愛の夢のつづき

ピアノの演奏と指導をしている野谷恵です

50代で多くのコンクール入賞。
札幌 東京 大阪で
楽な弾き方と魅力的な表現のレッスンをしています

ピアノとフィギュアスケートのBlogです
羽生結弦選手、浅田真央さんを応援しています

連絡先⇒プロフィールに


テーマ:
公式ジャンル記事ランキング:
フィギュアスケート観戦533

次ページ、■SEIMEIは自分でいられる曲⇒相性+深く学んだ自信

★【改】今、生きている人々が作り出す音楽

■結弦くんとコーチ・指導するということ/【愛のないビジネスで生徒はここまで育たない】

■音階をきれいに弾くコツの中のひとつ⇒体はつながっている

■結弦くんとライバルたち+言論の自由と応援+オータムでハビさんと一緒に始動

■浅田真央さんプロ曲が並ぶかも⇒来年のジョイントリサイタルで目指す「全身全霊」

■SEIMEI!羽生晴明の超能力をイランの音楽と共に描くMAD

■ノクターン2番の続き / 長い音を大切に・・集中力、重さ、想い・・そして上下する音程

■浅田真央さんノクターン2番の振付と音楽表現/最初の音はどんな役割を果たしているか

★ピアノレッスン★レッスンについての考え方/レッスン内容と方向性について

・・・にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへよろしくお願い致します。

 

 

 

「音楽と言う言語で

 

大切なことを語りなさい」という

 

詩的、あるいは哲学的な

 

素晴らしいお言葉を頂いたのは、

 

3人のハンガリー人の恩師のうちのお一人が

 

帰国される際、

 

つまりお別れの時でした。

 

 

 

時折、

 

教会の神父様のお言葉のように

 

内心、うなるような表現をされました。

 

 

 

鍵盤の表面に触ってから弾きなさい、と

 

仰る代わりに

 

「すべてはここから始まる」と

 

鍵盤の表面を撫でられたり、

 

フレーズを長く繋げて

 

先の方までひとまとまりとして「行く」ために

 

何処まで行こうかと意識することの

 

大切さを仰るのに

 

「どこから来たかではない。どこへ行くかだ。」と

 

「クオバディス」か・・というような表現で仰いました。

 

 

(ああいう言い方で、意味が解らなかった学生さんも

 

いらっしゃるかもしれませんね。それとも

 

私にだけだったのか・・・?)

 

 

 

音楽は、言語です。

 

それは、

 

この師に出会う前から感じていたので

 

とても嬉しく、

 

納得できました。

 

 

 

どういうイントネーションで

 

ひとつのフレーズ(文章)を表現するかで

 

曲は違った感じに伝わります。

 

 

イントネーションを考えずに

 

ドレミという音程が正確なだけの演奏では

 

日本語を知らない外国人が

 

ローマ字で書かれた日本語を

 

意味も解らず読んでいるような感じにさえ

 

なりかねません。

 

 

 

「どこへ行こうとしているのか」

 

そのためには、

 

どんなイントネーションでつなげていくのか。。

 

いつも考えていたいですね。

 

 

 

 

文章を読む表現にも色々あり

 

アナウンサーのように淡々と読み、

 

主人公が亡くなっても

 

「彼は、息を引き取りました。」と

 

ニュースを読み上げるように表現するか、

 

ラジオドラマの声優さんのように

 

「彼は、、息を、引き取りました(涙)」と

 

滂沱の涙を流しながら

 

泣き崩れるように演じるか、

 

あるいは、

 

涙も枯れ果てたような絶望の表情で語るかで、

 

同じ台本が全く違った雰囲気に伝わります。

 

 

 

どれもあり得るのかもしれません。

 

アナウンサー読みで

 

一言一句間違えないだけでも

 

人の心に物語の印象は

 

ある程度残ります。

 

 

でも、

 

声優のように表現を考える方が

 

伝わりやすいのは確かですし、

 

 

少なくとも、

 

ふっと短調になって

 

「私は悲しいの・・・」というフレーズを

 

短調になったことさえ感じないで

 

ぴかぴかの笑顔で

 

「私は悲しいの♪♪ (^0^) 」と読むのは

 

表現としては間違いですよね。

 

 

 

まずは、

 

音楽と言う言語で表現されている

 

感情や雰囲気を

 

どこまで感じ取って演奏できるか・・・

 

 

 

感じとって、

 

味わって、

 

その気持ちを表現する。

 

まさしく

 

玉三郎さんの演技論に通じることで

 

演奏者は役者、、なのだと思います。

 

 

 
最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

クリックで応援して頂けたら嬉しいです

 

できれば、ブログ村と人気ブログランキングから

それぞれ1つずつクリックして頂ければ幸いです。

 いつもありがとうございます!
                 Megumi(野谷 恵)

 

★ブログ村

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ 

  ブログ村ピアノ  ブログ村スケート

 

 

★人気ブログランキング

 

 ピアノランキング   フィギュアスケートランキング

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Megumi (野谷恵)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります