日帰り旅行鉄道車窓アドバイザーの活動レポート

鉄道に限らず、車窓から見える風景からどう感じるか、どんな場所なのかを興味を持って眺めていることについてレポートしていきます。
風景についての情報を提供していきます。


テーマ:
今までいろいろ考えることがあったのですが、
このたび、ちょっと引っ越しをしまして、
ブログを休みたいと思いここに書きます。

だいぶ遅くなってしまったのですが、
今までの分を考えると止めるのはどうかなと思ってもいました。

しかし、今やっている仕事を考えると、
片手間ではできる状態ではないと思い始め、
ここで決断しました。

写真は撮り続けて行きますし、
旅をすることの面白さを伝えたいとも表います。
しかし、今は仕事に集中したいので、
いったん休止しようと思います。
4年近くなりましたが、いったん休止します。

また逢う日まで。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
常磐線は岩沼から日暮里まで、
運行は上野から、今は品川か…、から、
仙台まで行ける路線である。
 
ところが震災で流されてしまい、
福島第一原発事故によって復旧が出来ず、
今も見通しが立たない状況だった。
 
しかし、このたび、「将来的には復旧」となり、
目標は3年以内に全線復旧だという。
 
常磐線が全線復旧すると、物流が大きく変わり、
雪で詰まる経路がなくなり、
いざというときの二つの経路が出来、
東京へ運ぶ荷物の量も増やせる。
 
いろいろ大変な部分は多いかもしれないが、
早めの復旧をお願いしたいところである。
とはいえ、問題は山積みかもしれないが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
震災で不通になっていた山田線。
4年経って復旧工事が開始された。
http://toyokeizai.net/articles/-/63203
前から話が出ていたJRが復旧、
運営は三陸鉄道という形式が決まった。
 
山田線は盛岡から宮古を通り、
釜石まで行く路線であるが、震災の津波で流され、
宮古から釜石までは不通のままになった。
 
BRTにならなかったのは路線バスがあり、
1日11往復出ていたためである。
また、山田線自体路線バスと競合し、
盛岡から宮古も本数は多くない。
 
宮古から釜石間がつながると、
三陸鉄道が1本で繋がり、三陸へさらに行きやすくなる、
かもしれない。いろいろ問題はあるが、
復旧への道筋のスタンダードになれば、
と思ってしまう。
 
復旧は2018年度の予定だそうである。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のニュースは北陸新幹線が、
大半のニュースを占めていたように思う。
 


東京と北陸が2時間で到着し、
金沢までどうやっても3時間以上かかっていたが、
2時間30分で到着出来る列車が出てきた。
 
ただし、新幹線は料金が高く、
急いで乗る飛行機よりは安いものの、
少し敷居が高くなった感じもしている。
 
また、青春18きっぷは城端線、氷見線利用時は、
一部区間の通過が出来るようだが、
大阪から富山・新潟へ北陸本線北上が、
使えなくなったというデメリットもある。
 
様々な面で良し悪しはあるものの、
本社機能を移した会社もあるという。
流れる空気を変える点でいいのかもしれない。
 
敦賀への開業は2022年を予定、
7年後を目指すそうである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次は桑名終点。
ここまで来るとやっと海に近いのかな、
などと思ってしまう。が、結構中にいる。
 


で、途中市街地に入りつつ、下を通り、
桑名駅へと滑りこむ。
養老鉄道になる前は改札はなかったが、
現在は改札があり、PiTaPa用の、
ICカードタッチの場所が入っている。
 


桑名駅は近鉄名古屋線に近接し、
この駅から名古屋行きに乗れたりするが、
JRへ乗り換えたり下車する人も少なくない。
 


北勢線へも行けるが別の機会に改めたい。
 
この走る車両は昔走っていた車両である。
近鉄は特に名古屋地区は車両入れ替えが遅いが、
それでも入れ変わりつつある。
古い車両がいいとは言えないが、
東京から車両を買っても代用できる線路幅なので、
どうせなら近鉄から引き続き買ってほしいものである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次は播磨駅。
播磨とは石川島播磨があったわけではなく、
単純に地名が播磨だったからという。
 


なんでそんな名前が出たかというと、
近くにNTNという看板が見えたからだ。
 

NTNはおそらくニューイヤー駅伝で見かけるが、
いったい何をしている会社なのか、
わからない方も多いと思うが、
世界4位のベアリングメーカーである。
 
桑名はNTNの拠点地で、本社は大阪だが、
工場はこちらにある。
で、利用する人も多かったりするが、
乗る人のほうが多かった。
 
気がつけば、次は終点である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次は下深谷駅に向かう。
最近では550人近くに減っているが、
高校はあるし家があるものの、
駅員が配置されている。
 


島式ホームなので交換できる場所だ。
列車によっては交換される。
 


朝は人が多く乗ってきて、
昼間はあまり多く乗っていない。
通勤が桑名が目的地になるか、
名古屋まで行くのも40分程度で着くこともできる。
あとは地下鉄次第といえるだろうが、
一応通勤圏といえなくはない。
 


でも、ここから行くなら確かに桑名へ送っちゃうかな、
と思いつつ、播磨駅に向かう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
震災から4年経つ。触れずにはいられなかった。
しかし、なんとなく変わらないまま経とうとしている。
 
やっと石巻線の女川まで、
高台移転して復旧し、間もなく再開。
仙石線高城町から陸前小野も6月までに復旧、
常磐線も復旧計画が出てきた。
 
ところが、周りの景色はがれきが撤去されただけ、
高台に住居が建つのがあと何年先か?
福島第一原発の爆発被害から、やむを得ず逃げ、
そこから帰る希望のない人や、
帰ることをあきらめた人もいたりする。
 
今回の震災は範囲も広すぎ、規模も大きすぎ、
未だに映像やそのときの思い出は、
強烈に残っている。
 
鉄道は復旧しているが、その先はまだ時間がかかるだろう。
今まで通りとはいかないまでも、
安全で生活しやすい街へ変えてほしいものだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次は下野代(しものしろ)駅。
ここから混雑が激しくなり、反対方向に向けない。
 


多度付近まで丘の上にあったが、
ここから海岸線に向かって平坦に走って行く。
見えるのは水田。この時期はまだ、
田植えには程遠く、耕さず、
畑を休ませている感じに見えた。
 


よくあることだが、水田のあるところ、
お酒ありという状態である。
日本酒にコメは欠かせないし、
うまい水が出て、水量が多ければ迷わず造る。
 


ご多分にもれず沿線に何種類かの酒がある。
底を歩くツアーなども組まれていたりする。
酒が好きでなくても、歩くのが好きなら、
こういったのに参加する手もありそう。
 


まあ、こんな楽しみ方もあったりする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次は多度。ここから三重県桑名市に入る。
桑名市のバスも走っていたりする。
 


全線の中でも利用する人が多く、
ここから桑名方面へ向かう人を見かける。
結構車内は混雑した。
 


今でも大垣行始発があり、
桑名最終が美濃松山まで行った列車がここまで折り返し、
そこから大垣へ向かっていくようだ。
 


今でもここで乗務員交代が行われるらしい。
近鉄だった頃、ここまでの折り返し列車とか、
ここで後ろに連結した車両を切り離し、
10分ぐらい停車なんて記憶がかすかにある。
 


多度大社があり、例大祭の時は臨時列車が出るそうだ。
とはいえ、現在では800人ぐらいで、
多くの人が利用しているとはいえない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。