朝日町shellのブログ

朝日町の事を中心に書いていきます。
この町には素敵がたくさんあります。


テーマ:

こんにちは。

 

Cafe蔵スタッフ研修のご報告です。

 

このお店での学びのテーマは”江戸前の心”です。

 

 

場所は銀座にある寿司割烹、JR有楽町駅から歩いて10分程です。

 

江戸前の心とは何でしょうか?今回はそれを体現しているお店に予約を入れました。

 

 

店内に入ると既に3組のお客さんがカウンター席。

 

入るなりご主人と目があって、予約カウンター席に通されます。

 

 

寿司屋さんでは絶対にカウンター席がオススメです。職人さんとの会話や寿司を握る姿を堪能できますから。

 

店内のカウンター席は8席程。入った瞬間に主の心が隅々にまで行き届いているのが分かります。
 

ご主人の信念は、”掃除できない奴は、仕事ができない!”ですから。^^

 

 

コース料理を予約していたので、突き出しのホタルイカとお刺身から。

 

以下の写真は出された順番どおりに。

 

 

さすが江戸前の仕事がされている見事な寿司達。

 

素晴らしい仕事です。

 

 

そしてこの小肌は素晴らしかった。

 

思わず唸ってご主人に、

 

”うまいっ!!”と言うと、ニコリと笑うご主人。

 

これぞ寿司の醍醐味。

 

まずは小肌をアンコール決定です。

 

 

そして今回の一番の目的、江戸前の穴子。

 

予約時に、

 

”僕の今回の目的の一番は穴子です。”

 

と事前に伝えていたので、ご主人もアンコールするのを見越して、すべての握りのシャリを少なめに握ってくれています。

 

なので安心してアンコールできます。

 

こういう気配りも江戸前の心粋ですね。

 

以前、別のお店の人が仰ってました。

 

”例えばお店が混んできたら、さっと席を立つ粋なお客さんを見ると、そりゃ嬉しいですよ。”

 

やはりお店と職人さんに敬意をはらう心粋、そういうお客さんのことは、お店側はよく見ています。

 

それにどんなお店でもそうですが、店員さんと仲良くなったほうが良いと思います。

 

仲良くなると次行った時に、お店の人も覚えていてくれて、自分の好物かがお店側も分かります。

 

すると予約いれた時点で、好みのネタを自分の為に仕入れてくれていたりしますから。

 

 

この雲丹も絶品。

 

 

この小肌、一番、二番と順位はつけられませんが、銀座最高クラスだと。

 

 

そしてラストのアンコール穴子。

 

痛みやすい魚、安い魚でもお客さんに美味しく食べて喜んでもらいたい。そんな思いから先人達が工夫に工夫を重ねて開発されたのが江戸前の技。

 

そしてお客さんの笑顔と魚に対する愛情を、”江戸前の心”というのではないでしょうか?

 

この穴子とご主人から、江戸前寿司の真髄を見せてもらいました。

 

そして穴子の事を、”世界に誇る日本の文化”とおっしゃるご主人の言葉から、江戸前の精神を感じたのです。

 

今回はこの精神を蔵に持って帰ります。

 


テーマ:

こんにちは。

 

久々にブログを更新します。

 

Cafe蔵を始めてから、料理をプロデュースする為に東京や名古屋などに行って、外食をする機会が増えました。

 

内にこもってアイデアを出そうとしても、どうしても進捗が捗らない時などは気分転換も兼ねて新幹線や飛行機に乗って、有名なリストランテや鮨割烹などを巡ります。

 

素晴らしいお店が多く大変刺激になるので、今後も閉塞状況に陥った時にはそういうお店に通うことが続くと思います。

 

感動したお店がどのようなものだったのか、自分の為にも書き残そうと思い、ブログをアップしました。

 

今回アップするお店は料理もさることながら、雰囲気がとても素敵なお店です。

 

 

薄暗い店内、テーブル席がスポットライトで優しく照らされているので、とても落ち着く雰囲気です。

 

癒し系ですね。

 

店内のお客さんたちも空間に浸って、とてもリラックスして和やかに会話をされています。

 

私は一人なので、会話は店員さんと少し話す程度でしたが、料理を待っている間は雰囲気を楽しんでいたので、全く退屈はしませんでした。

 

 

イタリア語で”松の実”を意味するPinoloを注文。

 

 

Stuzzichino(ざっくり言うとおつまみ)

 

 

Antipasto1(前菜1)

 

 

Antipasto2(前菜2)

 

 

Primo Piattoはパスタを選択。

 

私はトマトソース系パスタがあるといつも頼んでしまうくらい、トマトソースが好きです。

 

 

Secondo Piatto - 魚

 

この皿が出された時、こういうお店でホタテがよく出てくるのはなんでだろう?と考え込んでました。

 

気の所為かも知れませんが。

 

 

 

Secondo Piatto - お肉

 

牛ヒレ、大好物なのです。

 

少しの量というのが重要ですね。

 

Cafe蔵のメニュー構成の基本は、量を少なく種類を多くという考えです。

 

 

Dolce

 

似てるところがあると感じました。

 

何に?という話もあるのですが・・・。笑

 

 

Caffè

 

名前のとおり、Cafe蔵はコーヒーが主役のお店です。

 

ここを忘れないように気をつけてやっています。^^)笑

 

ランチやスウィーツの注文が入るともちろん嬉しいのですが、一番嬉しい瞬間、それはコーヒーの注文が入った時だったりするのです。

 

このお店は居心地が良いので、2時間位居てもあっという間という感覚です。

 

一人でも十分楽しめましたが、やはりこういうお店はやはり夫婦やカップルで来ると、より楽しめると思いますね。笑

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは。

 

すごくしばらくぶりのブログ更新です。

 

ようやく完成度が高まったCafe蔵に関して、良いご報告ができそうなこの頃です。

 

その前に、我が家から車で3分ほどの場所にある、山形県屈指の味と私が思う更科そばをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

まず一枚目の十割更科蕎麦。

 

 

 

美しい蕎麦だ・・・・。

 

そして新蕎麦らしい良い香りが。

 

 

 

いただきます!!(ー人ー)

 

そしてこの後、二枚目の柚子きり。

 

 

写真では柚子の色はちょっと分かり辛いかもしれませんね。

 

柚子の香りが駆け抜けていくような、とても爽やかなお蕎麦。

 

一枚目、二枚目ともに、蕎麦からは蕎麦を打つご主人の愛を感じました。

 

このお蕎麦を出すお店がご近所にあることに心から感謝します。

 

料理の最高のスパイス、それは”愛”であることを教えてくれたお蕎麦でした。

 

大変ごちそうさまでした。ー人ー