MEN―EIJI 南3条店

テーマ:
先日のおもひで。


【魚介豚骨 醤油】+【とろ玉】
@『MEN―EIJI  南3条店』


言わずと知れた、超有名ラーメン店。

平岸の本店には何度か伺っていますが、ススキノに新しくできた、こちらの店舗は初訪問。



久しぶりにいただきますので、基本の一杯をオーダーしましたラーメン


やっぱ美味いねぇよだれ顔

個人的に札幌ラーメンの“とんこつ醤油部門”では、トップランクのお店だと思っております。

魔法の粉を使わず、ここまでのバランスのとれた味わいを作り出すのは、天賦の才がなければできないのではないでしょうか。

自家製の麺は粉の味わいをきっちり引き出しており、滑らかな舌触りが印象的。

低温調理の〔チャーシュー〕や味の染みた〔とろ玉〕のトッピング類もとても旨旨。

どれをとっても丁寧な仕事がわかりますきゅぴーん



この日はラッキーなことに〔古川オーナー〕が厨房に立っていらっしゃいました。

今はこちらに張り付きなのかな?

オーナーに作ってもらうことで、お店の正しい味わいが楽しめるという訳。



次回は気になる《味噌コーンバター》を食べようと思いますウインク

AD
先日のおもひで。

ようやくお邪魔しましたよ『BOO  CERCLE』さん。


あの「ブラッスリー セルクル」さんが、土日限定で【豚しゃぶ】のお店に変身します。

ちなみに完全予約制でございます。

今回は友人に誘っていただいて、初訪問となりました。



着席しますと、テーブルにはすでにたっぷりの〈野菜類〉と〈薬味類〉がセット完了。

そして、鍋の中にはこれまたたっぷりの〔ワカメ〕がIN!

食べる前から、食物繊維たっぷりですな(笑)。



メインの豚肉は【十勝 阿部農場の黒豚】。
〔肩ロース〕〔肩バラ〕〔バラ肉〕でございます。


※バラ肉の画像を撮り忘れました。


ワカメが入った鍋にレタスや他の具材をいれまして、一煮立ちしたところで、お肉をしゃぶしゃぶ。


いやはや、お店オリジナルの〈ポン酢〉がなまら美味し。

余計な調味料や添加物をつかっていないので、あっさりしているのにしっかりした味わい。

これはいくらでもお肉が食べられます。


でもね、薬味が充実していますので、ポン酢につけずに薬味と合わせることでも肉の旨味が炸裂します。

オススメは〈マルドンの塩〉+〈十味唐辛子〉の組み合わせ。

結局は豚肉が美味いんですよ(笑)。


あ、そうそう、具材の一つ【卵白で作る白い玉子焼きの厚揚げ風】。

これ、めちゃくちゃ好きです。



お肉も野菜も追加できますが、きれいに食べきったところで、締めの【そうめん】を。


店主の木村さんによりますと、締めのアイテムがなかなか決まらなかったそうなんです。

ある日、このそうめんに出会って、一撃で問題が解決したとのこと。

滑らかな舌触りとしっかりしたコシ。
なにより、粉の味がきっちり出ていますね。

これはなかなかの逸品です。






体にやさしく旨旨なしゃぶしゃぶです。

オッサンとしましては、美味しい野菜をガッツリ食べられるのが嬉しいですね。

また近々にお伺いします。
AD

凡の風

テーマ:
先日のおもひで。


【中華そば  鶏と魚出汁の塩】@『凡の風


久しぶりにお邪魔しました。

やはりこちらのお店のラーメンは美味しくて美しい。

コクのある〔鶏スープ〕の旨味のあとから〔魚介出汁〕の味わいが出現。

〔塩ダレ〕の塩分も強すぎず弱すぎずのピンポイントを突いていますね。

この卓越した味のバランスは店主・杉村さんならではのもの。

『凡の風』さんの、どのラーメンにも言えることですが、もはやアートですよ。




気がつけば、あっという間に完食でございます。



ちょいとご無沙汰していましたが、次回は久々に《つけ麺》をいただこうかな。

AD

酒と肴 類

テーマ:
先日のおもひで。

若き料理長と脇を固めるベテランのバランスが絶妙な居酒屋『酒と肴 類』さんに伺いました。



喉が渇いていましたので、ビールでスタート。


〔お通し〕の【山菜のおひたし】から春を感じますな。

まあ、札幌の春はまだ先ですけどね(笑)。

でね、【自家製かずのこ】の味付けが良いんですよまいう






【自家製 〆サバ】


脂の乗りがいい鯖を軽く酢締めしております。

噛むほどに旨味がどんどん出て来ますねじゅる・・







【大根のはりはり漬け】


これは最高の酒のアテ。

無限に食べていられますニヤリ







【コマイの一夜干し】


大好物なんですLOVE

とは言え、北海道の魚のわりには意外と置いてあるお店が少ないのが残念なところ。

マヨネーズに醤油&一味唐辛子が定番の組み合わせ。


ハイボールともナイスマッチ合格






【おひょうの煮付け】


美味いですきっぱり

料理長〔しもちゃん〕は若い職人さんですが、煮魚を上手く仕上げてくるんですよ。

やっぱね、煮汁の加減がビシッと決まってるんです。

ですから、付け合わせの〈ネギ〉や〈椎茸〉もいい味わいに。

酒も合うけど、ご飯にもピッタリ。









【マツモと生海苔の味噌汁】


この日の締めはこちら。

〈マツモ〉からも〈生海苔〉からも出汁が出るので、激美味な一杯でございます。

ただ残念なことに、旨味がしっかりしてるので、これでお酒が飲めちゃいます……。


美味しいお味噌汁は酒のアテなんですキラキラ






ゆるやかな雰囲気の居酒屋なので、実にリラックスしてお料理とお酒を楽しめます。

また寛ぎに参ります。
先日のおもひで。


2月27日にオープンした『LIBERTIN』さん。

イケメンバーテンダー・富田さんが手掛けたブリティッシュパブスタイルのお店です。


まずはオーナー・富田さんのお店「BAR nano.」さんの看板【nano.ハイボール】を。


所謂〈氷なしハイボール〉の富田さんバージョン。
お気に入りの一杯でございますLOVE




このハイボールに合わせたのが……。


【つくね芋の磯辺焼き】


これね、すごく良い!ayumi

想像通りの味わいなんですが、つくね芋の持味と海苔の風味、醤油の香ばしさが意外に思われるかもしれませんが、ハイボールにジャストフィット!

つくね芋のモッチリ感がクセになりますよキラキラ






【なぜか食べたくなる熱々ナポリタン】



これまたGOOD!

「喫茶店のあのナポリタンを目指しました」

とのことですが、そこはお料理屋さんのナポリタン。
トマトソースが洗練されていて、実に美味しじゅる・・


仕上げに僕の目の前で〔ノースプレインファーム〕のチーズをガッツリかけてくださいますチーズ

このクセのないチーズが上手い具合にマッチしとりますな。

でね、具に選ばれた、ベーコン・タマネギ・マッシュルームのトリオがたまらなく嬉しいのであります。

これ、また必ず食べると思いますウインク






やはり、パブスタイルということもあり、居心地がいいですね。

他の二店舗がバーなので、こちらはガラリと雰囲気が変わり、今後はグループ内ではしごするのも面白いかも。

次回はお店自慢のビールを飲まなくては爆笑