シャーク団のレトロ空間見聞録

「美味しいレトロなお店を紹介するブログでつ」


テーマ:
おぶせ牛乳焼きドーナツ
第6回おぶせ牛乳焼きドーナツ

 

やぁ~シャーク団のともっくすらぽ。

みんな元気にしてるかぬ?気づけばもう10月らぽぅ~一年って

はやぇもんらぽぬぅ~。ともっくすは長野県の牛乳パンを求めて

長野まで再リベンジしてきたわけらろも、今長野の者は栗に夢中で

牛乳パンどころでねぇみてぇらぽ。

「栗おわらん限り牛乳パンやらねぇわぁ」とサクっと一蹴されまつた。

 

さて、今週もゆるパケアワードの時間がやってまいりまつた。

ザコのともっくすが古今東西のレトロゆるいパッケージの物を仕入れ、

シャーク団の幹部のきょろらが「ゆるパケアワード」の受賞をジャッジする

謎コーナーぽぅ。

 

今週ノミネートされた魅惑のゆるパケアワード受賞アイテムは!

 

ジャン!!!

 

おぶせ牛乳焼きドーナツらぽぅ~~♪

ドンドン、ヒューヒューパフパフっおんぷ ラッパ

おめで㌧ございまつ☆

 

このオブセ牛乳は 昭和25年 から信州オブセキッズ達の

カルシウムを満たして来たオブセっ子のソウルフードらぽ。

濃く深い味わいのオブセ牛乳を生地にふんだんに練り込んだ

ミルクたっぷりのドーナッツでつよ♪

 

さっそく、このオブセ牛乳焼きドーナツの

ゆるぱけアワード受賞の決めてをニョロらに

聞いてみっぽ。

 

きょろ達

「どーもね、やっぱこのドーナツは何といっても

あのふてぶてしい小僧がアイツにそっくりらっけぬ。

さすがのきょろもアイツの擬人化イラストらとおもったわぁ」

 

さて、ともっくすが解説しるぽ。

きょろはあのふてぶてしいオブセ小僧(仮)に彼の面影を見たようだぽ。

 

その名はピ~氏らぽ。ピ~氏はシャーク団の裏に暗躍した

豊満わがままボディのぬこ(っぽい生き物)だぽ。

↑のようなポーズでふてぶてしい態度でじっと見つめる様子は

正にオブセ牛乳のアイツにそっくりでつ。

 

 

ちなみにぴ~氏のソウルは「ぴよ~ん」に受け継がれてまつ

こちらもなかなか態度でっけぇでつ。

 

それではオブセ牛乳焼きドーナツを試食してみもつね♪

パクっ、フワっとした食感で甘くてうんめぇぽぅ。

そのままいただいてもうんめろも、おぶせ牛乳に軽く浸しても

絶対うんめぇぽぅ~☆

 

オブセ牛乳はどうやら、オブセっ子には学校給食に出たりとおなじみみてぇられ。

ともっくつは残念ながら見つける事ができねかったんろも、

オブセ小僧(仮)がデザインされた伝統的な牛乳びんの牛乳もあるようらぽ。

GETできねかったのが悔やまれる所らろも、牛乳パンリベンジの暁には

必ずやオブセ牛乳もGETしてやっぽ。

 

いやぁ~受賞おめでとんございまつた。

幹部達もかなり気に入ってるようらぽ。

ぜひみんなも食べてみてぬん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

やぁ~シャーク団のともっくつでつよ♪

みんな元気にしてるかぬ。

 

今日はシャーク団夏の行楽柳都新潟ふらり旅にやってきたぽよ♪

先日斎藤邸でであった新潟の街歩きのの方とふらり古町街歩きの旅にでかけたっぽ☆

ブラタモリでタモさんを案内したガイドらすけぬ、濃密な楽しいツアーに

なりそうらぽぅ♪

 

本日は「なぁが好きそうなマニアックな特別コース連れてくれ」って事で

シャーク団特別コースを案内してくれたぽ☆

通常コースを外れたプチイリーガルなルートらすけぬ報告日誌にそのまま

書くのはギルティなマニアックルートなんだそぅな、ワクワクでつね(´∀`∩)

まずは、街の中心地本町通りの人情横丁からスタートらぽ♪

ここが橋の跡でこの辺一帯が堀だったとか信じられねっぽ。

蕗谷虹児の絵も西堀通りの絵が堀の風景らろもずいぶん変わったのぬん。

 

こちらの写真がブラタモリでも出てきた橋の跡らぽ。

テレビで出てからこの橋の跡を撮りに来る人も多いんだとか。

この人情横丁は堀を埋めた時に生まれた新しい商店街だったんだそぅられ☆

 

ほんでは旅の無事をハクリューの神社に参り祈り出発ぽ♪

人情横町の神社はガチで白竜の神様を祀ってるんろもポケモンの

ハクリューが飾ってある摩訶不思議な神社ぽ。

 

さて新潟の町は道路の向きで名前が「通り」と「小路」にわかれもつ☆

横の道はどんなに太くても「小路」縦の道はどんなに細くても「通り」と言われるぽ。らすけ、今いる所が小路か通りかで方角がわかりもつ☆

そんなこんなで、小路を色々歩いてみっぽ。

こんな所通れるのけ?って小路をズンズン進んでいくぽ。

昔ながらの風情のある通りが度々見られもつ♪

 

 

ちょちょいと歩くと石畳の雅でステキな通り発見らぽ。

この通りは古くから古町の芸者さんのいる格式高い通りらったらしいれ♪

パンピにはちょっと敷居高い店いっぺあるろも、歩いて雰囲気楽しむにも

いいねっけ♪

 

古町は東京 新橋、京都 祇園に並び三大芸姑と言われてるんだぽよ。

んらろも、新潟の芸者は良心的らっけ一見さんお断りではねぇぽよ☆

誰かの紹介がなくても芸者遊びが楽しめまつ♪

 

ともっくすも来るべき舞妓とガチで投扇興バトルするべく

今のうちに腕磨いておかんばらぽ。

 

こちらが、新大の教授らが俳句を詠みあった事で知られる料亭でつ。

他にも舞妓が営業に行く時必ず挨拶に行ったお店やら、ちょっとした店でも

色々な曰くがあっておもしいぬ♪

こちらが舞妓さんのお家?でつ。

ここで日々芸の腕を磨いてまつよ☆

ちなみに舞妓さんは今法人化してて立ち位置としてはOLみてぇなもんなんて♪

 

フラフラ古町を歩き、ちょっと下町のほうへ

「この家漫画家の○○○○子の実家られ~」

「ここは旧財閥のビルらわ」などなど新潟マニアック情報を

事細かく教えてくれて、新潟豆知識がすげぇぽワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

ほんとガチで尊敬らぽぅ~♪

 

ちなみにこの寺院もやべぇ逸話があるみてぇられ。

どれどれと中を除くと・・・そこにはトンデモないものが!?

でで~ん♪亀がっ!この内山家の亀夜な夜な暴れるという噂が絶えず

上に石を乗っけて亀を封印してるらしいぽよ。

夜こっそりとともっくつが石の封印を解きにくると

亀が暴れ出すようでつ。何気に町の片隅にとんでもない物が封印されてるもんらぽ。

 

さて、人情横丁が前後堀を埋めて生まれた商店街らったろも

こちらも昭和の趣が強く残る、居酒屋が立ち並ぶ長屋ぽ。

こちらは堀の所で営業していた屋台などの小さなお店が

堀が埋められた際にここに集められたらしいぽ。

 

「ミドリムシのちから」の看板が最近貼られたろもこの広告が無かった

方がレトロ的に趣深かったぬぅ。

 

 

しばらく歩くと意味深な祠が。

こちらは海難事故にあった人達を供養するお堂が作られたようでつ。

ウミガメの甲羅が飾ってありもつ。

この辺は海の町らっけ海にまつわる碑がいっぺあるぽぬぅ。

大野畑公園の脇の新潟市美術館、この美術館の隠れた楽しみ方♪

美術館の庭にあるオブジェは無料で見られるぽ☆

中にズンズン入っても大丈夫らしいぽ。

 

公園の中はかつて新潟にあった堀をイメージして作られてるようでつ。

 

 

さてさて、「物見山に登るろ」って事で物見山にやってきたぽ♪

この山から海を見張ったようでつよ♪

全国でも海を監視する物見山は数多くあるみてぇらろも、

「物見山」を名乗ることが許されるにはルールがあるようでつ

 

「↑の「住吉様」が奉ってある」

 

「船からの目印になる松が植えられている」

 

「方角を示す方角石がある」

 

この3つが揃って初めて物見山を名乗る事が許されまつ

そこから海の方へ少しあるきもつ。

ガイドさん坂がの風景が凄く好きという事でとっておきの場所に

連れてってくれまつた。

 

坂といえば、タモリ様も本を出す程坂が好きなワケらろも、

ブラタモリのオフレコでもガイドさんと坂について話してたんだそうな。

そんなタモさんをを唸らせた新潟を見下ろす坂の風景がこちらだぽ。

 

微イレギュラーゾーンって事であんま普通のお客さんには教えない

特別な場所をシャーク団に教えてくれたぽ☆

ありがてぇ、ありがてぇ♪

 

とぼとぼ歩いてると、斎藤邸に到着らぽぅ♪

今日は寄らないんろも、かなりステキ空間らぽぅ(´∀`∩)

 

庭園がすっげぃいい感じらろも、ガイドさん曰く紅葉すると

やぁべぇらしいれ(^^)

 

そしてシャーク団ツアー限定のレアなロケーションぽ♪

入場料を払ってもたどり着けない斎藤邸の特別な場所があるんれ☆

という事でマル秘な場所を教えてもろえたぽよん♪

瓶を石垣にしてたりで、ちょっとおもしいぬ♪

 


そして、旅はいよいよ終盤、地獄極楽小路ぽ。

ムショがあったことからこの名前がついてるぽ☆

 

入り口がそのまま残ってたり、建物に当時のレンガが使われてたりで

今でも当時の風景の面影が残ってまつ♪

 

 

どっぺり坂に戻ってきまつた。古町で現を抜かすと落第するろと

学生への戒めからつけたユニークな名前♪

ちなみに隣のビルは異人池ヒルズというビルらろも、昔ここに

泉が湧いてたようで、その名前が異人池と言われてた事からきてるらしいぽ。

 

突如泉が湧き出して、今は枯れてしまったという事で、

いまは当時の名残のレプリカということで人工的に噴水で

プチ再現されてまつ。

 

 

いやぁ~

そして旅のしめくくりはネクストの展望台で新潟の町を一望

本当にあっという間の濃厚な2時間半♪

新潟市ってすげぃ楽しい所らと再発見するとても有意義な時間らったぽ。

他の町編も楽しみでありんすぬ。(´∀`∩)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

やぁ~シャーク団のともっくすでつよ♪

みんな元気にしてるかぬ?ヾ(@°▽°@)ノ

いやぁ~急に寒くなってきたねっけぇ。

ともっくすは暑がりらっけ、家らと半袖半ズボンらろも

みんなは風邪ひくなぬぅ~♪

 

さて、とある日ともっくすは新潟市内を数時間歩きっぱらったわけらろも

以前からシャーク団でも攻略しなければならないと言われていた

レトロホットスナック屋さんに突入を結構したぽよ♪

 

その名も「たこまる」さんぽぅ~♪

新潟市中央区の学校町にあるレトロで味わい深いたこ焼き屋さんぽよ。

シャビーチックな佇まいから、シャーク団でもなかなかの難攻不落の城と

言われたお店らぽよ♪

 

味わい深い手書きの看板がかなりいい味出してるっぽぉ☆

ちなみにたこまるさんは夜の営業のみらっけぬ、

主に日中を活動をしているシャーク団にはジャストタイミングに

見舞われなかったのよぬん♪

そして、いよいよ営業中でたまたま立ち寄れるタイミングぽ。

これは行くしかないっぽ♪

 

外から見るとそこら中に張り紙沢山らぽぉ~。

独特の味わい深い外観がそそりまつ♪

それでは、ゆきまつね♪

「ごめんくださ~い」

 

入り口は昭和なホットスナックコーナーな雰囲気らぽ。

とんねるずのキタナシュラン的(ほめ言葉られ(´∀`∩))な長年

使い込まれた機材がいい感じぽよ。

使い込まれた仕事道具はかっけぇっぽ。

 

さてさて、何いただこうかぬん♪

タコヤキチーズ入りとお好み焼きやきそば入りをいただきもつね♪

大将がお好み焼き作ってくれるスタイルらぽ。

銭出して作るとかメンドイという御仁も安心らぽよ♪

さてさて、お店に入ると、独特の雰囲気に圧倒されもつ♪

 

店内には色々な雑誌の切り抜きぽよ♪レトロな雰囲気はこの辺から

醸しだされてるんかやぁ。

中にも切り抜きは新潟のアイ㌦の切り抜きがいっぺあるようでつ。

「なぜこんげアイドルの貼り紙が!?」

気になってムズムズするっけ大将に聞いてみっぽ☆

どうやら、お客さんにガチのアイドル好きがいるようで

そのお客さんがくれるんだそうな。

大将も嫌いではねっけ貼ってみるみてぇぽ。

お客さんから「ライブいこうれ」と言われるんろも

「ライブ行くまでは好きんねぇんよぬ」と照れてまつた。

NGTの○○って子新潟商業の子らとか謎知識を色々教えてもろとぅ。

 

店内には漫画の蔵書も沢山♪スナック菓子も50円であるっけ飲みつつ、

ダラダラもいいかもしれんぽぬ♪

店内のメニューには大将?直筆のまろやかなイラストが堪能できもつ。

さて、じゅーじゅー焼けるのを待つこと数分ついにお好み焼きと

タコヤキが完成らぽ♪

肉や魚介がなかなかいっぺ入っててボリューミーでうんめぇぽ。

ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

なかなか腹持ちもガッツリでいいねっけ。

 

そしてタコ焼き~♪こちらは今風のカリカリ系じゃねぇて

昔ながらの素朴なフワフワ系らぽ♪飾らない感じがこれまたうんめぇだぽ☆

いやぁ~、店主の人も話し好きな人でなかなかおもしぇ一時らったぽ♪

きょろらも後にこのタコとお好み焼きを見てかなり気になってる様子でつた。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。