1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

勇気と闘志、誇りを胸に

2017-04-09 21:53:21 Theme: 横浜F・マリノス

勇気と闘志、誇りを胸に♪

最近チャント聞きませんが、昨日のマリノスvsジュビロの試合で、選手は勇気と闘志と誇りをプレーで魅せてくれました。

キャプテン学の発破が効いたのだと感じています。

 

試合開始前から、ギャラクシー演出と共に、春畑さんギターの生演奏。

さらに、レ・ミゼラブルの舞台の方々の合唱と、ここまででもチケットの価値があるようなパフォーマンス。

そして、試合は開始から気合の入った選手たちのプレーで、ここ数年で一番心にくるゲームでした。

 

選手たちに、「ありがとうございました、楽しかったです。」と伝えたいです。

 

得点は2点でしたが、チャンスは多く作れました。

この試合をスタンダードにして、毎回今回のようにチャンスを作れば、負けないチームが出来上がると思います。

逆に言えば、この試合を続けていかないと、優勝を争えないということで、なかなか難しいところはあるかと思いますが、これからも頑張ってほしいと思います。

 

だって、これだけの試合できるんだもの。毎回やってくださいな。

 

次は、ルヴァンカップ。

たぶんターンオーバー。

出場する選手には、さらに気合の入った、リーグ戦組を脅かすプレーをしてもらいたいと思います。

AD

キャプテン学がすごい

2017-04-04 10:59:28 Theme: 横浜F・マリノス
代表ウィークもあったとはいえ、1ヵ月近く勝ってないマリノス。

内容もサッパリだったVSセレッソでモヤモヤが膨らみ過ぎて爆発しそうでしたが、学が動いてくれました。

フェイスブックにサポーターへメッセージを出し、チームには気合いを入れ直せと発破を掛けたようですね。

キャプテン学、板についてきてますね。

正直、何人かの選手はやる気あんのかって感じで、見たくないレベルまでイライラしてますが、学がケツ叩いて仕切り直してくれると願ってます。

とにかく、無駄なミスしないようにと、アグレッシブにやっちゃう気持ちを見たいです。

頼んだぜ、学。
ハッピーバースデー学。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝ちきったマリノス

2017-02-28 23:04:26 Theme: 横浜F・マリノス

2017開幕戦
横浜F・マリノスVS浦和レッズ

約4万人の観衆の中、マリノスは先制し逆転されるも、再逆転して勝ちきった。3-2の勝利。

素直な気持ちは、やってやったぜ!とありがとう本当にありがとう!でした。

昨年も終盤にゴールは多かったけれど、逆転まで持っていった試合は少なかった。
昨年は同点だった試合を勝ちに出来ていたら、優勝争いにも食い込めたかもしれないので、そういう点でも1つ山を乗り越えた、壁を突き破ったような、達成感がありました。

あとは選手が気持ち入れて闘ってくれたことに感謝感激雨霰です。逆転されたときも、気持ちを折らずに闘いきってくれました。

気持ちは入って、さらに冷静でしたね。マリノスのゴールが決まってから1秒くらい『あれ、入った?入った!』ってな間が個人的にありました(笑)
それくらいあっさりとゴールが決まった印象です。
それはちゃんとシュートが枠に飛んでいたからだと思います。
と言うか逆に今まで飛ばなすぎて……ゴニョゴニョ


ダビは『1本目のシュートでGKの特徴がわかった』と2本目を修正し、前田は『バーの上だと白けるからゴロにした』と、余裕ありますね。冷静な判断が出来たことであっさりゴールを奪える。コレがゴールに慣れると言うことだと思います。

ゴールに慣れれば、シュートが落ち着いて出来る。落ち着いてシュート出来れば、ゴールが増える。ゴールが増えれば勝てますからね。


ダビってもっとボールをキープするタイプかと思いましたが、全然そんなことはなくて、判断早くキープするところ、パス出すところを使い分けてました。
そのパスも、走り出した学やマルティノスのスピードを殺さない、かつトラップしやすい柔らかさで、スペースに出していましたし両足で蹴れていましたから、とんでもない技術でした。
その後もタイミング見てゴール前に入ってきて、シュートまでいく。ゴールもする。凄く理想的なプレーでした。

前田さんには、前回予想メンバーに入れないという非礼を深くお詫びしたいと思います。
そして本当にありがとうございます!ゼルビアでの練習試合がかなり良い予行演習になりましたね。


さて次、全く別の、と言うかレッズとは対局にある、コンサドーレが相手。
前の試合はベガルタ相手に5バックを採用したようですね。

レッズにはボールを持たれましたが、今度は逆にボールを持つ時間が増えるかと思います。

また、レッズに効いたDFの裏へのスルーパスは、スペースがなくてなかなか上手くいかないかもしれません。

ポゼッションからの攻撃が増え、サイドチェンジが鍵を握りそうなイメージ。

しかしこれこそ、キャンプからトレーニングしてきた攻撃だと思いますので、今度はどんな攻撃を見せてくれるか楽しみです。

AD

革命前夜

2017-02-24 18:39:53 Theme: 横浜F・マリノス

マリノス開幕戦メンバー予想

――――敬真――――
―まな―ダビ―マル―
―――マチ天純―――
金井―ミロ佑二―松原
――――飯倉――――

SUB
鈴木
新井
喜田
扇原賢星テル
渓太
伊藤
ウーゴ


FWは敬真
翔さんウーゴが良い悪いじゃなくて、敬真が凄く良い。今一番勢いがある。
練習試合VSゼルビアでのゴールはボールタッチ失敗してDF2人に体を入れられかけたのに、一気に2人ともぶち抜いてGKと1対1になってゴール。
怖いFWになっている。練習試合だけではなく、公式戦でもこのままプレーできるなら、今年は15点なんて軽くいくんじゃないだろうか。それくらい隙を見逃さない怖いFWになれている。

ボランチは喜田かマチがどうなるか、最後までわかりません。
先発によりボール奪取を期待するなら喜田かなぁ、くらい。一番のポジション争い激戦区。

サブでは扇原賢星テルのうち誰が入るのか。ゲームプランによる。個人的には賢星推したいが、VSゼルビアでは投入遅かったしなぁ……

選手交代については、とにかくまず渓太だと思います。勝っていようと負けていようと、サイドハーフだろうと、サイドバックだろうと、とにかく渓太。
それだけ渓太も状態が良い。
タイで突き抜けた感のある渓太。ゴールも出来たことでメンタル的に余裕ができた。今、試合にでれば必ず渓太の流れに持っていけるはず。
学もマルティノスもうかうかしていられない。それくらい渓太は突き抜けた。


と、まあ、今年は開幕前から何人も若手がワンランクアップして、昨年末の良かった天皇杯からさらに期待が増してます。
天井知らずの鰻登りです。


ここまでいろいろありましたが、ついにやっと開幕です。楽しみ過ぎて1週間前から夜も眠れない。

気づけば10年以上もリーグ優勝から離れてしまった。そろそろ、マリノスの時代を作り上げたい。

DAZNによるとんでもない賞金が手に入る今年はタイミング的にも最大のチャンス。
勝ち取れば、金銭的な意味でクラブがポジティブスパイラルに入れる。

一戦一戦、必死に闘い、勝って、最後に最高の場所に、みんなで立ちたい。

今こそマリノス革命を起こすとき。マリノス時代を作るとき。


横浜の、俺たちの、キャプテン学が『優勝する』って言ったんだ。
そうしたら、俺たちは無条件にそれを信じなきゃ。冷静な判断なんて必要ない。下馬評が低かろうと、指をさされて笑われようと、胸を張って『今年はマリノスが優勝する』って本気で信じて、目指さなきゃ。

それが私の思うファンサポーターであり、私のマリノス愛ってやつです。

さぁ、優勝するよ。覚悟は出来ている。

マリノスの開幕スタメンが見えてきた?

2017-02-09 23:16:47 Theme: 横浜F・マリノス
マリノス宮崎キャンプ最終盤。
アルディージャとFC東京と練習試合がありました。

マリノスの公式の結果は下記の通り
横浜F・マリノス 2-2(1-0/0-1/1-1)大宮アルディージャ
http://www.f-marinos.com/news/detail/2017-02-07/150000/143456
1本目
21飯倉大樹 8中町公祐 11齋藤学 13金井貢史 14天野純 17富樫敬真 20マルティノス 22中澤佑二 27松原健 33ダビド バブンスキー 34ミロシュ デゲネク
2本目
21飯倉大樹 8中町公祐 11齋藤学 13金井貢史 14天野純 17富樫敬真 20マルティノス 22中澤佑二 27松原健 33ダビド バブンスキー 34ミロシュ デゲネク

横浜F・マリノス 2-4(1-1/1-3)FC東京
http://www.f-marinos.com/news/detail/2017-02-09/150000/144734
1本目
21飯倉大樹 6扇原貴宏 10齋藤学 13金井貢史 14天野純 16伊藤翔 20マルティノス 22中澤佑二 24山中亮輔 33ダビド バブンスキー 34ミロシュ デゲネク
2本目
32原田岳 7ウーゴ ヴィエイラ 8中町公祐 15新井一耀 17富樫敬真 18遠藤渓太 25前田直輝 26中島賢星 27松原健 28高野遼 35吉尾海夏

練習試合の内容を見ていないので、評価はできませんが、翔さんが1ゴール1アシスト、敬真も1ゴールに決定機にも絡んでいたと聞きます。ダビドもゴールを決めていますし、攻撃陣がゴールに絡むのは良い傾向だと思います。

エリク監督は宮崎キャンプではメンバーを固定せず、誰がスタメン、誰がサブといった分け方をしないと、インタビューで言っていたと思います。怪我人の影響で、何人かは自分のポジションじゃないところでも出場しているようですし。

それでも多少の傾向はあるのかなと感じました。
先に述べておきますが、以下は個人の勝手な感想です。根拠はとくにありません。

そんな中で、現地で観戦された方々のツイッター情報をもとに、各試合主に1本目のメンバーで出場した選手の並びを確認しました。
すると、2試合とも同じ位置で出場している選手がいます。

―――○―――
―10―33―20―
――○―14――
○―22―34―13
―――21―――

背番号で書きましたが、上記の選手は1本目にポジション固定で出場した選手。
○は2試合で変更があったポジション。13は左右の違いはありましたが、どちらも1本目にSBで出場。

つまりこのポジション、メンバーが今後も軸になっていくのかなぁと思います。
FWの位置は、敬真、翔さんも結果を出し、ウーゴも徐々にコンディション上げているようなので、開幕まで激しい戦いとなりそうです。

ボランチの天純の相方は喜田がケガがなければ出ていたのか、マチが出ていたのか、はたまた別の選手なのか。悩みどころでしょうか。
vsFC東京では、扇原でした。扇原、天純、ダビドの中央はかなり夢が広がりますね。ディフェンス面では少し見劣りしますが、攻撃では自由自在にボールをキープし、またパスを出すことができるのではないでしょうか。

SBは金井が左右できるので、どちらのサイドでだれが抜けだしてくるかですね。下平さん、まだでしょうか・・・

といったところで、開幕まではまだ2週間ありますし、まだまだ、どうなるかわかりませんが、このメンバーがいったんは軸になっていくのか、はてさて。


しれっと10と書きましたが、10番MANABUは泣きそうなくらいうれしいですね。自分から希望したとか。
強い希望と期待を抱かせるには十分の出来事です。ますます、今シーズンが楽しみです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。