7月24日(日)に、日本ラビングプレゼンス協会の高野雅司さんとのコラボレーション企画、「自分とつながる 世界とつながる~仕合わせる(しあわせる)×ラビング・プレゼンス~」を開催しました。
スタッフの私も半分は参加者としての時間も過ごせました。
予想以上に楽しかった!そのご報告です。
 
ラビング・プレゼンスを体験する時間と、浜離宮恩賜庭園の自然の中に出て仕合わせる力を体感するセットの一日。
お天気も仕合わせてくれたのか、程よい曇り具合。
ラビング・プレゼンスを練習して後、感度のあがった状態で人と一緒に自然の中に出る時間を持つ…人と自分の感じ方の違いや、人に仕合わせながら自然を味わう感覚、どれもとても新鮮に感じました。
珍しく男性率の高い参加者の皆さんは、和気あいあいと仕合わせながら、笑顔満載の時間を過ごしてくださいました。
 
ラビング・プレゼンスという在り方は、仕合わせる力を発揮する上で自分を大切にするための土台になります。
それを体感する機会として、スタッフにとっても学び深い時間となりました。
 
以下、アンケートに寄せられた声です。
・いかに自分が人の事を考え、自分をないがしろにしていたかにあらためて気づき、それをや めようと思った。とても楽しかったし、色々気づきがありました。(児玉真澄さま)
 
・”おそれ”を手放して、ありのままの現実、他者、出来事に出会っていけそう(今までより
「ちょっとだけ」かもしれないけど)。(芳子さま)
 
・人と比較することなく、もっと自由に自分に素直に自然体で生きていきたいと思いました。
思い切って参加してみて良かったと思います。(M・Oさま)
 
・見た目とそれ(その存在)を感じ入れた時の感じは全く違っていて、しっかりと感じ入ることを
日常に取り入れたいと思った。(S・Fさま)
 
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
定期開催を!という声もいただきました。また気候のいい時に開催する予定です。
 
いつもお読みいただきありがとうございます。
今日は暑い一日になりそうですね。体調管理に気を付けて、どうぞお元気でお過ごしください!
 
〈ライター:斉藤知江子
 
AD