瀧マキのバラ色の人生を生きよう!

女優を目指すバビーの日々。

NEW !
テーマ:

先日何回かに分けて、去年亡くなったMさんの追悼ビデオ作成のブログを書いていましたが、完成してYou Tubeにアップされています。

ここね! 見てね!!

FBには書いていたのですが、ブログに書き込むのが遅れました!

 

こんなふうに送ってもらえるのは理想だな。

Mさん、よかったね。

K監督、がんばろうとしてるよ。

私たちもこうやって送ることが出来てよかった。

 

人には必ず終わりが来ます。

いつ終わっても悔いの無いように生きたい。

 

そういえば、先日のシネストゲストの安井ひろみさんがおっしゃっていましたが、人間は自分で終わりの時期を決めてしまうから70代や80代で亡くなってしまうんだとか。(ノ゚ο゚)ノ

(事故や病気は別でしょうけどね。)

それが無ければ、人は120歳まで生きられる寿命を持っているのだとか。

ほんとか~~???

 

Mさんはガンだったんだけど、本当に亡くなる直前までがんばっていました。

彼女の言葉に心をうたれます。

うん、めぐみん、よく頑張った!!

 

「頑張りたくても頑張れない時を恐れて、頑張んないなんて、、、ばかでしょ。」

“Although you want to do your best, because you fear that you can't do your best you don't do your best.....such a thing will be stupid.”

 

IMG_3638.JPG

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

むかし私が中学生だった頃、祖母が外出先で見かけた少女が、髪に挿していた赤い櫛がとても可愛くて、見ず知らずの彼女に売っている店を聞いて、私に買って来てくれた。

幼い少女だった私は、そのころ髪が強いストレートで、挿してもスルッと落としそうで、その櫛が上手く使えず、試してはみても、着けて出掛ける事は無かった。

何十年も経って、何故か髪がカールして来て、アップにした時などアクセントになり、最近やっと上手く使いこなせるようになった、赤いプラスティックの櫛。

 

チープだけど暖かい気持ちになる、おばあちゃまの想い出。

 

 

去年台湾で撮影した時も、小道具で使ってみました。

中学生用に買ってもらった櫛を今この年で挿しちゃうなんて。。。。だけど、ま、許して。

でも、どんだけ長持ちなんだー、私!

 

IMG_3866.JPG

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の『岡村洋一のシネマストリート第二部のゲストは、マルチなお仕事の安井ひろみさん。

何だか私と考え方や生き方が似ているような、、、と勝手に考えてしまいました。

人間、ポジティブに楽しい事をキャッチして明るく幸せに生きて行こうと努力しよう。

本当にアンラッキーなことももちろんあるんだけど、大抵のことは気の持ちようで明るく生きて行ける。はず。

IMG_3783.JPG

 

今日瀧マキ種マッキーでご紹介したのは『夜空は最高密度の青色だ』ですが、ここに描かれる自分自身を信じられない若者達に安井さんのお話を聞いてもらいたい。

 

私もむかし、自分が認められず世界を信じられず、、、そうだったけど、人生は長いんだから(今となってはそれがわかる)、答えを急がずにしばらく引き出しにしまっておいて、必要な時に引っ張り出せば答えが見つかる時が来る。

今すごく辛くても、長く時を重ねると、この辛さが必要だったんだと思えるときが来る。

あせらずゆっくり、人生をたのしんで生きようよ。

この世にいられるたった一度のチャンスなんだから。

 

ここで会えたメンバーも、世界中の何十億もの人の中でめぐり合えた奇跡に感謝。

IMG_3795.JPG

 

IMG_3794.JPG

 

あぁ、今日も楽しかったと一日を終えられることに感謝して、明日もがんばりましょう!

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週4泊で、沖縄に行ってきました。

宜野湾マリーナから、カタマランに乗せていただいて、慶良間諸島へ。

ピーカンではありませんでしたが、かえってあまり日に焼ける事も無く、でもしっかり泳げて最高のバカンスを過ごすことができました。

IMG_3636.JPG

 

ゴムボートに乗って、小さな島に渡りました。

ガヒ島とか言ってたかなぁ、無人の小さな島で、きれいな真っ白な砂のビーチがあり、貝を拾って遊び、いじゃかじゃ島(伊釈迦釈島?)の周りには、トロピカルフィッシュが泳いでいました。

とにかく水がきれい!!

この画像よりもっと濃いきれいな色でした。

ホントにエメラルド。

IMG_3524.JPG

IMG_3632.JPG

渡嘉敷島にも寄って一旦下船しましたが、あまり人がいませんでした。

(^~^)

あの辺りのコバルト色の海は慶良間ブルーと呼ばれ、美しいことで有名なのだそうです。

 

 

途中、ひこうきと呼ぶ、ロープに魚を捕まえるパタパタするものが付いている釣り道具をを船に引かせていたら、ちゃんとカツオが釣れました。

 

シェフが船のキッチンで、早速タタキにしてくれました。

おいしかった~~~

IMG_3634.JPG

貝も食べて、しあわせ。

IMG_3529.JPG

 

キャプテンサンタそっくりなキャプテンと。

IMG_3540.JPG

 

メンバーはクルーも入れて総勢15人、、、だったかな。

IMG_3541.JPG

 

いつもは自分たちで操舵している元気なシニアヨットマンのペアs+ヤングガールが、今回の旅では、クルーに全てお任せして、昼間から飲んで食べて遊んで、最高にラグジュアリーな時間を過ごすことができました。

 

ビーチで拾ったハート形に穴が開いたサンゴでペンダント作った!

結構お気に入り。

IMG_3776.JPG

IMG_3774.JPG

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は古新さんの、バースデーと中小企業庁受賞のお祝いパーティにお邪魔しました。

古新さんとは、先日のニュー八王子シネマ閉館記念?上映で、少し前の作品ですが、ずっと観たかった捨てられるペットやその里親制度について考えるドラマ&ドキュメンタリーのコラボ作品、『ノーヴォイス』を観にいき、映画館で久しぶりにお会いして、今回のパーティに声をかけていただきました。

古新さんは、「生きることの意味」「幸せとは何か」「命とは何か」を積極的に伝える教育にも携わっていて、今回のパーティにも、映画や音楽関係のみならず、政治、教育、出版他、様々な業種の方々が集まり、彼をお祝いしていました。

そしてみんな、ポジティブな人ばかり!

 

古新さんと中野の議員さん。

IMG_3382.JPG

 

私も以前、友人のライター、みなとかおるさんの『いつまでも一緒だよ』という、ペットロスから里親制度を知って、新しい犬を家族に迎えるという作品を朗読しました。

今年の初めに亡くなったハナも、置き去りにされた子だったし、今いる猫のナナちゃんも、地域猫の会での保護猫です。

2匹とも、本当にいい子で、ウチに来てくれて心から良かったと思っています。

私も、このペットの里親制度がもっともっと身近になってくれるといいと思っています。

 

古新さんが、「犬猫を幸せにできる社会は、人間にとっても幸せな社会」と 信じていると言ってますが、本当にその通りだと思います。

 

今回刺激を受けて、私もまた、微力ながら、殺処分ゼロに向けて何か協力したくなりました。

またどこかで『いつまでも一緒だよ』を演ろうかな。

 

でもやはり、一番大事なのは、まずはその受け皿となる人間の教育ですよね。

人の命を大切に出来る人は、犬猫の命も大切に出来るはずですから。

 

いろいろ難しい問題が、世界中で起こっていますが、人の気持ちを考えられる思いやりのある人間が増えていけば、世界中が幸せになるのではないでしょうか。

愛こそ全て。

IMG_3385.JPG

(パーティ参加者の作った金のバラ。ご利益ありそう?)

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『岡村洋一のシネマストリート』のページが更新されました。

 

3月の瀧マキ種マッキーでご紹介した、オーストラリア映画『ライオン』がアーカイブに公開されています。

(YouTubeで観られます。ライオンは36秒あたりから)

今回は諸事情のため、瀧マキ種マッキーは、一部の最後でやらせていただきました。

『ライオン』は今週金曜日、4/7から公開です。

こんなことって実際あるんだ!!という実話にもとづいた作品、お勧めします。

ネタバレになるから言えないけど、ぜーんぶ観終わった後。。。。えーーーっ!!あぁーーー、、、、うっ、誰かと話したい!!(´ε`;)

 

ところでシネストではやりませんでしたが、現在公開中の『ラビング』もお勧めです。

こちらも実話にもとづいたお話。

アメリカの白人と黒人のカップルは、つい50年前までは婚姻を許されていなかったのです。

その二人の愛と熱意で異人種間の結婚が合法化されるまでを描いたお話。

なんとその二人のラストネームが、偶然、Loving。

すごく象徴的ですね。

そしてタイトルロールが流れる時にまたまた衝撃の事実が!

人生は残酷です。

映画はハッピーエンドです。

是非、お勧めします。

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

IMG_3332.JPG

フレンチトースト、大好き。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

KさんとMさんの出会いは、間違い電話からだったそうです。

間違い電話で全く知らない人同士がなぜか意気投合し、実際会って、そして人生を共にする事になる、なんてドラマのような展開が本当にあるんですね。

 

共に歩んでいた二人のうちの片割れが、残念ながら先に彼の地へ旅立ち、もう1人はその哀しさからなかなか立ち直ることが出来ませんでしたが、彼女の願いは、彼が頑張ってクレヨン社の曲を大勢の人に知ってもらうことなのです。

半年が過ぎて、彼はもう一度彼女を応援することにしました。

 

そのドキュメンタリー作品のタイトルは『(名前)---! ファイトーーーーーー!』です。

私たち出演者も、彼と彼女に力いっぱいエールを送りました。

 

私は撮影に、Mさんの形見としていただいた着物を着て行きました。

Mさんが大事にしていたお着物、私が大切に着させていただきますね。

IMG_3325.JPG

 

これからも、Mさんの夢を叶えられるように私たちも頑張ります。

私がメンバーと一緒に、このいただいた着物を着て、力いっぱい歌ってきたのは、クレヨン社の『夕映えのグランド』(← 一応どなたかがアップしていてYouTubeで見られます)

 

時が流れても

遠く離れても

ゴール目指すなら

決してあきらめるな

友よ見えてるか

君の輝く日々

友よ

 

どうぞ、Mさん、見守っていてくださいね。

K監督の作品の編集、完成に期待しています。

そしてこれからの活躍にも。

 

たくさんの方々に観ていただける日が来る事を心より願っています。

 

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Mさんが時々咳き込みながら助監督を務めていたのは、福井夢アートの招待作品として提出すべく制作していた、政治の闇を盛り込んだ作品で、K監督には珍しくシリアスなものでした。

私はそこで初めての二役で、初めての政治家役、監督の要求に応えたいと緊張していたのを助けてくれてアドバイスしてくれたのはMさんでした。

 

撮影時、夢中になって、時おり(ほんとに稀にですが)声を荒げてMさんに指示を与える監督を見て、彼女には本音をぶつけられる、本当に信頼しているんだなぁと感じたのを覚えています。

彼女は足を引きずり、動きが機敏ではありませんでした。今思うと。。。

そして音声を採っている時なのに、我慢していても思わずこぼれ出てしまう咳。。。

辛そうにはしていませんでした。

きっとすごく耐えていたのだと思います。我慢強い人でしたから。

 

だから、10年もおとなしく身を潜めていたガンの再発だったなんで、誰も思いもしませんでした。。。

 

元気だった時、Mさんは私に何度も言いました。

「私はもう一度、Kさんの音楽を世の中の人々に聴いてもらいたいの。その為に頑張って何でもしたいのよ。」

MさんはKさんの一番のファンだったのです。

Kさん達のクレヨン社というデュオは、今聴いてもまったく古さを感じさせない人生の応援歌的な歌がたくさんあって、私ももっとたくさんの人々に聴いていただきたいと心から思っています。

 

クレヨン社で好きな曲はたくさんありますが、私が特に気に入っているフレーズは、「君の翼」の中の「二度と帰らない時が廻る。輝く未来、君がつくる。あきらめないで、好きなことは。自分の力、信じていて。」という歌詞。

何度もくじけそうになることはあるけれど、この曲を聴くと泣きそうになります。そして力が湧いてきます。

Shunnの君の翼

 

Mさんは、再発を知ってから意欲的に治療に取り組みましたが、気づいた時は既にかなりのステージまで進んでいて、最後まで頑張りましたが、昨年の9月半ばで力尽きてしまいました。

彼女のメモに「頑張りたくても頑張れなくなった時を恐れて頑張んないなんてバカでしょ」とあったそうです。

「頑張る」という言葉に傷つく人もいると、その言葉をときには躊躇していましたが、Mさんのメモで、私も吹っ切れました。

頑張れなくなる時まで頑張るんだ。だってそれしかないじゃない。

 

Mさんは言葉通り、最後まで諦めず絶対に治ると信じて頑張り続けました。

残念ながら、昨年の9月に命の焔は消えてしまいましたが、頑張れなくなるまで頑張ったという事は、有る意味、命を最大限有効に使い切ったのではないでしょうか。

 

Kさんも私達も喪失感はありますが、Kさんは今やっと「受容」の時期にたどり着いたようです。

やっと、動き出す決心をしました。

Mさんの撮っていたKCGの映像も採り入れ、新たに素材を作り、天国のMさんに、延いては病気の人に、残された人に、エールを送る作品を作り始める事にしたのです。

 

(も少し続きます)

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう何年になるんだろう。。。

川口在住のK監督が自主映画を撮るため役者を探しているということでオーディションに参加したのです。震災の後でした。

そのときKさんは、自分が福島出身なので、今こそ感情論だけでない福島県民にしか撮れない、震災を扱った作品を作ろうと決心したのでした。

それは、彼の持ち味のコメディタッチを散りばめつつ、社会への、批判では無いけれども有りのままの現実提示、そして人への暖かい眼差しが詰まった作品で、私は原子力の必要性をプレゼンするインチキアメリカ人講師を演らせていただきました。

 

その『いつも心に太陽を』という作品は、時間の関係で私の出演シーン他をカットして(´_`。)『ランチボックス』とタイトルを変え、短編映画祭(あつぎ映像コンテスト)で入賞しました。

 

彼はもともとミュージシャンですが、自分の思い通りの作品を撮るため映画は全て自主で、役者ばかりではなく演技の出来る一般の方々を見つけ出して映画を制作し、いくつかの映画祭で賞を撮っている才能あるオジサンです。( ´艸`)

そんなKさんの隣りにはいつも、控え目だけれど頼りになるパートナーのMさんがいました。

 

かつて人気のあったデュオの1人でもあったKさんは、音楽の仕事を続けながら映画やドキュメンタリーを作っていて、ここ何年かは、川口の奥様達で結成するKCGという名のコーラスグループが、紆余曲折を経て、普通のオバサンからセミプロに近く成長して行く姿を追って行こうと、終わりの見えない(笑)ドキュメンタリーを制作中でした。

私も、前述の映像作品の後、KCGと年齢も近いし、馴れ合いではなく意見の言えるメンバーが1人くらいいるのも必要だろうと誘われ、毎月1回アーティストのShunnさんが教えてくれるボイトレレッスンに参加していました。

 

彼をサポートするMさんは、誰よりも彼の理解者で、全てをこなす有能なスタッフで、本業で忙しいKさんの替わりにKCGのドキュメンタリーの撮影も行っていました。

打ち上げには、キッチンで美味しいお料理を作り、ニコニコと完璧なホステスに徹し、お部屋には花を絶やさず、いつお宅に伺ってもきちんと整頓されている、、、素晴らしいパートナーでした。

 

去年の春頃から、いつも明るく元気で頼りになるMさんが、腰が痛いと足をかばう歩き方をしたり、また咳が止まらず、時々苦しそうにしていたのを、私達はてっきり花粉症のせい?やっぱり年齢のせい?と思っていたのです。。。

 

(長いので続きはまた明日)

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は英語講師の日。

今日から新しく生徒さんが2人入ってくれました。

1人は元美術の先生で、よーく聞いたら大学が一緒でした。

すごい親近感。

 

私のレッスンは教えるというよりも、自分が英語を話す上でやりがちな失敗や、日本人だからこそわかるニュアンスの違いをお知らせする、本当に初心者向けのクラスです。

私が理解している欧米人の考え方とか受け取り方とか、ね。

 

例えば、日本人ってすごく謙遜する国民だから、何か得意な事があって自分でもなかなかだな、と思っていたとしても、他人には大したこと無いとか、まだまだダメだとか言っちゃう。

アメリカンだと、得意なのよ~とか普通に言う。Yes, I'm good at cooking !! とかね。

日本人があんまり謙遜してると、そのまま受け取って、「あら、この人、何にも出来ないのね。。。」と思われかねないから、謙遜もほどほどにしておいた方が良さそうです。

そして、よく、自分の子供でも、I'm proud of him.って言います。

自慢の息子なのよ~って。

 

今日入った方のお子さんが、外国でシェフをやってらして、この夏にそちらへ行くそうなんだけど、レストランのボスに、なんて挨拶したらいいかと質問されました。

日本だと「お世話になってます。ご迷惑をかけてないといいんですが。。」とか言っちゃいそうですが、

I really appreciate all of your support to my daughter. 

(娘にご支援いただき本当に感謝しています。)

I think she always do her best so I'm proud of her.

(彼女はいつもベストを尽くします。だから自慢の娘です。)

なんてどうでしょうね。

 

IMG_2411.JPG

I like her back eating absorbedly. 夢中で食べてるナナの背中が好き。

( ´艸`)

 

 

ポチッとよろしく♡ 役者(演劇) ブログランキングへ
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。