1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月28日(水)

ぎっくり腰は治さない方が良い

テーマ:【薀蓄】 指圧マッサージ 【雑学】

【ぎっくり腰は治さない方が良い】
なんて書いたらびっくりされる人もいる事でしょう。
それを治すのが仕事じゃないのか!?
と、お叱りを受けるかもしれませんが、それでも言います。
【ぎっくり腰は治さない方が良い】

突然強い痛みが腰を襲うことで
"魔女の一撃"
といわれることもあるギックリ腰。

腰痛の7割は原因不明と言われますが、多種多様なパターンがあって「これが原因だ!」と絞り込めないんですよね。
たまに「XXの原因はこれだった!」みたいな本や情報サイトなどの記事がありますが、バカバカし過ぎて読む気にすらなりません。
腰痛医学会のガイドライン
あーでもないこーでもないと長年やってやればやるほど色々なパターンが増えていく代物。
一つに断言出来たらどれだけ楽なものかと・・・。

さて、ギックリ腰ですがヨーロッパの方での治療方針の一つには鎮痛剤を飲んで、湿布を張って、場合によってはアイシングをして痛みを極力抑え込んだうえで、適度に動いて2.3日のんびり過ごすことが推奨されています。

ポイントは「適度に動いて2.3日のんびり過ごすこと」
この言葉の裏側にあるのは
「働き過ぎて疲れが溜まり過ぎているから、無茶してきたツケを払って休息しなさい」
って事なんですね。
オーバーワークが原因と言っているわけです。

 

ここで治してはいけない理由ですが
治ったらすぐに仕事に復帰したがるでしょう?
でもそこまで痛めつけた身体がちゃんと回復するには一週間でも足りないぐらいなんです。
栄養価の低かった時代なら1か月は当たり前に要するものでした。

 

身体が動かせないほどの痛みが起きるというのは本当にヤバい状態になっている証でもあるのです。
無視をするとその先には過労死の引き金「急性心不全」が待ち構えています。
ギックリというか「腰痛を舐めるな!死ぬぞ!」ってことです。
痛い腰以外のあちこちも壊れそうだという事です。

 

一度身体の訴えに耳を傾けてちゃんと休むキッカケになるのがギックリ腰。

まわりにも辛いのを知っている人も多いでしょう。

きっと休んでも理解してくれますよ。
いままでがんばって無理していたことも。

だから治療して良くなることを急ぐより、見えてなかったものをゆっくりみる時間だとして過ごしましょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月28日(水)

読むのに値しない健康情報の見抜き方

テーマ:【薀蓄】 指圧マッサージ 【雑学】

前回の記事は怖い話を書いたから、今度はディスる話を書いちゃいます。

【運動して代謝を高めるダイエット】
みたいなタイトルだったら読まなくていいです。
便宜上、痩せる方法=ダイエットと表記してるんでしょうが
運動してやせるのは"シェイプアップ"で

ダイエットはあくまで"食事制限"
ここはしっかりと分けるこだわりが欲しいところ。
逆に言えばちゃんとこだわって書いている記事は読みごたえがある事でしょう。

【XXに効くツボ】
この手でたまに頓珍漢なのことを書いてるなぁーと思うと大体が鍼灸・指圧マッサージ師でないことが多い。
ライターが医師でも「あぁー視点が西洋医学側で、東洋医学を上っ面でしか理解してないんだなぁ」って思う事も多い。
たまにまともなことを書いてるなとライターを見ると本職の鍼灸・指圧マッサージ師であることがほとんど。
XXセラピストとか美容研究家とかの肩書の人の記事は読むに値しないし、行動に移したらダメだよって内容がですね。

 

 

そして両方のネタを合わせた
【痩せるツボ】
これで痩せた人を見たことがない。
脳の中枢や消化器官の働きを低下させるほどツボを刺激したら本当に危険です。
素人が手を出すレベルではないですし、プロなら不健康体にしてしまうようなことはしません。
そして、中途半端なツボ刺激したら・・・かえってイイ刺激になって太ってしまいますよ。

痩せたい願望を叶えるなら下半身の筋肉を柔らかくして、血行を良くして、筋肉を動かすのが方法が一番の近道です。
結局それが王道。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月28日(水)

健康の為にしている"実験"

テーマ:【薀蓄】 指圧マッサージ 【雑学】

今日はちょっと怖い話でもあるので、そういうのは見たくない・知りたくないという方はスクロールしないでください。


この話はなんら根拠なく、ましてや頭のいい人がやっている研究機関のものではありません。
ただ仮説の元に自らを実験台にしてやっているものであり、第三者が真似をして何かしらの影響を及ぼしたとしても何ら責任を負う事でないことを予め宣言します。

 

さて、健康のプロが健康の為に何をしているかは大変興味がある事でしょう。
しかし、

その結論が出るのは、あと20年ぐらいかかるかもしれませんね。
ただし、今のところイイ感じで生きています。

色々やっている事の一つなのですが

「死の恐怖」
というのが健康でいるための対極にあるものと考えます。

危険が身に迫っているのに逃げることもままならないとなれば命を失うことになる。
それでは困るので最大限の力がいつでも出せるようにしておかないといけない。
しかし、平和な日本ですからそんな事は簡単に周辺では起きない・・・。

このブログを読んでいる皆さんは目の前に良い道具をお持ちですよね?
そうです、インターネットです。

そのインターネットの世界にはたくさんの動画がアップされています。

心臓に悪い映像がたくさんあります。

それを見ると死の恐怖に身体は構えます。

それが健康でいようと働きかけるという理論です。

夜遅い時間だと神経が高ぶって寝れなくなってしまうのでお勧めできませんが、これから仕事をバリバリやるぞ!ってタイミングにはちょうど良いと思います。
最近よく見ているのは車と歩行者の事故をとらえたドライブレコーダー動画です。
かなりドキッとします。

※動画は自己責任覚悟してみてください。


先日、こんなニュースがありました。
<JAF調査>横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割
信号のない場所で横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても、9割以上の車が一時停止していないことが26日、日本自動車連盟(JAF)が公表した自動車運転に関する全国調査の結果でわかった。大部分のドライバーが歩行者優先のルールを守らず、道路交通法に違反する行為が横行している実態が明らかになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000075-mai-soci

車は止まらないという事を前提に自分の身を守る為にも見ておいた方が良いと思います。
そして車を運転される方はこのようなヒヤリハットを頭に入れて安全運転をお願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。