色をいける。
 
度々登場するこの個性的な形の花器。
一見すると扱いが難しそうですが、意外といけやすいのです。
 
お花はそろそろ終わりを迎えるスイートピー、ガーベラ、オンシジウム。
今流行りの”オトナカワイイ”雰囲気でしょうか。
…   …   …   …   …
鮮やかな花器の青、色とりどりの花、そして壁の白、台の黒。
色をいけるとは、背景の色も取り込んでの仕合わせですね。
 
そして夏のような気温の日には、花器の青が水を連想させて涼し気です。
 
いけた人:松尾 柳竹
ライター :斉藤知江子
AD