【特別案内号】

<地方の印刷会社様必見>

粗利2,000万円増を実現した販促メディアとは?

【小さな印刷会社の生き残り経営勉強会】

詳しい内容はこちらから⇒ http://www.funaisoken.co.jp/seminar/017650.html

 

 

印刷業界経営者の皆様の中には、

「紙だけではもう本当に厳しい。でもそんな簡単にWEBへシフトできない。」

というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

多くの媒体が紙からWEBへシフトしていき、印刷業界には厳しい環境ではありますが、

かといってすぐにWEBへ参入することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

 

そんな状況の中、今まで広告掲載料を支払っていた飲食店から広告掲載料をもらわずに、

収益源を消費者に切り替えることによって大きな成果を達成したビジネスモデルが

存在します。

 

長崎県にある有限会社うえすぎ折込広告社では自社独自の新しい商品として、

パスポートメディアという地域特化のパスポートサイズのクーポン本を出版し、

商圏人口14万人の地方都市で年間粗利2,000万円増を達成しました。

 

パスポートメディア事業では掲載する飲食店から広告掲載料をもらいません。

自社が出版社となることにより、収益源はパスポートメディアを購入する消費者と

なります。掲載される飲食店としてはフリーペーパーとは異なり掲載料がなくなります。

 

また、消費者は来店することが目的でクーポン本を購入しているのでフリーペーパーの

何十倍もの集客効果を得られ、顧客と印刷会社ともに大きなメリットが生まれます。

 

パスポートメディアは、自社で発行するだけでなく、クライアントに対して

チラシに変わる販促ツールとして提案もできます。

高い広告効果を提供できるので多くの流通業様が展開し始めております。

 

今回はこのパスポートメディア事業の成功のノウハウを、セミナーとして

ご用意させていただきました。

 

セミナーでは船井総合研究所 広告・印刷チームのコンサルタントとともに、

有限会社うえすぎ折込広告社 専務取締役/nps株式会社 代表取締役

植杉 親優氏にご登壇いただき、その成功のノウハウをご講演いただきます。

 

開催日まで残りわずかとなってきました。

 

業績を上げるためには自社の商品力を向上させるしかありません。

 

これから先、地域に根ざした企業としてどのような商品を展開するか

検討されている経営者様は是非お越しください。

 

これからどんな印刷会社になっていきたいのか…ヒントが必ずあるはずです。

 

 

粗利2,000万円増を実現した販促メディアとは?

小さな印刷会社のメディアシフト経営 事例勉強会

【小さな印刷会社の生き残り経営勉強会】

詳しい内容はこちらから⇒ http://www.funaisoken.co.jp/seminar/017650.html

 

 

【大阪会場】 2017年4月27日(木) 13:00~17:00(受付12:30~)

  (株)船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイス

    地下鉄 御堂筋線淀屋橋駅 10番出口より徒歩3分

 

【東京会場】 2017年5月11日(木) 13:00~17:00(受付12:30~)

  (株)船井総合研究所 東京本社

    JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

 

セミナー終了後、担当講師陣が無料で個別に経営相談に応じます。

当日ご都合のつかないお客様には、後日改めて日程を調整させていただきます。

 

印刷業界には確かに厳しい状況が続いています。

しかし、地方都市にも関わらず業績をアップさせた印刷会社が存在することも事実です。

是非セミナーにご参加いただき、業績アップのきっかけとしてください。

私たち船井総合研究所 広告・印刷チームが全力でバックアップします。

 

セミナー当日に皆様とお会いできることを楽しみにしております。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

AD