Lemurian Angel

宇宙の愛をお届けする光のネットワークです。
今日も平和で愛に満ちた日でありますように。


テーマ:

{163E91DF-D85C-4FE4-9C1B-EF203CF490C2}

戸隠リトリートが終わりました。予想を遥かに超えたパワフルで感動的なリトリートでした。

リトリート中は、ブログの更新もメールの返信もできず申し訳ありません。

明日一日休憩して、私達は、屋久島に向かいます。 

(また、しばらく音信普通になりますが…)




屋久島では、縄文杉を訪れて、Beacon of Light のセレモニーを行います。

以下は、ニーナのBeacon of Light のウェブサイトに日本語訳です。


最古の老木〜屋久島縄文杉とのBeacons of Lightセレモニー

 

このページはIsland of Light Collective(ILOC)チームと縄文杉の祈りに参加しそのエネルギーに調和するSYNC UP GROUPのために作成されました。

 

IOLCチームは素晴らしい原始林の森を通って屋久島の中心へと旅します。

 

私たちは森の中を歩く二日間木々に歌を捧げ、樹齢7,200年とも言われる縄文杉を訪れます。縄文杉の前で歌を捧げ、縄文杉を呼び覚ますとともにBeacons of Lightを起動します。音と光と波動の神経網が作り出され大地に張り巡らされた縄文杉の根のシステムを通って大洋へと伸びていきます。

 

この素晴らしいイベントについて詳しくは私達のニュースレターを御覧ください
https://www.islandsoflightcollective.com/single-post/2017/05/05/The-Beacon-Of-Light-Activation-Ceremony-with-the-Elder-tree-Jomon-Suji
 

参加を希望される方は、名前とあなたのおられる国名と都市名をメッセージとともに投稿してください。

 

ありがとうございます!! 愛とハグをあなたに! Nina

 

 

太古の老木縄文杉の“The Beacon Of Light Activation”セレモニー 

2017年5月6日

 

Nina Kirby ~ IshTahn Oladra Thal

 

縄文杉は屋久島の中心に現存している老木で、推定樹齢7200年と言われています。現在地球で生息している最古の木であるとの情報もあります。縄文杉は針葉樹の一種の杉属スギ科に属する単型の美しく気品のある木です。

 

この老木は屋久島の山頂に生息しており、屋久島には1900種以上の植物が生息しておりそのうち94種は屋久島のみにしか生息していません。縄文杉は高さ約30mで幹周は15mあり、日本で最大最古の木です。

 

縄文杉はまたニュージーランドのタネマフア(Tane Mahua)とともに太古の存在として認知され保護されています。

 

縄文杉への旅は屋久島への中心へ往路一日、縄文杉エリアでの一泊のキャンプ、復路一日の二日間のトレッキングによる旅です。行路には他にも多くの古木や滝、川、そして美しい谷や山の風景を楽しむことができます。島にはもちろん美しい海やビーチがあります。

 

屋久島の前に、私たちの聖なる旅路はまず長野県戸隠から始まります。戸隠では日本の各地から参加者が集うNina Kirbyと岡本ゆう子主催の4日間に渡る「スターシードのためのコスミックリトリート」を行います。

 

リトリートの4日間にはセレモニーやレムリアン・トランスミッション、スターアクティベーション、クアンタム・ヒーリングなどが行われます。

 

最終日の4日目には両側に杉の古木の立ち並ぶ長い参道を通って戸隠奥社へ参拝します。戸隠神社は、日本列島の中央部、長野県の奥深くに位置します。 戸隠神社の奥社には宇宙へつながるゲートがあります。 これらのゲートは、宇宙の龍族によって古代よりここに隠され、守られてきました。 幾重ものパラレルのゲートがそこに存在します。それらは、宇宙から地球へ降り立った時にくぐったゲートです。

 

個々の魂がそれぞれの光のゲートをくぐり、地球へ降り立ちました。

今、アセンションの時期を迎え覚醒しようとしている魂のために、このゲートが開かれつつあります。

 

リトリートの開催中はゴールデン・レムリアンクリスタルのグリッドを設置しマウントシャスタを活性化している同様のクリスタルグリッドからの水で活性化を行います。この水は参加者の皆さんと分け合い持ち帰って頂き、日本各地の水源へとどけてもらいます。IOLCチームはこの水を屋久島へ運び屋久島や縄文杉の水へととどけます。コロンビア川峡谷にもあるゴールデンレムリアン達によって設定された素晴らしいクリスタル水車グリッドがあります。これらのクリスタルグリッドも世界中に存在する数カ所のスターゲートと50以上のクリスタルグリッドと同調していきます。

 

今回Activation of the Tower of Light of ANがペルーのHeart of ANへと繋ぎ止められます。New Realityのエネルギーを根付かせ拡大する素晴らしいセレモニーとなります。SolaraとFamily of ANへ感謝します。

 

 

 

縄文杉とのBeacon Of Light Activation セレモニー

 

IOLCチームは祈りとエネルギーそして聖水を戸隠から持ち込みます。また水へ沈めるためのshungiteクリスタル、縄文杉への道程の木々に備えるためのハーキマーダイヤモンドとゴールデンレムリアンも持参します。

縄文杉にはその他クリスタルや神聖なハーブとタバコ、さらには世界中の聖なるセレモニーからの2つの聖なる祝福の水を捧げます。

 

屋久島の森を歩きながら木々に歌を捧げます。私達が歌うことによって音や波動が木々に保たれていた星屑を活性化します。星屑が活性化されると木々枝から幹、そして根っこへと連なる神経路を刺激します。島の中で絡み合うすべての木の根網が途方もないネットワークを形成し日本の水源や大洋へと到達していきます。

 

歌声はまた木々の目覚めを促します。老木の中には眠りについているものもありますが、古代の守護龍のようにNew Realityが根付くまで辛抱強く待ち続け、休息の眠りについているのです。(その通り今こそその時なのです!)

 

縄文杉の前では縄文杉の目覚めのために歌います。11のBeacon Treesはすでに大昔からBeacons Of Lightが設定されています。木々が目覚めると彼らは守り続けていたBeacons Of Lightを活性化しそれぞれの木は地球と星星へと到達し繋ぎ止められます。

 

一旦覚醒し活性化されると、光のエネルギーや波動そして音の流れは根のネットワークを通して水源へと流れていきます。海はその水を世界中に届け活性化された光を拡散していきます。

 

集合体としての私たちに皆にとって大切なことはDIVINE LOVEのエネルギーと周波数をオープンに維持することです。呼吸とともにエネルギーあるいは“気”を体に巡らすことで自らの波動を高めます。Divine Loveというオープンなスペースでは私たちは自然に木々との友情を育み、自然なバランスや調和そしてパルスを木々との間に見出すことができるのです。波動のレベルが合い、至福の空間を作り出し、それは木の根を通じて地球上の水へと広がっていくのです。

 

 

 

今回の旅の性質および縄文杉の場所などの事情により縄文杉へ訪れるIOLCチームは4人の素晴らしいメンバーからなる小グループです。

 

Sync upグループは現在形成されつつあります。この素晴らしいBeacon Of Light Activationセレモニーで私達と同期(それぞれの場所で祈りや瞑想を通じて遠隔から参加)することを希望する方はFacebook Events Page HERE に加わりご自身あるいはグループの名前とどこの国・都市からの参加かをメッセージに残してください。私たちはそのイベントページでつながりを維持し、私達が縄文杉でのイベントを開始する際にはそこにリストされている名前と情報を読み上げて、世界中からの参加者の皆さんとをつなげ同期させます。

 

フェイスブックをされていない場合はメールで

 islandsoflightcollective@gmail.com 

宛に参加を連絡ください。

 

 

 

 

“Sync up”の方法

 

日本時間の5月26日〜27日に私達は縄文杉への旅をします。その間に木々へ歌を捧げていきます。

 

〜Beaconを設定する日に祈りや瞑想で参加してください。

〜クリスタルグリッドを作って世界中で活性化されている他のクリスタルグリッドにつなげてください。そして水とクリスタルを使ってgem elixir(クリスタル水)を作りその水を周りの水へ拡散してください。

〜ご自分の近くの木を選んで歌を捧げてください。もしくは森や公園に出かけて沢山の木に歌を捧げてください。ハミングやトーニング。チャンティング、そして口笛どれでも大丈夫です。

〜心をオープンにして、高次元の愛の波動を維持し、聖なる愛と一体化してそれを感じてください。

 

New Earth Realitiesの夢の現実化を共有するすべての皆さんに感謝します。みなさんが自分自身のBeaconである光とともにあることに感謝します。

 

愛とハグを皆さんに Ninaより

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)