sheermusic横浜校のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
みなさん、お久しぶりです。Nです。最近月数回しか横浜にいないので
中々お会いできないですね。

それはそうと、先のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私の、ゴールデンウィーク中は、実にクラシック三昧でした。

丸の内のクラシックの祭典
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」

ご存知でしょうか?


これから夏になるとサマソニ晴れなど、ロックフェスヘッドフォン
次々に開催されますが、それらのクラシック版です。


東京駅周辺のモール吹き抜けや、ギャラリー、
国際展示場ホールなど10か所近くで一日100団体近いアーティスト
クラシックに特化した公演や映画を行っているといった内容です。

勿論、大きな会場付近には出店などもあり、お酒を飲みながらでも楽しめます。


たまたま会場で、横浜校の某先生に出くわしたりにひひ
意外と知り合いも沢山鑑賞しに行っていたようで、
私は二度目の参加でしたが、知名度の高い祭典なんだなーと改めて実感しました。





さて、私クラシックの作曲もやるのですが、
クラシックをベースにした作品の創作(特に現代音楽、現代美術、前衛音楽)の公演や展示の発表も行っています。

今回は少しだけマニアックに。

私が、好きな前衛に特化したおススメアーティストベスト3ひらめき電球をお届けします。



----------------------------------------------------
第3位。
コンテンポラリーダンサー 森山開次




世界的にも評価の高いダンサーさんですね。


コンテンポラリーダンスってなあに?
クラシックバレエやジャズ、モダンなど様々な踊りをミックスさせた現代舞踊の一種です。



後にも書きますが、モーリスベジャールという振付家が、
創作した現在のコンテンポラリーダンスの礎の一つともいわれる作品に、

学生時代研究していたメモミュージックコンクレートというジャンルの音楽を使っていたこともあり、

抽象的な表現法の一つであるこのジャンルに興味をもち始めたわけです。


森山開次さんは、
「NHKの身体であそぼう。」という番組や、
かつては「情熱大陸」に取り上げられたり、
写真の通り、独特の風貌から役者としても活躍されています。


コンテの公演は、私もたまに、企画主催していますが
(今秋も都内で数本、予定しています)

いつか、一緒にやってみたいアーティストさんの一人でもあるわけなんですね。



----------------------------------------------------------

第二位
フランソワベイル



本当に、知る人ぞ知る作曲家といった方です(笑)


さて、今からちょうど10年前音楽大学の学生だった頃に出会いは遡ります。

在学当初は、普通にポップスを書いたり
クラシックの技法をまねたクラシック音楽を書いてみたり、
声楽のハーモニーの美しさに興味を持ち(和声学と言う分野ですね)を勉強しながら、

就職に役立つだろうとの気持ちで、DTMを学ぶ学科に属していました。



しかし10年前、大学3年生の頃に出会った先生が、電子音響音楽と呼ばれる

(※注 電子音楽と言うと
エレクトーンやテクノ、トランスなどと誤解されやすいですが
ここでいう電子音楽とは
クラシックから派生した、電気的に音を加工した音や素材を構成し
音楽を組み立てていく、現代音楽の分野
のことです。)

ジャンルの国内有数の作家であったため、
その教えを乞ううち、研究にのめり込んでいったわけです。


ミュージックコンクレートの創作
ある時は、一切楽器の音を使わず、
自然界の音、(たとえば電車の音や、雨風の音、川の流れる音、食器などの生活音)
だけを録音し、それを何トラックも並べ、音楽として表現した
ミュージックコンクレートというジャンルの創作。


ライブエレクトロニクス
ある時は、コンピュータに自作のエフェクトを、何パターンも作成し、
生の楽器ヴァイオリンやサックスなどをマイクで拾って、
エフェクトを掛けながら即興演奏させる作品。
(ライブエレクトロニクス)


■コラボレーション企画

それらのジャンルを、他アーティスト(画家や、先に書いたダンサー)などと
コラボした作品の発表。


を創作、発表していたのですが、
その中で、出会った革命的と言えるアーティストさんがこの
フランソワベイルだったわけですが、


一般的にこれらの音楽は、抽象音楽にあたり、
調性(すなわち旋律)をもたないため
聞き手にとっては、難解な音むっとなるわけですが、

このフランソワベイルは、視覚と聴覚双方の効果も生み出すため、
音響スピーカーを、何10個と会場に並べ、





※イメージ的に、映画館は5.1chと言われ、
5個のスピーカーと1つのウーファー(低音域のみの出るスピーカー)で構築されていますが、
これの場合は、その何倍もの立体空間を再現できるわけです。



これにより超立体サウンド
音と音とが自由に飛び回る空間

の演出を可能とし、
また、これらのサウンドを、自身が演奏するかのように操作できるよう
アクースモ二ウム演奏というシステムを構築しました。



現在にもこの手法は受け継がれており、
コンクールやコンサートなども全国、いや世界中で行われているほか、
国内でも、毎年数か所でフェスが開催されております。


私も、毎年御呼ばれし、出演させて頂いておるわけです。



参考までに

富士電子音響芸術祭

※毎年1回、山梨県の某村の一部を借し切り設営し、開催されています。
お酒、食事などなどの出店や、キャンドルアート、特設のお風呂、
テントを張って夜通し、ライブなどを楽しむことも出来ます。


そんなわけで、私の創作に影響を受けたこちらのアーティストが第二位です。




------------------------------------------

さぁ、もうここでお腹いっぱいといった所でしょうが、ここからが
いよいよ第一位キラキラの発表です。


私の知る中で、最も最初のインパクトが強かった方をノミネートしてみました。

第一位



じゃじゃん!!!



ジョン・ケイジ




たまーに、雑学番組などにも登場するので、ご存じの方もいらっしゃるかな?とは思いますが、

彼の代表作と言えば
4分33秒

あ、これがタイトル名です。

どんな作品かはこちらを。

なんと、最高音質で聞けます!!!





うん、いかがでしたか?


「あれ?音が出ない。」


そう思った方もいらっしゃるでしょう。


そう思った方大正解です。



この曲は、4分33秒間、
ピアノに座ったままなーんにも演奏しない曲です。






曲の解説としては、
偶然を偶然に結果をあるがままに受け入れる音楽。

ということです。

うーん、もっと分かりやすく言うと(笑)


ジョンケイジが言いたかったことは、この作品を発表するに当たり、
お客のざわめき、拍手、小さな偶然の物音、それらを含めての作品。

という「無音の音楽の中にある音楽を作曲をした」という解釈です。




作曲家と言うのは、譜面上で記譜し演奏家にある程度の制限を与え、
操作することができます。

しかし、それらを聴衆に効かせる場合、
偶然の音、不測の事態、それも含めてこそがライブであり、
それを作曲家が制限することは、物理的に出来ないわけです。


究極の原点ですよね。
個人的にはもっと音楽は自由で良いんだの発想に繋がります。


例えば、操作しながらも、ライブ感であるとか、
即興的な部分を(ジャズなどでもあるように)奏者や表現する側に、
ある程度は委ねてしまおう。

その方が、作品を作曲者自身が描く以上のプラスアルファ
引き出せるかもしれない。

そうすることで、作品を活かし、奏者や表現側の感性も活かす相乗効果の作品が作れるのでは無いか?


今現在も創作するうえで、大事にしている発想や驚き、そしてもっとも基礎的な部分を、
学んだ作曲家でもあるわけです。


ジョンケージについては、様々な逸話や作品を世に残していますので
彼について気になる方は、私へ直接お声掛け下さいませ。


それでは、長々と書きましたが、私が好きなアーティストを自己満足気味に書いてみました。

以上、Nがお送りする久々のブログでした。

さよなら。
ペタしてね

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

sheermusic横浜校さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。