ShastaLink【飛距離アップゴルフコーチの奇跡の書】繋がる繋がり〜

shastalink代表 飛距離アップの為のスイング作りとトレーニングに、特化したゴルフコーチでゴルフトレーナーそして、メンタルコーチでもある松澤亜希子が綴る毎日体験記


テーマ:
日々の生活を見直すことがゴルフの上達の近道である!



実は、ゴルフレスンに来てくださる

多くの方のケアをさせて頂いていると

自律神経系の悩みを訴えられる方が多いです

そもそも自律神経とは何か

また、自律神経の調和が取りにくくなっているので体調不良な訳なのですが

私たちは、いかにも自分の身体について知らなすぎることが多く

もったいないなぁと思い始めたのがこのコーナーです

が、これらのネタを文章にするのはとても誤解を生みやすいので

簡単にお伝えしていきたいと思います

こんにちは

シャスタリンクの松澤です


私のセッションを受けていただいている方は

自然とそうなってくるのですが

ゴルフのレッスンに来ているのに

日々の生活を見直すようになられます



その理由をご説明いたします


さて、よく使うネタですが

小学校の担任の先生はいつも私たちにこう言いました


「 泣きながら笑ってごらん? 」


なんとなくおわかりいだけますか?


また、胸を張って歩いているうつ病の方を見たことがありますか?


そういう話です笑

今日は

そのメカニズムをまず明解にしますね


病院などで自律神経失調症と診断されると

その原因はストレスです

で終わってしまう

と言われるケースが多いです


このストレスは私にとっては

正しくは「 誘発原因 」であると考えています


精神的なストレスなのか

それとも物理的なストレスなのか

はたまた突発的な事故かもしれません

色々ありますが


そのストレスが誘発原因となり

わかりやすく言えば


悩む姿勢を作ってみてください


背中が丸まり首は下を向きます


すると背骨の中を通っている

先日書きました

抹消神経系の伝達が歪むことで伝達しづらくなります

背骨を道路だと思っていただくとわかりやすいかと思います

くねくねした道は運転しづらい

そんなイメージです


神経の伝達が行きにくくなるばかりか

血流や体液の循環も悪くなり

体温の低下

更に組織が萎縮したりしてきます



すると

生体恒常性と呼ばれる


呼吸

排泄機能( 便通やトイレの回数、生理不順、髪の毛、爪など )

体温

食欲

睡眠

に支障をきたしてきます


この辺に支障が出てくると

なんだかダルい

なんだか調子が悪い

なんだかおかしい感じがする

となるので

まだ病院では病名がつけられないので

自律神経失調症症候群と命名されるわけです


これを放っておくと

病気へと発展していく

というメカニズムです


そこで


私は、この師匠の教えをベースに

このメカニズムを使って

みなさんの体調管理に


誘発原因であるストレスだけでなく


その根本となっている

睡眠や栄養、運動といった生活習慣の見直しと

そのために姿勢を整えるというアプローチをしています


文章にすると

我ながらわかりづらいです。。。

申し訳ありません。。。

でもでも


なんとなくおわかりいただけましたでしょうか?


懲りずに

次回は

ではなぜ


姿勢を整えると

自律神経系にアプローチできるのか?

をご説明いたしますね



本日もお読みいただきありがとうございます


深謝


{D066F1E3-0E08-45B4-B6CF-45128C17B966}



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。