真南風の夢のつづき

日々のたのしいこと、うれしいこと、誰かすてきなひとのこと。沖縄の旅。あるいは夢日記。

♪♪沖縄の島々が好きで、何年も前から何度も通っています。好きが高じて、沖縄の旅行ガイドブックも執筆もさせていただいています。さらに、『からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai(千葉県松戸市)』を立ち上げました。真南風は、マーパイと読みます。日本の南の島々に吹く真夏の風。ここは、海のそばではありませんが、心地いい南の風が吹いているような空間です。いやしイベントやワークショップを開いています♪♪

NEW !
テーマ:

いるかに、帽子とられたから、

日除けに、スカーフを真知子巻き?にしていたら、

「それは、間違えられるから、やめたほうがいいよ」と

Mさんに言われました。

日本では問題なくても、海外では、いろいろ事情や感情があるのでしょう。

はい!と、即座に従い、ケムール人のようなスタイルに。。

 

 

 

∞ ∞ ∞

フリムスでも、リフトやゴンドラで上まであがって、

気持ち良く下山しました。お花がきれいだった!

 

 

 

その帰りは、

スイスに隣接する小国、リヒテンシュタインへも訪れました。

お金持ちの国です。

そこで、寿司職人としてがんばっているチャーミングな独身男性

(ヤンジさんの知り合い)の腰痛治療をしたのです。

リヒテンシュタイン醸造のビールをごちそうになりました!!

 

 

このほかにも、

ゲルマーバーンの106%の勾配のケーブルカーに乗ったり。

(ヨーロッパで一番の急勾配だそうです。まるで絶叫マシン)

 

 

 

 

 

いるかと二人でチューリッヒの町を散策したり、

 

 

 

 

アーラウで、ガレットを食べたり。

 

 

(アーラウの建物は、屋根のひさしに美しい模様が描かれていました。

昔のひとの、暮らしのゆとり)

 

 

 

たくさんあって書ききれないのですが、きりがないので、

このへんで、2016年スイスは終了いたします〜。

 

 

PC こちらも更新しました。

http://ameblo.jp/selfo55/entry-12204201198.html

 

 

♪♪♪ からだと心のヒーリングスタジオ真南風♪♪♪

http://www.ab.auone-net.jp/~ma-pai/

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スイスではビューポイントには、

どこも、素敵な「ホスピス」が建っていました。

こんな気持ちのよい場所で、一生終えられたら幸せですね。

日本は、まだまだですね!

 

 

 

∞ ∞ ∞

 

ペーターさんのお母さんの実家が経営していたというホテルは、老舗ちゅうの老舗。

創業当時、スイスのホテルの模範になったようで、

各地からホテルのサービスを学ぶ研修生が訪れたとのことです。

 

 

とても気持ちよい所。

その後、ホテルは他の人にわたり、

経営が変わりましたが、いまも変わらぬ名前で同じ場所に存在しています。

ここで、お茶をしました。

孫?のペーターさんとともに!

 

 

 

その手前にあった、

小さな湖で、ピクニック♪

サンモリッツで買った

ワインやチーズで、ランチです。

 

本当に本当に本当に、、、美しい湖でした。

ペーターさんが子供の頃、訪れたという池です。

 

また、こよう。

 

 

 

 

その日は、

フリムスに宿泊。

ヤンジさん友人のまさえさんが手配してくれました。

ここも交通便利で、4つ☆でしたが、快適で、しかもリーズナブルでした〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪ からだと心のヒーリングスタジオ真南風♪♪♪

http://www.ab.auone-net.jp/~ma-pai/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スイスのグリーンシーズンを堪能しました!

ケーブルカーやゴンドラやリフトなどが要所にあって、

絶景や高山植物に、手軽にアクセスできます。

しかも、「登る」はなく、ひたすら「降りる」!

 

らくちーん ニコ

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

この日、サンモリッツ近郊のコルヴィリアからケーブルカーに乗り、ハイキングコースの出発点へ。

 

 

ベルニナ・アルプスやサンモリッツの町並みと湖、

そしてガレ場も歩き、氷河も望める、盛りだくさんに楽しめるコース!

 

夏休みだから、ちびっ子もいっぱい。

スイス人は、誰しも小さな頃から登山靴を持っているんだそうですよ。

 

 

 

 

視界がよくて、

ヤッホーって叫んじゃう。

(それにしても、ペーターさん大きい! わたし、ちびっこ?)

 

 

 

青い湖とサンモリッツの町!

 

 

 

 

谷を渡ると、反対側はガレ場でした。

 

 

 

 

 

正面は氷河だよ。

いるかは、意味不明のポーズ!

 

 

 

 

私の帽子はすっかり、いるかに取られてしまいました。

 

しかも、街着しか持っていかなかったので、

ヤンジさんにフリースとかウインドブレーカーを借りて助かりました。

 

 

何度もお花に呼び止められる。

ただそこに咲いているだけなんだけど、

見て、見て、見て!と主張するのです〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、休憩しました。

ビール&燻製肉。

すばらしい景色のところに、

レストランがあります。

 

 

 

 

 

さらに長いリフトで下山。町へ到着。楽しかった〜。

ゆっくり2時間くらい歩いたかな。

 

 

 

 

この日は、サンモリッツのユースホステルに宿泊。

インターナショナルで活気があり!!

 

日本人にもここでようやく出会う。

 

 

なつかしい。このベッド!

二人で4人部屋を使わせてもらいました〜。

 

 

 

 

♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「チーズがなければ、ワインは飲めない〜」

いるかが偉そうにつぶやきました。

ワイン&チーズは不変のマッチング♡

ということがわかったみたい。

 

 

日本では、まったくワインは飲まなかったくせに、

スイスでおいしいワインばかり飲んでいたおかげで、

帰ってきても、しばーらく、ワインとチーズが続きました。

 

∞ ∞ ∞

南チロル地方へのドライブ旅の一日目は、

ペーターさんの計画では、オーストリアまで足を伸ばし、

「アイスマン」のミュージアムを見て、

一瞬イタリアにも入るという予定でしたが、

天気予報では、とくにオーストリア側は大雨のようだったので、

アイスマンはまた次回ということに♪

 

 

途中の峠道は、ものすごい大雨。

BMWの後部座席で、

私もいるかも、

申し訳ないほど爆睡していた〜。

眠くて眠くて目が開かなかった〜〜。

たぶん、標高とお天気のせいかな〜。

 

気がつけば、イタリア領内の町(名前がわからない)に到着。

(でも、ここの人は、ここがイタリアだと思っていないんだそうです)

かわいらしい町でした。

ここでビールを飲んで、ブリキのおもちゃを買った!

 

 

そのあとは、同じ峠道を引き返したけど、

雨があがって美しい山々が徐々に姿を見せてきたー。

雨と晴れでは全く違う景色! 

山が迫っている。

こんな所を通っていたんだね。

ちょっと降りて歩きました。

雲がどんどん晴れていく!サイコー(^_^)

 

 

 

 

 

夕方になり、ツェルネツで宿探し。

ヤンジさんとペーターさんが

探しに行ってくれた。

当日だったにも関わらず、

すてきなホテルに泊まることができました!

伝統的なチロルの作りだそうです。

 

 

 

 

 

夕食に訪れたお店も◎でした。

 

餃子みたいな、ロールキャベツみたいな料理。

カブンスといいます。

スイスでもエンガディン地方でしか味わえないそうです。

 

ワインとともに、いただきました。

 

 

 

 

♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひと足早く、実りの秋が訪れたようです。

 

今年の冬から夏にかけて作ったものが、

いっぺんに形になりました。

 

 

 

どれも思った以上に

素晴らしい仕上がりです(自画自賛!)。

 

 

 

いるかが、ふっと思いついたことが

すべて形になっちゃいました!

 

 

 

思っただけでは、、、

たんなる妄想で終わりますが、

本質を世の中へ知らせようと思っている出版社の社長と、

根気よく対応してくれた編集スタッフのおかげで生産できました。

ありがたいことです。。

 

 

 

 

それにしても、

こんなにたくさんあったのか〜〜。

 

 

(左から。【神代文字で治療師になる】【超パワー結界モデル・ホツマふとまにカード128ピッコロ】【神代文字練習帳(なぞる本)】)

 

(結界用*ピッコロ専用10連カードケース10枚入りセット)

 

 

(神代文字&呪文カード)

 

 

 

(神代文字ヒーリングパワー自動充電△シート)

 

 

 

 

 

 

おもえば2016年はあっというま。

冬からは、古代日本の癒し普及協会の立ち上げと同時進行でした。

最後の追い込みとして、

スイスでも、毎朝、メールで校正していたな〜。

 

 

多くの書籍やアイテムが世の中に出る寸前、

私にとっても感無量な前夜なのですが、

 

 

 

 

お腹いっぱいすぎて、

ポカ〜ンとしていて、動けない(笑)。

 

 

 

(みんなにおいしく食べてもらいたくて、

腕をふるって調理したあと、

自分は、すでに満腹状態なような感じ?)

 

 

 

 

9月2日に、

同時発売になります!!

 

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

Amazonや、ヒカルランドパークのサイトから購入できます。

 

 

 

 

それと、「ゆほびか10月号」(マキノ出版)にも視力アップの特集に掲載されています。まだ書店に並んでいま〜す。こちらも素晴らしい付録がついています。

 

 

 

♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai♪♪♪♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シュタインボックとは、スイスアルプスに棲息する野生の山羊で、稀少ないきもの。

ほぼ直角な崖から崖へと飛んでいくらしい。

(日本では、

「三びきのやぎのがらがらどん」という古い絵本で知られています)

 

 

いるかは、(スイスへ行く前から)この山羊さんに、

たいへんご執心でした。

 

 

 

 

氷河をのぞむ

絶景トレイルを

いくつか歩いたけど、、、

 

シュタインボックには、

会えることはなかったけど、、、

 

気配は感じた〜!?


 

 

 

♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪

 

いいね!した人

テーマ:
いるかの代理で、
滋賀県の太郎坊宮(阿賀神社)に行ってきました。



ピラミッドのような山の岸壁に
お社があります。
ここの祭神は、
正哉吾勝勝速日 天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)。







いるかが神代文字の神様だと讃えていて、
6月に、天忍穂耳命が作った龍踊文字のフトマニ図を自ら奉納しに行っています。
そのときは時間がなかったので、
私が改めて宮司さんにご挨拶に行きました。



なので、この神社には、いるかの発案で作った
(写経用紙のように)なぞって書ける「龍踊文字のフトマニ図」が置いてあります。
初穂料1000円を納めると、一枚授けてくださいます。表には出ていないので、裏メニューなのですが(笑)、社務所で欲しいと言うと出してくれますよ。

このようにも対応し、
扱ってくださるということは、
大変ありがたいと私は思っています〜。





ちょうど、NEW
新刊の献本が届いたところだったので、
宮司さんにお渡しできました。
「おわりに」を一番先に読んでくださると、私たちの思いがもっと伝わるかと思いました。
(8月末日発売 『神代文字で治療師になる』ヒカルランド刊)




太郎坊宮には、
私は去年秋に続いて2度目。
決して近いとはいえない距離だけど、遠くはない気がする。
親しみを感じるのです。
いつのまにか、太郎、太郎〜と呼んでました(笑)。
(太郎とは、ここを守っている天狗さんの名前)


つきあってくださった姫路のMちゃんと名古屋のなおみさん、
ありがとうございました!!







♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「これから、ドイツ語を勉強するんだ」
スイスから帰って、いるかが言いました。
「ペーターさんと話したいから!」
ドイツ語のテキストをこっそり買ってきたようです。
直接話せたらもっと
楽しいでしょう!





8月1日はスイス建国祭。
各地で花火やイベントが行われたようです。


私たちは南チロル地方へ3泊4日の旅をしていました。
ぎりぎりスイス国内?
サンモリッツで、建国祭を迎えました。


宿泊先では、
夕方からロビーで
サングリアやオードブルのサービスがあり、
旅行者にもお祝いの恩恵が〜〜。




町に出ると、イベント会場が設置されてて、
生演奏を聴きながら、
屋台のようなブースでワインやソーセージを買っていただいた。
隣に座った老夫婦に話しかけたら、
ずいぶん遠くから来ましたね、と言い、
心からこの日を楽しみにしていたようでした。






南チロルは、
スイス、オーストリア、イタリアの国境沿いにあり、
時代によって、領土がいろいろ変遷したエリア。
でも、愛国心はハンパない。

単一民族国家の日本人も
見習わないと、と思いました。






日没近くなって、
提灯行列が始まりました。
(夜10時過ぎ)
一斉に、スイス国内の教会の鐘がなりひびいたそうです。

ホルンの音も、生で聴けました。

山々に響きました〜。

感動!












♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
時差ボケはしてないと思っていたけど、
今さら、へんな時間に爆睡しちゃうのは、時差ボケ気味なんでしょうね(笑)。

むこうに2週間いれば、完全に戻るのには2週間かかるということです。
2週間かけてヨーロッパの時間に慣れた体は、
2週間かけなければ、戻れないのでしょうか。
あとまだ1週間もかかるのか!?笑



ところで、スイス滞在中にパリに行きました。
私は、なぜかパリが好きです。
まだ一度しか行ったことがないのに、懐かしい気がする♪
何度でも行きた〜い。


スイスからは往復が可能だということに気がついてしまい、
行っちゃうしかなかった!


いるかとペーターさん、男性陣は興味がないというので、わーい。
ヤンジさんと2人で一泊旅行となりました。

パリまでは、ヤンジ宅から片道4時間だったと思います。
TGV(新幹線)に乗ってパリリヨン駅へ。




わーい。パリは美しい〜。いるだけで楽しい〜。
歩きまくって、観覧車に乗ったり、ウインドーショッピングしたり、
カフェでお茶して、ワイン飲んだり、フランス料理を食べたり。
ただそれだけだったんですが、ふわぁ〜、楽しかった〜。





ホテルも👍
8区にあって、ガルニエ宮(オペラ座)まで徒歩圏内。
小さいながらも4つ星がついていた!
(しかも朝食がついて一人7000円だったんです)


ヤンジさんは、やんちゃで、
どこに行っても、いろんな人に声かけて、楽しそうに話している。
これが彼女の本質なんだなあと思った。みんなも楽しくなっちゃう。







じつにこの小旅行は、彼女がすべて計画してくれて、
チケット取ってくれて、交渉してくれた。

私は目をつぶって、ただ付いていくだけでした〜。らくー。安心〜。
甘えたー。




いるかと二人の旅行では、ありえません〜。
それらすべての役を私が行わなければならないので、
しっかりしなくちゃ!と、いつも思っているようです。


「かおるさん、パリにいるときは、子供のような表情をしていたよ。
帰ってきたら、顔が変わったね。凛とした表情に戻ったね」



とスイスに戻ってから言われました。
そうか。
たまに、私がいるかを置いて一人でどこかに行きたくなっちゃうのは、
そういうことだったんだね!笑









帰りは金曜夜だったこともあって、
パリリヨン駅はヴァカンスへ向かう人で、ごった返してました。
TGVは、40分も遅れ、最寄り駅に着いたのは23時過ぎ。

なんと、最寄り駅にはペーターさんと一緒に、いるかも迎えにきてくれました。びっくり。
こんな夜だから、来るはずがないと思ってた。
うれしかったですー。
(いつもこうだと良いな!)








    ♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スイスには、電車の【改札】がありません。
バス料金のチェックもありません。
ちなみにスーパーマーケットでも、自分で商品のバーコードをスキャンしていきます。

みんな目的地まで正しい切符を買っているというのが前提らしい。
すなわち「不正がない」ということで社会が成り立っているのです(たまに検札が入るようですが)


シンプルですばらしいシステム!
でも、、、日本は真似ができないだろうね。。。
日本人は、なんだかんだ、ちまちまとキセルするのが好きだよね。
文化?というのかな。



7月24日。スイスに着いて、まだわりとすぐに
いるかと二人でローザンヌへ日帰り旅行をしました。
去年秋にジュネーブまで行ったのと
ヤンジさんが時刻や乗り換え箇所を事細かに調べてくれたので、
困ったことはありませんでした。






バスに乗って、電車に乗って、乗り換えて、電車に乗って、トラム(地下鉄?)に乗って、船に乗りました。車窓も飽きない〜。
良いお天気でした。


ローザンヌからレマン湖を渡ると、そこはフランスのエヴィアン。
船に乗っただけで、別の国にきちゃったよー。
ワクワク。テンションがあがります。




ここは、あのエヴィアン。
ミネラルウォーターのevianです!
旧本社の重厚な建物と、わき水がありました。




スイスは物価が高いので、フランスで食事しようということになり、
かわいいレストランのテラス席でランチを。
ソースがおいしかった〜!





その後、
ローザンヌに戻り、船を乗り換えてヴヴェイへ。
世界遺産のブドウ畑を湖から眺めました。ヴヴェイは、スイスの高級保養地。
オードリーヘップバーンやチャップリンが愛した町。
光も影も濃い。



ヴァカンスを過ごす人々は、短い夏を、おもいきり楽しんでいました。

人生は、楽しむためにある!
ということに、ハッと気がついた日曜日でした。



写真上は、レマン湖につきささっている?フォークのモニュメント。





    ♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。