、アカデミーを卒業すると、アーモスト大学に入学。明治3年(1870)に卒業して理学士の学位を取得しました。その間、日本で戊辰戦争が始まったことを知り、気をもみますが、「自分がアメリカに来た目的は、アメリカの文明を築いた精神を日本に伝えること」と考え、勉学に励みます。大学卒業後、襄はキリスト教を学問的に研究するために、アンドバー神学校に入学。明治5年(1872)には日本から来た岩倉使節団に頼まれて、使節団の通訳を務めました。この時、使節団とともに欧州を歴訪しています。

明治7年(1874)に神学校を卒業すると、アメリカン・ボード(海外伝導組織)の大会で、日本にキリスト教主義の大学設立を訴え、5000ドルの寄付の約束を得ました。この頃には、襄は帰国して教育者になる道を見出しています。同年に帰国する襄の胸には、キリスト教伝道のための学校というより、西洋の最新の学問と知識を学ぶ、キリスト教の精神に基づいた学校の姿がありました。

帰国後、安中の両親に挨拶した襄は明治8年(1875)、大阪で学校創設に向けて走り出します。そしてそんな襄に共鳴して、協力を惜しまなかったのが、アメリカ人宣教師のディヴィスと、元会津藩士で京都府顧問の山本覚馬でした。一説に、襄に覚馬に会うよう勧めたのは、勝海舟であったといいます。

山本覚馬は慶応4年(1868)の鳥羽・伏見の際、失明の身で薩摩藩に捕らえられますが、幽閉されている中、『管見』と題する新国家の具体的なプランを口述筆記で新政府に示し、政府関係者を瞠目させています。 維新後、そのプランに則って、京都の殖産興業と人材育成に尽力し、襄のキリスト教主義の学校設立を京都で実現するよう支援しました。

そして明治8年11月、京都寺町の公家・高松保実別邸の半分を借りて校舎とし、京都府知事・槇村正直の賛同も得て、襄は同志社英学校を開校します。同志社と命名したのは、山本覚馬でした。開校時、教師は襄とディヴィスの2人、生徒は8人でした。

また同じ頃、襄は山本覚馬の妹・八重に出会います。八重は会津戦争を戦い抜き、明治4年(1871)に兄・覚馬に呼ばれて母・佐久、覚馬の娘・みねとともに京都に来ていました。襄はある時、京都府知事の槇村からどんな婦人が好みかと訊かれ、「夫が東を向けと言ったら、3年も4年も東を向いている女性は御免です」と言うと、「それならばぴったりの女性がいる」と、八重の話を聞いたといいます。襄は同志社開校の直前に八重と婚約し、明治9年(1876)1月2日に八重は京都で初めての洗礼を受け、翌3日、ディヴィスの司式で結婚式を挙げました。当時、古都京都ではキリスト教への反発が強く、八重にとっても襄との結婚は勇気を要しましたが、負けん気の強い八重は、それに怯むことはなかったようです。

アメリカの精神を伝えようとするディヴィス、賊軍の汚名を着せられた会津藩士の覚馬、そして密航してキリスト教精神を体感した襄たちは、薩長中心の「勝てば官軍」の新政府が目指すところとは別の学校として同志社を位置づけていました。すなわち官立学校のように一部のエリートを育成するのではなく、キリスト教主義に基づいて、「一国の良心というべき人々」、民間にあって時代に対し、公正な立場から提言できる人材を育成するための学校です。実際、同志社からは幾多の優れた人材が巣立ちました。明治9年には、覚馬が提供した今出川の地に学校を移転します。

その後、襄は心臓を患いますが、同志社女学校の設立と発展、また同志社大学の設立に向けて、伝導活動の傍ら、病躯をおして各地を奔走しました。明治17年(1884)、襄は恩人ハーディーの招きに応じ、静養も兼ねてヨーロッパまわりでアメリカに向かいます。翌年秋、帰国した襄は再び多忙な日々を送りますが、病は深刻になりつつありました。

明治21年(1888)には「同志社大学設立の旨意」を全国の主要新聞・雑誌に発表、それを執筆したのは教え子の徳富猪一郎です。

明治23年(1890)、募金運動中に前橋で倒れた襄は、静養先の神奈川県大磯の旅館で、徳富猪一郎らに10ヵ条の遺言を託しました。そして京都から駆けつけた八重に「グッドバイ、また会わん」と言い残し、永眠します。享年48。最後まで、理想の実現のために走り続けた生涯でした。


 

●萬屋錦之介

テーマ:

◆子連れ狼 第一部 第07話「あんにゃとあねま」
https://youtu.be/0OI9zvKVrsM
竹下景子十九歳。足にすり込むのは映画版では塩、テレビ版は醤油。
浜木綿子。映画版と同じ、忘八の酉蔵で登場。
映画版では、ぶりぶりでテレビは、ぷりぷり
ちょっと笑ってしまった。
もっと違うところがあるが、なるほどねって思った。
 
◆子連れ狼 (萬屋錦之介版)
子連れ狼 > 子連れ狼 (萬屋錦之介版)
『子連れ狼』(こづれおおかみ)は、小池一夫・小島剛夕の漫画『子連れ狼』を原作とする萬屋錦之介主演のテレビ時代劇。
1973年から1976年にかけて日本テレビ系列で放送された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/子連れ狼_(萬屋錦之介版)

◆ぼう はち ばう- [0][4] 【亡八・忘八】
〔仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌の八徳を失った者、また、それらを忘れさせるほどおもしろい所の意〕
①遊里で遊ぶこと。また、その人。
②遊女屋。置屋。また、その主人。

◆隠語大辞典
忘八
読み方:ぼうはち
娼家をいふ。孝悌忠信礼義廉恥の八徳を忘るとの義。
遊女屋又遊女周旋屋の異称。仁義礼智孝悌忠信の八を忘れたるの義。
 
◆拝一刀の使う剛剣・胴太貫 (小池一夫先生承認済)
http://www.n-p-s.net/doutanuki5.htm
 材質:砂型特殊合金(二重刃紋・鎬刀身) 柄巻き:本鮫地に黒色正絹柄糸諸捻り一貫巻 下げ緒:黒色正絹7尺 鞘:三分刻みの千段鞘
http://www.n-p-s.net/doutanuki5.htm
前作モデルとの違い:下げ緒と柄糸が 純綿から正絹に変更  刻み鞘が機械彫りから手彫りに変更

◆胴太貫または、同太貫肥後正国とも言います、刀身が厚く戦国時代の戦場刀です、
実在の刀ですよ。
 
◆同田貫(刀工) - 名刀幻想辞典
http://meitou.info/index.php/同田貫
同田貫(どうだぬき)
古刀末期に肥後で起こった刀工集団
肥後熊本を領した加藤清正のお抱え刀工
清正好みの豪壮な実践刀を造った
 
◆拷問ぷりぷり(ぶりぶり)
https://youtu.be/PsYvaW3lyG0
「子連れ狼」7話より。伝説のぷりぷり(萬屋錦之介&西川君版)
女ボスは浜木綿子、当時二十歳の竹下景子も要チェックだ!
 
◆形見位牌(生き位牌)
二度と会うことが出来るかどうかわからぬ親子が取り交わす悲しい生き位牌を肌身離さず持っていて拝む位牌

 
◆女衒
《「衒」は売るの意》女を遊女屋などに売ることを業とする人。判人(はんにん)。

◆女衒 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/女衒
女衒(ぜげん)は主に若い女性を買い付け、遊郭などで性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身売買の仲介業であり、人買の一種である。
歴史は古く古代からこのような職業が存在していたと考えられている。
 
◆木颪の酉蔵 ~ 浜木綿子さんが演じた女親分
https://youtu.be/7vXf5Xrymnc
木颪の酉蔵:「子連れ狼」"あんにゃとあねま" に登場した房州の揚屋・女衒の元締め。
萬屋錦之介版の子連れ狼では浜木綿子さんが演じました。

拝一刀とのやり取りで見せた貫録と美しさはひときわでした。
私もそうですが、この役は浜木綿子さんでこそ演じきれたと思う方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

子連れ狼 第一部 (1973年4月 - 1973年9月)
日本テレビ放送網
製作:ユニオン映画、スタジオシップ

第三話 あんにゃとあねま

拝一刀 - 萬屋錦之介
大五郎 - 西川和孝
木颪の酉蔵 - 浜木綿子
お松 - 竹下景子
 
ほんとに素晴らしい浜木綿子さんです。
言葉使いの美しいこと、ぞくぞくします。

たった何分かのやり取りに気を取られてしまった♬ 
なんかおもしれぇ~www 
時代劇に嵌まりそうな気がしたwwwww
今はこんなドラマってないよね♬ 
浜木綿子さんってかっこいい ピッピ~!! 
ぶっちゃけ ハマキメンコ  って呼んでた(笑)
ほんとこんな女性がいるなら、、、今の女たちが総掛かりでも適いませぬでしょ? 
この人の子供なら東大に行くのわかる気がする。
ちびりそうになっただよ(^^♪

◆昔、TVは面白かった 男は錦之助
https://youtu.be/NsFOMvqQvBY
甘い汁吸ってる奴いるね!平成に生きる悪い奴、濡れ手で粟で吸い盗る輩、刀舟先生にたたっ斬って貰いたいね。

その通り、昔のTVは面白かった、その道に生きたプロ集団の名優俳優さん達、脚本、監督、俳優の黄金比率がピタッと嵌まった時代劇、観る者の心にグッときてわし掴みされてしまいますね。

スカッとする!錦之助は良いなあ〜!

錦之介の立ち回りは最高!

痛快無比、唯一無二の俳優でした。 見れて感謝。


 

素浪人

テーマ:

◆素浪人
浪人(ろうにん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/浪人
古代においては、戸籍に登録された地を離れて他国を流浪している者のことを意味し、浮浪とも呼ばれた。身分は囚われず全ての民衆がなりうる。江戸時代中期頃より牢人を浪人と呼ぶ

ようになった。したがって牢人と浪人は正確には別義である。

対して牢人は、主家を去って(あるいは失い)俸禄を失った者をいう。室町時代から江戸時代にかけての主従関係における武士や侍のみに当てられる、いわば狭義の身分語であった。江

戸時代になり戦火が収まると、改易などにより各地を流浪する牢人が急増した。そのため浮浪する牢人を浪人と呼ぶようになった。

 
◆逃亡 (律令)(浮浪・逃亡から転送)
逃亡(とうぼう)とは、律令制のもとで、囚人や流罪者、征行の軍や任務に配された兵士・防人・衛士・仕丁、本主の下にある奴婢などが所定の場所から離脱する不法行為を指す。これ

に対して、それ以外の公民の本貫からの離脱を「浮浪」と称したが、実際にはほとんどの公民には平時においても課役の義務を負っていたことから、ほとんどの場合は本貫における課役

の義務を放棄して離脱した逃亡行為と同一視されたことから、実際にはほとんど区別されず、両方を合わせて「浮逃」と呼ばれる場合もあった(本貫以外の土地で庸調の納付などの義務

を果たしていれば単なる浮浪として扱われたが、その例は少ない)。また、近年における異説として、本貫や任務地から離れた公民を本貫地・任務地側からは「逃亡」と称し、所在地・

逗留地側からは「浮浪」と称したとする説も出されている。

逃亡した者は、計帳にその旨が記載され、別途帳簿に搭載されて追捜されたが、6年間たっても捕捉されない場合には戸籍及び計帳から抹消されて口分田は没官された。捕捉された場合に

は、本貫地に送還するのが原則であったが、後には希望する場合には滞在先に留めて課役を行うことも行われた。

律令制の解体によって律令法の「逃亡」規定は空文化したものの、荘園公領制の下において国家や荘園領主からの年貢や公事が納められなかったり、戦乱などを嫌って居住地から離脱す

る行為も前代に倣って「逃亡」と称している(戦国時代以後、これに代わって欠落などの語も用いられるようになった)。戸籍などの帳簿が作成されなくなった荘園公領制の下では、追

捜が困難であり、検注帳には「逃亡跡」として記入されている。

 
◆無宿(むしゅく)は、江戸時代において、現在の戸籍台帳と呼べる宗門人別改帳から名前を外された者のことである。

無宿には、江戸時代は連座の制度があったため、その累が及ぶことを恐れた親族から不行跡を理由に勘当された町人、軽罪を犯して追放刑を受けた者もいたが、多くは天明の大飢饉や商

業資本主義の発達による農業の破綻により、農村で生活を営むことが不可能になった百姓だった。

村や町から出て一定期間を経ると、人別帳から名前が除外されるため、無宿は「帳外」(ちょうはずれ)とも呼ばれた。

田沼意次が幕政に関与した天明年間には折からの政情不安により無宿が大量に江戸周辺に流入し、様々な凶悪犯罪を犯すようになったため、それらを防ぐため、幕府は様々な政策を講じ

ることになる。

犯罪を犯し、捕縛された無宿は「武州無宿権兵衛」、「上州無宿紋次郎」等、出身地を冠せられて呼ばれた。


◆ならず者
(無頼から転送)
ならず者(ならずもの)

 
◆放蕩(ほうとう)とは、自分の思うままに振る舞うこと。
やるべきことをやらず、飲酒や遊びにうつつをぬかすこと。

概説
放蕩とは自分の思うままに振る舞うことであり、やるべきことをやらず自分のやりたい放題にして、家の財産などを蕩尽すること(使い尽くしていくこと)である。特に、酒にふけった

り、女遊びにふけることを指すことが多い。

放蕩を繰り返す人は「放蕩者」「放蕩息子」「放蕩児」などと呼ばれている。

上記の呼称で呼ばれた人、呼ばれている人は数限りなくいるのではあるが、過去の人物の具体例を幾人か挙げると、たとえばアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックや薩摩治郎八など

がそう呼ばれることがある。

放蕩を題材とした作品[編集]
新約聖書の「ルカによる福音書」には「放蕩息子のたとえ話」(放蕩息子の帰還)がおさめられており、西洋の人々がprodigal(放蕩)と聞くと真っ先に思い出すのがこの話である。こ

の話は多くの作家にインスピレーションを与え続けている。例えば『ロンドンの放蕩者』(16世紀末~17世紀初頭の作品)がそれであり、レンブラント(1606 - 1669)も「放蕩息子の帰

還」を題材にした作品を描き、アンドレ・ジッド(1869 - 1951)も同名の作品を書いた。また、ジェフリー・アーチャーの『ロスノフスキ家の娘』(1982)もこの喩え話から着想を得て

いるなど、枚挙にいとまがない。

◆素浪人(スロウニン)
浪人を卑しめていう語。無一文の浪人。
紛れもない浪人。ただの浪人。
 
◆素浪人 月影兵庫 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/素浪人_月影兵庫
素浪人 月影兵庫』(すろうにん つきかげひょうご)は、南條範夫の同名小説を原作とした テレビ時代劇ドラマ。1965年10月19日から1966年4月12日(全26話)、1967年1月7日 から1968

年12月28日(全104話)の2期に分けて放送された。
https://youtu.be/NRBvhIjkkyI
登場人物
月影兵庫(演 近衛十四郎)
諸国を放浪する豪放磊落な素浪人。普段は鼻毛を抜いたり胸をかきむしるなど行儀が悪い行動をする三枚目だが、ひとたび剣を抜けば鬼よりも怖い。酒が大好きで昼間から居酒屋に出入

りする。また、その酒好き振りは半次をして「酒と名がつけば、どんなに鼻の曲がるようなものでも食らう。」と言わしめた。常に胡桃を二個持っており、それを鳴らす癖がある。第2シ

リーズでは猫を怖がるキャラクターになり、それまでのシリアスな剣豪の役柄で知られた近衛のイメージを変えるものだった。半次を「半の字」などと呼ぶ。

焼津の半次(演 品川隆二)
曲がったことが大嫌いなお調子者の渡世人。そのため茶屋で散らかった座布団をきちんと並べるシーンがある。キセルや刀がまっすぐに作られているのもその性分の為。第2シリーズでは

蜘蛛が苦手で、蜘蛛を見たり激昂したりすると発狂したように叫びだす、笑い方が極めて下品、といった今までの品川の二枚目俳優のイメージを大きく払拭したキャラクターになった。

普段は兵庫を「ダンナ」と呼ぶが、口論になると「ダンナ野郎」と呼ぶ。第1シリーズと第2シリーズでは、兵庫同様キャラクターが大きく変わったが、次回作『花山大吉』にそのまま引

き継がれた。特筆されるのは半次の「おめえ、酒の匂いにつられてこの居酒屋入っちまったら、今夜の宿代がなくなっちまわ。いけねぇいけねぇ、男焼津の半次ここは我慢のしどころだ

ぁ」といった2人称語りのセリフとカメラワークの演出で、これが人気のひとつとなっていた。

◆素浪人 花山大吉 - Wikipedia
https://www.youtube.com/watch?v=gsmOJJwW8hw
素浪人 花山大吉(すろうにん はなやまだいきち)は、NETテレビ(現:テレビ朝日)系列に て1969年1月4日から1970年12月26日まで毎週土曜夜8時からの1時間枠で放送され た東映制作

の連続テレビ時代劇。全104話。
https://youtu.be/gsmOJJwW8hw
登場人物[編集]
花山大吉(近衛十四郎)
前作の月影兵庫に代って登場した兵庫と瓜二つの主人公。豪放磊落だが情に厚く、強い正義感の持ち主で、剣を取れば兵庫以上の腕を持つ無敵の素浪人。諸国を放浪し、「よろず相談屋

稼業」で生計を立てているが、気ままな商売なので基本的に金欠である。
事件に遭遇すると、いち早く真実を見抜く頭脳明晰さと、一切の権威を怖れない反骨精神も持ち、相手が大名であろうと遠慮せず意見する事もある。その一方で、極度の緊張やびっくり

するとしゃっくりが出て止まらなくなる癖がある。そんな時には、本人いわく「命の次に大切なもの」の腰のひょうたんに入った酒を飲むとしゃっくりが収まる。
12年前に江戸で町道場を開くが、恋女房の綾(演:木暮実千代)と一人息子の大作(演:中野淳)を5年前の流行病で亡くし、道場を師範代に任せ、心の痛手を癒すため諸国を旅している

(第66話)。
また美食家であり、食に対する知識、こだわりは板前のそれをも凌駕するほど。経営難の茶店や旅籠に自身の食の知識から名物料理を提案したり、半次に山鳥の丸焼きを御馳走してやろ

うとしたこともあった。大好物はオカラと酒。居酒屋に入ると必ずオカラの有無を聞き、無いと不機嫌になり「今にこの店はつぶれるぞ」などと言いがかりをつけるが、オカラがあると

満面の笑みで「この店はきっと繁盛するぞ」と調子のいいことを言う。第1話では酒は静かに飲むのが一番と半次に説く一方で、オカラを見るなり理性を失い、結果68人前のオカラを平ら

げ、48本の酒を飲み泥酔してしまった。大酒を飲むとたちまち下品になり、若い娘におだてられるとデレデレするなど、三枚目な一面を持つ。
剣の他に鉄扇を持ち、敵の剣からの防御に使ったり、半次を援護するために投擲武器として使っている。また、柔術の心得もあり、怪力の大男が大吉を持ち上げようとしても、全く持ち

上がらず、逆に大吉に手首を取られただけで、地面に横転させられてしまうというシーンもある(第15話)。
口癖は、「(居酒屋にオカラがない際に)けしからん」、「いかんなあ」、「(半次を一喝する際に)このバカタレが!」。半次のことを「焼津の兄さん」と呼ぶが、出会った当初は「節

穴」と呼んでいた。

焼津の半次(品川隆二)
前作に続いて登場する渡世人。キセルや刀もまっすぐに作られているものを選ぶほど、曲がったことと蜘蛛が嫌いなお調子者。大吉と出会った直後は口げんかばかりしていたが、次第に

大吉の人柄に惚れ込み、一緒に旅をすることになる。義理人情に厚く、他人が困っている場面を見ると手助けを買って出るが、その反面お節介焼きで物事に首を突っ込み、結果問題事を

引き起こすトラブルメーカーでもある。
大吉同様金欠であり、博打で得た金で生活しているが、大吉にたかられて使い果たすことが多い。自分に対して「おめえ、酒の匂いにつられてこの居酒屋入っちまったら、今夜の宿代が

なくなっちまわ。いけねぇいけねぇ、男焼津の半次ここは我慢のしどころだぁ」といった2人称語りのセリフとカメラワークの演出は前作からそのまま受け継がれた。また、美人の娘(半

次は「べっぴんの姐ちゃん」と呼ぶ)に目がない。
大吉を「ダンナ」と呼ぶが、口論になるとドスの下緒を齧り「俺頭にきた!頭にきたぞ!」と怒りをあらわにし、「ダンナ野郎」「オカラ野郎」「オカラボケ」「うんちく野郎」などと、

「 - 野郎」を多用して罵る。
大吉ほど強くはないが、ドスを取ればなかなかの使い手で、因縁をつけてきた武士3人と斬りあいして互角に戦ったこともある。
お咲(南弘子)
79話から登場したおてんば少女。ポニーテールにミニスカート風の衣装、そしていつも熊のぬいぐるみを持っている。近衛十四郎の糖尿病悪化のため花山大吉の登場場面を減らすために

投入された役柄である。
 
◆素浪人 天下太平 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/素浪人_天下太平
素浪人 天下太平』(すろうにん てんかたいへい)は、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列に て1973年4月5日から9月27日まで毎週木曜夜8時からの1時間枠で放映された東映 制作のテレ

ビ時代劇。全26話。
キャスト
天下太平:近衛十四郎
うづ巻の勘太:佐々木剛
御坊のお仙:加茂さくら

◆二人の素浪人 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/二人の素浪人
二人の素浪人』(ふたりのすろうにん)は、フジテレビ系列にて1972年9月2日から1973 年1月6日まで毎週土曜夜8時からの1時間枠で放映された平幹二朗と浜畑賢吉主演 による東映制作

の連続テレビ時代劇。全19話。
 
◆素浪人罷り通る - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/素浪人罷り通る
素浪人罷り通る』(すろうにんまかりとおる)は、1981年(昭和56年)から1983年(昭和58年)にかけてフジテレビ系列の「時代劇スペシャル」の中で放映された単発時代劇シリーズ。

三船敏郎主演。全6作。

概要
三船演じる剣豪の素浪人が諸国を旅しながら様々なトラブルに巻き込まれ、その渦中の人々を助けていく痛快時代劇。 名前を聞かれる度にその場の思いつきで春夏秋冬などと偽名を名乗

る。 第1話では放浪する以前、仕官していた頃の藩の事件に巻き込まれ、藩を出た理由や本名などが明かされる。 袴の裾に腕を隠し肩を大きく揺らしながら歩く様は、用心棒や椿三十郎

などを彷彿とさせる。 最終話では檜三十郎と名乗る。 実際、ストーリ的には用心棒シリーズの続編と思って見ても違和感はない。 晩年の作品だが老いを感じさせない迫力の演技は健在


 
◆『荒野の素浪人』(こうやのすろうにん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/荒野の素浪人
NET(現テレビ朝日)系列で放送された三船敏郎主演による三船プロ制作のテレビ時代劇。毎週火曜夜9時からの1時間枠で第1シリーズ(全65話)が1972年1月4日から1973年3月27日、第2

シリーズ(全39話)が1974年1月1日から9月24日まで放送された。第2シリーズは『新・荒野の素浪人』のタイトルで呼ばれるが、これは再放映時やソフト化の際に使用される便宜上のタ

イトルであり、クレジット上は『荒野の素浪人』である。

◆とり‐もの【捕(り)物】
罪人を召しとること。
 
◆捕(り)物の言及
【吟味筋】より
この下吟味(したぎんみ)にはとくに法的規制もなかったので,不正不当な取扱いもありえた。犯罪者の逮捕を召捕,捕物といい,捕道具として十手が用いられた。法廷を白洲(しらす

)といい,冒頭手続では奉行が出席して人定尋問を行い,一応の概略を調べて未決勾留の処置を決する。

◆いち‐み【一味】
[名](スル)
1 同じ目的をもって寄り集まった仲間。同志。また、そのような仲間に加わること。現代では、主に悪事を企てる場合に用いる。「一味に加わる」「陰謀に一味する」「盗賊一味」
2 一つの味。また、副食物が一品であること。
3 漢方で、多くの薬種の中の一品。「甘草(かんぞう)一味を加える」
4 ある味わいがあること。どことなく趣が感じられること。「一味の涼風」
5 仏語。現象は多様であるが、実はすべて同一で、平等無差別であるということ。また、仏の救いは平等であること。

◆ひと‐あじ〔‐あぢ〕【一味】
ちょっとした味の加減。比喩的にも用いる。「一味足りない汁物」「一味違うドラマ」
 
◆『荒野の素浪人』(こうやのすろうにん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/荒野の素浪人
NET(現テレビ朝日)系列で放送された三船敏郎主演による三船プロ制作のテレビ時代劇。毎週火曜夜9時からの1時間枠で第1シリーズ(全65話)が1972年1月4日から1973年3月27日、第2

シリーズ(全39話)が1974年1月1日から9月24日まで放送された。第2シリーズは『新・荒野の素浪人』のタイトルで呼ばれるが、これは再放映時やソフト化の際に使用される便宜上のタ

イトルであり、クレジット上は『荒野の素浪人』である。

◆荒野の用心棒 (テレビドラマ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/荒野の用心棒_(テレビドラマ)
『荒野の用心棒(こうやのようじんぼう)』は、『荒野の素浪人』の後番組として、1973年4月3日から12月25日まで、火曜日の21時から21時55分にNET(現テレビ朝日)系列で放送された

テレビ時代劇。全39話。


概要
同じ火曜21時枠で前週まで放映されていた「荒野の素浪人」(第1シリーズ)の続編。

時は天保年間。新型の連発式ライフル銃の名手・秋月左馬之介、爆雷の使い手・速見雷蔵、剣の達人・谺鬼十郎(こだま・きじゅうろう)ら三人の浪人と、行く先々の宿場や村で彼らを

用心棒として売り込むマネージャー役・すっぽんの三吉たちの活躍を描くマカロニ・ウェスタン調の時代劇。坂上二郎演じる「すっぽんの三吉」は、前作「荒野の素浪人」で自身が演じ

た「すっぽんの次郎吉」の瓜二つの弟という設定。第27話より篠ヒロコ(現・篠ひろ子)がレギュラーに加わった。

三船敏郎が前作「荒野の素浪人」で自身が演じた峠九十郎(クレジット上は「旅の素浪人」)役でゲスト出演している。

東宝青春シリーズの主役をそれぞれ務めた夏木陽介(「青春とはなんだ」主演)と竜雷太(「これが青春だ」「でっかい青春」主演)が「東京バイパス指令」(日本テレビ)以来となる2

度目のレギュラー共演を果たした。

キャスト
秋月左馬之介:夏木陽介
通称「鉄砲の旦那」。連発式ライフル銃の名手。主にライフル銃を使用するが、短銃も携帯しており不測の事態になると使用したりする。腰に刀を差しているもののほとんど抜くことは

ないが、第21話において、島抜けの罪人である岩村大吾(今井健二)との戦いの際、銃ではなく、刀を用いて大吾を刺殺している。
速見雷蔵:竜雷太
通称「雷の旦那」。手製の爆雷投げの名手。情に熱く涙もろい性格で、また農村出身のため、百姓のように権力や立場の弱い者に対して優しく、己の利害ために虫けらのように踏みにじ

る悪党には激しい怒りを露にする。爆雷を主な武器として使うが、接近戦の際には刀を使う事もある。
谺(こだま)鬼十郎:渡哲也
通称「埃(ほこり)の旦那」。剣の達人。常に寡黙でニヒルな性格。右の腰に水の入った瓢箪を提げている。三吉が眼鏡を掛けている際、三吉の事を「メガネ」と呼んでいる。
すっぽんの三吉:坂上二郎
左馬之介ら用心棒たちの交渉人。前述の通り、前作『荒野の素浪人』に登場した坂上二郎演じる「すっぽんの次郎吉」の瓜二つの弟であるとの設定が成されている。次郎吉同様、金に眼

がなく口八丁手八丁で相手の懐に入り込み、仕事を手に入れるが、あまり良い結果を得られていない。常に色違いの西洋傘を何本も携帯し、眼鏡を掛けることが多い。また、「花子」と

言う名前の小馬を連れている。
流れ星のおりん:篠ヒロコ(第27話よりレギュラー)
女賞金稼ぎ。左馬之介たちの行く先々で現れ、左馬之介たちを助けている。
旅の素浪人:三船敏郎(第3、5、7、9、11話)
峠九十郎その人。左馬之介らの力になったりする。
語り:江原真二郎
 
◆处(ところ)
「處」の下部を残した略体。
ところ。
ある 事象に関連して限定される空間的領域。場所。
ある役割を持った機関。
あることを実施 すること。
おる。いる。とどまる。
 
◆処方箋(しょほうせん)
医師が患者に投薬する 際に発行する薬用書。処方あるいは rpの文字,患者の姓名と年齢,薬品の名称と分量, 調剤の方法と注意,発行の日付,医師の署名,または捺印を記載の必要条

件としている 。

 
◆処方箋 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/処方箋
処方箋(しょほうせん、英・仏: prescription、独: Rezept)とは、診療所や病院などの 医療機関にて診察を受け、医師、歯科医師、獣医師が医薬品を処方するために、薬の 種類とそ

の服用量、投与方法などが記載された薬剤師が調剤に用いる文書である。 一般に、処方箋医薬品はこの処方箋がなければ入手することはできない。 「箋」の字は 2010年に常用漢字とな

った。そのため、改定前の法令では処方せんと表記される。


◆処方せん(処方箋)とは?(メリットや有効期限など)
https://www.nicho.co.jp/prescription/about/
処方せん」ってなんだろう? 「処方せん」とは、医師が患者さまの病気の治療に必要な薬 の種類や量、服用法が記載された書類です。薬剤師が処方せんの内容が適正であるか 確認した

後、調剤します。患者さまの薬物治療を行う上で重要な役割を担っています。 医師と薬剤師というそれぞれの分野の専門家が、患者さまをサポートすること、それが「 医薬分業」と呼

ばれる日本の医療の仕組みです。処方せんはこの仕組みに欠かせない 大切な文書なのです。 患者さまの4つのメリット. 処方せんが発行されることで文書として  

◆琵琶法師 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/琵琶法師
琵琶法師(びわほうし)は平安時代から見られた、琵琶を街中で弾く盲目の僧である。 琵琶を弾くことを職業とした盲目僧の芸人で、平安時代中期におこった。

日本の琵琶は、古代のアジア大陸よりもたらされたものであるが、その系統には、中国から奈良時代および平安時代にもたらされた器楽の琵琶楽(雅楽、芸術音楽)と、それと同時代な

いしそれに先んじてもたらされた声楽の琵琶楽(盲僧琵琶、宗教音楽)との2つがある[1]。琵琶法師は、後者に属し、宗教音楽としての盲僧琵琶を担った。なお、盲人の琵琶法師(盲僧

琵琶)から宗教性を脱した語りものを「くずれ」という[2]。

仏説を語る琵琶法師は天台宗などに属する低級の宗教者であり、仏説座頭、地神経座頭などと呼ばれ、地鎮祭や竈祓いで地神経や荒神経を行った[3]。仏説座頭の活動範囲は後述する平家

座頭に比べてあまり広くはなかった。

鎌倉時代には『平家物語』を琵琶の伴奏に合わせて語る平曲が完成した[2]。この時代には、主として経文を唱える盲僧琵琶と、『平家物語』を語る平家琵琶(平家座頭)とに分かれた。

琵琶法師のなかには「浄瑠璃十二段草子」など説話・説経節を取り入れる者がおり、これがのちの浄瑠璃となった。

平家座頭はその当初から廻国の芸能者であり、中世には文化人の伝手や紹介状を頼りに、各地の有力な大名の屋敷のあいだを芸を披露して回った[3]。絵巻物などに登場する平家座頭は、

多くの場合弟子を連れての二人旅となっている。
 
◆琵琶法師
びわほうし

琵琶音楽を演奏する僧侶または僧体の芸能者をいい,のちには琵琶演奏を専業とする盲人の俗称として用いられた。起源は宇多,醍醐天皇時代の蝉丸,または仁明天皇第4皇子人康親王 (

天夜尊,雨夜尊) とするが,はっきりしない。『新猿楽記』その他の文献から,平安時代に物語を琵琶伴奏で語る法師の存在が確認される。鎌倉時代末期から語り物が『平家物語』に限

定され,いわゆる平曲演奏家としての琵琶法師が当道 (とうどう) という自治組織を結成してから,大部分の盲人がその組織下に加わった。一方,天台宗系の九州の寺院で法要琵琶を演

奏した盲僧たちは,この当道盲人と対立し,江戸時代初めまで軋轢を繰返した。江戸時代には,幕府の当道保護政策もあって,当道盲人は京都の職屋敷と江戸の惣録屋敷の支配下におか

れた。彼らは平曲以外に三味線音楽や箏曲も扱い,また,鍼灸その他に従事する者もあったので,琵琶法師というイメージは,それらのなかの中世以来の琵琶弾奏の放浪芸能者からのみ

与えられるにいたった。平曲演奏家は幕府および諸大名から厚遇され,いわゆる放浪芸能者としては,実際にはほとんど存在しないようになった。明治4 (1871) 年当道制度の廃止後,平

曲は急激にすたれ,その演奏家も激減した。一方,九州の盲僧は,ごくわずかながら法要以外に門付芸能としての琵琶弾奏も行なって現在にいたっている。

◆「平家物語」を語る琵琶法師はもういないのか調べてみた
https://kusanomido.com/study/history/japan/heian/18186/
1.はじめに
この楽器は「平家琵琶」という。
https://i0.wp.com/kusanomido.com/wp-content/uploads/2017/02/29d3bc99193cb0b837fb8cc53f050ae5.jpg?resize=541%2C1153&ssl=1

文字通り「平家物語」を語るためにだけ存在する「平家物語専用の楽器」である。

この楽器「平家琵琶」の伴奏による「平家物語」の語りを「平曲」と言う。

近代になってから行われている「薩摩琵琶」や「筑前琵琶」などの奏者が「平家物語」の一部をとりあげているものや、「平家物語」を元ネタとして独自の楽曲にしているものを決して

「平曲」とは言わないので注意されたい。

「平家物語」は古来、琵琶法師による平曲として嗜まれて来たと言われる。

古式に則った、伝統的な平曲を演奏する琵琶法師は21世紀の今でも、存在しているのであろうか。
 
◆琵琶(びわ、英語: pipa, 特に日本のものは biwa)
https://ja.wikipedia.org/wiki/琵琶
東アジアの有棹(リュート属)弦楽器の一つ。弓を使わず、もっぱら弦をはじいて音を出す撥弦楽器(はつげんがっき)である。古代において四弦系(曲頚琵琶)と五弦系(直頚琵琶)

があり、後者は伝承が廃絶し使われなくなったが、前者は後に中国及び日本においていくつもの種類が生じて発展し、多くは現代も演奏されている。ヴェトナムにはおそらく明代に伝播

した四弦十数柱のものが伝承され、ダン・ティ・バと呼ばれる。なお、広義には阮咸(げんかん)や月琴などのリュート属弦楽器も琵琶に含めることもある。

四弦系(曲頚)琵琶は、西アジアのウード、ヨーロッパのリュートと共通の起源を持ち、形もよく似ている。すなわち卵を縦に半分に割ったような形の共鳴胴に棹を付け、糸倉(ヘッド

)がほぼ直角に後ろに曲がった形である。五弦系(直頚)琵琶はインド起源とされ、糸倉は曲がらず真っすぐに伸びている。正倉院に唯一の現物である「螺鈿紫檀五絃琵琶」(らでんした

んごげんのびわ、図参照)が保存されている。

◆撥弦楽器(はつげんがっき)
https://ja.wikipedia.org/wiki/撥弦楽器
何らかの方法で弦をはじく(撥)ことによって音を出す楽器の総称である。共鳴胴を利用して音を増幅させる構造の物が多い。ギターのように抱えて演奏するものや、琴のように置いた

状態で演奏するものなどがあり、それぞれが地域によって改良・発展をしているためにバリエーションは多い。広義においては、チェンバロ等も含まれる。
 
◆平曲(へいきょく)
https://ja.wikipedia.org/wiki/平曲
語りもの音楽の一ジャンルもしくは一演奏様式。
盲目の琵琶法師が琵琶をかき鳴らしながら語った『平家物語』のメロディおよびその演奏様式で、
物語琵琶のひとつ。

◆『平家物語』(へいけものがたり)
https://ja.wikipedia.org/wiki/平家物語
鎌倉時代に成立したと思われる、平家の栄華と没落を描いた軍記物語である。

保元の乱・平治の乱勝利後の平家と敗れた源家の対照、源平の戦いから平家の滅亡を追ううちに、没落しはじめた平安貴族たちと新たに台頭した武士たちの織りなす人間模様を見事に描

き出している。平易で流麗な名文として知られ、「祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出しをはじめとして、広く知られている。
 
◆語りもの(かたりもの)
https://ja.wikipedia.org/wiki/語りもの
日本中世にはじまった口承文芸・音楽もしくは芸能のジャンルまたは演目。

伝統的な日本音楽(邦楽)において、声楽はその大部分を占めているが[1]、日本音楽における声楽は、「歌いもの」と「語りもの」に大きく分けられる。「歌いもの」は、旋律やリズム

など、その音楽的要素が重視される楽曲であるのに対し、「語りもの」は詞章が何らかの物語性をもつ楽曲であり、語られる内容表現に重点が置かれる音楽である

◆盲僧琵琶(もうそうびわ)とは、
https://ja.wikipedia.org/wiki/盲僧琵琶
盲人の琵琶法師。
上記による楽曲(声楽の琵琶楽)。語りもの音楽、また宗教音楽に属する。
上記の語りの伴奏のために用いる琵琶[注釈 2]。(→ 琵琶#盲僧琵琶 参照)
 
◆ 琵琶#盲僧琵琶
https://ja.wikipedia.org/wiki/琵琶#
盲僧琵琶
盲僧琵琶は仏教儀式に用いられたもので、盲人の僧侶がこの琵琶の伴奏で経文を唱えていたとされるが、娯楽的な音楽もある。その起源は奈良時代に求められ、早くから盲僧の組織が作

られていた。蝉丸もその一人といわれる。大別して薩摩盲僧と筑前盲僧とがあり、室町時代から江戸時代にかけ、平曲の座頭組織である当道座と対立した。 薩摩盲僧琵琶から薩摩琵琶が

派生し、また薩摩琵琶および三味線音楽の影響のもと明治20年代に筑前盲僧琵琶から筑前琵琶が派生した。

盲僧琵琶には一定した制がなく、色々なかたちがみられるが、楽琵琶の系統とはやや異なり、近世中国の琵琶に似ているものが多い。細身のものが多く、特に細いものを笹の葉に見立て

て「笹琵琶」と呼ぶ。 筑前琵琶では五弦、薩摩琵琶では四または五弦の琵琶が使われていたが、薩摩系の常楽院流の伝書『琵琶由来記』によれば、盲僧琵琶の柱は古くは六弦六柱だった

ものを四弦四柱に改めたとあり、常楽院には六柱の琵琶が保存されている。6には六波羅蜜、六観音など仏教の命数としての意味があり、六柱琵琶は仏具として全ての盲僧琵琶に使われて

いたと見られている
 
◆耳なし芳一(みみなしほういち)
https://ja.wikipedia.org/wiki/耳なし芳一
安徳天皇や平家一門を祀った阿弥陀寺(現在の赤間神宮、山口県下関市)を舞台とした物語、怪談。小泉八雲の『怪談』にも取り上げられ、広く知られるようになる。

八雲が典拠としたのは、一夕散人(いっせきさんじん)著『臥遊奇談』第二巻「琵琶秘曲泣幽霊(びわのひきょくゆうれいをなかしむ)」(1782年)であると指摘される。

『臥遊奇談』でも琵琶師の名は芳一であり、背景舞台は長州の赤間関、阿弥陀寺とある。これは現今の下関市、赤間神社のことと特定できる。

昔話として徳島県より採集された例では「耳切り団一」で、柳田國男が『一つ目小僧その他』等で言及している。

◆素浪人 花山大吉・月影兵庫 名優シリーズ 【花沢徳衛・ミヤコ蝶々】
https://www.youtube.com/watch?v=191RME9lYNc
何故、カラーから白黒映像になったの?

白黒TVで見ていたから、ずっと最後まで白黒映像とばかり思っていたが、ある時期からカラーになったのですね。
 
◆素浪人花山大吉【 おから・ばかたれ3題】
https://youtu.be/Wh5bI3Jqlmc
昭和39年生まれです。面白くてかっこ良くてちょっと切ない、花山大吉が大好きでした。しかし画像も音声も綺麗ですねぇ‼︎

昭和32年生まれですが月影兵庫からの大ファンでした。月影兵庫、花山大吉、天下泰平とず~と見ていましたが、やはり焼津の半次との軽快なやり取りが魅力的ですね。自分もビデオに

数本録画して保存してありますが、こちらの方が画質がきれいで見ていて楽しいです。大吉のおからに夢中になる仕草や「このバカタレがぁ~」「なんだ!このおから旦那」って何回見

てもおもしろい。近衛十四郎の柄の長い独特の刀から繰り出される殺陣も魅力的です。

花山の旦那にやいずのサンジのやり取りが面白くて両親と大笑いして観てましたね~。(/≧◇≦\)(笑)


おからにバカタレにしゃっくり。
豪華なラインナップに感激至極であります。
「すぐにという事はだな~、大至急という事だぞ~」と言い回しにも妙を感じます。
最近はこうした軽妙な時代劇もなりを潜め、とても淋しい限りであります。
久々に高画質で花山の旦那と焼津の半次の掛け合いを見せて頂き、感謝感激です!


 

丹羽長秀

テーマ:

 
◆丹羽長秀 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/丹羽長秀
丹羽 長秀(にわ ながひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 織田氏の宿老。朝廷より惟住(これずみ)の姓を賜ったので惟住長秀ともいう。羽柴越前 守とも称した。

◆若狭の支配
天正元年(1573年)9月、長秀は信長より若狭一国を与えられ、織田家臣で最初の国持大名となった。

若狭国内での当初の大まかな知行宛行は遠敷郡が長秀、三方郡が粟屋氏、大飯郡が逸見氏であり各領主は所領内に独立した支配権を持っていた。この頃の長秀の家臣として溝口秀勝・長束正家・建部寿徳・山田吉蔵・沼田吉延などがおり、与力としては信長直臣となった若狭衆(武田元明・粟屋勝久・逸見昌経・山県秀政・内藤・熊谷等の若狭武田氏及び旧臣)が他国への出兵時に長秀の指揮下として軍事編制に加えられた。更に軍事の他に若狭の治安維持や流通統制などの一国単位の取りまとめについても長秀が担っていた。

なお、大飯郡は逸見昌経の死によって、溝口秀勝が長秀家臣から信長直臣に取り立てられ、独立した知行を受けた。本能寺の変に際して若狭では武田元明が明智方について没落したのに対し、粟屋・熊谷・山県・寺西の与力各氏は長秀の支配下に入り、家臣となった。

織田家の双璧
その後も長秀は高屋城の戦い、長篠の戦いや越前一向一揆征伐など、各地を転戦して功を挙げる。さらに長秀は軍事だけではなく、政治面においても優れた手腕を発揮し、安土城普請の総奉行を務めるなど多大な功を挙げている。

天正9年(1581年)には、越中木舟城主の石黒成綱を信長の命令で近江で誅殺した。越中願海寺城主・寺崎盛永父子も、信長の命令で、長秀が城主をつとめる近江佐和山城で幽閉の後、切腹となった。同年の京都御馬揃えにおいても、一番に入場するという厚遇を与えられている。また天正伊賀の乱にも従軍しており、比自山城の戦いなどで戦っている。

家老の席順としては、筆頭格の佐久間信盛失脚後この位置に繰り上がった柴田勝家に続く二番家老の席次が与えられ、両名は織田家の双璧といわれた。

本能寺の変後
天正10年(1582年)6月、三好康長・蜂屋頼隆と共に織田信孝の四国派遣軍(長宗我部征討軍)の副将を命じられる。また、上洛中の徳川家康が大坂方面に向かうにあたり、案内役の長谷川秀一から引き継ぐ形で津田信澄と共に接待役を信長から命じられていた。しかし、出陣直前に本能寺の変が起こると、長秀は信孝を補佐し、逆臣・明智光秀の娘婿にあたる津田信澄を共謀者とみなして殺害した。その後、信孝と共に羽柴秀吉の軍に参戦して山崎の戦いで光秀を討った。

変に際して大坂で四国出陣の準備中だった長秀と信孝は、光秀を討つには最も有利な位置にいたが、信孝と共に岸和田で蜂屋頼隆の接待を受けており、住吉に駐軍していた四国派遣軍とは別行動をとっていた。このため、大将不在の時に本能寺の変の報せが届いたことで四国派遣軍は混乱のうちに四散し、信孝・長秀の動員できる兵力が激減したため、大規模な軍事行動に移ることができなかった。長秀と信孝はやむをえず守りを固めて羽柴軍の到着を待つ形となり、山崎の戦いにおける名目上の大将こそ信孝としたものの、もはやその後の局面は秀吉の主導にまかせるほか無かった。また、本能寺の変の直後には長秀の佐和山城は明智方についた荒木氏綱父子に入城されてしまったが、山崎の戦いの後に回復した。

清洲会議で長秀は池田恒興と共に秀吉が信長の後継者に推す信長の嫡孫・三法師を支持。結果として、諸将が秀吉の織田家の事業継続を認める形となった。秀吉と勝家とが天下を争った一戦である天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでも秀吉を援護し、戦後に若狭に加え越前(敦賀郡・南条郡の一部・大野郡の一部を除く)及び加賀二郡(うち一郡は溝口秀勝が領する)を与えられ、約123万石の有数の大名となった。

天正13年(1585年)4月16日、積寸白(寄生虫病)のために死去した。享年51。跡目は嫡男の長重が継いだ。

『秀吉譜』によれば、長秀は平静「積聚」に苦しんでおり、苦痛に勝てず自刃した。火葬の後、灰の中に未だ焦げ尽くさない積聚が出てきた。拳ぐらいの大きさで、形は石亀のよう、くちばしは尖って曲がっていて鳥のようで、刀の痕が背にあった。秀吉が見て言うには、「これは奇な物だ。医家にあるべき物だろう」と、竹田法印に賜ったという。後年、これを読んだ平戸藩主・松浦静山は、この物を見たいと思っていると、寛政6年(1793年)初春、当代の竹田法印の門人で松浦邸に出入りしていた者を通じて、借りることができた。すると、内箱の銘は『秀吉譜』と相違があり、それによれば久しく腹中の病「積虫」を患っていた長秀は、「なんで積虫のために殺されようか」と、短刀を腹に指し、虫を得て死去した。しかし、その虫は死んでおらず、形はすっぽんに似て歩いた。秀吉が侍医に命じて薬を投じたが、日を経てもなお死ななかった。竹田法印定加に命じて方法を考えさせ、法印がひと匙の薬を与えると、ようやく死んだ。秀吉が功を賞してその虫を賜り、代々伝える家宝となったとあった。外箱の銘には、後の世にそれが失われることを恐れ、高祖父竹田法印定堅がその形を模した物を拵えて共に今あると書かれていた(内箱・外箱の銘は、天明7年(1787年)に竹田公豊が書いたものであった)。しかし、静山が借りたときには、本物は別の箱に収められて密封されていたため持って来なかったというので、年月を経て朽ちて壊れてしまい、人に見せることができなくなってしまったのだろうと静山は推測し、模型の模写を遺している。これらによると、石亀に似て鳥のような嘴をもった怪物というのは、寸白の虫(ただし真田虫ではなく蛔虫)と見るのが妥当である。証拠の品を家蔵する竹田譜の記事に信憑性が認められるからである。割腹して二日後に死亡したことから判断して、いわゆる切腹ではなかった。

人物
長秀は信長の養女(信長の兄・織田信広の娘で姪)桂峯院を妻に迎え、嫡男の長重も信長の五女を娶っている。さらに、長秀は信長から「長」の字の偏諱を受け、親しい主従関係であった。2代に渡って信長の姻戚となった例は、他の家臣には一切無いところを見てもわかるように、長秀は信長から「長秀は友であり、兄弟である」と呼ばれるという逸話が残るほど、厚く信頼されていたことがうかがえる。
織田家中では「木綿藤吉、米五郎左、掛かれ柴田に、退き佐久間」という風評があった。木綿(羽柴秀吉)は華美ではないが重宝であるのに対し、米五郎左は長秀を評したもので、非常に器用でどのような任務でもこなし、米のように、上にとっても下にとっても毎日の生活上欠くことのできない存在であるというような意味である。
方面軍司令の地位こそ得られなかったが安土城の普請奉行などの畿内の行政の仕事をそつなくこなし、各方面の援軍として補給路の確保や現地の戦後処理において活躍をするなど行政と軍事両面で米五郎左の名に恥じない働きを続け、信長の信頼も変わらなかった。
清洲会議でも織田家の今後を決める宿老の1人として参加しているが、この頃の長秀は決して秀吉と対等な立場ではなく、その勢力差は歴然としていた。それを裏付けるように、山崎の戦い後に毛利輝元が秀吉の1家臣である蜂須賀正勝と、立場上は織田家の重臣である長秀に送った戦勝祝いは贈答品の内容から、付けられた書状の中身まで一言一句同じもので、他大名からも「秀吉の家臣」という認識があったようである(蜂須賀文書、毛利家四代実録考証)。
天正3年(1575年)7月、信長が家臣達への官位下賜と贈姓を上奏し、羽柴秀吉が筑前守、明智光秀が九州の名族である惟任(これとう)の姓を与えられた。この際、長秀にも同じく九州の名門である惟住(これずみ)の姓が与えられた。しかし、長秀はこれを一度「拙者は、生涯、五郎左のままで結構」と断っている。
長秀は名刀「あざ丸」を所有していたことがあった。しかし、それを手に入れてからというものの長秀は眼病に悩まされるようになった。実はこの刀はかつて熱田神宮の神職でもあった織田方の武将である千秋季光の所有していたものであり、加納口の戦いで千秋が戦死した際に斎藤道三の家臣である陰山一景が「あざ丸」を鹵獲したものの、直後の織田方との戦いで陰山は両目を射抜かれてしまった、といういわくつきの刀剣であった。そこで長秀は周囲の人々の助言に従って熱田神宮へ「あざ丸」を奉納し、以降は眼病に悩まされなくなったという。
武田家滅亡後、長秀は信長の計らいにより休暇を与えられ、堀秀政、多賀常則とともに草津温泉で湯治したとされる。
 
◆丹羽長秀~織田信長と豊臣秀吉から厚い信頼を受けた重臣
https://senjp.com/niwa/
丹羽長秀は尾張春日井郡児玉(現在の名古屋市西区)で1535年9月20日に生まれた。 幼名は万千代。
父は丹羽長政、母は不詳だが織田信秀の娘(能呂氏?)ともする説が ある。
児玉丹羽家は、武蔵七党のうちの一つである児玉氏の末裔とされるが、児玉党は 多数の諸氏に分かれており、丹羽長秀以前の系譜ははっきりしていない。
いつのころか 尾張国に住み、尾張守護の斯波氏に仕えるようになった。
丹羽長秀には兄・丹羽長忠 がいたが、早世したようで、丹羽家の家督を継いだようだ。 丹羽家は織田信秀の勢いが 増す ...

◆丹羽長秀はなぜ本能寺に一番近かったのに明智光秀を討たないで豊臣秀吉に合流したのですか?

信長の死が伝わった途端、兵が一斉に脱走してしまい、軍団が崩壊してしまったからです。とてもではありませんが光秀に立ち向かうのは不可能になってしまい、他の軍勢に加わる以外の選択肢はありませんでした。
もし、この時に信孝・長秀軍が兵をまとめて光秀を討つことに成功していれば、歴史は全く別な物になっていたでしょう。秀吉にとっては奇跡のような幸運だったと言えるかもしれません。
 
◆丹羽長秀(米五郎左)とは? 派手な織田軍団でお米のように欠かせない人と評された理由
https://bushoojapan.com/tomorrow/2014/04/15/17722
なんか名前は聞いたことがある 「ミスターオール4」丹羽長秀
恋愛でも仕事でも遊びでも、相性のいい相手と出会えると嬉しいものです。
が、なかなか簡単には見つかりませんよね。
出会いを求めていてもうまくいかないのに、ふとしたきっかけで話し込んだ相手と意気投合……なんてこともあるのが人生の奥深さというかなんというか。
あの信長にとっても、そんな相手がいました。

天正十三年(1585年)の4月16日に亡くなった丹羽長秀という武将です。

彼は取り立てて身分が高いわけでもなく、織田家譜代の家臣でもなく、さらにこれといった武功も上げていなかったので、「聞いたことあるようなないような名前だな」と感じる人が多いかもしれませんね。
しかし、長秀はあの信長をして「友であり兄弟である」と言わしめたほど信頼されていました。
なぜかというと、とんでもなく器用な人だったからです。
戦でも内政でも、とにかく全ての面において一定以上の手腕を発揮できるという、他の家臣たちにはなかなかできない働き方をしていました。
現代で例えるなら、ミスターオール4というような感じでしょうか。

◆にわながひで【丹羽長秀】
1535‐85(天文4‐天正13)
安土桃山時代の武将。織田信長に仕える。柴田勝家と並び称される勲功の臣で,浅井・朝倉との合戦に功績があり,近江佐和山を拝領して居城とした。長篠の戦には一翼の大将として軍功をあげ,翌1576年(天正4)惟住(これずみ)の称号を得た。本能寺の変後,羽柴(豊臣)秀吉とともに明智光秀を討ち,ついで柴田勝家,佐久間盛政と戦った。戦後,秀吉より越前・若狭両

国と加賀半国を与えられ,越前北ノ庄の城に住した。【西田 真樹】
 
◆豊臣秀吉と丹羽長秀の関係と秀吉に最後に抱いた本心とは?
http://hideyoshitoyotomi.biz/wp/archives/148
「丹羽長秀画像」江戸時代 十七世紀(福島県大隣寺蔵) 丹羽長秀は、織田信長の下で 柴田勝家と並び家老として仕えました。
長秀は鬼五郎左とも呼ばれ、豊臣秀吉(木下 藤吉郎)から見れば雲の上の存在でした。
豊臣秀吉(木下藤吉郎)と丹羽長秀の関係は 、織田信長の死を境に大きく変化して行きます。

◆「ダッシュでパン買って来い。」
〜 丹羽長秀 について、織田信長
「人質受け取って来い。ダッシュで」
〜 丹羽長秀 について、織田信長
「ダッシュで茶器買って来い。これ代金」
〜 丹羽長秀 について、織田信長
「安土に城建てるから。もちろんダッシュで。」
〜 丹羽長秀 について、織田信長
「はい、もちろんダッシュでやらせていただきます」
〜 馬揃え について、丹羽長秀
丹羽長秀。信長の部下とはいえ恐ろしいぜ・・・・
丹羽 長秀(にわ ながひで、1535年 - 1585年)は、元々織田信長のペットの鶏でありながら、「米五郎左」の異名をとるほどの卓越した経済手腕で戦国時代に活躍した最強のお米屋さんである。米穀販売業のみにとどまらず後に建築などの多角経営に成功している。一方で、米代を払わない不逞の輩には嘴で顔面を陥没させるまで突く力強さもあった事から「鬼五郎左」の異名もある。その腕力を見込まれ、副業として武将になり、織田信長の忠実なポチ(否、鳥だからコッコと呼ぶべきか)として召抱えられた。鳴き声は当然「コケコッコー」である。
 
◆経歴
「織田」と名前のつくチンピラどもが仲間割れを繰り返す厄介な国である尾張において、牧舎の鶏小屋で丹羽長秀は誕生した。一説によると金色の卵から生まれたとも言われるが、こんな地味な武将が煌びやかな金色の卵から生まれるわけがないので大方創作であろう。もともと斯波氏の元で飼育されていたが、当主の斯波義統は織田信友らの謀反によって家畜に餌をやる余裕さえなかったため、長秀を初めとする家畜達は餓死寸前まで痩せこけてしまう。そして例え生き延びる事ができても、家畜である手前、いつかはミンチにされて食卓に並べられるのがオチなのだ。そんな生涯絶対嫌だと思った長秀は脱走を決意。同胞の家畜達と共に逃走を図るが、長秀の鶏冠が目立ちすぎたため逃走が露見してしまう。長秀らは死に物狂いで遁走したが、追ってとの戦闘や山奥を闘争中に遭遇した狩人との激闘で多くの仲間が命を落とし、長秀も重傷を負って仲間とはぐれてしまう。それでも一命こそ取り留めた長秀だが、得る糧もなく、あわや行き倒れの危機に瀕していた。しかし頭脳明晰な長秀は尾張が肥沃な農業地帯であることに注目し米穀の販売業を起こし、幼少の頃人間から見よう見まねで覚えた算盤勘定の技術もあって成功を収めた。この頃、長秀は商売がうまくいったことに気をよくし、猿の木下藤吉郎、うりぼうの池田恒興など悪い友人たちと付き合いだすようになる。そしてその悪い友人の親玉がウツケ殿であり、当時寝不足に悩まされていた信長から「俺の目覚まし時計になれ」と下僕となる事を強要される。この運命の出会い以降、長秀は信長の手下A兼目覚まし係として活躍する。朝方信長がうつらうつらしているところを「コケコッコー」と甲高い声で鳴いて起こすのが長秀の日課となった。もはや米屋ではなくただのパシリも同然である。

この頃から長秀は、桃太郎の三匹の手下、犬(前田利家)、猿(木下藤吉郎)に合わせて「雉」と呼ばれるようになった。「雉も鳴かずば撃たれまい」と言う諺を知っていた長秀は、雉と呼ばれて、目立ち過ぎると殺すぞと脅迫されていると思い込み、極力目立たないように細心の注意を払った結果、ますます地味な存在となってゆく。

しかしながら織田家が桶狭間の戦い・稲葉山攻略などで勢力を拡大すると、信長の信望の厚い長秀に運が回ってくる。勢力範囲が増えれば増えるほど扱う米が増えてきた丹羽家は莫大な儲けを得ることになったのである。長秀が一介の米屋(しかも鶏)であるのに武将のように現代に伝えられるのは、「各地に商売に行くのにただの米屋では舐められる、武張っていけば舐められない」という深謀遠慮があったため、あえて武士の真似事をしていたためである。鶏の分際で長秀は帯刀し、本人の目立たなさに反して目立ちすぎるその鶏冠を髷で結って武士を気取っていたが、あまりの似合わなさに失笑を買うばかりであった。少しでも驚くと全身に鳥肌が立ってしまうほどの小心者であったが、最も恐れる信長から一喝されると恐怖を通り越して発狂してしまい、奇声を発しながら物凄い勢いで敵に突っ込んでいくので、世間には「勇敢な武士」と生涯勘違いされていた。信長はこの便利屋のような長秀を手元に置き、他の将のような軍団長としては使用せず、こき使った。彼の知行が同輩の明智光秀達に比べて低いのは米の売買で儲けているためである。

織田信長が本能寺で非業の死を遂げた後は、一瞬放心状態になったが、トリ頭の彼は三歩歩いて主君を失った悲しみをすぐに忘れた。その後秀吉に「俺に従えば今後も米屋を続けさせてやるぞ」といわれたため秀吉に付き従うことになる。しかしこれが長秀にとって最大の不運となる。頭の上がらない信長が死んだのに今度は秀吉にナメられる羽目となった長秀はついにキレて自領である福井県に引きこもり胃癌で亡くなる。辞世の歌も勿論「コケコッコー」であった。長秀なきあとも丹羽家は秀吉に舐められ続け、最後には所領を没収され、江戸時代に入るまで大規模な米店を開くことはできなかった。

エピソード
不細工ともイケメンともいえない微妙な顔で描かれることが多い。というか、まんまニワトリである。
織田信長には「友であり、兄弟である」と特別扱いをされていたが、実際はただのパシリであり、ただのニワトリである。
手癖の悪い羽柴秀吉に名前を一文字盗まれたことがある。長秀は苦情を申し立てたが「織田家の出世頭の名前にあやかってつい…」とお世辞を言われ、気を良くしそれを許すというおっちょこちょいな一面がある。むしろトリ頭なので三歩歩いてすぐ忘れてしまった可能性が高い。
古田織部には小心者と見られていたようで、『「The小心者」と書いた鎧を着用すべし』と「お前が言うな」的な事まで言われている。
彼が副業でやっていたゼネコンもかなり儲かっていたようで、安土城建設は彼の手によるものである。しかしいくら功績があっても、所詮ニワトリである。
彼の最期の地である福井県にて伝説の米コシヒカリが誕生したのは非常に皮肉である。ちなみに、彼は所詮ニワトリであるため、福井県民からは全く敬われていない。
また、織田家に雇われた軍事顧問であるランスの事を快く思わなかった様だが、所詮ニワトリなので何も言えなかった。
信長の祐筆であった太田牛一が記した信長公記にはランスが信長に長秀のクビを進言した際、「地獄に堕ちるといい…」と発言したという記述がある。事実ならば彼が生前発した唯一の言葉である。

埴輪鶏(はにわにわとり)は、日本固有の鳥である。非常に希少な種であり、国から絶滅危惧種に指定されている。


概要
名前が指す通り、その姿は埴輪と鶏に酷似している。しかしながら、鶏の近類ではない。近縁種には埴輪インコや埴輪カラスがおり、いずれもその姿が埴輪に酷似している。当然、生物なので埴輪の近縁でもない。

埴輪鶏の羽や外皮は素焼きの器並に強度がある。特異な姿は土に色を似せて擬態するため、表面の硬度は自己防衛のための進化であると考えられている。また、その容姿と同様に泣き声も独特である。

小さな昆虫などを食するが、体が重いために動きが遅く飛行も不可能なために、土中のミミズなどを食べる場合が多い。

非常に個体数が少ないので捕獲・調査が難しく、その生態などについては未だ謎が多い。とはいえ、近年では少しずつそれも解き明かされてきている。

例えば、体が何故硬いのか、という疑問は長らく明確な説明がなされてこなかった。しかしながら、近年捕獲された体組織の一部らしきものを分析したところ、土器に非常に近い成分が含まれる事が分かった。この事から、土中のミミズなどを食べる際に同時に土を摂取し、その成分を体表に送っているのではないか、という説が現在では一般的になっている。

歴史
その特異な姿から古来より神として、あるいは悪魔として扱われてきた。埴輪鶏の頑丈さから、それにあやかるべく人間や動物の人形に埴輪鶏の姿を巧みにとりいれて作られた「埴輪」はあまりにも有名だろう。

また、近年ではその貴重な体組織を一人で研究するための「神の手」という行為が横行しており、非常に問題になっている。「神の手」は、埴輪鶏の組織片を遺跡から発掘された土器に偽装して縄文・弥生期の遺跡周辺に埋め、それを後日掘り出して土器の研究と称して持ち帰るという、非常に悪辣な行為である。1匹丸ごと殺して埋めたという例もあり、研究者の間ではこの行為に対する罰則を強化せよ、という声も大きい。

存在の確認
その特異性から、一部には埴輪鶏の存在を疑問視する声もある。しかしながら、以下に示す方法でその存在を容易に確認する事が可能である。

PC、携帯などでメモ帳を開く
「にわにはにわにわとりがいる」と打ち込む。
この時、途中で変換せずに一気に打ち込むよう注意する。
変換する。
「庭に埴輪鶏がいる」となり、埴輪鶏が現実にいることが確認できる。
天下のMicrosoftやアップルコンピュータやNTTドコモやauやソフトバンクモバイルやらが変換させてくれるんだから間違いない!
なお、近年では使われる機会が減ってきているために、一回で変換出来ない場合 もあるので注意すべきだろう。

 
◆丹羽長秀の家紋「丹羽直違紋」を解説!安土城を作った信長の家臣
http://kisetsumimiyori.com/niwanagahide/
丹羽長秀の家紋

丹羽長秀(にわながひで)は、織田信長に仕えた家臣です。
「本能寺の変」で織田信長が亡くなったあと、人生が変わった武将はたくさんいるのですが、この丹羽長秀もその一人かも知れません。
最期まで織田信長に忠誠を尽くした丹羽長秀の生涯に迫ります。
 
◆丹羽長秀(にわ-ながひで)
https://sengokumiman.com/niwanagahide.html
プロフィール

Nagahide Niwa
近江(滋賀県)佐和山城主。幼名は万千代。

柴田勝家や佐久間信盛と並ぶ織田信長の老臣。

安土城普請奉行、四国方面軍副将を担った。

享年51歳(1535-1585)。同い年は、荒木村重、島津義弘、九戸政実。信長より1つ年下。

詳細
織田信長織田信長の重臣であり、四国方面軍・副将でありながら、意外にノーマークなのが彼・丹羽長秀のような気がします。

長秀は柴田勝家柴田勝家や佐久間信盛と並んで、織田家トップの家臣。織田家臣時代、豊臣秀吉秀吉が羽柴秀吉と名乗っていたのは、柴田と丹羽、両方の苗字を一字取ってのことでした。

信長からの信頼が厚い長秀は、信長の兄の娘をお嫁さんにもらいました。信長だけでなく秀吉を始め、織田家中の多くも長秀の人柄を慕っていました。信長の厳しいリストラ政策、出世争いが激しい織田家で、癒し的な役割を果たしていたのかもしれません。

 


◆殿(しんがり) (軍事用語) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/殿_(軍事用語)
殿(しんがり)は、後退する部隊の中で最後尾の箇所を担当する部隊。
後備え(あとぞな え)、殿軍(でんぐん)ともいう。
転じて、隊列や順番の最後尾のこと。

兵法における「殿」
本隊の後退行動の際に敵に本隊の背後を暴露せざるをえないという戦術的に劣勢な状況において、殿は敵の追撃を阻止し、本隊の後退を掩護することが目的である。
そのため本隊から支援や援軍を受けることもできず、限られた戦力で敵の追撃を食い止めなければならない最も危険な任務であった。
このため古来より武芸・人格に優れた武将が務める大役とされてきた。

例としては、1570年に越前の朝倉義景を攻めた織田信長が義弟である近江の浅井長政の離反によって敵中に孤立した際に、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が殿を引き受けて信長を逃がし、

自らは奮戦の末に命からがら戦場を脱出した件がある(金ヶ崎の戦い)。
これはそれまで織田家中で知恵者としては知られていても武勇の士とは見られていなかった藤吉郎の家中での評価を変え、織田家の重臣としての地位を築くきっかけとなったといわれる


しかし、最近の資料調査によると金ヶ崎では池田勝正が殿軍を率いて朝倉軍の追撃を撃退し、木下藤吉郎は殿軍の一武将として功をあげ織田信長から褒美を得たことがわかっている。

織田武将を表現した、「木綿藤吉(秀吉)、米五郎左(丹羽長秀)、掛かれ柴田(勝家)に退き佐久間(信盛)」という言葉があり、佐久間信盛は殿を巧くこなせる人物であったという



兵法以外での「殿」
前述の通り「殿」は元々兵法における言葉だが、ここから転じて戦闘の場以外でも使用されることがある。スポーツなどの競走が発生する場でしばしば用いられる。

代表的なのが競馬用語として用いられるもので、カタカナでシンガリとも表記されることがしばしばある。競馬の世界では「殿(シンガリ)」の言葉単体では競走馬のレース中の位置取

りが最後方になることの意味で用いられている。
また、競走の結果が最下位になることを示す「シンガリ負け」や、最後の直線で最後方の位置から追い込みをかけることを示す「殿一気」[1]など、他の語とともに用いられることもある


また例えば選手入場のように隊列を組んで行進している際に最後尾を行進する人物を「殿を務めている」と表現する事もある。

関連項目

陣形
後退
撤退
捨て奸
釣り野伏せ
脚質
 
◆朝倉 義景(あさくら よしかげ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/朝倉義景
戦国時代の武将。越前国の戦国大名。越前朝倉氏第11代(最後)の当主。

◆浅井 長政(あざい[注釈 3] ながまさ、旧字体表記:淺井 長政)は、戦国時代の武将。北近江の戦国大名。浅井氏の3代目にして最後の当主。
https://ja.wikipedia.org/wiki/浅井長政
浅井氏を北近江の戦国大名として成長させ、北東部に勢力をもっていた。妻の兄・織田信長と同盟を結ぶなどして浅井氏の全盛期を築いたが、後に信長と決裂して織田軍との戦いに敗れ

て自害。浅井氏は滅亡した。官位は贈従二位中納言(徳川家光の外祖父にあたるため、死後の寛永9年(1632年)9月15日に贈られた
 
◆信長包囲網(のぶながほういもう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/信長包囲網
戦国時代末期より安土桃山時代初頭にかけて発生した反織田信長連合のことを言う。


 
◆月代(さかやき)
成人した男子が冠または烏帽子の下にあたる額ぎわの頭髪を半月形に丸く剃った部分。中世の武士は鉄製の兜をかぶったが,頭が蒸れるので,兜の頂上に通気孔を開けて,その穴の真下

の髪を剃った。空気が抜けるので,逆息 (さかいき) といい,その音便とするものや,逆明 (さかあき) の転じたものとする説がある。戦国時代には,月代を剃っていることが勇敢さの

印にもなり,武家の男子が成人になると兜をかぶらないでも,月代を剃るようになった。江戸時代になると,一般民衆の間にも行われ,明治4 (1871) 年の散髪奨励の頃まで続いた。 (→

元服 )

◆さかやき(月代) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/さかやき
さかやき(月代)とは、江戸時代以前の日本にみられた成人男性の髪型において、前頭部から頭頂部にかけての、頭髪を剃りあげた(抜き上げた)部分を指す。さかやきを剃った髪型のこ

とは、野郎頭[1]や半髪頭と表現される。

概要
兜を被った際に頭が蒸れるのを抑えるために始まった風習とされる。平時は側頭部および後頭部の髪をまとめて髷を結った。なお、現代日本において時代劇等で一般男性の髷としてなじ

みとなっているのは銀杏髷であり、髷が小さい丁髷ではない。さかやきをそり、髷を解いた髪型を「童髪(わらわがみ)」といい、「大童(おおわらわ)」の語源となっている。また、

兜を被った際に頭が蒸れるのを抑える目的は「弁髪」に共通している。

「サカヤキ」の語源、また「月代」の用字の起源は諸説ある。一説にさかやきはサカイキの転訛であるという。戦場で兜をかぶると気が逆さに上るから、そのイキを抜くためであるとい

う伊勢貞丈の説が広く認められている。

歴史や
『玉葉』安元2年7月8日の条に、「自件簾中、時忠(平時忠)卿指出首、(其鬢不正、月代太見苦、面色殊損)」とあり、平安時代末期、行われていたことが分かる。

『太平記』巻5に、「片岡八郎矢田彦七あらあつやと頭巾を脱いで、側に指し置く。実に山伏ならねば、さかやきの跡隠れなし」とあり、絵巻物などと照らし合わせると、鎌倉時代、室町

時代にさかやきが行われていたと分かる。当時は、兜による頭の蒸れ対策として戦の間だけ行われた習慣であり、日常に戻った時は総髪となった。

戦国時代になると、さかやきが日常においても行われるようになった。それまでは毛抜きで頭髪を抜いてさかやきを作るのが主流であったが、頭皮に炎症を起こし、兜を被る際に痛みを

訴える者が多くなったため、この頃を境に毛を剃ってさかやきを作るのが主流となる。

沖縄の古謡集『おもろさうし』のうち、1609年の島津氏による琉球出兵を歌ったものでは、薩摩兵を「まへぼじ(前坊主)」と揶揄しており、さかやきを作っていた事がわかる。

江戸時代になると、一定の風俗となった。公卿を除く、一般すなわち武家、平民の間で行われ、元服の時はさかやきを剃ることが慣例となった。蟄居や閉門の処分期間中や病気で床につ

いている間はさかやきを剃らないものとされた。外出時もさかやきでない者は、公卿、浪人、山伏、学者、医師、人相見、物乞いなどであった。さかやきの形は侠客、中間、小者は盆の

窪まであり、四角のさかやきは相撲から起こり、その広いものを唐犬額といった。江戸時代末期にはさかやきは狭小になり、これを講武所風といった。また若さをアピールする一種のフ

ァッションとして、さかやきやもみあげを藍で蒼く見せるという風習も流行した。

明治の断髪令まで行われた。

脚注[編集]
^ 大辞林「野郎頭」
やろうあたま -やらうあたま 【野郎頭】
前髪を剃(そ)り,月代(さかやき)をした頭。江戸時代の一般の成年男子の髪形。

 
◆一本ずつ毛を抜く血まみれの苦行……なぜ武士はチョンマゲ・月代スタイルだったのか?
bushoojapan.com > HOME > 週刊武春 - キャッシュ
2017年3月24日

幕末、日本にやってきた異国人はチョンマゲ姿の日本男児を見て、こう驚いたそうです。
「うわっ、なんだ!? あいつら頭の上にピストルを乗っけていやがるっ!」

ご丁寧に、頭頂部分だけきれいに剃った月代(さかやき)にしちゃって、その上に棒状の黒いピストルが乗っているんですから、たしかにアレは現代の私達から見ても珍妙と言わざるを

得ません。
しかし、なぜあのような奇抜なヘアスタイルが誕生したのでしょう?

毛が多いと不都合が起きる、最も原始的な理由
鎌倉幕府が滅び、南北朝時代を経て応仁の乱が起きた室町時代。
それまでの幕府守護体制や荘園公領制がことごとく崩壊し、日本は戦乱の世へと突入していきます。
旧勢力は没落し、新勢力が台頭する「下克上」の世で日本各地に戦国大名が現れると、武士だけでなく農民や商人などからも合戦の参加者が現れ、みんなが刀を持ち鎧兜を揃えるように

なります。


当たり前ですが、合戦では兜をかぶって戦います。
平清盛や源頼朝、足利尊氏の時代も当然そうでした。

しかし、戦国時代になると新兵器・鉄砲が出現したため、その攻撃から身を守るためには兜の形が頭全体をすっぽりと包まなければならず、長い髪を束ねて兜をかぶると、ある問題が生

じたのです。
頭が痒い、痒い、痒すぎる!
ゆえに頭頂部は剃らざるを得なかった。
高校球児が坊主頭にするのと理屈は同じでしょうか。違うかな。

一本一本抜きました それも木製の毛抜で
ところで皆さん、そんなハゲ部分の月代ですが、どうやって整えたかご想像つきます?

刀で剃った?

ブブー!

専用の剃刀があった?

ブブッ、ブブー!

答えはなんと、木製の毛抜で一本一本抜いたのです!
なんという恐ろしい所業。
これは江戸初期の風物を記した『慶長見聞集』にも、その様子が「黒血流れて物すさまじ」と記されています。
昔の武士は毎日激痛に耐え、血だらけになりながら頭頂の毛を抜いていたのです…。そりゃ切腹なんて文化が生まれてくるワケですよね。

ただ、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げた頃からはカミソリで優美な形に整えられるようになり、日本男子達もやっと血だらけのゾンビ状態から解放されます。

こうした苦行が背景にあったからでしょうか。合戦を前提とした月代という髪型は、「いつでも主君のために戦える!」という意思表示でもありました。
月代を剃らないということは主君をないがしろにし、自分は武士ではないと言っているようなものだったのです。

それこそが、江戸時代にも丁髷(ちょんまげ)と月代が続いた理由であります。
 
◆月代(さかやき)について
http://ncode.syosetu.com/n2494bo/23/
月代は、難読漢字でもあり、読みの問題にも出てきます。 本日は、特徴的な武士の髪型の、月代さかやきについてのお話です。 
月代とは、ご存じの通り、頭頂部の髪を剃った部分を指します。 江戸時代になると、武士はおしゃれになり、蝋と油で固めた髷を月代の上に固定する独特の髪型に発展しました。
月代の始まりは何時ごろで、何の為に行われたのでしょうか?
公家:九条兼実の日記『玉葉』の安元2年(1176)の記述に、「自件簾中、時忠卿指出首、其鬢不正、月代太見苦、面色殊損」とあります。 この意味は、平家の公卿:平時忠(清盛の

義弟)が宮中に出仕した時の月代がとても見苦しくて恥をかいたという事です。つまり、平安末期には、武家では一般的であり、公卿になっても平氏は月代を剃っていた事が判ります。

◆時代劇に登場する月代を伸ばした浪人は本当は町を歩けない!?


時代劇にはしばしば浪人と称する、髪をボサボサに伸ばした落ちぶれた武士がしばしば登場します。
また、年配の方であれば「素浪人 花山大吉」という近衛十四郎(松方弘樹の父)が主役の時代劇を覚えている方も多いことでしょう。
焼津の半次とのコミカルなやり取りや半次を怒る時の「バカタレが~!」というセリフがなんとも面白く、大人気のテレビドラマでした。

花山大吉は、悪人をバッタバッタと切り捨てるめっぽう強い浪人であったにもかかわらず「おから」が大好きで、緊張したり驚いたりすると「しゃっくり」が止まらなくなるというなん

ともお茶目な浪人でもありました。

時代劇では、これらの浪人が江戸の町を何事もなく歩いている場面がしばしば登場しますが、実際に月代をボサボサに伸ばした浪人が堂々と江戸の町を歩くというのは考えられないこと

でした。
 
◆時代劇の問題。月代(さかやき)はいつごろどうしてできたの? 町人思案 ...
http://blog.q-q.jp/200808/article_1.html
に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)○○○○○☆歴史☆○ 問題:月代(さかやき)をご存じでしょうか。
江戸時代以前の髪形の特徴的な部分です。 口絵のようにチョンマゲを結っている人は、額から頭頂部にかけて剃っていることが多い ようです。
これが月代です。□おなじチョンマゲを結っていても、お相撲さんは月代を剃っ ていません。
日本相撲協会広報部に問い合わせたところ、頭から風邪を引くと困るので 剃っていないとの回答でした。もちろん嘘です。

◆【 どのちょんまげが好き? 】男っぷりをあげる!江戸の人気ヘアコレクション
https://rekijin.com/?p=13093
戦国の世が終わり、平和で文化的な生活を享受できる江戸時代に入ると、町民の中でもオシャレを楽しむ人が多くなってきました。
江戸の町で人気のヘアスタイルをご紹介します!

スタンダードながらも自由度の高いヘア「丁髷(ちょんまげ)」

「江戸の基本スタイル・ちょんまげ」
https://rekijin.com/wp-content/uploads/2016/05/800px-Portrait_of_a_man_of_noble_birth_with_a_book-196x300.jpg
江戸っ子ヘアは髷で個性を!
江戸っ子が絶対に譲ることができないオシャレポイントは、やはり「髷(まげ)」。特に頭頂部から前頭部の「月代(さかやき)」を剃りあげる髷がオーソドックスで、一番人気です。

元々は、合戦時に被る兜で頭頂部が蒸れるのを防ぐ目的で生み出された髪形であるとはされていますが、戦の心配が無くなった江戸では、髷の太さや角度などに変化を出し個性を表現し

ていきました。頻繁に剃ったり抜いたりしなければならないなど、手間が掛かる髪型ではありますが、それでもお手入れを欠かさないのが嗜みです。

気軽なヘアで色気も演出「総髪」
「坂本龍馬も総髪。浪人にも多かったヘアスタイル」
https://rekijin.com/wp-content/uploads/2016/05/800px-Portrait_of_a_man_of_noble_birth_with_a_book-196x300.jpg

月代を剃り上げずに髷を結うのが「総髪(そうはつ)」であり、女性の場合は同じ漢字でも「そうがみ」と読みます。月代の手入れが不要なので、手間も散髪代も掛からないお手軽ヘア



江戸時代前期は医者や学者などの髪型でしたが、江戸時代後期は一般的な髪型として普及しており、坂本龍馬や徳川慶喜も総髪でした。

 
◆黒田 孝高(くろだ よしたか)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩祖となる。キリシタン大名でもあった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/黒田孝高
諱(実名)は初め祐隆(すけたか)、孝隆(よしたか)、のち孝高といった[注釈 1]が、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)[注釈 4]、あるいは剃髪後の号をとった

黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。軍事的才能に優れ、豊臣秀吉の側近として仕えて調略や他大名との交渉など、幅広い活躍をする。竹中重治(半兵衛)と双璧をなす

秀吉の参謀と評され、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された

◆竹中 重治(たけなか しげはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初名は重虎、のちに重治。通称は半兵衛(はんべえ)。父は竹中重元、弟に重矩。子に重門。従弟に

竹中重利(府内藩初代藩主)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/竹中重治
羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の参謀として活躍し、黒田孝高(黒田官兵衛)とともに「両兵衛」「二兵衛」と称された。しかし、軍功に関する逸話や美談の多くは後世の創作によるものと

見られ、史実上の実像が不明瞭な人物である。
 
◆知らぬ顔の半兵衛(しらぬかおのはんべえ)は、何も知らない振りを装って物事に取り合わぬことを意味する慣用句。「知らぬ顔の半兵衛を決め込む」のような表現で使われる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/知らぬ顔の半兵衛

概要
人名である半兵衛とは、戦国時代の武将・竹中重治のこととされる。 織田信長が美濃攻略を行なう際の逸話や豊臣秀吉に仕え始めた頃の逸話などが存在する。

前田利家が信長の意をうけ美濃の武将・竹中重治を調略するために接近。重治の娘・千里と仲良くなって彼女を介して重治に話を持ちかけようとしたが、重治はそれを見抜いており、あ

えて知らぬ顔を決め込んだ。重治は逆にこれを利用し利家から織田方の兵力などの情報を聞きだして、結果、織田勢を撃退してしまった[1]。
羽柴秀吉が竹中重治を伴って出陣。しかし、秀吉は全軍に退却を命じたにもかかわらず、重治だけはこれに従おうとしない。重治は自らの手勢1000人を陣地に残したため、秀吉はこの行

いを責めるが重治は知らぬ顔で平然と軍律違反をやってのけてしまう。しかし、これが幸いとなって重治の残した手勢が勝利に導く要因となったため秀吉は一転してこれを称えた。
脚注
^ 宮武外骨編『日本擬人名辞典』24頁(成光館,1930)
参照出典
『木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまがっせん)』、人形浄瑠璃、時代物。全十段。若竹笛躬、近松余七(十返舎一九)、並木千柳合作。寛政元年(1789年)成立。


 
◆黒田官兵衛とは 黒田家とは~名軍師・黒田孝高、黒田如水の詳細紹介
https://senjp.com/kuroda/
 黒田官兵衛(黒田孝高、黒田如水)は天文15年11月29日(1546年12月22日)の朝8時頃に、黒田満隆(のちの黒田職隆、小寺職隆)の嫡男として播磨国の姫路で生まれた。
 父・黒田満隆は23歳で、母は、16歳だっとされる岩(お岩)。乳母ではなく、母・お岩によって直接、育てられたとされる。
 
◆5分でわかる 軍師・黒田官兵衛
https://senjp.com/kanbe/
黒田家は、目薬屋で財をなし小寺政職と言う、播磨(姫路)の大名に仕える家老でしたが、黒田官兵衛は、優れた知略と戦術によって、敵対した赤松政秀や毛利勢からの攻撃も、少ない兵

力でも果敢に撃退するなど頭角を現しました。
しかし、織田信長や豊臣秀吉と言った優れた能力と実力の持ち主が姫路に迫ると、敵の武将を素直に評価し、無償で自分の居城・姫路城をそっくり提供するなどして全面協力し、織田信

長の臣下となると竹中半兵衛や蜂須賀小六らと豊臣秀吉の「軍師」として、兵糧攻めや水攻めの立案もし活躍しました。
 
◆竹中半兵衛 ~豊臣秀吉の天下統一を一緒に夢見た名軍師
https://senjp.com/take/
2018年1月1日 - 【GameWith】竹中半兵衛の最新評価や適正クエストです。おすすめのわくわくの実や 適正神殿も紹介しています。竹中半兵衛の最新評価や使い道の参考にどうぞ。
 竹中重治(たけなかしげはる、竹中重虎、竹中半兵衛、たけなかはんべえ)

 1544年9月11日、美濃・斎藤氏の家臣で美濃国大野郡(岐阜県揖斐郡大野町)の大御堂城・城主・竹中重元の子として、岐阜県池田郡片山にて生まれた。
 母は杉山久左衛門の娘。初名は重虎、のちに重治。
 その後、父・竹中重元は岩手四郡のほか福田、長松、栗原一帯を知行し、6000石となり、菩提山城を築いた。(1558年に菩提山城を築いたとする説もあり)
 弟に竹中重矩がいる。

 
◆竹中半兵衛と黒田官兵衛 ~秀吉が頼りにした軍事参謀
https://odanobu.com/column/12/column12001.html
竹中半兵衛と黒田官兵衛は、豊臣秀吉が羽柴を名乗ってた頃から秀吉を支え続けた軍事参謀(軍師)です。両者の名前を取って「両兵衛(ニ兵衛)」とも呼ばれています。

といっても黒田官兵衛が秀吉に仕えたのが1575年頃で、竹中半兵衛は1579年に36歳で病没しているので、両兵衛が同時期に活躍したのは4年間という短い期間でした。

一緒に活躍した期間は短かったのですが、彼らの間には非常に心に残るエピソードがあります。数ある戦国時代のエピソードの中で個人的に一番好きなエピソードです。文章のボリュー

ムが結構長いですが、宜しくお願いします。
 
◆大返し
◆美濃大返し(みのおおかえし)は、賤ヶ岳の戦いの際に羽柴秀吉が美濃国大垣(岐阜県大垣市)から近江国木之本(滋賀県長浜市木之本町)までの13里(約52km)の道のりを5時間でか

けぬけた大掛かりな軍団移動のことをいう
https://ja.wikipedia.org/wiki/美濃大返し
移動の理由[
天正11年4月20日(グレゴリオ暦;1583年6月10日)、羽柴秀吉は岐阜城の織田信孝を倒すために美濃にいた。
しかし、大雨で長良川と揖斐川が増水したのが原因で、その川に囲まれている岐阜城を攻められず大垣に留まっていた。
そのとき、秀吉が築城し、中川清秀が守っていた大岩山砦(長浜市余呉町)が敵将の佐久間盛政によって陥落したという情報が届いたのである。
しかし、秀吉は反対に喜び「天下はわしが取った」と言ったという。なおこの時中川清秀は戦死している。

移動の実際
好機到来と考えた秀吉は、賤ヶ岳へと通じる村々に炊き出しと松明の用意を命じ、午後2時ころ大垣を発って、午後7時ころには現地に到着した。秀吉軍の追撃は翌未明より開始された。

戦況への影響
一方、砦を落としたらすぐに退けという大将柴田勝家の命令をやぶり大岩山に野宿していた盛政は、秀吉が木之本に迫っているとの情報に驚き、浮き足だったところに、秀吉によって追

撃がなされ総崩れとなり、柴田全軍の撤退につながった。さらに、越前府中(武生市)にあった勝家与力の前田利家が戦線を離脱し、秀吉軍の先鋒となって柴田勝家本拠の北庄城(福井

県福井市)を囲み、4月24日に落城した。柴田勝家とその妻・お市の方は3人の娘をのこして自害した。

 
◆中国大返し(ちゅうごくおおがえし)または備中大返し(びっちゅうおおがえし)
https://ja.wikipedia.org/wiki/中国大返し
天正10年6月(西暦1582年6月-7月)、備中高松城の戦いにあった羽柴秀吉が主君織田信長の本能寺の変での横死を知った後、速やかに毛利氏との講和を取りまとめ、主君の仇明智光秀を

討つため京に向けて全軍を取って返した約10日間にわたる軍団大移動のこと。備中高松城(岡山県岡山市北区)から山城山崎(京都府乙訓郡大山崎町)までの約200 km を踏破した、日本

史上屈指の大強行軍として知られる。この行軍の後、秀吉は摂津・山城国境付近の山崎の戦いにおいて明智光秀の軍を撃破した。

◆秀吉・官兵衛の中国大返し 10日間で200kmの強行軍の謎を考察してみる
https://bushoojapan.com/tomorrow/2014/06/02/21841
世の中出来過ぎてアヤシイ話は多々ありますが、”事実は小説より奇なり”というのもまた現実です。
天正十年(1582年)の6月3日から羽柴(豊臣)秀吉が起こした行動、俗に”中国大返し”といわれる超スピード行軍もその一つでしょう。
あまりにスムーズすぎて秀吉黒幕説まで流れるほどですが、実際の動きはどのようなものだったのでしょうか
 
◆秀吉の「中国大返し」はどこまでが真実か~~本能寺の変5
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-101.html
天正10年(1582)6月、備中高松城の戦いにあった羽柴秀吉が主君織田信長の本能寺の変での横死を知り、速やかに毛利氏との講和を取りまとめて、明智光秀を討つため京に向けて全軍を取

って返した軍団大移動を「中国大返し」と呼ぶのだが、備中高松城(岡山県岡山市北区)から山城国山崎(京都府乙訓郡大山崎町)まで235kmもある。「日本史上屈指の大強行軍」と言わ

れることは理解するのだが、武装した集団が武器・食糧を運びながら、なぜ、本能寺の変からわずか10日で山崎に着くことができたのだろうかと誰しも疑問に思う。

◆豊臣秀吉の『中国大返し』の覚え方(語呂合わせ)はこれだ!
http://rekishizuki.com/archives/544
豊臣秀吉の”天下取りの大勝負”『中国大返し』の覚え方(語呂合わせ)を作ってみました 。この成功により豊臣秀吉は、天下を揺さぶった大事件『本能寺の変』に、いち早く反応 し

た織田家の最初の武将となり、政権奪取のきっかけを得ました。奇跡のような機敏な 行動に、様々な疑惑が出ており、異論百出の歴史的事件のひとつとなりました。
 
◆「中国大返し」を成功させた黒田官兵衛のアメとムチ | 戦国武将の危機管理
https://mainichi.jp/premier/business/articles/20170216/biz/00m/010/006000c
2017年2月20日 - 天正10(1582)年6月2日の本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれた。その第一 報が備中高松城を水攻めしていた羽柴秀吉のもとに届いたのは翌3日の夜だ

ったと いわれている。 秀吉は、すぐ毛利輝元の使僧、安国寺恵瓊をよび、信長の死を隠した まま講和交渉を急がせ、結局、翌4日、清水宗治が切腹し、戦いは終わった。しかし、 毛

利軍が撤退するまでは秀吉も兵を引くことができず、ようやく、6日になって行動を 開始した。いわゆる「中国大返し」のはじまりである。

◆あらゆる説の歴史を公開!!秀吉による中国大返しの謎に当時の書状などを元に迫ってみます。
http://www.carouselthemusical.com/oogaeshi.html
あらゆる説の歴史を公開!!
本能寺の変の時の情勢
本能寺の変の直前までの状況をまとめてみると、織田家筆頭家老である柴田勝家は北陸の上杉景勝と戦っていましたが、本能寺の変を知ると自分の居城である北ノ庄城に戻っています。

柴田勝家は上杉景勝に備えて北ノ庄城を離れることが出来ませんでした。

関東平定を言われていた滝川一益は、配下に収めていた北条氏政などが反旗を翻して攻めてきて、苦境に陥っていました。

滝川一益は、北条軍に敗れて散々な目にあっています。

四国攻めを考えていた丹羽長秀や織田信孝は本能寺の変の後に兵の一部が逃げ出してしまったとも言われています。

その中で、秀吉だけがなぜ中国大返しを可能にして、明智光秀を討つことが出来たのでしょうか?その謎に迫ってみます。

 
◆きたのしょうじょう【北ノ庄城】

福井県福井市にあった安土桃山時代の平城(ひらじろ)。織田信長は1573年(天正1)に朝倉氏を滅亡させた後、朝倉氏旧臣の桂田長俊(前波吉継)を守護代職に任命して越前国を統治させ

ようとしたが、長俊は1575年(天正3)に一向一揆勢により討ち取られた。この一揆勢を平定したのが信長重臣の柴田勝家で、その功績により越前国北ノ庄を与えられ、同年、自身の縄張

りによる居城の築造を開始した。この勝家の居城が、織田氏の北国支配の拠点となった北ノ庄城である。9層の天守をもった巨大な城であったといわれている。1582年(天正10)、本能寺

の変で信長が死去すると、勝家と明智光秀を討った羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が対立し、両者は翌1583年(天正11)に賎ヶ岳の戦いで激突した。敗れた勝家は北ノ庄城に籠城し、城に

火を放って妻のお市の方(信長妹)とともに自害した。このとき、北ノ庄城の多くが失われたとされるが、その後、青木一矩が同城に封じられたという記録も残っており、どのような経

緯で廃城になったかは明らかでない。関ヶ原の戦い翌年の1601年(慶長6)、福井藩(北ノ庄藩)の初代藩主となった結城秀康(家康二男)は、北ノ庄城の跡地に新たな城(福井城)を築

いた。そのため、勝家時代の北ノ庄城の遺構は現存していない。また、1993年(平成5)、6次にわたる発掘調査が行われ、北ノ庄城の本丸跡といわれてきた柴田神社の境内から石垣と思

われる石が出土したが、城の正確な位置も特定できていない。JR北陸本線福井駅から徒歩約10分(福井城址)。◇北庄城とも記される。


 
◆北ノ庄城 : かつて巨大天守があった織田家筆頭家臣 柴田勝家の居城。
https://akiou.wordpress.com/2013/12/01/echizen_kitanosho-jo/
北ノ庄城 (きたのしょうじょう) は、越前国の戦国大名 朝倉氏の滅亡後に信長から越前48万石を与えられた織田家筆頭家老 柴田勝家によって築城された巨大な近世城郭。ルイスフロイ

スの記録によると、その屋根は丸岡城と同じく総石葺 (福井名産の笏谷石[しゃくだにいし]。青緑色) で、街の規模はあの安土城の2倍はあったという。本能寺後の1582年7月、信長亡き

後の織田家の行く末を決める清須城での会議 (通称 “清洲会議”) で勝家は秀吉と対立。翌1583年3月に直接対決となる「賤ヶ岳の戦い」が発生。敗れた勝家は北ノ庄城まで撤退するも

、秀吉軍に城を包囲されてしまう。追い詰められた勝家は降伏すること無く妻のお市と共に自害、城は焼失した。後に当地に入った結城秀康により跡地を大きく改変し近代城郭(後に福

井城と改名)を築城したため、柴田氏北ノ庄城の遺構は殆ど残っていない (あるいは地中深くに眠る) と言われる。ちなみに結城氏が築いた城も当初は「北ノ庄城」と呼ばれていた (三

代目藩主の頃に福井と改名)。

<基本データ>
●名称: 北ノ庄城 (Wikipedia)
●所在: 福井県福井市 (マップ)
●城主: 柴田勝家
●竣工: 1575年 (天正三年)
●遺構: 石垣、堀跡
 
◆夢のまた夢 豊臣秀吉の辞世 - 浄土真宗親鸞会
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin04.htm
もし、「人生の目的」がなかったら、大変なことになります。 生きる意味も、頑張る力も 消滅してしまうからです。 なのに、 「人生に目的なんて、ないよ」 と、言う人が、意外に

多いのです。 本当にそうでしょうか。何か、大事なものを、忘れていないでしょうか。 1度 きりしかない人生、後悔しないためにも、まず、「なぜ苦しくとも、生きねばならぬのか」

を 考えてましょう。 ◇第3章◇歴史の証言. 古来、数え切れぬ人々が、幸福を求め、悩み、 苦闘し、生きてきた。 しかし、生涯を振り返り、夢や幻のごとし、と述懐する人が、 あま

りにも ...

◆露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢
どうゆう意味ですか?


豊臣秀吉 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E8%87%A3%E7%A7%80%E5%90%89
が言った 最後の言葉として 記載されている。

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢

露のようにこの世に生まれ落ち、そして露のようにはかなく消えていってしまった
この身であることよ。大阪城で過ごした栄華の日々は、夢の中の夢のようにはかないものだった。

本当に ”人生如夢” ですね。
 
◆人生は夢のまた夢
http://abetoshiro.ti-da.net/e3268251.html
こうして自分の半生を描こうとすると、楽しめる一方で、基本的な抵抗も出てきます。

というのも半生記は、ある側面事実ではありますが、ある側面夢のようなものだからです。


それはいまの現実にも言えます。


 
◆天下は天下の天下なり…徳川家康の遺言 | WEB歴史街道
https://shuchi.php.co.jp/rekishikaido/detail/3791
2017年4月17日 - 武家の者としては、平清盛、足利義満、豊臣秀吉に次ぐ4人目です。その前後、一時期 小康を取り戻したりもしますが、4月に入ると病は重くなり、家康も自らの死期を

悟って、 様々な遺言をしました。よく知られているのが、以下のものでしょう。 わが命旦夕に迫る といへども、将軍斯くおはしませば、天下のこと心安し、されども将軍の政道その理

に かなわず億兆の民、艱難することあらんには、たれにても其の任に代らるべし、 天下は 一人の天下に非ず天下は天下の天下なり、たとへ他人天下の政務をとりたり ... 


◆天下(てんか)は一人(いちにん)の天下にあらず乃(すなわ)ち天下の天下なり
《「六韜」文師から》天下は君主一人の専有物ではなく、天下の人々の共有物である。

◆金は天下の回り物
【読み】    かねはてんかのまわりもの
【意味】    金は天下の回り物とは、金は一箇所にとどまるものではなく、常に人から人へ回っているものだから、今はお金が無い人の所にもいつかは回ってくるという励まし。
【金は天下の回り物の解説】
【注釈】    貧富は固定しないということ。
金がない者に対し、今貧しいからといって悲観するな、まじめに働いていればいつか自分のところにも回ってくるだろうという励ましの意味を込めて使う。
「金は天下の回り持ち」「金は世界の回り物」「金は世界の回り持ち」ともいう。
【出典】    -
【注意】    「回り物」を「周り物」と書いたり、「回し者」というのは誤り。
【類義】    金は浮き物/金は湧き物/金銀は回り持ち/宝は国の渡り物/貧乏難儀は時の回り
【対義】    金と子供は片回り/金は片行き
【英語】    Money is a great traveller in the world.(金は世界の旅人である)
Money changes the hands.(金は手を変える)
【用例】    「金は天下の回り物だから、今のピンチをそんなに嘆くことはないよ」
 
◆てんか【天下】
〔「てんが」とも〕
①  天の下に広がる全空間。世界中。 「 -に比類のない名勝」
②  一国全体。国中。また、世の中。世間。 「 -を二分する戦い」 「 -を揺るがす事件」 「夜の幕はとくに切り落されて、-は隅から隅迄明るい/草枕 漱石」
③  一国の政治。また、国家を治める権力。 「 -を取る」
④  力を十分に発揮できる状態。 「若者の-だ」
⑤  (「天下の」の形で用いて)他に並ぶ者がないこと。 「 -の横綱」 「 -の愚か者」
⑥  一国を支配する者。天子・摂関・近世の将軍など。 「その上-の敵になり参らせたる者にてあるに/義経記 6」
⑦  めくりカルタで、あざの札。 「よく〱ぢや-を持つていなるるの/雑俳・削かけ」
⑧  (「とも」「ども」などを伴って)どんなに。いかに。 「 -に目つぶれ、足をれ給へりとも/源氏 玉鬘」

◆「箱根八里」(はこねはちり)は、1901年(明治34年)に発行された「中学唱歌」に初出の唱歌である。鳥居忱(とりいまこと)の作詞、瀧廉太郎の作曲による。

メニュー0:00
題名の箱根八里とは、旧東海道で小田原宿から箱根宿までの四里と箱根宿から三島宿までの四里をあわせたもの。東海道では大井川とともに難所として知られていた。箱根馬子唄でも「

箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とうたわれる(この唄を指して「箱根八里」と呼ぶこともある)。

歌詞は2連で1番に「昔の箱根」、2番に「いまの箱根」の副題がつけられている。広く知られている歌ではあるものの、李白の漢詩『蜀道難』の一節「一夫當關 萬夫莫開」が歌詞に織り

込まれるなど、漢籍にみられる故事や古典、歴史に由来する事項が多く盛り込まれている。

歌詞に登場する「函谷関」は中国の長安と洛陽の間、長安のある関中の地への入り口を扼する関所で王朝の死命を制する要衝として有名であり、『史記』における漢の劉邦と楚の項羽の

攻防や孟嘗君の故事などで知られ、また「蜀の桟道」は蜀の地、すなわち四川盆地を守るに堅い要害としている山中の難所でやはり劉邦の天下取りへの備えとなった故事がある。いずれ

も箱根の関所のある山道の険しさを、漢籍古典になだたる難所要害にたとえているものである。

曲はヨナ抜き音階で書かれリズムはピョンコ節あり三連符ありでバラエティーに富んでいるが、歌詞にマッチした勇ましい行進曲調のものである。

現在では箱根登山電車小田原駅、箱根湯本駅、強羅駅の発車メロディや、箱根登山ケーブルカー(強羅駅・早雲山駅のみ)・箱根登山バスの車内チャイムとしても使われている。

歌詞[編集]
1.
箱根の山は、天下の嶮(けん)
函谷關(かんこくかん)も ものならず
萬丈(ばんじょう)の山、千仞(せんじん)の谷
前に聳(そび)え、後方(しりへ)にささふ
雲は山を巡り、霧は谷を閉ざす
昼猶闇(ひるなほくら)き杉の並木
羊腸(ようちょう)の小徑(しょうけい)は苔(こけ)滑らか
一夫關に当たるや、萬夫も開くなし
天下に旅する剛氣の武士(もののふ)
大刀腰に足駄がけ
八里の碞根(いはね)踏みならす、
かくこそありしか、往時の武士

2.
箱根の山は天下の岨
蜀の桟道數ならず
萬丈の山、千仞の谷
前に聳え、後方にささふ
雲は山を巡り、霧は谷を閉ざす
昼猶闇(ひるなほくら)き杉の並木
羊腸の小徑は、苔滑らか
一夫關にあたるや、萬夫も開くなし
山野に狩りする剛毅のますらを(益荒男)
猟銃肩に草鞋(わらぢ)がけ
八里の碞根踏み破る
かくこそあるなれ、当時のますらを

※なお原詞では、最後の行は「かくこそありけれ、近時のますらを」である。

スカラーソング[編集]
「箱根八里」は、発表直後から現在まで、様々な替え歌が作られている。その中で一番知られているのは、明治から昭和初期にかけて活躍した演歌師・神長瞭月による「スカラーソング

」である。

スカラーソングは、「箱根八里」のパロディであるとともに、風刺歌で、1番では月給取り(サラリーマン)、2番では「芋書生」の貧しく哀れな窮状を訴えている。

現在、『小沢昭一が選んだ恋し懐かしはやり唄(四)』に収められている。
 
◆『六韜(りくとう)其の壱:天下者、非一人之天下、乃天下之天下也。』。。^(・◇・)^。。。 記事をクリップするクリップ追加
https://blogs.yahoo.co.jp/atori25/32351864.html?__ysp=5aSp5LiL44Gv5aSp5LiL44Gu44KC44Gu
 兵法書といえば。。だいたい、『孫子(私たちがよく知るのは『魏武注孫子』)』が、まず、頭に浮かぶ

んでしょうけど。。最近、私がはまっている兵法書は、『六韜(りくとう)』ですね。

韜(呉音 : トウ(タウ) 漢音 : トウ(タウ))。。その訓読みは『ゆみぶくろ』。。

つまり、『六韜』と書けば、そのままズバリ六つの弓袋⇒六つの武具を入れる袋という意味を示しており、

実際、この兵法書は「文韜」「武韜」「龍韜」「虎韜」「豹韜」「犬韜」の6巻構成なんです。

(すべて、太公望が、周の文王と武王に指南する形態で記されています。)

で、今日は、その中でも、兵法そのものにあまり関係ないかもしれませんが、『天下』について述べてい

る部分を紹介させていただきます(この部分が一番好きなんです♪武韜 発啓 よりの抜粋です)。


【白  文】

天下者、非一人之天下、乃天下之天下也。
取天下者、若逐野獸。
而天下皆有分肉之心。
若同舟而濟。
濟則皆同其利、敗則皆同其害。
然則皆有以啓之、無有閉之也。



【読み下し】

天下は一人の天下に非ず、乃ち天下の天下也。
天下を取る者は野獣を逐うが若し。
而(しかし)て、天下皆肉分つの心有り。
舟を同じくして済(わた)るが若し。
済れば則ち皆其の利を同じくし、敗れば則ち皆其の害を同じくす。
然(しか)らば則ち皆以て之を啓(ひら)く有りて、(以:もって)之を閉ずる有る無き也。



【私  訳】

天下は一人の天下ではない。乃(すなわ)ち、天の下(もと)にある故の天下なのだ。
天下を取るなどという行為は粗暴で、獰猛な獣を逐うようなものである。
そして、天下には皆が切り分けた肉を分かつような心意気がある。
まるで、同じ船に乗り合わせて、大河を渡っていくようなものでもある。
巧く渡り切れれば、皆がその恩恵にあずかることができ、争えば、皆が害を被るのだ。
ならば、即ち、皆でもってこれを啓くことがあってこそ、閉じることはないのである。


※『六韜』武韜 発啓  原文はこちら ⇒ http://ctext.org/liu-tao/fa-qi/zh 

(中國哲學書電子化計劃⇒中文版⇒兵家⇒六韜⇒武韜⇒発啓)

天下を天の下と考えれば。。

日中韓。。ただでさえご近所なのに。。互いに細かいことでぐちゃぐちゃ言うのもどうかと。。^^;。
 
◆徳川家康の仁政(一)
http://rakudo.jp/徳川家康の仁政(一).html
聖人を模範にして、わが身を修養してすべての人を真に安楽の境地にいざなうことこそ、我々の生きるべき道であり、またそれがひいては、自分の幸福をもたらすことになる。家康公こ

そは、聖賢の教えを見習えば平和な世界が築ける、という絶好の手本である。日本のみならず、世界の人達にも家康公の真の偉大さを知って頂きたいものである。

◆てん か [1] 【天下】
〔「てんが」とも〕てん げ 【天下】
①天の下に広がる全空間。世界中。 「 -に比類のない名勝」
②一国全体。国中。また、世の中。世間。 「 -を二分する戦い」 「 -を揺るがす事件」 「夜の幕はとくに切り落されて、-は隅から隅迄明るい/草枕 漱石」
③一国の政治。また、国家を治める権力。 「 -を取る」
④力を十分に発揮できる状態。 「若者の-だ」
⑤(「天下の」の形で用いて)他に並ぶ者がないこと。 「 -の横綱」 「 -の愚か者」
⑥一国を支配する者。天子・摂関・近世の将軍など。 「その上-の敵になり参らせたる者にてあるに/義経記 6」
⑦めくりカルタで、あざの札。 「よく〱ぢや-を持つていなるるの/雑俳・削かけ」
⑧(「とも」「ども」などを伴って)どんなに。いかに。 「 -に目つぶれ、足をれ給へりとも/源氏 玉鬘」
[句項目]
天下三分の計 ・ 天下の憂いに先立ちて憂え、天下の楽しみに後れて楽しむ ・ 天下は一人の天下にあらず、乃ち天下の天下なり ・ 天下は回り持ち ・ 天下晴れて
「 -人々ながるるとののしる事いできて/蜻蛉 中」
 
◆74歳で天下獲得をはたした徳川家康、その長寿を支えた健康術とは?
2016年05月08日
https://serai.jp/health/32170
家康の健康法(うどん)AC
常に温かいものを食す、これが家康の健康術。温かいうどんは、家康の好物のひとつだった。

<鳴かぬなら鳴くまで待とうほととぎす>

100年以上続いた戦国乱世の時代に終止符を打ち、天下泰平をもたらした徳川家康(1543~1616)は、6歳の時から織田氏、そして今川氏へと13年にもわたって人質に出されていた。そう

した幼少から青年にかけて不自由な生活を余儀なくされた苦労人だっただけに、生涯、粗食をもっぱらとした。

主食は白飯ではなく麦飯で、おかずは1~2品で充分。三河(愛知県)出身であるから、大豆と塩のみで作った豆味噌(八丁味噌)を好んでよく食べた。麦と大豆は、ともにたんぱく質や

ビタミンなどの栄養価が高い食品である。


 
◆第30話 天下を望むもの - 奇叛天 ~きほうて~ 天に歯向かった男
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880784734/episodes/1177354054881100753
㈠. 「じいさん、酒はあるかい。」 みんなに酒を注ぎまわっていた、気のよさそうな作業頭 が聞いてきた。 「へえ、ありがとうございます。」 老人は欠けた木の椀を差し出した。白

濁 したどぶろくがなみなみと注がれる。 「今宵は特別、黒田の殿様からの振る舞い酒だ! まだまだ、たくさんあるぜい。みんな、飲んでくれい!」 全員がおおと声を上げた。みんな

にほっとした空気が漂っている。海の近くで、所々に地下水だまりなどがあり、難航を 極めた城の地下道の工事がやっと終わったのだ。 老人はだらしなく酔っぱらう職人たち を見 ...


 
◆家康も悩んだ「後継者」と「完全引退」 : 日経BizGate
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/151691920.html
2017年12月5日 - 徳川家康」(ミネルヴァ書房)の笠谷和比古・国際日本文化研究センター名誉教授は「〝 後継者重臣会議〟は史実ではないだろう。徳川姓を名乗ることのできた家康の

 最も長い現役生活を送った戦国武将は徳川家康(1543~1616)だろう。1555(天文24年)に人質先の今川義元の下で元服して以来、約61年間を第一線で働いた。しかも晩年は平穏な引退

を計画しながら後継問題などが絡み、終生現役を余儀なくされた。約260年続く徳川幕府の礎を築いた家康も、最後まで心配事が絶えなかったようだ。いつ完全引退を決断すべきか、家康

のケースは現代トップにも何らかの示唆を与えそうだ。
 
◆それ天下に主たらんことを願う者は、能く一方に主たり
http://www.compass-point.jp/kakugen/1414/
偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

それ天下に主たらんことを願う者は、能く一方に主たり

天下布武

テーマ:

 
◆天下布武 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/天下布武
天下布武(てんかふぶ). 織田信長の政策のひとつ。沢彦の進言とも言われる。

◆美濃攻略と天下布武
https://ja.wikipedia.org/wiki/織田信長#美濃攻略と天下布武
斎藤道三亡き後、信長と斎藤氏との関係は険悪なものとなっていた。桶狭間の戦いと前後して両者の攻防は一進一退の様相を呈していた。しかし、永禄4年(1561年)に斎藤義龍が急死し

、嫡男・斎藤龍興が後を継ぐと、信長は美濃国に出兵し勝利(森部の戦い)。織田家は優位に立ち、斎藤氏は家中で分裂が始まる。竹中重治と安藤守就が稲葉山城を占拠する反乱も勃発

した。永禄7年(1564年)には北近江の浅井長政と同盟を結び、斎藤氏への牽制を強化している。その際、信長は妹・お市を輿入れさせた。一方で、信長は永禄8年(1565年)より滝川一

益の援軍依頼により伊勢方面にも進出し、神戸具盛など当地の諸氏(北勢四十八家を攻略)とも戦っている。

永禄9年(1566年)、加治田城主・佐藤忠能と加治田衆を味方にして中濃の諸城を手に入れ(堂洞合戦、関・加治田合戦、中濃攻略戦)、勢力圏とし、義弟斎藤利治を佐藤忠能の養子とし

、二代目加治田城主として、斎藤道三の正式な美濃斎藤氏後継者として有力国人衆美濃佐藤氏と加治田衆を与力とし親族衆として支配した。さらに西美濃三人衆(稲葉良通・氏家直元・

安藤守就)などを味方につけた信長は、ついに永禄10年(1567年)、斎藤龍興を伊勢国長島に敗走させ、尾張・美濃の2ヶ国を領する大名になった(稲葉山城の戦い)。このとき、井ノ口

を岐阜と改称した(『信長公記』)。

同年11月には沢彦から与えられた印文「天下布武」の朱印を信長は使用しはじめており、本格的に天下統一を目指すようになったとみられる。11月9日、正親町天皇は信長を「古今無双の

名将」と褒めつつ、御料所の回復・誠仁親王の元服費用の拠出を求めたが、信長は丁重に「まずもって心得存じ候(考えておきます)」と返答したのみだった
 
◆天下布武[編集]
https://ja.wikipedia.org/wiki/織田信長#政策

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ab/Tenkahubu.svg/150px-Tenkahubu.svg.png
信長は美濃攻略後に井ノ口を岐阜と改名した頃から「天下布武」という印章を用いている。訓読で「天下に武を布(し)く」であることから、「武力を以て天下を取る」「武家の政権を

以て天下を支配する」という意味に理解されることが多いが、その真意は、軍事力ではなく、中国の史書からの引用で七徳の武[注釈 57]という為政者の徳を説く内容の「武」であったと

解釈されている[102]。

従来、「天下布武」とは天下統一、全国制覇と同意であると解釈され[103]、信長は「天下布武」達成のために領土拡張戦争を行ったとされてきた。しかし2010年代の歴史学では、戦国時

代の「天下」とは京都を中心とした五畿内(山城、大和、河内、和泉、摂津の5ヵ国。現在の京都府南部、奈良県、大阪府、兵庫県南東部)のことを意味し[104]、「天下布武」とは五畿

内に足利将軍家の治世を確立させることであり[105]、それは足利義昭を擁して上洛後、畿内を平定し、義昭が将軍に就任した永禄11年9月から10月の段階で達成された事、とされている

。 

◆「天下統一」
https://ja.wikipedia.org/wiki/天下統一
天下統一(てんかとういつ/てんがとういつ)は統治すべき地域を一人の権力者の下で統治すること。

概要[編集]
古代中国の概念から来ており、天子が統治すべき地域を天下と呼んだ[要出典]。中国において過去に天下統一した王朝は秦、前漢、後漢、西晋、隋、唐、宋、元、明、清がある。

日本では主に戦国時代から江戸時代初期にかけて、日本全土(琉球と蝦夷地の大半を除く)を、自らの支配下に置き日本全土を統一する事を指す。日本でも古代から用いられた。中世以

降には神国観が広まり、武家政権の正当化する論理となり、最高権力者は「天下人」と呼ばれた。

室町・戦国時代に「天下」は天皇王権を擁する室町将軍が管轄する京都とその周辺地域を意味し、天下人たる室町将軍は地方大名を従属・統制下におき紛争などを調停する役割が担わさ

れていた。尾張国の織田信長は将軍足利義昭を擁して間接的に天下人としての役割を担い統一事業を推進し(天下布武)、元亀4年(1573年)には将軍義昭を追放し、天下人としての地位

を自身が継承し統一政策を進めた。

信長が本能寺の変で自害すると織田家臣の豊臣秀吉が天下人の継承者としての地位に至り、統一政策を成し遂げた。「天下」の本来の意味では、その支配地域に境界はなく、秀吉は1590

年に日本を統一すると、明の征服を中核とした東アジアの統一を企画し、1592年からは朝鮮に出兵(文禄・慶長の役)するが、秀吉死去により途中終了する。

関ヶ原の戦いを経て、「天下」主催者としての地位が征夷大将軍職を世襲した徳川将軍家に継承されると、「天下」は日本列島に限る意味で用いられた。
 
◆天下人(てんかびと / てんかにん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/天下人
天下の政権を掌握した人のことをいう。主に戦国時代から江戸時代初期にかけて、琉球(沖縄県)と蝦夷地(北海道)の大半を除く日本全土を自らの支配下に置き、日本全土を統一した

者を指す。


 
◆てんか‐たいへい【天下太平/天下泰平】
[名・形動]
1 世の中が平和でよく治まっていること。また、そのさま。「―な(の)世」
2 なんの心配事もなくのんきにしていること。また、そのさま。「―な(の)暮らしぶり」

◆成句
二大勢力が争っているときに、有利な方へ味方しようと日和見することを「洞ヶ峠(ほらがとうげ)」という。ものごとの勝敗を決める正念場や運命の分かれ目のことを「天王山(てん

のうざん)」という(「天下分け目の天王山」と呼ばれる場合も多いが、正しい使い方でない)。権力を極めて短い期間のみ握ることを「三日天下(みっかてんが/みっかでんか)」と

いう。これらはいずれもこの山崎の戦いに由来する成句である。ただし必ずしも史実に即したものではなく、むしろその伝説に由来している。

「洞ヶ峠」
信長から大和一国に封じられていた筒井順慶は、光秀が率いる畿内方面軍の中では光秀に次ぐ勢力があり、また単に光秀の与力大名としてではなく、光秀とは個人的にも極めて親しい間

柄にあった。本能寺の変後、光秀から味方につくように誘われると、順慶は去就に迷う。伝承では、順慶は光秀に乞われて洞ヶ峠まで出陣しながら、光秀方に加勢することを逡巡、合戦

が始まっても形勢を窺うばかりで兵を動かさなかったということになっている。確かに順慶は光秀の求めに応じて少人数の配下を山城国に派遣していたが、実際には密かに秀吉方に寝返

ることを決めており、居城で籠城の準備に取り掛かっていた。そうとは知らない光秀は、煮え切らない順慶に加勢の催促をしようと会談を申し入れ、次男を連れて洞ヶ峠まで赴いたが、

約束の日時になっても順慶は現れなかった。光秀はすっぽかされたのである。

「天王山」
山崎の戦いは、秀吉方の中川清秀の隊が高山右近の隊の横に陣取ろうと、天王山の山裾に移動してきたことが合戦の緒端となった。この両隊に光秀方の軍勢が襲いかかり、一時は崩壊寸

前まで追いつめられたが、秀吉方の援軍の到着で辛くも窮地を脱し、それでも一進一退の後に、最終的には光秀方を押し返すことに成功した。これがいつしか「秀吉方が天王山を占拠し

て光秀方を牽制したことが戦いの帰趨を決めた」と言われるようになり、そこからこの合戦は「天王山の戦い」と呼ばれるまでになった。しかし実際には、天王山の争奪は戦局に大きな

影響を与えておらず、そもそも天王山の争奪戦そのものがあったかどうかも定かでない。『中川家記』や『太閤記』などがこの逸話を創作した、あるいは風聞を写し書きしたとする史家

も多く、そのため今日ではこの合戦を「山崎の戦い」と呼ぶことが大勢となっている。

「三日天下」
肥後細川家に伝わる『明智光秀公家譜覚書』には、本能寺の変後光秀が細川藤孝・忠興父子に味方になることを説得した書状が所収されており、その中で光秀は変の後参内し、従三位・

中将に叙任された上で征夷大将軍の宣下を受けたと書かれている。この史料の信憑性には疑問の余地があるものの、変後の政局が光秀を中心として展開したことは間違いない。では光秀

の「天下」が実際にはどのくらいだったのかというと、本能寺の変が天正10年6月2日、山崎の戦いが同月13日、差し引き11日ないし12日間の「天下」だった。
 
◆山崎の戦い(やまざきのたたかい)
https://ja.wikipedia.org/wiki/山崎の戦い
天正10年(1582年)6月2日の本能寺の変を受け、備中高松城の攻城戦から引き返してきた羽柴秀吉軍が、6月13日(西暦7月2日)に摂津国と山城国の境に位置する山崎(大阪府三島郡島本

町山崎、京都府乙訓郡大山崎町)において、織田信長を討った明智光秀の軍勢と激突した戦い。

古来天王山の戦いと呼ばれてきた合戦の現代的表現で、山崎合戦とも呼ばれる。

◆明智 光秀(あけち みつひで)
https://ja.wikipedia.org/wiki/明智光秀
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
 
◆織田 信長(おだ のぶなが)
https://ja.wikipedia.org/wiki/織田信長
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。

◆豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体: 豐臣秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)
https://ja.wikipedia.org/wiki/豊臣秀吉
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。

初め木下氏を名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓された。
 
◆関白任官と紀伊・四国・越中攻略
天正12年(1584年)11月21日、従三位権大納言に叙任され[19]、これにより公卿となった。この際、将軍任官を勧められたがこれを断る[20][注釈 19]。

天正13年(1585年)3月10日、秀吉は正二位内大臣に叙任された。そして3月21日には紀伊国に侵攻して雑賀党を各地で破っている(千石堀城の戦い)。最終的には藤堂高虎に命じて雑賀

党の首領・鈴木重意を謀殺させることで紀伊国を平定した(紀州征伐)。

四国を統一した長宗我部元親に対しても、弟の羽柴秀長を総大将、黒田孝高を軍監として10万の大軍を四国に送り込んでその平定に臨んだ。毛利輝元や小早川隆景ら有力大名も動員した

この大規模な討伐軍には元親の抵抗も歯が立たず、7月25日に降伏。元親は土佐一国のみを安堵されて許された(四国攻め・四国平定)。

この四国討伐の最中の7月11日には、かねてから朝廷で紛糾していた関白職を巡る争い(関白相論)に介入し、近衛前久の猶子となって関白宣下を受けた。

関白辞令の宣旨
權大納言藤原朝臣淳光宣、奉勅、萬機巨細、宜令內大臣關白者
天正十三年七月十一日 掃部頭兼大外記造酒正中原朝臣師廉 奉

— 「足守木下家文書」
権大納言藤原朝臣淳光宣(の)る。勅(みことのり)を奉(うけたまわ)るに、万機(ばんき)巨細(こさい)、宜しく内大臣をして関白にせしむべし者(といえり)。
天正13年7月11日 掃部頭兼大外記造酒正中原朝臣師廉 奉(うけたまわ)る              

関白辞令の詔書
詔、以庸質當金鏡、妥政績於通三、以愚昧受瑤圖、增德耀於明一、夢不見良弼、誰能諫言、內大臣藤原朝臣、名翼翔朝、威霆驚世、固禁闕之藩屛、忠信無私、居藤門之棟梁、奇才惟異、

夫萬機巨細、百官惣己、皆先關白、然後奏下、一如舊典、庶歸五風十雨之舊日、專聽一天四海之艾寧、布告遐邇、俾知朕意、主者施行、天正十三年七月十一日

— 「天正六年以來關白詔勅書」
詔(みことのり)して、庸(ひととなり)を質(もち)いて金鏡に当て、政績(せいせき)通三(つうさん)に妥(やすん)ず、愚昧(ぐまい)を以て瑤図(ようず)を受け、徳耀(と

くよう)明一を増す、夢良弼(りょうひつ)を見(あらわ)れざれば、誰か能く諫言を納れむ、内大臣藤原朝臣、名は朝(みかど)を翼翔(よくしょう)し、威霆(いてい)世に驚かす

、禁闕の藩屛を固くし、忠信私無し、藤門の棟梁に居(すわ)りて、奇才惟(ただ)異にす、夫(そ)れ万機巨細、百官を己(みずから)惣(す)べ、皆先んじて関(あずか)り白(も

う)す、然る後、奏下すること一(もっぱ)ら旧典の如く、庶(もろもろ)五風十雨の旧日に帰す、専ら一天四海の艾寧(がいねい)を聴(はか)り、遐邇(かじ)に布(し)き告げて

朕の意を知ら俾(し)めよ、主者施行(しゅしゃしぎょう)せよ、天正13年7月11日

 
◆太閤(たいこう)、正式名称太閤下は、摂政または関白の職を子弟に譲った人物を指す。敬称は「殿下」であり、呼びかけの場合は「太閤殿下」となる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/太閤
また出家した太閤のことを禅定太閤(ぜんじょう たいこう)、略して禅閤(ぜんこう)という。


沿革
摂政・関白を子弟に譲った者が「太閤」と呼ばれた例は平安時代からあった。例えば藤原道長は後一条天皇の摂政を息子頼通に譲り、続いて任じられた太政大臣の職も辞任した後は「太

閤」と呼ばれていた[3]。鎌倉時代の関白、二条良実は弟の一条実経に関白の地位を譲った後に引き続き内覧に任じられたことから「太閤」の名乗りを用いた[4]。その子孫である二条良

基は13年にわたって関白を務めたことから、直接の血縁関係にない他家の当主が関白になった後も「太閤」を名乗って内覧として権勢を振い、その後3度も摂関に再任された。

豊太閤
しかし近世以降、「太閤」といえば関白を甥の豊臣秀次に譲った後の豊臣秀吉のことを指すことが専らで、このことから「大師は弘法に奪われ、太閤は秀吉に奪わる」という格言までで

きるほどだった。

秀吉のことを、史家はその姓から豊太閤(ほうたいこう)と呼ぶことが多い。その秀吉が行った全国規模の検地は古くから太閤検地と呼ばれている。また秀吉が大坂城を築いて天下に号

令した大坂の地は、やがて江戸時代になると「天下の台所」と呼ばれるまでの経済発展を遂げたが、地元大阪では今日でもその最大の貢献者である秀吉を敬愛して「太閤はん」と呼び親

しんでいる。

今太閤
明治維新で旧来の太政官制が廃止され摂政・関白がなくなると、太閤の語もやがて過去のものとなるはずだったが、百姓の身分から初代内閣総理大臣に上り詰め、その後も元老として明

治日本を牽引し、艶福家の点でも共通する伊藤博文が、豊太閤に倣って今太閤(いまたいこう)と呼ばれるようになった。さらに戦後には高等教育の学歴を持たずに内閣総理大臣まで上

り詰めた田中角栄も今太閤と呼ばれるようになった。

このように「今太閤」は貧しい生まれから立身出世して大きな権力を握るに至った者の代名詞として使われるようになり、この他にも保守政治家の三木武吉、阪急電鉄の小林一三、松下

電器の松下幸之助、大映の永田雅一らも今太閤と、また吉本興業の吉本せいは女今太閤と呼ばれた。

◆大御所(おおごしょ)とは、古くは親王の隠居所である御所を指し、やがては隠居した親王その者を呼ぶ際の尊称として用いられた。後には摂政関白の実父を呼ぶ際にも用いられてい

る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/大御所

歴史
鎌倉時代、鎌倉幕府三代将軍源実朝が亡くなって源氏嫡流が絶えた後に北条氏の執権政治の時代になると、京から親王将軍を迎え入れてはやがて謀反の嫌疑でこれを京に送還するという

、首のすげ替えが繰り返されるようになる。すると京に戻った前将軍は隠居した親王でもあることから、これが「大御所」と尊称された。これ以後「大御所」は、半ば前将軍の称号とし

て定着するにいたった。

室町時代には足利幕府の将軍職を実子に譲った足利義満・足利義政・足利義晴が大御所と尊称されている。

江戸時代になり、徳川幕府の初代将軍徳川家康と第2代将軍徳川秀忠がいずれも将軍職を実子に譲ったことから、実子のある将軍は、ある時期になると将軍職を退いて大御所となることの

方が以後常態化した。但し大御所となっても、後任の将軍ではなく、大御所が政治の実権を握り続けることが多かった。
→ 詳細は「大御所 (江戸時代)」の項を参照

俗語
現代でも、「大御所」は俗語として使用されている。ある分野における長老や権威、または過去に大きな功労があった者やその分野の草分け的存在の者のうち、第一線を退いても大きな

存在感を示し続けている者を、「政界の大御所」「芸能界の大御所」などと呼ぶのがそれである。この用例の類義語として、「元老」もある。
 
◆大御所 (江戸時代)
大御所(おおごしょ)とは、江戸幕府において征夷大将軍職を退いて隠居した前将軍の敬称。
https://ja.wikipedia.org/wiki/大御所_(江戸時代)

大御所の由来
江戸幕府において大御所の名が正式に用いられるようになったのは、1603年に征夷大将軍となって江戸幕府を開いた徳川家康が、1605年に将軍職を子の徳川秀忠に譲って隠居したときに

「大御所様」という敬称が用いられるようになったときである。しかし、御所とは天皇の居所(皇居)を意味する言葉でもあり、それに大を加えて用いることは天皇よりも上の者を意味

するということで、当時はその名に対して批判や疑問も多かったと言われている。だが、これに対して家康は、古来の幕府の隠居した将軍の中にも大御所の名を用いたものはいる、と言

い繕うことで難を逃れている。

大御所政治
江戸幕府を開府した初代将軍・徳川家康は、1605年に将軍職を子の徳川秀忠に譲って駿府城に隠居城を構えた。(ただし駿府城は名目上、徳川頼宣の駿府藩50万石の政庁。)しかし、大

御所となった後も家康は現役将軍の権威を配慮しつつも政治を主導していたため、大御所政治と呼ばれた。家康は駿府(現静岡市)に居を構え、主に西国政策を中心に政治を行い(駿府

政権)、秀忠の居る江戸には譜代を幕閣として配置し家康在世中は主に東国に対する政策を行った[1](江戸政権)。秀忠が政治を実際に取り仕切るようになったのは1616年の家康の死後

からである。

家康・秀忠 二元政治の幕閣
駿府政権(大御所) 徳川家康(西国政策の処理時は伏見に移動している場合が多い)
本多正純、成瀬正成、安藤直次、竹腰正信、長谷川藤広(新参譜代)
松平正綱、板倉重昌、秋元泰朝(近習出頭人)
以心崇伝、天海(僧侶)、林羅山(学者)
茶屋四郎次郎、後藤庄三郎、角倉了以、湯浅作兵衛(豪商)
三浦按針、ヤン・ヨーステン(外国人)
江戸政権(将軍) 徳川秀忠
本多正信、青山忠成、内藤清成(関東総奉行)
大久保忠隣、酒井忠世、土井利勝、安藤重信(江戸年寄)
酒井忠利(留守居)
水野忠元、井上正就(江戸老中)
米津田政、島田利正(江戸町奉行)
2代将軍・秀忠も1623年に将軍職を息子徳川家光に譲って隠居している。そして1632年に病死するまで、政治の実権を握り続けた。西丸派(大御所)は秀忠側近を中心としているのに対し

、本丸派(将軍)は新旧の譜代層から構成されていた。

秀忠・家光 二元政治の幕閣[3]
江戸城西丸(大御所) 徳川秀忠
土井利勝、井上正就、永井尚政、青山幸成、森川重俊(西丸老職、秀忠側近)
江戸城本丸(将軍) 徳川家光
酒井忠世、酒井忠利、稲葉正勝、阿部正次、酒井忠勝、内藤忠重(本丸老職)
松平信綱、阿部忠秋、堀田正盛、三浦正次(小姓組番頭、家光側近)
米津田政、島田利正(江戸町奉行)
8代将軍・徳川吉宗は1745年に将軍職を息子徳川家重に譲って隠居しているが、家重は言語不能な一面を持っていたため、1751年に死去するまで、吉宗は実権を握り続けた。

9代将軍・徳川家重は、1760年に将軍職を息子徳川家治に譲って隠居しているが、言語を唯一理解できた御側御用人大岡忠光の逝去を受けての将軍職引退であり、また、翌年に病死したた

め、大御所として政治的実権を握ってはいない。

11代将軍・徳川家斉は将軍就任直後、将軍でなかった実父の徳川治済に大御所号を贈ろうとして、老中松平定信に先例が無いとして反対され、断念した(大御所事件)。 また自らも1837

年に将軍職を息子徳川家慶に譲った後も、1841年に死去するまで大御所として政治の実権を握り続けていた。なお、家斉の治世は50年以上にも及んだため、「大御所時代」と呼ばれるこ

とが多い。

この他、15代将軍・徳川慶喜も生存中に将軍職を辞して、宗家の家督も徳川家達に譲り、過去の大御所と似た存在となった。しかし徳川幕府が政権を返上した後の事であり、徳川家の家

政も揮らず別家を立てて当主となっているので、同列にはできない。


 

◆法医学

テーマ:

◆法医学 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/法医学 - キャッシュ
法医学(ほういがく、英語:forensic medicine)
犯罪捜査や裁判などの法の適用過程で必要とされる医学的事項を研究または応用する社会医学のことをいう。

法医学はさらに応用法医学と基礎法医学に分けられる。一般には応用法医学のうち、刑事に関連するもの、特に司法解剖に関連する分野が法医学と認知されていることがおおいが、法医

学の領域はこれに限られない。法医学の実務としてはDNA型鑑定、司法解剖、行政解剖、個人情報、親子鑑定、精神鑑定などがある。

現代の医学の進歩はめざましく、それに伴い様々な倫理的・法律的な問題が浮上してきていることから、法学部の科目として法医学を開講する大学も増えている。その一方で、2007年の

時津風部屋力士暴行死事件で、当初司法解剖が行われず事故死として処理されたように、医学面から犯罪性を調べる専門法医学者などの育成体制については減少傾向にあり、専門医が不

在の県もあるために、警察庁が日本法医学会に体制の充実を求める要望書を提出する事態となっている。
 
◆法医学が学べる大学 | Rikejo[リケジョ] | 理系女子のためのQ&Aサービス ...
www.rikejo.jp/faq/info/index/thread_id/2594 - キャッシュ
こんにちは。 公立に通っている高2です。 医学部志望なのですが、大学がまだ決まらず、 悩んでいます。
私は法医学に興味があって、 将来は法医学者か監察医になりたいと思っ ています。
医学部がある大学は沢山あり、それぞれ特色があるようですが、
法医学で 有名とか、法医学に力を入れている大学があれば教えて欲しいです。
お願いします。

回答
さて、法医学に力をいれている大学ですが、
私自身も正直思い浮かびません。
しかし、どの大学医学部に進学した場合でも、
法医学の単位は必修ですので、必ず学びます。
 
◆日本法医学会
http://www.jslm.jp
厚生労働省「平成29年度版死亡診断書(死体検案書)
記入マニュアル」にみられる問題
記述について( PDF 155KB); 情報通信機器(ICT)を利用した死亡診断等ガイドライン について、日本法医学会としての見解( PDF 152KB); 人体および人体標本に関する 提言( PDF

150KB); 死因究明二法に関する提言( PDF 1117KB); 検視・検案における 画像検査利用に関する法医学からの提言( PDF 16KB); 司法解剖標準化指針2009( PDF 608KB); 「日本型

の死因究明制度の構築を目指して:死因究明医療センター構想 」

◆監察医 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/監察医
監察医(かんさつい、英: Medical Examiner)は、死体解剖保存法第8条の規定に 基づき、その地域の知事が任命する行政解剖を行う医師の事である。
 
 
◆監察医務院 監察医とは?年収は低め|監察医になるには?検視官との違い
http://話題・.com/kansatui.html
最近、ドラマや映画などの影響で検視官・監察医という職種への注目が集まっている ように思います。

監察医の平均年収は公務員とほぼ変わらないそうで千葉大学法医学教室の
場合、准教授で800万・講師700万・助教で650万との事。
(引用元:http://www.asyura2.com/12/social9/msg/213.html)
 
◆電撃性死体硬直ってなんですか?

回答
電撃性死体硬直とは"即時性硬直"とも言い、運動後などの筋肉を激しく疲労させた後すぐに亡くなると、通常よりも早く死体硬直が起こるというものです。

筋肉はアクチンとミオシンが強く結合して収縮し、通常はそれをATPというエネルギー源を使用して結合を解くんです。
そして、そのエネルギーは生体では常に補給されているわけですね。
つまり運動などをすると当然そのエネルギーの使用率は高くなります。

そうした中亡くなると、エネルギーの代謝が高かったため、すでにご遺体にはエネルギーとなるATPは少ない状況にあります。
そして、死後体の代謝が進んでいくと、通常よりもATPの枯渇が早まり、結果死体硬直も早く現れるということです!

 
◆死 体 血 輸 血 - J-Stage(Adobe PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsth1970/3/4/3_4_401/_pdf
輸血学の基礎を確立 した1900年Landsteinerの画期的な血液 型の発見より30年を経た1930年3月9日,
モス クワのスクリフォゾフスキー研究所の一室でYudin教授は多数の実験的検索を背景に,
歴史上最初の死体血輸血臨床例に成功 したのである.
そ の後, 多数の症例 と基礎的検索を重ね て, 安全性と有用性を確認し,
すでに一つの完成された方法となっている.
著者らも,最近深刻化する血液確保の端的な打開策として, 死体血利用に着目し,
追試をこころみている.
現在死体血の本格的利用は,ソビエト人にはじまり, ソビエトの域を出ていないのが現状である.
したが って, ソビエ トの報告と著者らの若干の知見をもとに, 死体血の概略を紹介し, 参考に供したい と考え る.

◆死後硬直 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/死後硬直
死後硬直(しごこうちょく)とは、死体の筋肉が硬化する現象である。

機序
死に伴い筋肉のATPが枯渇すると、筋原線維の収縮タンパクであるアクチン、ミオシンからアクトミオシンを生じて硬化する。

進展
硬直
死後硬直の進展は環境温度等の影響を受けるが、20℃前後では通常死後2 - 3時間程度経過してから徐々に内臓、顎や首から始まり、死後12時間ほどで大関節,末梢関節などの全身に及ぶ

。これらの進行を「下行型硬直」というが,この現象について近年の報告では、筋のタイプ(速筋・遅筋)によって硬直の発現に時間差があり、筋肉質の青壮年者で経過が速く、老人・

小児では遅い。

筋肉への酸素の供給が絶たれると好気的な代謝は停止するが、嫌気的な代謝は継続して行われる。つまり筋肉中のATPが消費され、グリコーゲンが嫌気的に分解されて乳酸を生成する。こ

れによって徐々に筋肉のpHが低下する。最低到達pHになると嫌気的な代謝も阻害されるため、それ以下にpHが下がることはない。pHの低下に伴い、筋源繊維タンパク質であるミオシンと

アクチンが強く結合してアクトミオシンを生成し、筋肉は硬い状態になる。

また、死後硬直はATPの枯渇により進行するので、体内のATPが通常よりもともと少ない場合、例えば激しい運動で肉体が疲弊している状態のまま死亡した場合などには、硬直は通常より

早く始まる。

緩解
死後30時間から40時間程度で徐々に硬直は解け始め、死後90時間後には完全に解ける。緩解時期は、夏は死後2日ほど、冬は4日ほどである。犯罪捜査上、死後硬直の進展状況から死亡推

定時刻を割り出す場合があり、法医学的に重要である。硬直は人為的に緩解させることが可能であるが,死後非常に早い時期(4 - 5時間以内)であれば再硬直が起こりうる。

死後硬直が解ける事を解硬というが、これは筋肉細胞に残存するタンパク質分解酵素プロテアーゼにより筋源繊維が切断されて小片化するためであると考えられている(その他にも筋肉

中のCa2+(カルシウムイオン)が関与しているとする説もある)。つまり死後の筋肉の硬直と解硬は単に硬くなったものが元に戻るわけではなく、それぞれ別の原理によって行われてい

る。緩解は、言うなれば筋肉組織が崩壊していく事により起こる現象(食肉ではこれを"熟成"と呼ぶ)なので、一度解硬した筋肉が再び「死後硬直で」硬くなる事はない。

このプロセスにより筋肉の機能は完全に失われる。

ごく稀に、不均一な硬直による筋肉の収縮などで遺体が動き、生き返ったように見えて周囲の人を驚かすこともある。

納棺時の対処
死後半日 - 1日余りの間はちょうど死後硬直のピークに当たるため、死亡時に手足が曲がっていたり目や口が開いたりしたままの状態で長時間寝かせていた場合、通夜や葬儀に際して姿

勢を整えようとしても硬くて動かせない事態がしばしば起こる。死後時間が経ってから手指を胸元で組ませようとする場合も同様である。

また、かつて土葬で樽型の座棺が主流だった時代は、布団に安置した状態から体育座りのように膝を折って納めるため(屈葬)、死後硬直による不都合が発生する頻度も高かった。この

ような場合、昔は遺族らで強引に関節を折り曲げて納棺するケースも多かったが、近年の葬祭業者は、湯灌や部分加熱で温めながら、筋肉の硬直を解して整える方法をとっている。


◆木口小平 - 急激な死後硬直が原因で英雄とされた喇叭手
https://ja.wikipedia.org/wiki/木口小平
日清戦争で戦死した日本陸軍兵士。ラッパ手として、死しても口からラッパを離さなかったとされた。その逸話は明治35年から昭和20年まで小学校の修身教科書に掲載され、戦前の日本

においては広く知られた英雄であった。

◆武蔵坊弁慶 - 源義経に仕えた僧兵で、講談等で有名な弁慶の立ち往生は急激な死後硬直が原因とする説がある
https://ja.wikipedia.org/wiki/武蔵坊弁慶の立ち往生
弁慶に因むことば

弁慶の立往生を表した菊人形
弁慶は古くから豪傑や怪力の代名詞として用いられており、それに因んだ様々なことばがある。

弁慶の立往生
義経が衣川の館を攻められた際、弁慶は並み居る敵兵を次々倒すが、ついには無数の矢を受けて薙刀を杖にして仁王立ちのまま息絶えたと伝えられている。ここから命を投げ出して主君

を護っていた忠義の臣を表す。単に「立往生」と記した場合、進退窮まることの喩えに用いられる。なお、この立往生については医学的見地から様々な議論がなされている。法医学の立

場からは、著しい肉体疲労や即死時のショックからくる即時性死後硬直ではないかと考察されているが、あり得ないとする意見もあり、真偽は定かではない。
また、かつて民家で用いられた、藁などを束にして囲炉裏端に吊るし、串に通した魚や獣肉を刺して煙で燻製を作れるようにした道具も「弁慶」と呼んだが、これは藁束に大量の串が刺

さっている様子を、弁慶の立往生に見立てたものとされる。

弁慶の泣き所
弁慶ほどの豪傑でもここを打てば涙を流すほど痛いとされる急所のこと。最もよく知られているのが脛(膝頭の下から足首の上まで)で、皮膚のすぐ下、骨(脛骨)のすぐ上を神経が通

っている。他にアキレス腱や中指の第一関節から先の部分もこのように呼ばれる。

弁慶の七つ道具
弁慶が持っていたと伝えられる七種の武器(薙刀[注釈 2]、鉄の熊手、大槌、大鋸、刺又、突棒、袖搦)から転じて、7個で一式のものを七つ道具と呼ぶようになり、「選挙の-」、「探

偵の-」のような使われ方をされる。

内弁慶、外地蔵
「陰弁慶」「炬燵弁慶」とも。家の中では強気になって威張り散らすが、外では意気地が無くおとなしい人間のこと。転じて、特定の場面においてのみ威勢を張る様を以って「-弁慶」等

と組み合わせて用いる。

弁慶ぎなた式
「ぎなた読み」とも。「弁慶が薙刀を持って刺し殺した」という文を「弁慶がな、ぎなたを持ってさ、し殺した」と区切りを間違えて読むこと。句読点の付け方(または息継ぎ)を変え

ると文章の意味も変わるということを示す例。「ここではきものをぬいでください」なども同様。
弁慶にちなむ名前

弁慶像(和歌山県田辺市紀伊田辺駅前)

弁慶蟹
海に近い河口域に住む小型のカニ。名前の由来は、甲羅の模様が弁慶の厳つい形相を連想させるからと言われる。戦に敗れ海に沈んだ平氏を連想させるヘイケガニと対比させたともいわ

れる。

弁慶縞
「弁慶格子(べんけいごうし)」とも。紺色と茶色や浅葱色など、二色の色糸を格子状に碁盤の目のように織った文様。茶と紺のものを「茶弁慶」、紺と浅葱のものを「藍弁慶」という

。縦横の縞が交差するところは色が重なって濃くなっている。名の由来は歌舞伎十八番「勧進帳」に出てくる、山伏姿の弁慶の舞台衣装にちなんだ名称と言われているが詳細は明らかで

はない。

弁慶草
別名イキクサ。分厚い葉と群をなす淡紅色の小花が特色の多年草。由来は、刈り取って放置してもなかなかしおれず、再び植えれば根を張るともいわれる生命力の強さを喩えたと思われ

る。

辨慶號
北海道の官営幌内鉄道で使用されたアメリカ製のテンダー型蒸気機関車の第2号機に付けられた愛称で、ほかにも「義経」(1号機)や「しづか」(6号機)など弁慶に縁のある歴史上の人

物にちなんだ愛称が付けられた。国鉄7100形蒸気機関車として鉄道博物館に保存。

弁慶岬
北海道寿都町の寿都湾西口にある。衣川で死んだとされた弁慶は傷つきながらも命を取り留め、ようやくこの地に流れ着き再起の機会をうかがっていたという伝説が残る。

弁慶を介した交流
Question book-4.svg
和歌山県田辺市は、弁慶の生誕地であると観光資料などに記しており、毎年10月第1金曜・土曜日に弁慶誕生の地に因んだ「弁慶まつり」を開催している。
死没地である岩手県平泉町と1982年(昭和57年)に姉妹都市提携を締結。
近年では世界遺産(紀伊山地の霊場と参詣道(田辺市)・平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―(平泉町))を抱える自治体としての交流も盛んになっている。

◆死後変化
https://ja.wikipedia.org/wiki/死後変化
死後変化(しごへんか、英: postmortem changes)は、動物が死亡した後に示す現象の総称。死体現象とも呼ばれる。
動物では死後、自己融解、死後硬直、死斑、死冷、死後凝血、腐敗、乾燥などの変化が生じる。
この変化は生前の状態、死因、死後の経過時間、死体周囲の環境により異なる。
病理解剖において死後変化と病変の区別が必要である。自己融解とは細胞や組織が自身に含まれる酵素によりタンパク質、脂質、糖質などを分解して軟らかくなる現象。
死後硬直とは筋肉内のATPの減少によりアクチンとミオシンの解離が起こらなくなり、筋肉が硬化、短縮する現象。
死斑とは血液が重力により下方の静脈や毛細血管に充満し、皮膚が紫赤色ないし暗赤色に着色する現象。
死冷とは体温が外界の温度まで低下する現象。

脚注
[ヘルプ]
^ 人間の場合の死体現象。死後経過時間(PMI:Post-mortem Interval)も参照。
この他、脳死とされた患者に見られるラザロ徴候(英語版)、通常は極端な状況や感情の元で死亡した場合に現われる死体硬直(英語版) などの現象がある。
 
◆爪下血腫(黒爪)の防止方法と対策及び靴の選び方
長距離(20km以上)を走ると、必ず特定の足の爪に爪下血腫(黒爪)を起こします。
経験者や専門家の方、この予防法や靴の選び方を教えて下さい。
 20km以下だと問題ないのですが、それ以上だと足の人差し指や薬指などの爪が出血し、多少の痛みの後爪が赤色から黒くなり、放置しておくと下に新しい爪が生えてきます。
https://runnet.jp/community/chiebukuro/questionContentsAction.do?command=init&&questionId=21944
 防止方法として、
①靴のサイズを多少大きくする 
②中敷きを滑り防止用に替える 
③滑り止めの靴下にする 
④紐を締める等にしました。
理由は、靴の中で指が当たらないように、靴を大きく足が滑らないようにしたのですが、それほど改善しませんでした。
 そこで、これを防止できる中敷きを作るランニング靴店で事情を話して、高価な中敷きを作りました。
血腫の原因は走り方にあるといい、これを防止するための中敷きを作りフルマラソンを走りました。
結果は、軽めの靴をと思いピッタリの靴にしたせいか、逆に症状が悪化し、重要な両方の親指まで爪下血腫となりました。
通常の靴の選び方ですが、午後の足が大きくなる時間帯で、多少大きめを選んでます。
後の手段として、足指のテーピングやワセリン塗りも試したいと思います。
 この症状を解決した方や専門家の方の予防方法や、靴の選び方をお聞きしたいと思います。
 また私は、大転子滑液包炎で質問した者で、回答頂いた皆さまにお世話になりました。
お陰さまでサブ4を達成したことを申し添えます。
その際は、ポイント付与方法も知らず失礼いたしました。

◆爪の内出血 爪を強打してしまいました。
https://runnet.jp/community/chiebukuro/questionContentsAction.do?command=init&&questionId=26104
今までは、10キロ以上走ったことがなかったのですが
最近LSDを練習に取り入れて順調に距離を伸ばしていっているので
あまり長い間休みたくはありません。

しかし、3日前に足の親指を強打してしまい
血豆までいきませんが、変色し痛みがあります。

走れることは走れそうですがシューズを履いたら痛みます。

内出血してしまった方は、どんな対処をしているのでしょうか?
是非、アドバイスお願いいたします。
 
◆爪下血腫 (そうかけっしゅ)-マラソン初心者ガイド
http://marathon.dohow.jp/misc/terms/terms_soukakessyu.shtml
爪下血腫 (そうかけっしゅ)とは?
小さいシューズを履いていたり、長距離を走ったりして、足の指先が継続的に圧迫されると、爪の中に血豆が出来て黒く変色します。
また血豆ですから押すと痛みが伴います。

これを、爪下血腫 (そうかけっしゅ)と呼びます。

軽いものであれば放っておけば治るそうですが、爪の生え変わりまでに相当な期間を要します。
重度のものは、爪がはがれおちることもあるようです。
あまりに痛みがひどいものは病院で手当てを受けたほうが良いでしょう。

私の場合、初めて20kmのランニングをした時にこの爪下血腫 (そうかけっしゅ)が出来ました。

 
◆心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状

態で、また否定的な影響を持っていることを指す。
https://ja.wikipedia.org/wiki/心的外傷
心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外

傷後ストレス障害(PTSD)ともなりえる。

心的外傷となるような体験を、外傷体験(英:traumatic experience)という。

◆心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、

虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である[1]。症状がまだ1か月を経ていないものは急性ストレス

障害である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/心的外傷後ストレス障害
心的外傷(トラウマ)には事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心的外傷がある。

治療では、精神療法においては認知行動療法やEMDR、ストレス管理法である。
成人のPTSDにおける薬物療法はSSRI系の抗うつ薬であるが、中等度以上のうつ病が併存しているか、精神療法が成果を上げないあるいは利用できない場合の選択肢である。
日本および国際的なガイドラインにおいて、ベンゾジアゼピン系の薬剤の効果は疑問視されている。
 
◆ドメスティック・バイオレンス(英: domestic violence、以下略称:DVと記述)または配偶者暴力(はいぐうしゃぼうりょく)、夫婦間暴力(ふうふかんぼうりょく)とは、同居関係

にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力(身体的暴力だけでなく、心理的暴力、経済的暴力、性的暴力も含む)のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦

や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドメスティックバイオレンス

◆ジェンダーバイオレンス(和製英語)とは夫婦や恋人など、親しい関係にあるカップル内において行われる暴力。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェンダーバイオレンス

 
◆ジェンダーフリー(ラテン文字表記:gender-free)とは、「従来の固定的な性別による役割分担にとらわれず、男女が平等に、自らの能力を生かして自由に行動・生活できること」と

定義される。[1]これが敷衍され、社会的性別(ジェンダー)に対する一般通念にとらわれず、自分の生き方を自己決定出来るようにしようという、「固定的な性役割の通念からの自由を

目指す」思想、およびこの思想に基づいた社会運動を指すことがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェンダーフリー
しばしば和製英語と誤解されるが、英語圏でもgender-neutralなどの語とともに広く用いられる。ただし、原語では「社会的性別にこだわらない」という程度の平易な意味であるのに対

し、多くの外来語と同様、日本では使用者によってさまざまな党派的主張がなされ、誤解や混乱を生んできた。これを踏まえて、男女共同参画局より地方公共団体に対して「この用語を

使用しないことが適切」との事務連絡が出ている


 
◆急性ストレス障害(きゅうせいストレスしょうがい、Acute Stress Disorder、ASD)とは、生死や人間の尊厳に関わるようなトラウマ(心的外傷)を経験した後、体験をはっきり思い

出したり悪夢として現れたり、そのため過覚醒状態となったり、体験に関したことを避ける傾向が続き、数日から4週間以内に自然治癒する一過性の障害を指す。より長期にわたって持続

している場合は心的外傷後ストレス障害(PTSD)である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/急性ストレス障害
世界保健機関の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)における診断名は、急性ストレス反応である。この反応についての最初の記述は、ウォルター・B・キャノンが

1923年の著書『外傷性ショック』(Traumatic Shock)の中で、様々なストレスに対するアドレナリンの緊急反応について論じたものである。

世界保健機関は治療に、抗うつ薬やベンゾジアゼピン系の抗不安薬や睡眠薬を推奨していない[1][2]。特にベンゾジアゼピンは、回復を遅らせる可能性がある

◆適応障害(てきおうしょうがい、英: Adjustment disorder:AD)
https://ja.wikipedia.org/wiki/適応障害
はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。『精神障害の診断と

統計マニュアル』(DSM)の『第4版』(DSM-IV)では適応障害として独立していたが、『第5版』(DSM-5)ではストレス関連障害群に含められ、他に急性ストレス障害や心的外傷後スト

レス障害(PTSD)が含まれる。

ストレスへの正常な反応は、著しい苦痛を呈さない[1]。また死別は適応障害ではない[1]。他の精神障害に当てはまるときはそれが優先される[1]。うつ病との判別がつきにくい場合があ

る[2]。また適応障害が、正当な臨床単位であることを確立するデータは不足している[3]。ストレスが原因で発生する身体的な異常は心身症である。

適応障害は自然軽快することも多い[3][1]。治療には心理療法が推奨され、薬物療法は証拠の不足により避けるべきである
 
◆トラウマ(trauma)
⇒精神的外傷(せいしんてきがいしょう)

トラウマ
心的外傷のこと。→外傷後ストレス障害
 
◆いちじ‐ふさいり【一事不再理】
刑事訴訟法上、事件についての判決が確定したとき、同一事件については再度審理を許さないこと。

◆一事不再理 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/一事不再理
一事不再理(いちじふさいり)とは、ある刑事事件の裁判について、確定した判決がある場合には、その事件について再度、実体審理をすることは許さないとする刑事訴訟法上 の原則。
根拠は憲法39条とされ、刑事訴訟法337条、338条、340条に具体例がみられる。
 
◆特許用語集
一事不再理
ある事件について判決が確定した場合、同一の事件について再度の訴訟提起を認めないこと。刑事訴訟法において採用されている(刑事訴訟法第337条)。特許法第167条(実用新

案法、意匠法、商標法で準用)には、無効審判の審決が確定し、登録があったときは、何人も同一事実及び同一証拠に基づいて再度無効審判の請求はできない旨が規定され、一事不再理

の原則が採用されている。


 
◆隔世遺伝 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/隔世遺伝
隔世遺伝(かくせいいでん)とは、個体の持つ遺伝形質が、その親の世代では発現しておらず、祖父母やそれ以上前の世代から世代を飛ばして遺伝しているように見える遺伝現象のこと

。間歇遺伝(かんけついでん)や先祖がえり(せんぞがえり)の一部も、この隔世遺伝によるものである。

隔世遺伝の仕組み
最も簡単な例として、メンデルの法則が成り立つような遺伝形質、すなわち一対の対立遺伝子のみがかかわる形質で、優性・劣性の別がはっきりしている場合を考える。このようなケー

スで、隔世遺伝が現れるのは、劣性遺伝子による形質についてである。

両親が、ともに劣性遺伝子を一つしか持っていない場合、両親には優性の遺伝形質が発現しており、劣性の遺伝形質は現れない。しかし、その子は1/4の確率で劣性遺伝子を二つ持つこと

となり、その場合劣性の遺伝形質が発現することとなる。このとき、もし祖父母の世代に劣性遺伝子を二つもつものが居たならば、表面上は祖父母の世代の形質が父母の世代を飛び越し

て遺伝してきたように見えることになる。これが、隔世遺伝の最も簡単な場合のメカニズムである。

実際には、上記のように遺伝形質の発現が一組の対立遺伝子のみで決定される場合ばかりではなく、むしろ複数の遺伝子がかかわる遺伝が多いため、隔世遺伝のすべてをこのような簡単

な仕組みで理解できるわけではない。ただし、親の世代でその形質が失われたように見えても、子供の世代でその形質が発現するからには、何らかの形で親の世代の染色体の中に遺伝子

が保存されていたといえるのは、すべての隔世遺伝において共通する事実である。

また特別な遺伝のように見えるがその親の世代での遺伝と同様に知的障害等の障害が遺伝することもある。

隔世遺伝の例
男性型脱毛症:母方の祖父からの遺伝であり祖父が脱毛症の場合は自分も男性型脱毛症の疑いがある。
ABO式血液型:両親、あるいは祖父母などにO型がいなくても、両親がO型の劣性遺伝子を持っていれば(すなわち両親がAO型あるいはBO型であれば)、1/4の確率で子にO型が発現する。
関連項目
遺伝
遺伝子
DNA
ブルードメアサイアー

 
◆隔世遺伝の言及
【先祖返り】より
…先祖返りは,ある一つの形質に関してAABBという遺伝子型をもつ祖先種から,祖先種とは違った表現型を示すaaBBとAAbbという系統が生じ,この両系統が交雑してAaBbとなると祖先種

のもっている形質が発現するという補足遺伝子(一つの形質を支配する複数の遺伝子)によって説明されたり,復帰突然変異によって説明される場合もあるが,非遺伝的な奇形が偶然に祖

先の形質に符合する場合も考えられる。隔世遺伝という言葉が親とは似ず祖父,祖母またはそれ以前の祖先に似ることに対して用いられることもあるが,先祖返りと同義語でもある。【

大西 近江】

◆人はどこまで遺伝で決まるのか【遺伝しやすい才能・特徴・病気】
https://matome.naver.jp/odai/2136790028490329101
人間の才能・特徴・病気の遺伝的関連性をまとめました。

◆『隔世遺伝』・・・親に似てないところがあるけど、ひょっとして・・・
https://matome.naver.jp/odai/2140663642899186601
隔世遺伝とは両親ではなく、祖父母から受け継がれるものです。親が二重で自分が一重だった場合、ひょっとしたら祖父母からの遺伝の可能性もありますね。。良いものだけを受け継ぎ

たいものですね。。
 
◆隔世遺伝とは劣性遺伝によるものらしいですよ。

昔読んだ本で家系を科学的に調べた先生の本で、

夫婦間が憎しみあって別れたり、女性を苦しめる浮気や奴隷の様に
扱ったり夫婦にまつわる最悪な崩壊があった家系の子供の子供
つまり孫に当たる部分で清算されてしまうシビアな現実が
7割方あるという本がありましたが


ほとんどが孫の代で清算されると書かれていました。

そういう所の孫に男の子が生まれると事故で10代でなくなったり、10歳にも満たないうちに
病死したり、成人しても結婚しなかったりして家系が絶えたり
男の子が一切生まれず女性しかうまれず
それも後家層や精神病やら、役に立たず愛人をしたり低俗な職業に行きやすく
犯罪をしたりでやはり家系が消えていくケースが多く
人間ほどシビアに悪いものは刈り取られていき、その家系の症状が
孫に出るという内容でした。

アメリカの本でも読んだことがありますね、アメリカもそういうデータを
昔からとっているそうです。


確かによく優秀な職業を持つ親だと子供がその職業をなんなく
できるとも言われていますよね

知り合いに結構多いのですが
歯医者さんの息子は皆んな歯医者さん
お医者さん一家は子供4人がみんなお医者さん
だったり、弁護士の息子も弁護士って
確かに周りにもいますね。


少ない知識からですけれど
悪いものは孫の代に出て
良いものは子に受け継がれていく・・
確かにある様な気もします。


この本においては、孫によくない影響が出たら、祖父祖母を良く観察して
しっかり教育しないとって感じなのかな・・・

遺伝って怖いって確かにそうかもしれません。


 

●育児放棄致死

テーマ:


●育児放棄致死
◆大阪2児餓死事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/大阪2児餓死事件
大阪2児餓死事件(おおさかにじがしじけん)とは、2010年に発生した大阪市西区の マンションで2児(3歳女児と1歳9ヶ月男児)が母親の育児放棄によって餓死した事件。
事件概要
2010年7月30日、「部屋から異臭がする」との通報で駆け付けた警察が2児の遺体を発見。死後1ヶ月ほど経っていた。
なお遺体が発見されるまで「子供の泣き声がする」と虐待を疑う通報が児童相談所に何度かあったが発覚しなかった。
同日に風俗店に勤務していた2児の母親(当時23歳)を死体遺棄容疑で逮捕し、後に殺人容疑で再逮捕した。

◆ネグレクト - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ネグレクト - キャッシュ
ネグレクト(英: neglect)とは、児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待のひとつ。子供に対するネグレクトは育児放棄(いくじほうき)、育児怠慢(いくじたいまん)、監護放棄(かんご

ほうき)とも言う。また、ペットの飼育放棄(しいくほうき)に対しても指すことがある。

英語のNeglectの「怠慢・粗略」「無視・軽視」から生まれた用法であるが、派生語としての同義語であるNegligenceは運転者のネグリジェンス・機長や船長のネグリジェンス・危険物管

理者のネグリジェンスなどというように、全ての分野における義務不履行や(職務などの)怠慢を意味して使われることもある。
 
◆育児放棄すると犯罪になる? | 弁護士Q&A
https://legalus.jp/family/child_abuse/qa-1511
 殴る蹴るの暴行をしなくても、長期間の育児放棄は、児童虐待防止法違反や保護責任者遺棄罪に問われることがあります。


 児童を、パチンコ店の駐車場やスーパー、保育所などに置き去りにして長期間育児放棄した場合は、児童虐待防止法違反が問題となります。
それにより生命・身体に危険を生じさせた場合は、刑法上の犯罪である保護責任者遺棄罪が問題となります。

実際に、母親がパチンコ店の駐車場に乳児を置き去りにして死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪が問題となり、裁判員裁判が行われたケースもあります。

◆ネットは育児放棄率高い?母親チャットに夢中で一歳児死亡
https://matome.naver.jp/odai/2135196319177083001
チャットに夢中で高熱を出していた1歳7か月の三男を自宅で放置し、死亡させたとして滋賀県警に逮捕されていた母親が起訴されたというニュース。
そこからネットは育児放棄率高いという専門家の意見が報じられていることのまとめです。いずれにしろ子供に罪はありません。
 
◆下村(中村)早苗【大阪2児餓死事件】 - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2142447747333175701
弁護側は「被告も育児放棄を受けた影響があった」とし子供に対する殺意はなく保護 責任者遺棄致死罪にとどまるとした。母親は「子供のことを今でも愛している」と話した。 2012年3

月16日、大阪地裁は母親は子供に対する「未必の殺意」があったと認定し、 懲役30年の実刑判決を言い渡した。2012年12月5日、大阪高裁も「生命が危険な状況 で、放置すれば死亡する

と認識できた」として一審判決を支持し、被告側の控訴を棄却 した。裁判は最高裁まで争われ、2013年3月に懲役30年が確定した。


 

◆お茶をひく

テーマ:

◆お茶をひく
『お茶引く』って、どういう意味ですか?
また似たカテゴリーの用語があれば教えてください。

補足
他になるほどな遊郭用語あればぜひ!


【御茶を挽(ひ)く】
昔、遊里で暇な遊女が客に出す茶を挽く仕事をさせられたことからという来た言い回しで
芸者・遊女・女給などが客がなくて暇でいるという意味の言葉です。


~補足を受けて~
遊郭由来の言葉は、幾つもあるので、ほんの一部を…。
なるほど…になればよいですが…(^^;

【上がり(花)】
お寿司屋さんや料理屋で出す、すし屋などの料理屋で、煎じたばかりのお茶のこと。

由来→
あがりは、元々、遊郭の言葉で「上がり花(あがりばな)」の略。
「お茶を挽く(お茶挽き)」という言葉は、客のつかいない遊女や芸者が暇を持て余していることを意味するため、遊郭では「お茶」を忌み嫌い、「客があがる」という縁起を担いで「

お茶」を「あがり」と言うようになった。
「あがり花」の「花」は「最初」のことで、「出たばかり」という意味の「出端」と「花」を掛けた、「出花(でばな)」と同様である。

【おあいそ】」
飲食関係で、会計やお勘定を意味する。

由来→遊郭の会計方法に使われた言葉で、元は「お愛想尽かし」の意味。
女性を傍らにした客に、「お楽しみのところ、お愛想尽かしですが…」と勘定書きを店の人間が差し出していた。
遊郭で遊ぶ人に、店の人間から使う言葉。
いつしかそれが、客から言う言葉に変化していった。

【指切り】
意味→約束を必ず守るしるしとして、互いの小指を曲げて掛け、「指切りげんまんうそついたら針千本のます」などと唱えあうこと。指切りげんまん。
由来→元々、遊女が客に愛情や約束の不変を誓う「心中立て」の一つで、小指の先を切ること。
当然、激痛を伴い見映えも悪くなるため、よく似せた細工で代替するようになった。

【寄り付き】【大引け】
株式取引で使う用語の場合の意味は
寄り付き→
取引所で、午前または午後の最初の立合。特に午前のものをいう。またその際の相場。
大引け→
取引所での最終の立ち会い。また、そのときの相場。前場(ぜんば)と後場(ごば)の大引けのうち,通常は後場の大引けをさす。
由来→「寄り付き」は遊女と客が見合ったこと
「大引け」は遊郭の営業終了を意味する。

【かまとと】
意味→よく知っているのに、知らないふりをすること。
何もできないフリをする女性を指すことが多い。
由来→
江戸時代末期に上方の遊郭で、「蒲鉾(カマ)は魚(トト)からできてるの?」と知らないふりをしてわざとらしく客に遊女が聞いた事からできたと言われている。

【気障(キザ)】
服装や態度、言動などが気取っていて、いやみであること(さま)。
由来→
キザは、漢字で「気障」と書くように、「気障り(きざわり)」を略した言葉である。
江戸の遊郭で使われていた言葉で、近世後半から一般に広まり流行した。
本来、心配ごとがあるさまを表す言葉であったが、気持ちに差し障りが生じる意味が発展し、相手の言動を不快に感じることや、気に障るさまを意味するようになり、現代で使われてい

る「キザ」の意味となった。

【じれったい】
意味→早くそうなればいいと思っているのに、中々進まないので、じっとしていられない。はがゆい。もどかしい。
語源→吉原の廓言葉で、遊女達が使った隠語。「腹の立つ」という意味で用いていた。

【いいひと】
意味→恋人、愛人の意。
語源→同じく、吉原の廓言葉で隠語。「惚れた男」の意。

長文、失礼しました。
ご参考になれば、幸いです。

 
◆あ行|お茶にまつわる言葉・ことわざ|お茶百科
http://www.ocha.tv/words/a_03/index.html
適当なことを言ったり、いいかげんなことをしたりして、その場をつくろってごまかすことを 例えていう言葉です。茶道を知らない人が、適当にお茶を濁らせて抹茶に見えるように し

たことが語源とされています。 お茶を挽く(ひく). 茶の葉を挽いて抹茶を作るのが暇の ある人の役割だったことから、特に用事があるわけではなく、暇であることを指す言葉 です。

特に、芸者や遊女などに客がつかず、商売が暇なことを言いました。 鬼も十八番 茶も出花. 粗末な番茶でも、出したては香りが良いものです。このことから、器量の悪い 女性 ...

御茶(おちゃ)を挽(ひ)・く
《遊女が、客のないときに茶臼(ちゃうす)で葉茶をひく仕事をさせられたところから》芸者・遊女などが客がなく暇でいる。
 
◆おちゃをひく【御茶を挽く】
芸者・遊女・女給などが客がなくて暇でいる。 〔昔、遊里で暇な遊女が客に出す茶を挽く仕事をさせられたことからという〕

◆お茶を引く?正しい意味と夜の世界での使われ方 - キャバクラの教科書
https://caba-school.jp/ochawohiku-imi/
お茶を引くの意味としては、その日の指名がまったくない状態のことを言います。 指名が 入っていないと、店では立場が少し小さくなってしまうこともありますが、新人の頃は仕方 な

い面もあります。 気にせず自分の成長につなげていくようにしましょう。

見出し
1 お茶を引く?
2 正しい意味と夜の世界での使われ方

◆お茶をひく - BAR CAFE'日記 - Gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/bar-cafe2/e/911601fc131874e3090f443030a61a3f
【お茶をひく】業界内の隠語である一般の方でも水商売に詳しい人は知ってるでしょう“ お茶をひく”とはお客さんが一人も来なかったことをこう言います最近やたら聞く(景気が 悪い

ですから)このセリフですがなにげなく使ってるこの言葉の語源は…そこのスナック のママさん知らずに使ってんじゃないですかではその語源をさかのぼって行きましょう そもそもこの

言葉が使われていたのはソープランド(旧トルコ風呂時代)など風俗店で その日一日お客さんが付かない事を“お茶をひく”と言ってたそうですこれが徐々 ...

◆お茶をひくとは: キャバ嬢講座-夜の仕事図鑑
http://night-moet.seesaa.net/article/169046621.html
お茶をひくとは,キャバ嬢講座へようこそ!キャバ嬢講座では、接客マナーや営業マナー 、お酒の情報やお水用語集など夜の仕事に必要な情報や売上アップのための接客・ 営業について

解説しています。夜のお仕事図鑑で花を咲かせてみませんか。

お茶をひくとは
お水用語の「お茶をひく」とは、通常、お客様が来ないことを「坊主」というそうですが、業界では「お茶をひく」といいます。

水商売は待つのも仕事の一つで、たとえお茶ひきであっても、時間になれば仕度をして、お客さまをお迎えできる態勢で待機します。

お茶をひくは、江戸吉原から出たもので、客の取れない暇な者はお茶の葉を臼で引き、茶粉をつくらされたことが由来とされています。

また、お茶っぴきなどとも言います。

 
◆お茶を引く/お茶を挽く【おちゃをひく】の名前の由来とは?|名前の由来 ...
http://yuraika.com/ochawohiku/
 【あ行の由来語源】 > お
【意味】
お茶を引く(おちゃをひく)とは、水商売で、客が来ないため暇であること。御茶を 挽く。
【語源・由来・成り立ち】
お茶を引く(おちゃをひく)の語源・由来について、江戸期の 吉原遊郭で、客のつかない遊女が手待ち時間に茶を挽かされたことから、または、客 むけの茶代を客がつかない場合に給

金から引かれたことが由来となっている。
【実例・ 用例】
*洒落本・自惚鏡〔1789〕きをい「跡からおちゃをひいた女郎、ぶにとられた といふ顔で、つんとして座になをる」.
*炎の人〔1951〕〈三好十郎〉五「あたいは、よんべ はお茶引いちゃった」
【漢字辞典】
「おちゃをひく」を感じで書くと「お茶を引く」「お茶を挽く」と表記する。
 
◆お茶を引く(お茶っぴき)とは|キャバクラ用語の意味を解説
https://www.try18.jp/chishiki/otyawohiku/
お茶を引く
お客さんを呼べない事。
「今日お茶ひいちゃった~」という使い方が多い。
由来は江戸時代に昔の芸者さんが、お座敷のお呼びがかかるのを、
お客様に出すお茶をひきながら待ってたことから今でも使われています。
お客さんに着かないのでどうしても暇になり、おしゃべりばかりしている芸者さんをおちゃっぴいと呼び、後に一般方のおしゃべりで滑稽な女の子に対しても用いられるようになりまし

た。お茶っぴいの他、おちゃっぴー、おちゃっぴぃといった表記も用いられる。
キャバクラだけではなく、風俗業界や通常のお店でも知られており、一般人も知っている「隠語」とは言えない程度の隠語です。ぜひお茶を引かないようにお客さんに営業して、お店に

来てもらうようにしましょう。

◆「お茶を挽く」の意味 - 故事・ことわざ辞典オンライン
http://kotowaza.jitenon.jp/kotowaza/2624.php
故事・ことわざ「お茶を挽く」の意味や読み方などを掲載しています。
 
◆お茶をひく の語源: 太田園のお茶日記
http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/2009/06/post-e500.html
僕はミクシィに入っているのですが、マイミクさんの日記から、お茶をひくの語源での話を 少しが書きましたが、今日はそれを。 女性の方にはご勘弁を・・。歴史上の話ですから。 で

、語源なんですが、昔吉原の遊女の太夫が、つきに1回、奉行所のお奉行様にお茶を 入れに行っていました。 勿論江戸時代の超高級なお茶ですから抹茶の最高級品です。 で、吉原の太

夫は最高クラスの遊女で、知識、素養、礼儀からなにから、大名家の息女 もかなわないほどの物を持っていたわけです。 そのため伊達家などの ...

◆お茶を挽く:逆引き 故事 ことわざ 慣用句
http://kotowazagyakubiki.seesaa.net/article/379693368.html
お茶を挽くおちゃをひく客がつかないで暇でいること。 花柳界(かりゅうかい)や芸能界で 客のないときの隠語。 芸者や遊女が客にあぶれて暇でいると、 茶葉を茶臼で挽いて粉 にす

る仕事をさせられたことからといわれる。 | 食べ物 食事 · << お茶を濁す | TOP | 同じ 釜の飯を食う >>. 【PR】. ことわざ一覧. おもしろい ことわざ(122) 運命 人生 境遇(161)

愛情 友情(81) 男女 夫婦(73) 子供 親子 家族(89) 女性(53) 男性(17) 人付き合い(140) 食べ物 食事(97) 学問 努力 修行(50) 芸術 芸能(21) 教訓 戒め 反省 (206) 困難 苦境 ..
 

1月22日 今日はカレーの日

テーマ:

カレーは、甘口派?辛口派?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 

1月22日

ジャズの日

東京都内の老舗ジャズクラブ「バードランド」「サテンドール」「オールオブミークラブ」のオーナーらによる「JAZZ DAY実行委員会」が2001年から実施。

JAZZの「JA」がJanuary(1月)の先頭2文字であり、「ZZ」が「22」に似ていることから。

ジャズのファン層の裾野を広げる為に、ライブコンサート等さまなざまPR活動が行われる。

カレーライスの日

1982年のこの日、全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された。

飛行船の日

1916年のこの日、初の国産飛行船である陸軍の「雄飛号」が、所沢~大阪で実験飛行を行った。

統一の日 [ウクライナ]

1919年のこの日、ウクライナ人民共和国と西ウクライナ人民共和国が統一条約に調印した。

默阿彌忌

歌舞伎作者・河竹默阿彌の1893年の忌日。

『三人吉三廓初買』『青砥稿花紅彩画』等の人気狂言を書き、近松門左衛門、鶴屋南北とともに、三大歌舞伎作者の一人とされている。

左衛門忌

俳人・吉野左衛門の1920年の忌日。

毎月22日

夫婦の日

ショートケーキの日

禁煙の日