日本のスーパーで売られている地産品を探しに

食品スーパーが好きな私は、その土地でしか売られていないものを見つける旅に最近車でよく出かけています。現在住んでいる首都圏のスーパーでは見かけられないものを、各地のスーパーの売り場で見つけたいと思います。


テーマ:

天龍寺の裏手の方に青い竹が密集してはえている観光スポットがある。

 

 

『竹林の道』である。

 

 

 

 

 

 

嵯峨野を訪れた人は例外なくここへも行くだろう。

 

 

竹の林はどこにでもあるが、それは山の急斜面であったり、周囲が整備されていなくてなかなか中に立ち入ることはできない。

 

 

ここは平地で竹林もよく整えられ、しかも竹の色もよい。

 

 

 

 

 

薄めの煎茶色の緑と地面の薄がれた落ち葉のコントラストもよい。

 

 

さぞかしここで清談でもすれば『竹林の七賢』になれそうだ。

 

 

自分が見てもここには純和風を感じる良い雰囲気の所だ

 

 

でも柵があって中には立ち入り禁止で、小道が開かれている。

 

 

 

 

 

 

夜には柵の所に明かりがつくらしい。

 

 

ここは日本人ばかりか外国人にも大変人気のあるところである。

 

 

 

 

イスラム教徒もいる。

 

 

そしてこの竹林の道を抜けたところに、最近話題の場所として急激に有名になったところがある。

 

 

それはJR山陰線の野々宮踏切である。

 

今年1月歌手の松本伊代が自身のSNSに次のような画像を載せた。

 

 

 

 

松本伊代と早見優が線路の上に出て撮った記念写真である。

 

 

これは鉄道営業法違反という明確な証拠ということで、各方面からのお叱りを受けた。

 

 

松本伊代がノリノリだったようで、早見優の方はどちらかというと巻き添えをくらったという感じだったらしい。

 

 

SNSの画像や記事はいったんクリックしてしまうともう取り返しはつかない。

 

 

特に芸能人、有名人の場合は拡散スピードが速く、後で削除してももう意味をなさない。

 

 

回収ができないからだ。

 

 

実はこの踏切は少し前より問題の踏切であった。

 

 

(この写真は引用)

 

それは外国人観光客。

 

 

日本の鉄道事情をよく知らないので、線路に出たり歩いたりしてはいけませんという常識は通用していない。

 

 

外国では線路を道路にしたり、店を開いたりしている所はいくらでもある。

 

 

アメリカ映画などにも線路の上を歩いているシーンはよく出てくる。

 

 

一日一本(数本)だけ列車が通る時だけ開ければよいのだ。

 

 

それにこの野々宮踏切にはもう一つの話題がある。

 

 

それはここは心霊スポットだということだ。

 

 

かつてここで失恋自殺をした女子高校生がいたらしく、夜にここで写真をとれば霊が写るというのである。

 

 

そうしたことでこの踏切自体が観光地となって、線路に出てはいけないというハードルがだいぶ下がったのではないか。

 

 

今現在この踏切の前には目立つ大きな看板が出ている。

 

 

 

 

 

JRも業を煮やしたのではないか。

 

 

各国語で書いてある。

 

 

おまけに警備員も配置されていた。

 

 

 

 

 

二人いて踏切を歩く客を常に見張っている。

 

 

 

 

とても線路に入れるような状態ではない。

 

 

立ち止まらないでと常に声をかけられる。

 

 

私は歩きながら、先ほどの松本伊代の場合と同じ位置から写真を撮った。

 

 

 

 

これは歩きながらである。

 

 

それでも警備員に何か言われた。何だったかは忘れたが。

 

 

松本伊代と早見優のやらかしは思わぬ安全対策の向上に役立ったようだ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。