シャーク団のレトロ空間見聞録

「美味しいレトロなお店を紹介するブログでつ」


テーマ:

ロミーナとタベンチェーナ

第7回ロミーナとタベンチェーナ

 

やぁ~シャーク団のともっくすでつよ♪みんな元気にしてまつけ?

いやぁあちぇなってきたぽぬぅ~。

シャーク団も夏にむけて色々調査にいきてぇなってくる今日このごろっぽ。

さて、シャーク団がオヌヌメするレトロなゆるパッケージなナイスな逸品を

お届けするプロジェクト「ゆるパケアワード」がやってきまつたぽ♪

 

今日紹介する誉れ有る「ゆるパケアワード」を受賞するお菓子は~っ!

兵庫県の老舗おかきメーカーのげんぶ堂さんを代表する

洋風?おかき★「ロミーナ」でつ!

 

和風のイメージが漂うおかきの世界で洋風の切り口が斬新な

欧風名菓ロミーナ、関西っ子のオヤツの定番だったのかぬぅ。

流暢な筆記体にオランダの風車をイメージしたヨーロピアンな

風貌の欧風おかきだぽ。

 

 

時代の変遷と共に常にナウなオシャレなパッケージに何度もリニューアル

されまつたが、どれも時代感覚を感じるナイスパケだぽ★

 

 

↑のパケはちょっぴり80sを感じまつ♪

 

味は今となっては割りと定番なサラダ風味のおかきらぬ♪

山形っ子にはオランダ煎餅ってイメージしてもらうわかりやすいかぬ。

その他の地方に説明するんば…ブルボンのうす焼きかぬ?

 

げんぶ堂さんのサイトにはロミーナのパッケージの変遷が見れるぽ♪


 

CMもなかなかのレトロっぷりにきょろも「やるねっけ!」と興奮気味らぽ★

ともっくつが物心ついた時にはサラダ風味のおかきはオサレ感漂ってたろも

 


このロミーナのCMのイメージを見る限りはやっぱりオシャレおかきだった

ようでつぬ。スイスでもロミーナは愛されてるヨーロピアンスナックのようでつ。


エーゲ海のバカンスにも勿論ロミーナは食べられてるようでつ。

ロミーナはワールドワイドなスナックなのでつぬ♪

 

ウラ表紙を見ると

 

ロミーナの公式ソングも★

この世界観の作り込みにグッときもつ♪

 

ちなみにサラダ味のベーシックなロミーナの他に

梅味・カレー味もあるようでつ♪そして姉妹品

 

「タベンチェーナ」もあるぽよ★

たべんちぇーなは但馬地方の方言で「たべてごらん♪」って意味のようらぽ★

こちらもばかうんめぇろも、味しらべのようなほんのりウマ味と甘みのある

お粉がついてもつ。

 

タベンチェーナも公式ソングがあるようでつぬ♪

いやぁうんめかっとぅ~。

新潟はお米天国という事もあり圧倒的にせんべぃコーナーは

新潟企業が占有してるような状態らすけ、他県のせんべぃがあんまり攻めて来ないろも

世の中には色々なナウい煎餅があるとロミーナには思い知らされまつた★

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

やぁ~シャーク団のきょろだきょろ♪みんな元気にしてるきょろ?

花粉の時期がおわったかとおもったら、もう梅雨入る入らねぇの話に

なってるきょろぬぅ。

全く参ってくるきょろ♪

 

さて、シャーク団では夜な夜な秘密兵器が開発されてたきょろ♪

 

そうそれは!

 

ミニ四駆だきょろ♪

そうTAMIYA模型が開発した80年代末~90年代に爆発的に流行った

四輪駆動のプチレーシングマシーンだきょろ。

 

シャーク団のともっくすもリアルタイムで初期のダッシュ四駆郎から

爆走兄弟レッツ&(エンド)ゴー!

 

 

といったミニ四駆の聖典を崇め奉ってたようらきょろ。

 

 

さて、何で「今ミニ四駆なんだ?」というと

きょろの宿敵とも言えるべくクマ界のバビロンともいうべきアイツが

ミニ四駆のサーキットで幅を利かせているという噂をききつけたんだきょろ(ΦωΦ)

そう!アイツの名は!

 

 

 

くまもんだきょろ!

熊本を陣地に、今や全国のお土産ショップにて、ご当地のゆるキャラを

押しのけ幅を利かせているアイツきょろ♪

この新潟でももちろんくまモンが侵食してきてるわけらろも
ここらできょろがお灸をすえてしんぜるきょろ!っと
極秘にきょろのマシンが夜な夜な開発されてたきょろ。

さすがにクマ界でてっぺんをとったアイツらっけ
一筋縄ではいかねぇ…下手したら逆にやられてしもぅきょろと
開発にはかなり難航したきょろ。
 

キョロマシ~ン

 

そしてベースになったのはシャーク団自転車部のきょろマシーン

BROMPTONの特性を踏襲してミニ四駆に落とし込まれたきょろ。

 

きょろが好む性能はスピードをそこそこに総合力で優れた

マシンを好む傾向にあるきょろ★

 

シャーク団ミニ四駆もそんな特徴を落とし込み開発されたきょろ。

そして完成したのがこれだきょろ♪

 

 

割とレッツ&ゴー全盛期の頃車体を踏襲したスーパーⅡシャーシを採用したマシンきょろ

どうやらライバルのくまモンと同タイプきょろ。

 

現代のミニ四駆の技術も採用してるきょろ♪バンパーは軽量かつ耐久性の高い

カーボン製のバンパーをつこてるきょろ、アルミローラーと

安定感を増すスタビライザーを装備してるきょろ。

 

 

モーター等の駆動部はトルクの強い「トルクチューンモーター」

ギアは最も速い「超速ギア」に準じる「ハイスピードギアEX」とやや

スピードよりの調整でややバランス型の調整になってるきょろ。

 

全体的なカラーリングはこんげらきょろ

 

サーキットを真紅に染め上げるべくきょろレッドのカラーが採用されたきょろ

なかなかきょろガチなマシンに仕上がった気がするきょろ。

 

 

果たしてくまモンと最強のクマの座はどちらの手に!?

近日くまモンとの直接対決が行われるきょろ((((;゚Д゚)))

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

やぁ~シャーク団のともっくすでつよ。

みんな元気にしてるかぬ?今日はシャーク団にまさかの切ないニュースが

飛び込んできまつた。

 

シャーク団初期にて探索した新潟県村上市の清風堂さんがどうやら

閉店してしまったようなのでつよ。

 

実はシャーク団で雪深まった時期に冬が明けたら清風堂さんに行こう!と

計画されてたのだぽぅ~。

 

そして、真っ直ぐ清風堂さんのチョコに向き合うべく

長い冬の間味覚を磨くべくチョコ修行を繰り広げてまつた。

その修業とは世界中のチョコを取り寄せてテイスティングを繰り返し

チョコの造詣を深めるといった物らぽ。

チョコホリックが過ぎてコンビニのやや高めのチョコでさえ満足できなく

なってしまうヤベェ状況にもなりつつ己の味覚を研ぎ澄ましてまつた。

 

今となっては食べられなくなって悲しい事この上ないろも

チョコの楽しさを教えてくれた清風堂さんへのリスペクトを込めて

修行の成果をレポしまつね。

 

 

みんなだいすきメリーのチョコ♪

プチレアな内藤ルネ限定パケらぽ。

 

 

続いておフランスのJean-Paul Hevin(ジャンポール エヴァン)のチョコらぽ。

ショコラティエの中でもこの名前だけは知ってるって御仁も多いと思うぽ。

ほんのり塩味の効いたキャラメル風味のタブレッツ。しっかり甘くてうんめねっけ。

 

ジャンポールエヴァンのマカロンらぽよ☆

チョコに比べるとコスパはいいかもらぬ♪

 

 

こちらもおフランス製ダヴィド・カピィの珍しいミルクジャム風味のチョコらぽ。

独特の風味が新食感らぽよ♪きょろも食べた事ない新しい風味に驚きの表情を

隠すことが出来なかったようらぽ。

 

こちらはベルギーのピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)のチョコらぽ。

ベルギーのチョコといえばゴデバが有名らろもベルギーチョコは

しっかり甘い物が多くて誰でもとっつきやすいかもらぬ♪

このパケの物の他にギュモーブのチョコもいただきまつた。

 

こちらは世にも珍しい削っていただくチョコ♪

フランスのjean-charles-rochoux(ジャン・シャルル・ロシュー)のカルーセルチョコ♪

口の中でフッと溶ける繊細な味わいは唯一無二の存在らぽ☆

 

ポルトガルのショコラタリア エクアドルのタブレッツ♪

中に入ってる濃厚キャラメルガナッシュは絶品らぽぅ~。

ガツンとくる甘さがクセになりまつ♪

 

世にも珍しいQuernons(ケルノン)のブルーチョコレートらぽ。

この青い色はフランスの ロワール地方の町アンジェ の町並みの屋根瓦が

モチーフになってるんだそうられ。

ショコラブランのような甘めの味わいに中にはカリカリのヌガティンが香ばしくて

やめらんねぇぽぅ。

 

 

 

 

アメリカの Compartes chocolatier(コンパーテス)のチョコ

一つだけ激辛のチョコが入ってるというロシアンスカルでつ。

一つ一つ味わいが違うのが楽しめまつ。

ハリウッドセレブに愛される高級チョコの老舗で髑髏がモチーフが有名なショコラティエらぽ。

 

 

第二回TVチャンピオンケーキ王選手権でケーキ王になったモリヨシダの

タブレッツ。穀物が含まれてて朝ごはん用チョコのようらろも、

高い朝ごはんになるぽ☆

今ではモリヨシダさんもパリの人気のショコラティエらぽ。

 

上はSébastien Gaudard(セバスチャンゴダール)のタブレッツ♪

左からイボアール(ホワイトチョコ)、

ナッツやドライフルーツがあしらわれたノワール(ブラック)

キャラメリゼされたイボアール(ホワイトチョコ)

 

 

フランスのMichel Cluizel ミシェル・クルイゼルのイワシチョコ♪

オイルサーディンの缶詰モチーフというかなりゆるいヴィジュアルにも関わらず

味は本物だけに全然ユルくないんだぽ☆半額で1,500円…本物のイワシより高いぽ♪

濃厚なミルクチョコ♪誰もがしっかり美味しく感じるクセの無い味わい♪

 

ベルギーのDEBAILLEUL (ドゥバイヨル)のチョコ♪

紅茶モチーフのパケとチョコのプリントが素敵な見て楽しめるチョコレート。

一番大きい↑のサイズは何と中央にバレンタイン限定味の焦がしナッツの

風味のホワイトチョコが♪数千円する一番いいチョコに一つだけよりによって

一番うんめぇ味入れてくるのがあまりに罪深いっぽぅ~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

フランスの老舗紅茶店Maison Nina’s(ニナス)のタブレットチョコ。

ニナスはバラのフレーバーが香るマリーアントワネットの紅茶があまりにも有名らろも、

紅茶専門店らしくこのカカオ70%のノワール(ブラック)のタブレットはほんのり

バラと林檎のフルーティな香り酸味のあるカカオとマッチしてもつ。

ベルギーのDelReY (デルレイ) のボンボンショコラ♪

こちらはきょろへのお供え物らったわけらろも、4つでなかなか良いお値段らったろも、

きょろ曰く奇をてらってない正に王道のベルギーチョコらろも、すんげぃクオリティが

高くて、シンプルながらキッチリ美味いチョコを選ぶならデルレイオヌヌメとの事らぽ。

ベルギーチョコのお手本とも言えるチョコとの事らぽ。

 

 

いやぁかなりチョコをめぐるお取り寄せの旅をしたろも、

一番食べてかったにも関わらず幻になっちゃった清風堂さんのチョコ。

この後悔をしないために素敵チョコ店はもっと早く攻略せんばらぬ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。