1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-04-06 01:55:30

【体験談】眼底・眼圧検査に行ってきた

テーマ:その他雑記
タイトルどおり眼底検査に行ってきたので、そのときの内容とか。

きっかけは左目の見え方がおかしいと感じたから。

どう、と言われても具体的に言いにくいけど、
(片目を隠したときに)左目だけ直線が直線じゃないように見えた
・なんとなく違和感

ぼやけてる感じではなく、ただ、なんとなく違和感。
ちょっと前に割れたというか、壊れたコンタクトを少し間つけていたので「また角膜でも傷つけたか」と思ったものの、仕事上・趣味上、目は散々酷使してるし、目は代替とかないし、目の病気は気づかないか一気に進行するイメージあるしで、急に怖くなって思い切って眼科に行ってみることに。

処方箋もらうとき以外は滅多に行かない眼科だったので、かなり緊張。
感じたままをそのまま受付で話すと精密検査するかもと言われさらに緊張。

以下やったこと

1、視力検査(視力として出るかどうかの確認)
2、精密眼圧(眼圧検査)
3、精密眼底(眼底検査)
4、眼底三次元画像解析

視力検査はいつもどおりの視力を見る検査。
眼圧検査は目に空気みたいなのを当ててたかな(あれで何がわかるのかさっぱりわからん)。ただ、ドライアイ気味なのでまばたき禁止と言われても何度かまばたきしてやり直しに・・・。

一番時間がかかったのは眼底検査(と眼底三次元画像解析)。
なんでも瞳孔から覗く形で目の奥の血管とかを見るために瞳孔を開かせる必要があるらしく、点眼をするんだけど、コレの効果が出るのに30分かかる。
また瞳孔を強制的に開かせるので、目薬の効果が切れるまで瞳孔が戻らない。
切れるまで4~5時間かかり、それまではピントが合わないので近いところが見えづらい、光がまぶしく感じるので車の運転等は控えてもらうようにしてるけど大丈夫?と確認後、検査開始。

と言っても・・・2回に分けて左目に目薬差してペンライトっぽいので、瞳孔の開き具合確認されて開いてそうだったら、検査室に連れて行かれます。
(瞳孔開いてるなーというのは視界がなんとなくぼけてくるので自分でもわかったりします)
ここでも大変だったのは・・・まばたき禁止w
検査中、(多分)眼底の写真を撮るのですが、まばたきするなと言われても無意識にまぶた閉じてしまうw
しかも、瞳孔開いていて何か気になるので余計にまぶたを閉じたくて仕方ないw
結局2回取り直して終了。
目薬差すだけなので痛みもないし、目薬の待ち時間を除けば検査時間自体は10分もかからなかったので、楽といえば楽。

すぐに結果がわかりましたが、結果は・・・
眼底・眼圧・目の表面ともに異常なし

検査結果自体に水がたまってるとか出血してるとかという異常はないので、直線が直線じゃないように見えたのも疲れか何かの気のせいだろうということで落ち着きましたw
(撮った眼底写真を見ながら説明してもらったけど、裸眼で行ったのでピンボケしてあまり見えなかった・・・)

で、肝心の検査費用ですが・・・2,090円(税込)でした。

かかる眼科によって金額変わるんだろうけど、この金額で目の不安が消えるならいいかな。
検査したの片目(左目)だけだったからこの金額で済んだのもあるんだろうけど。

眼科を出る前に片目見えにくくなってるから足元気をつけて、と言われたものの、普段裸眼(乱視)でピンボケ状態のまま歩いてることが多いからそれほど違和感なかったり・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-11-09 02:27:33

「近況お問い合わせ票」というものがやってきた

テーマ:その他雑記
また忘れた頃にやってくるんだろうなーと思いつつ、そのときに備えてメモ。

始まりは使っているクレカ会社の封筒で、見知らぬ内容の手紙と返信用封筒があったことからでした。
内容を読むと、2010年12月の割賦販売法改正で登録情報の調査をすることに云々。



ま た 新 手 の 詐 欺 か

と、思ったものの、そもそも割賦販売法改正とかされてたことすら知らない。
なので、Google先生に教えてもらうことにしました。

経済産業省 早わかり☆改正割賦販売法
URL:http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/1141hayawakarikaiseikappuhanbaihou.htm#no6

わかりづらっ!!

もう少し、やわらかい解説のサイトもGoogle先生に聞いてみました。

日本クレジット協会 改正割賦販売法の主な改正内容
URL:http://www.j-credit.or.jp/customer/sales_law/index3.html

察するに、カード利用者の支払い可能見積額を出すために、クレカ会社が「指定信用情報機関」を使って、カード利用者の年収やら利用状況やら履歴を調べることを義務付けられたと。

それで今回の「近況お問い合わせ票」が来たという流れになったっぽいけど、肝心の指定信用情報機関ってどこなのさ?
ということで、またしてもGoogle先生に聞いてみた。

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC) | 割賦販売法 指定信用情報機関制度
URL:http://www.cic.co.jp/cic/system01.html

ここに加盟している会員のことを示すっぽい。
加盟会員検索もあって、直接入力・50音検索両方出来るので、ここから先の検索方法は楽かも。

加盟会員検索
http://www.cic.co.jp/member/index.html

逆に言えば、差出の会社名がここになければダウト。
(ちなみに自分の場合は、ここで検索して該当の会社がありました)

とりあえず、詐欺でもないようだし、カードの情報が漏れてるわけでもなさそうなので一安心だけど、手紙には返送期限も書いてあるし、初めてのことだったし、少し不安になったので念には念を入れて、メールでお問い合わせしてみることにしました。

そして返信の結果・・・本物であることが確定したので、必要事項を書いて返送完了。

慎重になりすぎたかなと思いつつ、今のご時勢、このくらい慎重でちょうどいいと思ってます。
後々何かあっても・・・なので。

にしても、改正されてから4年ほどずっと放置されてたんですけど?
カードの有効期限は切れてないし、なんで今のタイミング?
お問い合わせ票がくるタイミングだけがわからない。また、来るのかな・・・これ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-09-23 03:26:48

振り込め詐欺の予兆かもしれない電話がかかってきた

テーマ:その他雑記
これ振り込め詐欺?(の前哨戦?)かもしれない電話がかかってきたので、個人的メモ。

・電話がかかってきたのはお昼ごろ
・電話の主は50-60代くらいの女性
・電話の内容は振り込め詐欺対策の案内について
・この電話で話した時間は約1分30秒。

対策案内と言っても、よく聞く内容(家族になりすます、ATMに行かせようとする等)で、話したと言うよりカンペ読んでた感のほうが強かったかな。
「警視庁から直接電話なんかかけて来ないだろう」と思ったものの、即切り出来なかったのは警視庁の○○課まで言い切ったから。
(実在するかわからないけど、警視庁言い切ってるから騙ってるなら詐称になるんじゃないかと思うけど)

気になって警視庁のホームページをググってみたけど、やっぱりそれっぽいキャンペーンをしてる告知なし。
代わりに振り込め詐欺見張り隊なるものを発見。

★都内限定★ 振り込め詐欺見張隊、無料設置中!(PDFファイル)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/han_furikome/image/pdf/miharitai.pdf

ざっくり読むと、コール音の後に「この会話は振り込め詐欺防止のため録音されます」メッセージが流れる&実際に録音してくれるレコーダーっぽい。
録音したものは警察官の立会いなしでは聞けない・振り込め詐欺以外にも迷惑電話もかかってこなくなったとかなんとか。

一部の区では過去に募集していたみたいけど、都内限定なのが惜しいところ。
(参考:東京都練馬区 URL:https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/bosai/oshirase/furikomesagimiharita.html )
全国に広めればいいのに。

電話も9割は騙りじゃないかなーとは思うんだけど。このもやっと感がすごく嫌。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

PSO2_145x350_応援バナー04

TERAブログ巡回屋

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。