うさぎの音楽談議

現在ソロで音楽活動継続中
絶叫する営業兼二種電気工事士です(笑)


テーマ:

本日「第4回オトナ文化祭 」というライブイベントに参加してきました。場所は都内の某所、ライブハウスではありませんでしたがある意味居心地の良いところでした。諸事情のため公表出来ないのですがw

12時過ぎにスタートして、終了予定は21時でしたがきっと押していたことでしょう。私は19時過ぎに、都合により先に失礼してしまいました…。皆様、お疲れ様でした!

 

と言うところで、意識が遠のいて参りましたので取り急ぎおやすみなさい…zzz

******12時間ちょっと経過******

 

…どうやら自分でも気付かないくらい疲れていたみたいで。でも、今週は昼過ぎには動けたのでまだ良いほうです(〃▽〃)

昨日ですが、「オト文」というイベントへの参加は前回、今年6月に引き続いてです。もともとGWの「木場ストック」出演者仲間だっただるま食堂 さんにお声掛け頂いて、すごい歓待を受けてしまい(笑)仙台からいらしていただるま食堂さんのお仲間の狸御殿 の皆さんからも、その後連絡を頂くなど関係が続いています。この日も、会うのが二度目とは到底思えないくらいに皆さんから声をかけてもらいまして(^^;本当に感謝です。

6月は18組くらいの参加だったのが、今回は27組!と言う事で延べ9時間以上、さらにその後深夜は有志による演奏が続いた模様です。わはは、こりゃちょっとした合宿ですわ。

 

出演者もバリエーションに富んでいました。基本はフォークですが、年齢層は平均すると40代前半?ほとんど初心者から正統派、元プロの方までいらっしゃる。で、それを他の出演者達が聴くという、ちょっと間違うとエラいプレッシャーを受けそうですが皆それぞれ温かく見守って楽しむ姿勢がありました。これが、他のところにはない特色かも。

私はその中で12番目の出演でした。ま、リハなしでいきなりだったのが災いしたのか1曲目の途中から声がかれ始め、その後も回復することなく3曲終了。今年のライブでは最悪だったかも…_| ̄|○

 

あ、今回はコタンでのデビューライブでお世話になったMOGAMI さんもご一緒しました。何でも、前日山中湖でライブ演って、その足でいらしたとの事。相変わらずタフだなあ。来週も2本、平日に演るそうです!?

 

さて、名残惜しいその場を19時過ぎに失礼して私は船橋へ移動。高校の同級生であるコボ氏に会うためでした。駅を降りて徒歩15分くらい?途中くじけそうになりましたが(笑)、お目当てのお店 に到着。21時から演奏が始まった彼らのバンドを聴いていると、途中から別の場所で飲み会に参加していたカミさんも合流。終演後しばし歓談して帰宅しましたが、やはり帰りが近いと気が楽です~。

 

さあ、来年は仙台にも遊びに行こうかな…予定は未定ですけど(笑)。

CQBB 初めてでしたが、良い雰囲気のお店でした。船橋「月」にて。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

つい、いつも更新が遅れてしまいますが23日の夜は四谷コタンで年に一度の「舞雷」ワンマンライブでありました。いつも動員の少ない彼のことですから…と半分心配な気持ちで出掛けました。
 
さて、この日は祝日だった訳ですがカミさんは勉強会があって朝早くに外出。私は見送ってから9時くらいに2度寝に入ったところ、目が覚めたら14時前!普段は、だいたい2~3時間で目が覚めるんですけどね。なんなんだろ、この熟睡加減は。気持ち良かったぞい。
しかし、お陰でやるはずだった予定は強度不足のマンションのように崩壊(やめれって、近いんだから)。急いで支度して、近くのパン屋さんで昼食を摂った後スタジオへ2時間こもりました。今度の土曜のステージにそなえて試行錯誤。声の調子は…エンジンのかかりが遅いっす(><)
大丈夫だろうか。ま、気楽にやれるところだからと。鷹をくくっております。
 
で、夕方カミさんが帰宅して改めてお出掛け。ちょうど始まる直前に間に合いました。客席を見渡すと、まあまあ入ってるかな。ひと安心。
 
ワンマンと言う事で、普段の30~45分ステージのほぼ倍の曲数になるわけです。で、今回はピアノに加えてアコギの弾き語りも披露。腕前は、私に毛が生えたくらいでしたw まあ本職のピアノの方はちゃんとしてますからねえ。でもアレンジとか、結構80年代ロックしていて新鮮でした。
 
どうやら風邪を引いていたらしく、いつもの人間離れした声のツヤは足りなかったかなあ。でも声量は不都合を感じさせず、そのまま約2時間を完走致しました。私がもし大沢監督だったら「あっぱれ」をあげたいです。実際、経験はないのですが聴くのと演るのとじゃ大違いでしょうからねえ。
 
カバー曲も数曲織り交ぜていて、"Stand by me"とか"Sweet home Chicago"みたいなブルースとかはどうでも良いんだけど(失礼だって)その中にコモドアーズ(ライオネル・リッチーと言った方が分かりやすいかも)の名曲"Three times lady"がありました。しかもアコギで。いわゆるディスコ全盛期のチークタイムでお馴染みだった「とろとろ」の曲ですが、舞雷らしいアレンジで結構ググッときました~。シブイ選曲もツボでしたか。
 
ここ最近、特に今年に入ってからは毎回ライブの日に合わせて舞雷のお母さんが大阪からバスに乗って上京されています。もうすっかり顔馴染みにもなってしまいましたが、何だか本当に「息子大好き~」って感じのお母さんで微笑ましくて。アンコールの最後は、このお母さんのリクエストに息子が応えるかたちになって、やさしい気持ちももらえた気がしました。と同時に、自分の母親の事も思い浮かべたりして。義母はすでにコタンでも大人気ですが(笑)、私の母は足が弱い事もあってまだ来ていません。でも、来たら結構うちも「息子大好き」母かも。義母は、もうそりゃねえ(笑)。本当にいつも良くしてもらってますわ。
 
今日のタイトルは、そのコモドアーズの邦題から引用。「永遠の人」って母親か。まあ、それもいいでしょ。そんな事を考えてみたりした夜でした。

The Commodores
Motown Legends: Three Times a Lady
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつの間にか某ライブハウスのHP運営委員に任命されました。何の事だか分からない人多数かとは思いますが…。個人的には書記会計担当で良かったんだけどなw
 
さて、昨夜は四谷コタンと赤坂グラフィティ、どちらも観たいと言う悩ましい夜だった訳ですが、長年の付き合いが勝りました。どうやら、どちらも良かったみたいです。
多田聡#佐藤亮 がトリを務める今月の「ただならぬ夜」は、彼らもさることながらブッキングの各出演者が目白押しでどうしても観たかった、出来れば自分も出たかった(笑)くらいでした。むう。
 
まず「河内の悪たれ詩人」辻盛ハヤト 氏。私は仕事で間に合いませんでしたが、かなーり客席はどっかんどっかん行っていたそうです。彼の決め文句である「1000円くれ!」が、消費税が導入されて「1050円くれ!」になったとか。意味不明な方、是非一度ご笑覧を。
その辻盛のサポートでギターも弾かれた安達大輔 さんが、この日の2番手でした。ひょっとすると始めから終わりまでステージにいるかも…と言ってましたが、どうやらご本人のライブにも専念出来たようで。緊張している様子でしたが、持ち味は出てたのではないでしょうか。
3番手、amid でお世話になったkero さんでした。ご自分のお店でも演っていて3日連続だったそうですが、いつも通り悪漢ではなく、圧巻のステージでした。いつもの「神様三部作」に加えて新曲も初披露、その他変拍子&スライドバーも登場。いやあ、もろ影響されます。
トリはもう、13、4年の付き合いになりますんで客観的に聴く事のあまり出来ない二人です。こちらも新曲あり、昔のバンド時代によく演っていた曲もあり、最後は店長の木村さんまで客席に腰を下ろしてアンコールする始末。多田君は風邪気味で鼻声でしたが泣かせる曲あり、大合唱の曲もあり。亮のピアノもはねまくって気持ち良かった。お客さんは決して多くはありませんでしたが、内容の濃い夜でした。
 
終演後も盛り上がって、聴きに来ていた$2.99 のお二人も交えて音楽談議。皆、いい気分で飲むわ飲むわ。カミさんはこの日ボトルを入れたのですが、結局変える頃には飲みきっていました…。全然安上がりじゃないって(TwT)
気が付くと店長が奥の席で寝込んでおりました。どうやら酔いが回り過ぎたみたいです。普段は決してこんな姿は見せない人なので、少しお疲れだったのかしら、と心配したり。でも何事もなく、単に気分が良くて鮭が進んでしまっただけのようです。いや、酒ですって。
 
ちなみに赤坂の方は、コタンのスタッフである久保フミト さんのイベントがあったのです。こちらには、やはり常連のみなとさんらが行っていた模様。良かったらしいです。う~む、残念。
 
年末から来年に向けて、皆色々とお忙しい時期のようです。私はもうすでに今年初めがばたばただったので、来年は新しい動きはなるべく抑えようかと…。来る人、去る人もいる?のかなあ。きっといるんだろうね。でも、そうやってコタンと言うお店は35年やってきてる訳だし。
あれよあれよと言う間に、年も暮れていくのです。

何年前だろ? お宝画像です。バンド時代の多田君と私。若いなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

順序が逆になりましたが、昨夜11/18は四谷コタンにて「伝説のフォークユニット"FOLKERS"」のワンマンライブがありました。約一年半ぶりと言う事を聞いて、これは見逃せない!とばかり仕事帰りに駆けつけたのでした。

 

とは言っても、実はすでにこのブログに常々登場している二人、大久保雅永さんと柴田達朗さんがそのユニットの正体です。もともとは彼等に亀ヶ森真哉さん、会田圭一さんが加わった「みそじーず」なるバンドがあって、バンド内ユニットだったそうです。現在は4人とも別々に活動されていて、うち3人はコタンでトリを務め、もう一人の亀ヶ森さんは来月久々にコタンに出演されます…私の対バンで!

 

そんな前置きがありつつ、この日はオープニングアクトも豪華に塩川昇氏が務めました。彼もコタンのトリですからねえ。私が着いたのは、もう終わりの頃でしたがその前に2本、弦を切ったんだそうです。

 

FOLKERSのルールとして、それぞれのソロ曲は演奏しない、FOLKERSの曲はソロでは演奏しないというのがあるのだそうで、つまりこの日に聴く曲はまた暫くは聴く事が出来ないのです。またほぼ全ての曲で二人のハモがフィーチャーされています。これも貴重。どれもこれも貴重なライブなわけです。

と言う事で、それぞれの濃ゆいファンが客席に集まって大変盛り上がりまして。アンコールも2曲。そして、その後さらにアンコールがかかるという、もう終わらない状態でした。最後はそれぞれの持ち歌をその場で併せて、会場大満足でようやくお開き。終演後もしばし冷めやらぬ雰囲気を味わえました。

 

その後は場所を変えて打上げにも参加。そこでお二人とも色んな話が出来たのですが、どうやらライブが終わった達成感よりも「どう聴こえていたか」という不安感が大きかったみたいでした。私としては歳も近いながら、本当に敬愛するお二人ですんで嬉しいし楽しい時間で、つい終電を逃しました(笑)。

 

要約すると、また是非再演して欲しいという声も大きかったり、次回こそは「みぞじーず」でとか、妄想は拡がってました。それもきっと、この夜が良いものだったからに他なりません。だから、お二人には自信を持って次の機会に向けて準備をしてもらいたいと思います。

 

それにしても、つくづく思うのはワンマンライブの重みです。正味2時間、曲数にして20曲前後。今の自分の持ち歌だけでは到底及びません。従って私の想像を絶する世界なのですが、いずれ自分もそんな内容の濃いライブをやってみたい、と思ったりもしています。何年後かな…?!

folkers  見逃した方、一生後悔してくだされ(笑)。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

気が付けば外は結構寒くなりましたねえ。皆様、夜は暖かくしてお休み下さい…。って、私は相変わらずまだ鼻水をすすっておりますですよ。もう飽きたんですけど(><) 

もう薬に頼るのはやめて、ビタミンを摂って沢山寝る事にしたのですが、それ程沢山は寝てません。がくっ。

 

さて、そんな中でも荒療治と称して個人練習を再開しました。来週は都内某所でのステージもあるし。某所と言うのが悩ましいですね。どうやら諸事情で公開出来ないらしいのです。基本的には出演者が30数名集まって、わいわいやりながら歌うという企画なのです。体調は…のどが無事なので声は思ったよりは出ますが、段々鼻が詰まってきて窒息しそうになります。あとは、高いキーが出づらいかな。12月までにはどうか全快しますように。

 

今日は昼過ぎまで寝まくりました。昨夜は遅くなって結局TAXI帰りでしたし。で、3時頃にカミさんに起こしてもらって、ひとっ風呂浴びて外出。会社の後輩の結婚式の2次会が、六本木であったのでした。

彼とは、今は別の部署ですが入社当時は私のすぐ下でよく遊びに行ったりしました。またバンド経験者であり、ギター、ピアノ、ハーモニカと多彩な才能を持っていて、お互いのライブに顔を出し合う仲でもありました。そんな彼も30を過ぎて、いよいよ身を固めると聞いて何だかこっちまで嬉しくなって、いそいそと出掛けたのでした。

 

2次会は、今をときめくオサレな場所のイタリアンレストランで催され、彼のバンドの演奏等はなかったでしたが(披露宴でやったらしい)、うちの会社の人間には珍しくほのぼのとしたパーティで帰り道は心が温かくなってました。普段は、大抵あんなコトやこんなコトがあって、出席した奥様のご友人はそれ以降新居には決して近寄らなくなるのが通例なのですが(笑)、多分彼らに対してはそんな印象はもたれなかった事でしょう。

 

カミさんは、昨夜の打上げ会場で見聞きした事が気になって仕方がない様子で、今日は朝から少々落ちておりました。私は「そんな事気にしても何も変わらないんだろうから、忘れなよ」となだめてみたのですが収まるようでもなく、私が帰宅する前に何人かの友人に相談していたようでした。

で、私が帰宅すると、今からご近所さんでもあるK子ちゃんと飲みに行くから一緒に行こう、と言う事になって自宅近くの居酒屋へ。約2時間、ぶっちゃけ話に花が咲いてようやく吹っ切れたみたいです。付き合ってくれたK子ちゃん、本当に有難う。またメールで相談に乗ってくれた方、有難うございました。

 

たまにはこういうガス抜きは必要ですね。家にばかりいると煮詰まっちゃうからね。

亮くん、恭子さんおめでとう! 今夜の主役のお二人。本当に良いパーティだったなあ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。