仕合わせる(しあわせる)プロジェクト 一言通信

「仕合わせるプロジェクト」は、日本ならではの智恵を学び合い、普及するために2010年から活動を始めました。
このブログでは、「仕合わせる力」についての”一言”を平日毎日お届けします。

古来の日本人が抱いていた「しあわせ感」は、人とのコミュニケーションの中にこそありました。

意見が違っても、価値観が異なっても、一緒にいる人と上手に付き合っていくための智恵、それが「仕合わせる力」です。

一言でマニュアル化することのできないこの智慧を、体感していただくことができるよう、「仕合わせる一言通信」をお送りし、各種ワークショップを開催しています。

仕合わせるプロジェクト主催のイベント情報もこちらでお伝えしますので、ぜひお楽しみくださいね。

これまでの活動報告などは、【仕合わせるプロジェクトHP 】でご覧ください。

”いいね”ボタンを押していただけると、ライター一同とても励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。


NEW !
テーマ:
先日仕合わせるスタッフミーティングをしていた時に聞いて驚いたのですが、
声帯ポリープの手術をした後は、しばらくの間声を出すことはもちろん、「歌を聞く」ことも避けた方がいいのだそうです。
なぜなら、歌を聞くだけで声帯が「反応」してしまうから。
調べてみたら確かに、ボイストレーニング教室のHPに載っていました。特に歌を仕事にされる方は気を付けた方がいいそうです。
身体の仕合わせ力は、本当にパワフルですね。
 
同じHPに、「家では声が出せません。いい練習方法を教えてください」という質問がありました。
その回答にも驚いた。
周りが気になったり、声が出せない環境の人は、声を出して練習することはやめた方がいいとのこと。
周りを気遣いながらの練習では、ブレーキをかけて声を出す練習をすることになり、その感覚と筋肉が身に付いてしまうから。
そういう場合は、声は出さずに息だけで練習する…つまり腹式呼吸の呼吸練習をするとよいのだそうです。
 
声と環境の仕合わせのために、あえて声を出さない、歌も聞かない。
回り道のように見えたとしても、それが最善・最速の解決策なのですね。
プロの仕合わせる知恵になるほど納得でした。
 
今日もお読みいただき、ありがとうございます。
仕合わせてステキな一日をお過ごしください。
写真は、”スーパースター”という名のバラです。
 
〈ライター:斉藤知江子〉
 
※参考にしたHPはこちらです。ちなみに私は通っているわけではありません。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心理学博士でラビング・プレゼンスの第一人者でいらっしゃる高野雅司さんのもう一つの顔は、オヤジ・ロックバンド「APHRODIE  ACE」のボーカリスト。

(「アフロダイ エース」というのは「マジンガーZ」の妹分で「おっぱいミサイル」で青少年たちをビビらせたロボットでしたね。確か。。)

先の日曜日の夜、六本木のハードロックカフェ(まだあった)の近くのライブハウスで、彼らがトリで出演するコンサートがあり、偶然にも高野さんが大学の音楽サークルの後輩だったご縁でお誘いいただき、拝聴いたしました。

高野さんと女性のツインボーカル、リードギター、エレキベース、ドラムス、キーボードの6人編成。ボーカルとキーボードの女性以外は全員50代の「オヤジ」だそうです。

オープニングは、ザ・ナックの「マイシャローナ」の替え歌の「バテそうデッシャローナ」。中高年の悲哀(特に体力面で)を歌い、ステージで高野さんが精力ドリンクを一気飲みするなどいきなり熱演でした。おおまかに言うと、クレージーキャッツのようなコミック・バンド基調なのですが、歌と演奏の実力はプロ並み。真面目にQueenの「Let Us Cling Together~手をとりあって」を歌い上げたと思うと、Deep PurpleHighway Starのパロディの組曲「高速道路の星」では山口百恵、松任谷由実、Kissが登場し、いかにもオヤジなコントも交えるなどの、はちゃめちゃぶりで観客を笑わせ、アンコールの「秘密のアッコちゃん音頭」で「好き好き!」を連発し、ノリノリで終わりました。

 アマチュアなんだから観客と一緒に音楽を楽しもう、という姿勢が素敵でしたが、何よりも自分達が一番楽しんでいる姿が、華麗に加齢と仕合わせていて眩しかったです。

 

 「仕合わせるプロジェクト」ではそんな高野さんを講師にお招きして、724日(日)、あの浜離宮庭園の芳梅亭(和風の一軒家です)を借り切って、ワークショップ「自分とつながる世界とつながる~仕合わせるプロジェクト×ラビング・プレゼンス」を開催します。最高のゲストと最高の環境で開催できる貴重なイベントです。まだ少しだけ参加枠に余裕がありますので、ご都合のつく方は是非ご一緒しましょう。

詳しくは、こちら。

https://www.facebook.com/events/1099803533391931/

 

今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。

<ライター:沢 啓>〈ライター:斉藤知江子〉
今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。〈ライター:斉藤知江子〉
今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。〈ライター:斉藤知江子〉
今日も仕合わせる一言をお読みいただき、ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
 
 
おはようございます。
 
この写真から、感じるもの、伝わってくるものを味わってみてください。
 
それはきっと人によって全然ちがうことでしょう。
人も自然も豊かで不思議ですね。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

   

事故につながりはしなかったけどヒヤリとした事例。

  

そういうのを集めて「ヒヤリ・ハット集」

みたいなものを作って事故を未然に防止しようと

カイゼン活動につなげている職場は多い事と思います。

   

そんな中、単調な労働になりがちな介護施設において、

 

お年寄りの行動を制限する「ヒヤリ・ハット」ではなく、

高齢者の良いところを見つけようという「ニヤリ・ホット」で

職場のカイゼンを図ろうという取組が行われています。

 

ニヤリ・ホット… 介護職場でカイゼン、活性化

  

記事によると

例えば、車椅子から立ち上がろうとするお年寄りの動き。

 

「ヒヤリ・ハット」の視点では見守りを

おろそかにしてはいけないということになりますが、

 

「ニヤリ・ホット」の視点では、

そのお年寄りが歩こうと頑張っている姿を

報告書に記すとのこと。

 

 

視点が変われば意味づけも変わる。

  

こうしたものの見方ひとつから

「仕合わせる」は生まれるのかもしれませんね。

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
参院選挙が公示になりました。
東京は都知事選も控えています。
この選挙にかかる費用は50億円とも言われているそうで…
東京都知事となる人は、国が国なら国家規模の予算を抱え、国政にも強い影響を持つ政治家。一都民としてしっかりと都政をお願いできる人を選ばねばと思います。

先日朝の番組か何かで、18歳からの選挙権について名門校の高校生にインタビューするというコーナーがありました。

一番印象に残ったのは、
「投票者が高齢者に偏っていて、どうしても政策が高齢者を対象としたものになっていた。自分達が選挙権を持ち投票することで、政治家が若い世代に目を向け若者に対する政策を行ってほしい」という女子高生の意見でした。

これに限らず、最近、高校生達のしっかりとした声を耳にすることがあります。
大人もバランスの取れた感覚と広い視野を持って投票に臨みたいですね。

{449266A7-5492-4B08-9393-BCED3C868A24}


本日もお読みくださりありがとうございます。

<ライター:松尾尚子>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近はカタカナ語、つまり外来語がたくさんありますね。
昔懐かしい運動会の綱引きの掛け声、覚えていますか?
 
「オーエス! オーエス!」と言っていましたね。
その語源はフランス語なのだそうです。
フランス海軍が帆船の帆を引き上げる時には「オーイッセ、オーイッセ(ohhisse)…それ引っ張れ!」、と声を掛け合っていたそうで、それが日本に入ってきてしだいになまり、「オーエス」になったということです。
 
綱引きについては英語も関わっています。
綱引き攻略法として、綱の最後尾に体重の重い人を置き、重しの役割をたくします。
その選手は船をとめるときでいう、錨の役割を果たすこととなり、最後尾の選手のことを英語の錨「アンカー(anchor)」と呼ぶようになったのだそうです。
さらにこの言葉はリレーの最終走者を意味し、ひいてはテレビなどの司会、ニュースキャスターもアンカーというようになりました。
つまり「最後にコメントを言う人」「番組に重みをつける人」という意味合いなのだとか。
 
外来語がこんなに入りやすいのも、カタカナが開発されたからですし、仕合わせるアレンジ力の高さを物語っていますね。
 
西日本の雨の様子が気になります。
梅雨時の体調管理に気を付けて、どうぞお元気でお過ごしください。
(参考:「この言葉の語源を言えますか?」夢文庫)
 
〈ライター:斉藤知江子
 
写真は、綱つながりということで”綱渡りするリスざる”です。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

散歩コースで見つけた紫陽花、切られた幹から花を咲かせておりました!

 

自然の力強さ、ただ枯れるだけではなく、先に繋げる・・。

そんな仕合わせる力を感じました。

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪

(ライター:宮坂 雪里

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご存知、やなせたかしさん原作の絵本・アニメの正義の味方、”アンパンマン”。
やなせさんご自身が「世界最弱のヒーロー」と語られているアンパンマンの宿命の敵が”ばいきんまん”。
 
最初の頃、悪役は普通の人間だったそうです。でもそれではアンパンマンに対してパンチ力が不足している。そこで生み出されたのが、ハエをモチーフにしたばいきんまん。
 
宿命の敵だけれど、アンパンマンはばいきんまんを完全にはやっつけません。
アニメでは毎週”アンパーンチ”とパンチされて、”はーひふーへほー”とはるか遠くに飛ばされる。
そして次の週も元気に敵として登場する。
ばいきんまんというキャラクターが生まれて、「ドラマがぐっとひきしまりました」と、やなせさんは語っています。
 
悪役だけれど、憎むべき相手でも、抹殺すべき存在でもない。
「愛嬌があるし、すっとんきょうで失敗する。自分では世界で一番強いと思っているのに、なぜか負けてしまう」
ばいきんまんが悪いことをしようとしたのに、逆に感謝されてしまうことすらあります。
悪役だけれど排除するべきものではなく、受けいれられているのですよね。
 
この悪役ばいきんまんがいなければ、ドラマは成り立ちません。
「アンパンマン」は、仕合わせる力を学ぶのにはとてもいいお話なのかもしれません。
 
今日は夏至ですね。季節は夏に向かって変化しています。
どうぞお身体を大切にお過ごしください。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
〈ライター:斉藤知江子
 
それいけ!アンパンマンのページには、やなせたかしさんからのメッセージがありました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

おはようございます。

さて、筆者の住む鎌倉は紫陽花の季節。

    

    

飲食関係の友人に聞いても、

6月が一番忙しいと聞きます。

          

紫陽花の他にも、鎌倉は、

       

・かつて政治の中心であった街、 

・神社仏閣がひしめく宗教都市、

・鎌倉文士と言われる文人が集った街、

・相模湾に面した海水浴や波乗り文化の街、

・ITで起業する方が集まる街、

・スローライフを楽しむ人たちが集う街、

       

など、いろいろな側面を持っています。

  

      

 ※

   

    

こうして過去の遺産と未来へ向けての取組が

ごった煮になっている街ですが、 

  

    

2013年には世界遺産への申請を試みるも

取り下げという結果となるなど

難しい側面もあるようです。

 

 

我が国でも地域活性化が大きなテーマですが、 

街の特色を持っていても持っていなくても

「まちづくり」というのは本当に難しい。 

   

  

 ※

  

  

こうした「まちづくり」というのは

いろんな立場の利害関係者が、

  

お互いの立場を尊重しつつ、

でも自分たちの立場を守りながら

 

その上で、本当に大事なものは何か

と考えながら心を開いて対話し、

ちょっとずつ行動していくプロセス。

 

 

そう思うと、

たまにメディアで取り上げられたりする、

うまくいっているまちづくりの事例などは、

  

本当に、関係者一同が仕合わせる

奇跡みたいなものだなと、

 

鎌倉名物の渋滞に巻き込まれ、

動かない車の中で

改めて思った6月の週末でした。 

 

 

<ライター:山田 亨>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の「リボンの騎士」から手塚治虫→ブッダときて聖(セイント)おにいさん!が降りてきました。

聖☆おにいさん。
バカンスを過ごすため、日本に降臨し、東京は立川でアパート暮らしを満喫するブッダとイエスのお話!?です。

なぜかしっかりもので節約家、家事もばっちりこなすぽっちゃりキャラのブッダに、ついうっかり意味不明な無駄遣いをしたり、ネトゲ(ネットゲーム)にハマったり。一方ルックスの方はジョニーデップ似を意識する「実はイケメン」キャラのイエス…。
全くもって奇想天外なコメディです。

高校生以来全くマンガを読むことのなかった筆者ですが、このマンガを知ったのは、
「まあいいから寝る前の本をしばらく休んで読んでみなよ。」
と友人が貸してくれたことがきっかけでした。
当時強いストレスにさらされていた筆者に、手軽なストレス解消法として薦めてくれたのです。
「マンガねぇ~・・・」
から、今や全巻読破の大ファンです。

敬虔なクリスチャンの方や、信仰心厚い仏教徒の方には、ある種冒涜ともとられる面もありましょうが…そこはご愛敬!
実はしっかりとした宗教学がベースにあり、それぞれの逸話や精神といったものが垣間見えるところが随所に見られます。
筆者はフツーに仏教徒ですが、これを読むとつい面白くて夜中に吹き出しておりました。

気分を変えて休みたいときには、ムズカシイ本より、何も考えずに笑える(そしてちょっと勉強になる)コミックでストレス解消!
一度試してみるのも一考かもしれません。
http://www.saint023.com/

身近なリラックス方法で心弾む週末をお迎えくださいね。

因みに下記のリンクは、国立博物館にて6月21日から開催の「ほほえみの御仏 -二つの半跏思惟像-」とのコラボです。
このコミックスの世界が垣間見られます。
http://hohoemi023.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=hohoemi&utm_term=%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC&gclid=Cj0KEQjwnIm7BRDSs42KxLS8-6YBEiQAfDWP6C6Vn2JB1rQhPO22nvOaJD40fgn_3SrVI5igyXNkJXkaAm368P8HAQ
{A2DCE324-673D-494C-9DCA-E6F3B0312279}

本日もお読みくださりありがとうございます。



<ライター:松尾尚子>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。