仕合わせる(しあわせる)プロジェクト 一言通信

「仕合わせるプロジェクト」は、日本ならではの智恵を学び合い、普及するために2010年から活動を始めました。
このブログでは、「仕合わせる力」についての”一言”を平日毎日お届けします。

古来の日本人が抱いていた「しあわせ感」は、人とのコミュニケーションの中にこそありました。

意見が違っても、価値観が異なっても、一緒にいる人と上手に付き合っていくための智恵、それが「仕合わせる力」です。

一言でマニュアル化することのできないこの智慧を、体感していただくことができるよう、「仕合わせる一言通信」をお送りし、各種ワークショップを開催しています。

仕合わせるプロジェクト主催のイベント情報もこちらでお伝えしますので、ぜひお楽しみくださいね。

これまでの活動報告などは、【仕合わせるプロジェクトHP 】でご覧ください。

”いいね”ボタンを押していただけると、ライター一同とても励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。


NEW !
テーマ:

 

おはようございます。

    

娘が夏休みに入り、地域の子ども会主催の

ラジオ体操に毎朝つきあっています。

   

ラジオ体操は戦前よりあったようですが、

現在のラジオ体操は1951年に制定されたもの。 

 

自分が子供の頃は、

「こんな運動効果あるのかな」

と思っていましたが、

 

40を超える今となっては、

なかなか体を動かす機会もなく、

 

ちょうどいい運動になっていることを

実感する日々。

 

一つ一つの動作に意識を集中して、

動いている関節と筋肉を意識して

取り組むことで、

 

なまりきった体にはとても良い効果が

あるなと実感しているこの頃です。

 

 

 ※

 

 

ラジオ体操は現在、

夏期巡回期間中とのこと。

 

体のメンテナンスのため、この機会に

取り組まれてみてはいかがでしょうか。

 

動画もつけておきますね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Facebookの自分のタイムラインに、
「○年前の投稿をシェアしよう。」
「○○さんと○年前に友達になりました。」
と表示されることがありますよね。
毎日表示されるものではないので、特別に記念めいたものを感じたり、当時の思い出にふけったりしています。
筆者の先日のタイムラインには、3年前に当仕合わせるプロジェクトが開催した料理教室の様子が表示されました。
 
出汁とお料理との仕合わせ、
カラダによい干物のこと、
季節に応じた火加減、
などなど、
お世話になった先生の数々の教えを思い起こし、
「最近スローフードから遠ざかっているなあ」
「丁寧に暮らすことを忘れているなあ」と、
思い出の連鎖反応が生じております。
 
{A1CAEF07-6E7B-4AD5-8FC8-91ED40F104F8}

経験は後世にわたって生かしてこそ、過去の瞬間もまたイキイキと輝いてくるものですね!
 
あなたが今明かりを灯したい思い出はどんなものですか?
 
 
本日もお読みくださりありがとうございます。
 
<ライター:松尾尚子>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京は朝から雨です。
雨音を聞き、風景を眺めていたら、以前”水に流して”仕合わせていただいたことを思い出しました。
 
20歳以上年上の先輩に、意図せず失礼をして怒らせてしまったことがありました。
「大変!」と焦る気持ちと、「いや、まったくそんな意味ではなかった…」という不本意な気持ちがないまぜになりながらも、とにかくお詫びを伝えに行きました。
 
最初は不機嫌な表情だった先輩も、私からのお詫びと説明を聴いてくださった後、一言。
 
「わかった。水に流すよ」
 
その後、本当に何事もなかったように以前と変わらぬ態度で接してくださいました。
 
あの時の「水に流すよ」の言葉と、その通りにすっきりと態度を変えてくださった姿を、今も時々思い出すことがあります。
言うは易し、行うは難し、の水に流す在り方。
私も将来そんな風になれたらいいなぁと思いつつ、そろそろ先輩のその当時の年齢に近づいてきてしまいました!
 
今日の雨に、水に流せないこだわりや思い込みをさらっと流してみましょうか。
 
気温の上では過ごしやすい一日になりそうですね。
今日もお読みいただきありがとうございます。どうぞお元気でお過ごしください。
 
〈ライター:斉藤知江子
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「仕合わせる一言」の原稿を書いていたら、たまたま昼のNHKで初めて観ました。

(少し前からあったものらしいですが)

 

これはズルい、というかヤバい。

オジさんは終盤、火の鳥とアトムが出てきた時に涙腺爆発しました。

できるだけ多くの方に観ていただきたいと思い、今回は急遽原稿を差し替えました。

https://www.youtube.com/watch?v=urB0I1rHyBI

 

今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。

<ライター:沢 啓>〈ライター:斉藤知江子〉
今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。〈ライター:斉藤知江子〉
今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。〈ライター:斉藤知江子〉
今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
筆者は先週末、同窓会がてら福岡に遊びに行ってきました。
かの地に赴任した先輩を、女子8人で訪ねたというにぎやかこの上ない旅の中で、先輩が
 
「時間がないから展示は見られないけれど、建物が素晴らしいからそれだけでも見せたい!」と紹介してくださったのが、九州国立博物館です。
 
周囲を山に囲まれた中にあり、屋根は緩やかなカーブを描き、正面の外壁一面がガラス張りです。
その壁面に写りこむ山々の景色。
まるで山がそのままつながっているように感じました。自然の中に溶け込んでいる様子に、設計した人の”自然に仕合わせようとする気持ち”が伝わってくるようで、とてもステキでした。
 
九州国立博物館:通称 九博(きゅうはく)は、大宰府天満宮のすぐ裏手にあります。
機会があったら、ぜひ訪れてみてください。
エントランスに入るまでの道では、未来との仕合わせ気分も味わえると思います。
 
いつもお読みいただきありがとうございます。
蝉の声がにぎやかになってきましたね。今日もお元気でお過ごしください。
 
ライター:斉藤知江子
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かつて、サッカーのフィリップ・トルシエ監督は、「コンビニが日本の若者をダメにする。」との言葉を帰国前におっしゃったとか。
全国同じ店舗設計、品揃えに地方色が益々薄れるとの見方もあれど、近年のコンビニは地域に仕合わせた工夫がこらされているようですね!

例えば、
伊勢神宮には景観を損なわない店構えの店舗がありもはや名物だし、
東京下町、谷中霊園前ののセブンイレブンにはいつも仏花が置いてあるし、
関西に行けば、関西仕様の味付けのお弁当が置いてある!

{ABEDB42B-BA2D-4875-9096-48ABFFEFBB67}


地方に旅行や出張に行ってコンビニが近くにあるとホッとする…なんて経験は誰にもあるかもしれませんね。

ベンリ過ぎても良くない世の中ではありますが、これからは地域に根ざし、古くからの商店街や、近隣施設と仕合わせる全国展開を期待したいところです。

あなたの街のご当地名物はどんなものてしょう!?

本日もお読みくださりありがとうございます。

<ライター:松尾尚子>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい先ほど、自宅近くの木で今年初めてミンミンゼミが鳴きはじめました。

まだ梅雨も明けていませんが、この声を聞くと夏がきた!という実感がわきます。

 

夏といえば、ヒマワリ。
ヒマワリといえば、初代気象衛星ひまわりが打ち上げられたのは、

1977年の今日、7月14日でした。

この「ひまわり」という名は、静止衛星であるその姿から、いつも地球を同じ方向から見ている、そして一日に一回地球を回るという意味で、花のヒマワリにちなんで名付けられたそうです。

 

ちなみにヒマワリが太陽を追いかけて向きを変えるのは、芽生えから開花前のつぼみの時期までだとか。
ヒマワリ畑に行くと、花が一斉に同じ方向を向いていたように記憶していますが、つぼみ時期の余韻だったのでしょうか。

 

天気予報には、本当にお世話になっているなぁと思います。
その情報に仕合わせて、着る洋服や靴、傘を持つかどうか、洗濯物を外に出すか否かなど、実に色々なことを決めています。
気象衛星の名前が、台風の季節である夏の花に由来しているのも、天気予報に寄せられていた期待が見えてくるような気がします。

 

見えないところで気象衛星の運用に携わっていらっしゃる
方々、天気予報を出す側の方々には、改めて感謝したいなぁと思った朝でした。

 

今日も暑くなるようですが、どうぞお元気でお過ごしください。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。


〈ライター:斉藤知江子

 

参照サイト:Wikipedia「ひまわり(気象衛星)」の項

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月から8月が旬と言われるアナゴ。
煮アナゴや白焼きも美味しいですよね~♪

 

そんなアナゴの江戸前漁は、直径10cm長さ80cmのエンカビニルの筒を使って行われます。その筒の中にイカやイワシなどの餌を入れ、筒の両端は「かえし」と呼ばれる仕掛けがあって、餌の匂いにつられて一度入ると出られないようになっているのです。

 

ただ、その筒には13mmの穴がポチポチと空いており、この穴が開いていることによって、出荷サイズである35㎝未満のアナゴはその穴から逃げ、充分な大きさのものだけ逃げられずに筒内に残るという仕組み。

 

この仕組みは横浜市漁業協同組合の第六金亀丸船長斉田芳之さんが、大学や研究所と共に実験に実験を重ねて編み出したもので、今ではこの13mmのサイズが、東京湾であなご筒漁をする漁師の間で共有されています。

 

「今」だけを考えず、観察し、仕合わせる方法を模索する。

美味しいアナゴを未来にも!!

 

本日もお読みくださりありがとうございます。
<ライター:宮坂雪里

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
                                        Photo : Haruki Niyekawa
おはようございます。
 
全身にピンク色の花を咲かせている木。
この木はあなたに何を語り掛けていますか?
まだ青い山々と空が、あなたに伝えているのは何でしょう?
 
人も自然も豊かで知恵深いですね。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日地元の会合で大工さんからこんなお話を聞きました。
    
  
集成材ではなく無垢の木で作った家は、必ずどこかに歪みが出てくるので、そのことをよくよく説明した上で購入していただくとのことでした。
    
    
曰く、いくら乾燥させているとはいえ木は生き物。数年単位で歪みが生じ、建具とかの動きが悪くなるのは日常茶飯事とのこと。
    
      
そして、それはすぐに直さず、数年経って家が「落ち着いてきた」頃合いを見て、サービスの一貫で調整に入る。そんな商売をされていらっしゃるようでした。
      
    
便利な世の中になってきたので、私たちはついついなんでもかんでも自分の思い通りになると思いがちです。
    
   
でも、思い通りにならないことの方が多くて、時に根気強く待つことも必要。昔の日本人はそんな知恵を持っていたんじゃないかな。  
    
そんなことを思い出させてくれた無垢の木の家のお話でした。
    
  
<ライター:山田 亨>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。