真南風の夢のつづき

日々のたのしいこと、うれしいこと、誰かすてきなひとのこと。沖縄の旅。あるいは夢日記。

♪♪沖縄の島々が好きで、何年も前から何度も通っています。好きが高じて、沖縄の旅行ガイドブックも執筆もさせていただいています。さらに、『からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai(千葉県松戸市)』を立ち上げました。真南風は、マーパイと読みます。日本の南の島々に吹く真夏の風。ここは、海のそばではありませんが、心地いい南の風が吹いているような空間です。いやしイベントやワークショップを開いています♪♪


テーマ:
いるかの代理で、
滋賀県の太郎坊宮(阿賀神社)に行ってきました。



ピラミッドのような山の岸壁に
お社があります。
ここの祭神は、
正哉吾勝勝速日 天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)。







いるかが神代文字の神様だと讃えていて、
6月に、天忍穂耳命が作った龍踊文字のフトマニ図を自ら奉納しに行っています。
そのときは時間がなかったので、
私が改めて宮司さんにご挨拶に行きました。



なので、この神社には、いるかの発案で作った
(写経用紙のように)なぞって書ける「龍踊文字のフトマニ図」が置いてあります。
初穂料1000円を納めると、一枚授けてくださいます。表には出ていないので、裏メニューなのですが(笑)、社務所で欲しいと言うと出してくれますよ。

このようにも対応し、
扱ってくださるということは、
大変ありがたいと私は思っています〜。





ちょうど、NEW
新刊の献本が届いたところだったので、
宮司さんにお渡しできました。
「おわりに」を一番先に読んでくださると、私たちの思いがもっと伝わるかと思いました。
(8月末日発売 『神代文字で治療師になる』ヒカルランド刊)




太郎坊宮には、
私は去年秋に続いて2度目。
決して近いとはいえない距離だけど、遠くはない気がする。
親しみを感じるのです。
いつのまにか、太郎、太郎〜と呼んでました(笑)。
(太郎とは、ここを守っている天狗さんの名前)


つきあってくださった姫路のMちゃんと名古屋のなおみさん、
ありがとうございました!!







♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「これから、ドイツ語を勉強するんだ」
スイスから帰って、いるかが言いました。
「ペーターさんと話したいから!」
ドイツ語のテキストをこっそり買ってきたようです。
直接話せたらもっと
楽しいでしょう!





8月1日はスイス建国祭。
各地で花火やイベントが行われたようです。


私たちは南チロル地方へ3泊4日の旅をしていました。
ぎりぎりスイス国内?
サンモリッツで、建国祭を迎えました。


宿泊先では、
夕方からロビーで
サングリアやオードブルのサービスがあり、
旅行者にもお祝いの恩恵が〜〜。




町に出ると、イベント会場が設置されてて、
生演奏を聴きながら、
屋台のようなブースでワインやソーセージを買っていただいた。
隣に座った老夫婦に話しかけたら、
ずいぶん遠くから来ましたね、と言い、
心からこの日を楽しみにしていたようでした。






南チロルは、
スイス、オーストリア、イタリアの国境沿いにあり、
時代によって、領土がいろいろ変遷したエリア。
でも、愛国心はハンパない。

単一民族国家の日本人も
見習わないと、と思いました。






日没近くなって、
提灯行列が始まりました。
(夜10時過ぎ)
一斉に、スイス国内の教会の鐘がなりひびいたそうです。

ホルンの音も、生で聴けました。

山々に響きました〜。

感動!












♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
時差ボケはしてないと思っていたけど、
今さら、へんな時間に爆睡しちゃうのは、時差ボケ気味なんでしょうね(笑)。

むこうに2週間いれば、完全に戻るのには2週間かかるということです。
2週間かけてヨーロッパの時間に慣れた体は、
2週間かけなければ、戻れないのでしょうか。
あとまだ1週間もかかるのか!?笑



ところで、スイス滞在中にパリに行きました。
私は、なぜかパリが好きです。
まだ一度しか行ったことがないのに、懐かしい気がする♪
何度でも行きた〜い。


スイスからは往復が可能だということに気がついてしまい、
行っちゃうしかなかった!


いるかとペーターさん、男性陣は興味がないというので、わーい。
ヤンジさんと2人で一泊旅行となりました。

パリまでは、ヤンジ宅から片道4時間だったと思います。
TGV(新幹線)に乗ってパリリヨン駅へ。




わーい。パリは美しい〜。いるだけで楽しい〜。
歩きまくって、観覧車に乗ったり、ウインドーショッピングしたり、
カフェでお茶して、ワイン飲んだり、フランス料理を食べたり。
ただそれだけだったんですが、ふわぁ〜、楽しかった〜。





ホテルも👍
8区にあって、ガルニエ宮(オペラ座)まで徒歩圏内。
小さいながらも4つ星がついていた!
(しかも朝食がついて一人7000円だったんです)


ヤンジさんは、やんちゃで、
どこに行っても、いろんな人に声かけて、楽しそうに話している。
これが彼女の本質なんだなあと思った。みんなも楽しくなっちゃう。







じつにこの小旅行は、彼女がすべて計画してくれて、
チケット取ってくれて、交渉してくれた。

私は目をつぶって、ただ付いていくだけでした〜。らくー。安心〜。
甘えたー。




いるかと二人の旅行では、ありえません〜。
それらすべての役を私が行わなければならないので、
しっかりしなくちゃ!と、いつも思っているようです。


「かおるさん、パリにいるときは、子供のような表情をしていたよ。
帰ってきたら、顔が変わったね。凛とした表情に戻ったね」



とスイスに戻ってから言われました。
そうか。
たまに、私がいるかを置いて一人でどこかに行きたくなっちゃうのは、
そういうことだったんだね!笑









帰りは金曜夜だったこともあって、
パリリヨン駅はヴァカンスへ向かう人で、ごった返してました。
TGVは、40分も遅れ、最寄り駅に着いたのは23時過ぎ。

なんと、最寄り駅にはペーターさんと一緒に、いるかも迎えにきてくれました。びっくり。
こんな夜だから、来るはずがないと思ってた。
うれしかったですー。
(いつもこうだと良いな!)








    ♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スイスには、電車の【改札】がありません。
バス料金のチェックもありません。
ちなみにスーパーマーケットでも、自分で商品のバーコードをスキャンしていきます。

みんな目的地まで正しい切符を買っているというのが前提らしい。
すなわち「不正がない」ということで社会が成り立っているのです(たまに検札が入るようですが)


シンプルですばらしいシステム!
でも、、、日本は真似ができないだろうね。。。
日本人は、なんだかんだ、ちまちまとキセルするのが好きだよね。
文化?というのかな。



7月24日。スイスに着いて、まだわりとすぐに
いるかと二人でローザンヌへ日帰り旅行をしました。
去年秋にジュネーブまで行ったのと
ヤンジさんが時刻や乗り換え箇所を事細かに調べてくれたので、
困ったことはありませんでした。






バスに乗って、電車に乗って、乗り換えて、電車に乗って、トラム(地下鉄?)に乗って、船に乗りました。車窓も飽きない〜。
良いお天気でした。


ローザンヌからレマン湖を渡ると、そこはフランスのエヴィアン。
船に乗っただけで、別の国にきちゃったよー。
ワクワク。テンションがあがります。




ここは、あのエヴィアン。
ミネラルウォーターのevianです!
旧本社の重厚な建物と、わき水がありました。




スイスは物価が高いので、フランスで食事しようということになり、
かわいいレストランのテラス席でランチを。
ソースがおいしかった〜!





その後、
ローザンヌに戻り、船を乗り換えてヴヴェイへ。
世界遺産のブドウ畑を湖から眺めました。ヴヴェイは、スイスの高級保養地。
オードリーヘップバーンやチャップリンが愛した町。
光も影も濃い。



ヴァカンスを過ごす人々は、短い夏を、おもいきり楽しんでいました。

人生は、楽しむためにある!
ということに、ハッと気がついた日曜日でした。



写真上は、レマン湖につきささっている?フォークのモニュメント。





    ♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スイスから帰国しました。
昨日朝7時半頃に成田に到着。

スイスは物価が高いです。
人件費、すなわち、お給料も高いということです。
今回は、為替でスイスフランが安かったので、
旅行する身にとってはラッキーでした。
去年秋は、1CHFが130円くらいだったけど、
今回は、110円を切っていましたから!
得した気分です。


17日間の旅程。いくつか、ハラハラドキドキのハプニングもありました〜。

【その1】
到着したとき、チューリッヒ国際空港で
Baggageをひとつ取り忘れてしまいました。
スーツケースのほかに、もうひとつ荷物を預けていたのを
駐車場へ行く途中で気がつきました。
航空会社の事務所に行き、ヤンジさんがドイツ語で説明してくれました。
いるかの名前で預けた荷物だったのですが、「この二人は夫婦で、どちらかというと、彼女のほうが、英語が少しだけわかる」と言うと、私だけが再度、構内に入れてもらいました。
係の女性は、広い空港内を指さして、

「straight」
「left」
「down」と3つの単語を言いました。
まっすぐ行って、左に曲がって、階段を下りる
ということですが、あまりにもアバウトすぎて、わけわからず、
その女性に「一緒に行って!」と頼んだのですが「忙しいからダメ」と断られた。
しかたなく、そのとおりに歩いていったら、
Baggage claimにたどりつきました。
ターンテーブルには、預けた黒いバッグがひとつだけクルクルまわっていました〜〜。




【その2】
着いた翌日に、シノブさんにハプスブルグ家(いきなり!マリーアントワネットつながりでした)の最初の拠点になったというお城(スイスにあるのです)に案内してもらいました。
テラスでお茶を飲んで、私がクレジットでお支払いしました。
帰ってクレジットのレシートを見たら、なんと請求金額が5万円以上になっていたのです。お茶代は、3000円弱でした。
びっくりして翌日、そのレストランに確認に行きました。
レストランのほうでも間違いだとすぐに気がついて、すでに訂正してくれたそうです。
良かったあ−!
どうしてそうなったのか、そのときはわからなかったけど、
私がチップの金額を入れる欄にピンコードを入れてしまったため、ということが、
あとでわかりました。





【その3】
パリのプランタンで買い物をしたとき、ぼーっとしていて、
小さな財布(少しのユーロとクレジットカードが入っていた)をキャビネットの上に置き忘れてしまった!
あせってプランタンに向かって走ったのだけど、
途中でよく探したら、自分のバッグにちゃんと入っていました。チャンチャン!
これは、日常茶飯事なのですが、
特に、なくしたら困る困る!と思っていたので、妄想のなせるわざだったんだと思います。



【その4】
カメラのレンズが壊れてしまいました。同じ故障は2回目です。
それ以降、iPhoneで撮ろうと思っていたのですが、
ペーターさんからニコンのコンパクトカメラを借りることができました。
助かった!
次回からはサブのカメラも持参しようっと。


いまとなっては笑い話ですが、
事なきを得て良かったです。
気を引き締めていきましょう。






♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



やっと、こちらの時間に慣れたところですが、
あと1泊して、明日、帰国します。
長かったような、あっというまだったような。
一日も無駄がなく、濃かったです。
多くの場所を訪れました。
私はどちらかというと、旅ではのんびりする向きなのですが、
今回はがんばりました。


スイスの景色は、スケールが違います。
いるかは、地形的にエネルギーの高い場所がわかるので、
行く先々で、大興奮。
あっちの岩、こっちの岩に触れたり、
そこに座って、文字を描いたりしていました。


▲フリムス近くの森の中の岩



▲フリムス近くのストーンサークル



▲サンモリッツからフリムスへ向かう途中の丘。いるかがてっぺんにいます。


どこもかしこもパワーに満ちあふれているようです。

極めつけは、エマ・クンツ・センター。
ヤンジさんのお住まいからクルマで40分くらいのところ。
エマ・クランツという女性は、19世紀から20世紀に存在したスイスのヒーラー。少女の頃に超能力を得て、人々の病気を治していたそうです。彼女が描いた不思議な幾何学模様の絵もたくさん残っていて展示されています。
近くには、彼女がヒーリングに使っていたローマ時代の洞窟があり、ここがまたすごい場所〜。中に進むにつれてエネルギーが高くなっていくのがわかります。
じつは、ペーターさんのお父さんは、急性白血病で亡くなる直前に、この場所を知り、新聞記事を切り抜いて持っていたのだそうです。




入場は予約制で、料金は一人17CHF。
洞窟は30分間の時間制限。
エネルギーが強すぎて30分以上いてはいけないそうです。
いるかは、ここで目の焦点が合わなくなったそうですが、しばらくして、体にあった痛みが取れていたそうです。

私は洞窟から出ると、
心地よい眠さに包まれ、ハッピーな気分に満たされました〜。




ここの洞窟の砂には、実際に癒しの効果があるそうで、ヒーリングロックパウダーとして販売していました。係の人の話では、打ち身とか捻挫とかに効くんだそうです。他にも使い方がありそうですね。






上の写真は、アーラウのクリスタルショップで売っていた不思議なグッズ。
南チロル地方の標高の高い場所に生える特別な松とクリスタルで作られていて、水にエネルギーが入るのだそうです。
「百会のツボに当てると良いよー」と、いるかがやって見せると、
お店の人も写真を撮りたいと言いました。
驚いたことに、その松の名前は、オーストリア語で「百会」というのですって!











星真南風からのお知らせ星

ドキドキ9月3日&4日は、金城規子さんの琉球霊視鑑定会です!キャンセル待ちとなりました。
http://mapai.blog119.fc2.com/blog-entry-387.html



♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日で11泊目。
毎日、150%のテンションで動いていて、
遊びながらも、仕事もしています。


ヤンジさんのおかげで、
興味のある方が、毎日のように誰かが訪ねてきて
肩こりを治したり、気功法を教えたり、
文字の話をしています。








ときには、観光地で出会った人とも
その場で施術を披露したりしちゃってる。



国籍や使用言語はあんまり関係ないみたい。
いるかの人なつっこさと
コミュニケーション力には脱帽。

男は行動するのみビックリマーク
(女はその計画を立てる)



国際的に活躍する空手の某流派のスイス支部のトップにも運良く会うことができました。







日本古代の癒しに、
多くの人が驚いていますビックリマーク




帰国したら、出版関係がまた動き出します。
●8月16日に「ゆほびか10月号」(マキノ出版)に視力アップの特集で掲載されます。
●8月26日に『神代文字で治療師になる』『なぞる本「神代文字練習帳」』がヒカルランドから同時発売となります。








星真南風からのお知らせ星

ドキドキ9月3日&4日は、金城規子さんの琉球霊視鑑定会です!まだ残席あります。
http://mapai.blog119.fc2.com/blog-entry-387.html



♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スイスに来ています。
一週間が経ちました。
まだ時差ボケしていて、眠りが浅く、
朝4時には目が覚めちゃうし、
午後の5時にはモーレツに眠くなるのですが、
いるかがいてくれるので、体調はまずまずです。


お世話になっているペーターさんヤンジさん夫妻のおかげで
来る日も来る日も、バラエティに富んでいてたいへん充実しています。
感謝いっぱい。




いるかも、心からたのしいようで、
無意識に、いつも鼻歌(演歌)を口ずさんでいます。
そして、ここでは、「私のことを「かおるちゃん」と呼んでくれます。
日本では「おーい」なのに(笑)、
海外では、いろいろな規制がはずれて
自由になるのでしょうか(笑)。




誰しも、
たのしかったら、やさしくなれる。



毎日、テラスで、刻々と変わる空を眺めながら、
ワインをいただいています。(写真)






星真南風からのお知らせ星

ドキドキ9月3日&4日は、金城規子さんの琉球霊視鑑定会です!まだ残席あります。
http://mapai.blog119.fc2.com/blog-entry-387.html



♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、野暮用があって六本木まで行きました。
せっかくなので、帰りに銀座のソニービルで開催している
北島清隆 作品展「絶景沖縄 -The Beautiful OKINAWA Islands-」に寄ってきました。
ご案内のハガキをいただいていたのです。

北島清隆さんとは、私が担当した「てくてく歩き・石垣竹富西表島&那覇」のガイドブックの初版の取材のときに小浜島のリゾートホテルの広報担当として初めてお会いしました。
15、6年も前になっちゃうかな〜。

しばらくして、カメラマンとして独立されました。
それから、何度も取材であちこち同行してもらったり、写真をお借りしたり、たいへんお世話になりました。
さらにさらに飛躍されており、いまは八重山の写真家の第一人者です。




私は、北島さんの撮る沖縄の明るい表情が大好きなのです。
沖縄には、もちろん光もあれば影もあるのですが、
この明るさに、私は何度も元気づけられました。


展示の写真は、どれも、くらくらするほど、沖縄でした。
吸い込まれそう〜〜。


そして!!
写真に会いに行っただけのはずなのに、
なぜか、本人にも会えました。びっくり。
いると思わなかったので、うれしかったです。
相変わらす、爽やかな面立ちで、
「八重山の王子様」は、ここに健在☆






このタイミングに
【秘密の沖縄スポットガイド〜本島・離島含め全60島を網羅】(エクスナレッジ刊)という写真集が発売になったとのこと。

写真集を出すという念願もかなったと話していました。
おめでとうございます。

表紙は旅行ガイドふう、
書店の売り場も旅行関係のほうにおいてあるそうですが、
すべてご本人が撮影した「写真集」です!


北島さんの手から購入し、サインをしてもらいました。
沖縄好きな人は、ぜひ買うべし! 


「あとがき」の最後は、
「もっともっとすばらしい風景がある。島をまわることをライフワークとし、すばらしさを記録し、伝えていきたい」という内容で結ばれていました。


私も、当時は、同じココロザシでした。
今は、別のことに集中しているけど、
もろもろの思いは、北島さんの美しいパネルにゆだねることができて、ほっとしました。
またいつか、真っさらな旅人になって、島めぐりをしたいなー。




●北島清隆 作品展「絶景沖縄 -The Beautiful OKINAWA Islands-」
●6F「ソニーイメージングギャラリー 銀座」ギャラリー2
●7月8日(金)~7月28日(木)
●入場無料
明日も、北島清隆さんは在廊。ミニトークショーがあるそうですよ!

http://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/160708b/







星真南風からのお知らせ星

ドキドキ9月3日&4日は、金城規子さんの琉球霊視鑑定会です!まだ残席あります。
http://mapai.blog119.fc2.com/blog-entry-387.html



♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月10日は参議院選挙。
期日前投票に行ってきました。
もっと前に行くはずだったんだけど、
投票整理券を忘れたり、
油性マジックを忘れたり
家をぎりぎりに出て、時間がなかったり〜。


ていうか、
この一票をどう使おうかと
あまりにも真剣に考えすぎて、
毎日毎日考えすぎて、
なかなか投票所に行けませんでした〜。笑


私はいわゆる無党派層で、
とくに支持する政党はない日和見菌だけど(笑)、
思うことは、ひとつ。戦争放棄です。
日本は、憲法の基本的人権、国民主権、不戦の誓いは
守ってほしいと切に思っています。


過去記事↓ですが、東京大空襲の話。
http://ameblo.jp/shi-kaoru/entry-10826483055.html


だいたい、いつも、開票後に、がっかりするのは、
自分が投票した人が当選するかどうかではなくて、
投票率の低さです。
日本国民全員で決めたことなら納得がいきますが、
あまりにも関心がなさすぎること。

今回は、とても大事な選挙だと認識している人が多く、
世論も白熱しているので、
いつもよりは増える気がするんだけど、
どうなんでしょう??


しかし、投票日にまだ2週間以上ある時に、
大手新聞に「与党過半数」みたいなこと書いてありました。
それは公平ではないし、投票する気も失せるでしょー?
不正集計機があるとかのウワサさえも、
「どうせ行っても無駄ダー」と思わせるための策略なんじゃないかと勘ぐってしまいます。
(念のため、油性マジックで書いてきましたが)


でも、ちなみに、
私は投票をしなかったことは、人生で一度しかありません。
一度あるのも恥ずかしいくらいですが、投票日に、茶道の行事と重なり、早朝から出かけ、片付けが終わったのが、夜も投票時間を過ぎていました。とても残念でした〜。いまは、簡単に期日前投票ができるので、投票を棄権する人の気持ちがわかりません。


当日の投票所は、歩いて3分くらいなのですが、
期日前投票の会場は、もっとすばらしく、
真南風の鎮守である神社の集会所なのです。







ドキドキしながら、鳥居をくぐり、
清々しい未来を思いつつ、
神様に手を合わせてから、投票しました。



星真南風からのお知らせ星

ドキドキ9月3日&4日は、金城規子さんの琉球霊視鑑定会です!
http://mapai.blog119.fc2.com/blog-entry-387.html



♪♪♪♪からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai ♪♪♪♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。