こんにちは。



柴犬マエストロです。



突然ですが、次の中から好きな色を選んで押してください。



ピンクの爆弾


青い同人誌


癒しの緑




はい、ということで、たまには普通の稼働日記を書きます。(あれ、色の説明は?!






そういえば明日は、、、



おっと、皆まで言うまいて!






というわけで、7の日の稼働です。







1/17日朝





柴マエ「わーい7の日だぁ、柴マエ7の日好きぃ」







しかし現実は

残酷な天使のテーゼ





後半から参戦。



朝からいけない日もあるよね。人間だもの。




というわけで、満員御礼の店内でめぼしい台を探しているとー?




(???)「コッチヤ」





柴マエ「ん?」





(???)「シバマエ、コッチヤ」




柴マエ「んんん? なんだぁ? この脳裏に直接働きかけてくるハーデスの喋り声のような、本当にハーデスが喋っている風にしか聞こえないような、とにかくむちゃくちゃハーデスっぽい言葉はぁ?」


え、これってまさか、ハーデスの島に行けってこと?


え、行っちゃう?


こんな時間からハーデスの島行っちゃう?



(???)「ハヨコイヤ」



(移動後)

柴マエ「お! 何や、変な声に導かれるがままに来てみたけど、メチャクチャ偶然にも、ハーデスの600はまりがぽつんと一席だけ空いてるやんいけるやん!

え、ていうか、何でこれ皆座ってないの? 600はまりとか天井まで後1000きってる超絶期待値台やん。こんなん指定台やん。

ええの?

下皿何も置いてないけど、座っちゃっていいの?






柴マエ「ホンマにええの?」





(???)「ハヨスワレヤ」










ちなみにこの台、目の前でこの店の常連のエナ専がスルーした台です。





柴マエ「えー、ウケるー。こんな期待値MAXな台スルーするエナ専とか、ウケるー。そんなんで本当にご飯食べていけるのポヨヨヨヨ~ン」




柴マエ「天井まで1000G?」




そんなもんはなあ、






7の日プロ「ワイにかかれば、天井まで1kと同義や!」




いくで!




はい、1ぃ2ぃの3の










4k投資 何も起こらず










柴マエ「…………」




【パチスロあるある大事典】

特別、期待値があるわけでもない台を、適度にハマっているからと、ものの試しだと打ってみる。

②何も起こらず、少し早すぎたかもしれないと後悔する。

③投資が続くに従って天井も縮まっていくため、投資をすればするほど、どんどん止めづらくなっていく。

④そして最終的に(禁則事項です)





あると思います。







柴マエ「ヤバ。刈り取るつもりが、気づけば刈り取られる側に((()))」














ならない。
(追加投資1k)






















7ない。





あーんど、







7ない。






ペルない。






そして決め手は超☆純☆増







シャーーーーーーーボック!!




やっぱ、ハーデスの声聴かせたら、7の日が一番やな!(意味不





ピコピコ。



シバマエ、ソクヤメゴ、ハイカイモード起動シマス。



ピコピコ。


チャンスボタン ペチペチ。



?!




ピコピコ。



マジョノ結界ヨサゲ。


コノマド2、マジョノ結界ヨサゲ。


着席シマス。








高嶺竜児「杏子エピソードビッグボウナアアアアァーーーーース!!!」






ほむほむっ?! ムホムホム!
ウホムホム!ウホムホム!




終わりかけの間に合ったゲキアツ。




そして、そのボーナス中の7揃いが、その後の運命を決定付けることになる。






柴マエ「なんか今日調子ええやん。 やっぱり7の日やな! でも、マギクエだけめっちゃ下手くそやねんなあ、もう終わりそう」


何か突破口さえあれば、、、そう思っていた丁度その時、不意に肩を叩かれた。



柴マエ「ん? …………お、お前は?!」






ねこ知人「ねこ知人やで」



柴マエ「あれ、ねこ知人やん? どしたん」




ねこ知人「今から仕事行くし、最後にマギクエやらしてや」




柴マエ「はぁ?」



思った柴マエはしかし、自身の本日のマギクエ戦績を加味して、咄嗟に考え方を変える。



柴マエ「ええで」(ニヤリ

不敵な笑みを浮かべて隣の席に移る。

そして、入れ替わりで着席したねこ知人に言った。

柴マエ「ただし、上乗せ50G以下やったら肩パンな



ねこ知人「え」



そうこうしている間に、+20Gの状態で次マスが使い魔で終了のピンチ。


ここで柴マエ、ねこ知人の横で首を回しながら両手の拳と拳を合わせ、すかさず準備体操を始める。



柴マエ(おぅ、ねこ知人。50G以下やったらわかっとんのやろなぁ)



ねこ知人「(´ω`;)ヤベッ」



が、悪運強しのベル継続!



しかもまどかマス出現



柴マエのユビポキに拍車がかかる。



やれんのか、おい!





……………。








やりおったあああああ!



勢いあまって肩パン成功←


そしてそれからも中々に調子がよく、その行く末を見守っているとーー?







(VSマス到達確定)


やれんのか!?


ねこ知人やれんのか!? おい!!





オオオシャアアアアーーーーー!!!!










スカ。






結果、+290G





柴マエ「やるやん! お疲れ!」



肩を叩いて席を変わろうとするも、ねこ知人の様子がおかしい。



ねこ知人「………カイ」




柴マエ「え、何て?」




ねこ知人「オコヅカイ」





柴マエ「ファッ?! 何やこいつ!」





漱石3枚渡して追い払いました←





その後何やかんやあり、



シャーーーーーーーボック!!!












終日リザルト

+2800枚(!?)






7の日セミプロ「この日はセミプロってとこやな。明日に期待や!





ちなみに、冒頭の色クリック=各ブロガーさんのご紹介です。


上のお二人は記事内で書いてもらったので紹介返し。最後の緑のお方は、特別扱いです。(?!


お三方がどんな方々なのかは、私の口では語りきれないので、ブログ先にてご閲覧下さい。ちなみに、お三方ともそれぞれ伝説を持ってます。


そしてそのお三方以外にも、面白い方がいっぱいいますので、魔界村を知らない方は一度のぞいて見てください。

↓クリックで入れます。


伝統の7の日を翌日に控えた魔界村




魔界村を盛り上げたいとか言っていて、魔界村について今まで何も語っていなかった罠。←

AD

コメント(4)