シャネル注射がSHE'S整形外科にやってきた!

 

 

 

最初、注射の名前を聞いたときに、どんな注射なの?なんでシャネルなの?フランスからきた注射だからついた名前なのかな?シャネルとどういった関係があるのか?シャネル注射施術後、お肌が光るの?名前を聞いただけで、たくさんの

創造をしてしまいました。

 

 

シャネル注射は、お肌の栄養注射です。

 

フランスの有名なアンチエイジングブランドフィガロの製品です。NCTF135HAという特許を取った成分を利用した注射用法で、ヨーロッパCE、韓国の食薬庁からの認定を受けた安全な注射剤です。53種類の有効成分がお肌の深いところに直接、微細な針で注入していきます。抗酸化物質、コラーゲン、ビタミン、そしてミネラルなど、お肌に良い栄養成分が豊富に含まれています。

 

 

 

シャネル注射、施術後5日程度経過すると、お肌が変わってきます。

 

1.2週間経過すると、顔のトーンがアップして、生き生きとしてくることがわかります。2週間間隔で3-5回程度受けると、シャネル注射の効果を十分に感じることができます。水分と栄養の供給はもちろん、弾力、毛穴、小じわの改善、美白への効果も感じられます。

 

 

 

 

シリコンでの鼻の美容整形後、

 

 

鼻筋をもう少し高くしたい場合には、ヒアルロン酸でより高くすることができます。しかし、そのように手術が可能な場合には、相当少ない確率です。その理由は、鼻手術後、鼻筋の部位の皮膚が薄くなっている状態なので、正確な部位に施術をすることが難しくなっています。また、施術をしても、赤くなってしまったり、炎症が起きやすくなっています。

 

 

 

薄いシリコンを使用し、鼻の皮膚が余裕があると、ヒアルロン酸での施術が可能になります。しかし、やはり難しい場合も多くなっています。挿入されたものの上にヒアルロン酸を挿入するよりも、再手術を進めることが多くなっています。再手術がむしろ、希望の高さにすることもできますし、より満足することができ、また安全に矯正することができます。ただし、手術を受けた後、最低でも6か月の時間を経過しないと、再手術ができません。

 

 

 

ボディー脂肪吸引と顔の脂肪移植って1回にできるの?

 

 

脂肪吸引をするときに、摂取した脂肪を顔に移植することってできるの?脂肪を2回取らなくてもいいような気がします。

 

まず、ボディー脂肪吸引と顔の脂肪移植は、一緒にすることができます。ただし、顔の脂肪移植の後にボディーの脂肪吸引を行っていきます。顔の脂肪移植がボディーの脂肪吸引よりも施術時間が短くかかるという理由もありますが、一番重要な理由はほかにあります。

 

 

 

脂肪移植のための脂肪と脂肪吸引のための脂肪の違い

 

 

顔の脂肪移植のための脂肪は、太ももや腹部から主に採取します。このように脂肪を採取すると、脂肪吸引の効果があるのではないですか?残念ながら、そうではありません。しかし、同じ効果を得るよりも、もっと危険なことが隠れています。

 

顔に移植する脂肪は、よりしっかりと、精密に採取されます。脂肪細胞が傷つかないように、気を付けて採取して移植をしないと、生きたままの脂肪ではなくなってしまうからです。これは、移植の後の脂肪の付き具合を高めるためです。それによって、脂肪移植の効果を高めることができます。

 

しかし、脂肪吸引のための脂肪は、言葉そのままで、吸引をしていきます。このように吸引をした脂肪を顔に異色をしていくと、つき具合も落ちるだけではなく、脂肪移植の効果を得ることが難しくなってしまいます。