新社会システム総合研究所 公式ブログ

ご訪問ありがとうございます。
私たち新社会システム総合研究所(SSK)は
法人向けビジネスセミナーを年間500回ほど開催しております。
お客様の求める情報をご提供し、貴社のビジネス情報戦略パートナーであり続けます。


テーマ:
2016年診療報酬改定×在宅医療×調剤薬局
http://www.ssk21.co.jp/seminar/re_S_16097.html

[講 師]
医療法人南星会湘南なぎさ診療所 事務長 中村 哲生 氏

ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 医師・医学博士
一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
    医療法人大鵬会千本病院 院長代行 狭間 研至 氏

[日 時]
2016年3月10日(木) 午後1時~4時15分

[会 場]
SSK セミナールーム 
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F

[重点講義内容]
<1>2016年診療報酬改定と調剤薬局の生き残り策   
中村 哲生 氏【13:00~14:30】

在宅医療は外来門前薬局と違い待ちの薬局経営から攻めの
薬局経営に変身するチャンスです。老人ホームや施設への
訪問服薬指導により処方箋枚数の増加、処方箋の占有率の
緩和などビジネスチャンスです。施設基準により仕方無く
在宅医療を始める調剤薬局もあるかと思いますが地域内で
早急に在宅訪問薬局のノウハウ構築と連携医療機関の開拓を
することで市域内の国取りゲームに早々に勝ち抜く必要が
あります。

1.在宅医療という名の政策誘導
2.病院の診療報酬点数算定要件による調剤薬局数の調整
3.施設在宅の方向性
4.2016年 診療報酬改定
5.在宅医療は調剤薬局の生き残り策
6.質疑応答
   

Ⅱ.2016年度調剤報酬改定とこれからの薬局経営   
狭間 研至 氏【14:45~16:15】

2016年度調剤報酬改定は、2015年10月に厚生労働省
から示された「患者のための薬局ビジョン」に明記された
「立地から機能へ」「対物から対人へ」「ばらばらから1つへ」
というキーワードを累次改定の中で具現化することを明確に
したものと言えよう。
立地に依存し、対物業務に専念し、ばらばらに活動してきた
薬局や薬剤師は、どのように変革を遂げていけばよいのか。
医師・薬局経営者の観点から、在宅医療の分野で医薬協業を
実践してきた立場から、明日から踏み出すべき第一歩を
お示ししたい。

1.「調剤薬局」というビジネスモデルは成熟期に入っており、
   中小薬局が活路を見いだすことは基本的に難しい

2.地域包括ケアを行うという国の方針から
   逆算した薬局の事業モデルを考えることが重要である

3.新しい薬局事業モデルは
   薬剤師の職能そのものを考え新たな患者との接点を
   築かなくては見えてこない

4.2016年度調剤報酬改定は、それだけで終わりではなく、
   2018年、20年改定に続くはず

5.イノベーションを起こすためにも現在の業務を
   ゼロベースで見直し、過去への決別を決断することが重要

6.質疑応答
   

[PROFILE 中村 哲生(なかむら てつお)氏]
1988年 東海大学工学部卒、渡米。
ペンシルベニア州テンプル大学語学留学
1990年 スポーツ振興株式会社
1991年 株式会社ミクニ
1995年 医療法人黎明会理事
1998年 郵政省郵政研究会研究員
2000年 日本訪問看護振興財団 訪問看護ステーションと
ヘルパーステーションの効果的な機能分化に関する研究会 
研究委員、同年 株式会社エムイーネット 代表取締役
2001年 第15回日本コンピュターサイエンス学会会頭、
日本コンピュターサイエンス学会理事
2004年 メディネット株式会社 取締役
2007年 オーシン株式会社 代表取締役
2010年 株式会社コミュニティーチェスト 代表取締役
2012年 財団法人日本健康文化振興会 理事

[PROFILE 狭間 研至(はざま けんじ)氏]
1995年 大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院、
大阪府立病院(現 大阪府立急性期・総合医療センター)、
宝塚市立病院で外科・呼吸器外科診療に従事。
2000年 大阪大学大学院医学系研究科臓器制御外科にて
異種移植をテーマとした研究および臨床業務に携わる。
2004年 同修了後、現職。医師、医学博士。
現在は、医療法人大鵬会にて在宅医療の現場等で医師として
診療も行うとともに、一般社団法人薬剤師あゆみの会・一般社団法人
日本在宅薬学会の理事長として薬剤師生涯教育に、近畿大学薬学部
・兵庫医療大学薬学部の非常勤講師として薬学教育にも携わっている。
著書に、薬局が変われば地域医療が変わる(じほう)/薬剤師の
ためのバイタルサイン(南山堂)他多数。
共著に、臨床調剤学(南山堂)/薬物治療学(化学同人)
/新IT医療革命(アスキー新書)などがある。
AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。