ボクらのサンキュウ

テーマ:
伊丹AI HALLの演劇ラボ、空晴プロジェクト「ボクらのサンキュウ」観劇

講師・作演を勤めるべっちさん、こと岡部尚子さんの愛が詰まった作品でした。

一般公募の演劇初心者が半年かけて作る作品。

70代のご年配の方や、車椅子の女の子、中国人女性など、ラボ生さんにそれぞれあてがきされてて。

登場人物ごとに抱える悩みを丁寧にフォーカスして昇華させるような舞台でした。

同時に自分にも色々響いてやっぱり泣いちゃいました。

こういうものを真っ直ぐ書ける希少な作家さん。観に行ってよかったです。
べっちさん、ありがとうございました!