肌トラブルをリセットしたい!!

10万人を超えるスキンケアカウンセリングから得た結果が出せるスキンケア術をお届けします♪


テーマ:

祐真キキさんが愛用していふファンデーションの記事はコチラです♪

 

http://ameblo.jp/sukezane-kiki/entry-12251792559.html

 

私が日本のアスリートを応援するために開発したスポーツファンデーションですが、

女優さんはもちろん、メイクアップアーチストの方が使いやすいと愛用くださっています。

 

試合で汗をかくと顔が真っ赤。でも、ファンデを汗の上からつけるとムラムラになってしまう。

汗の上からつけられるファンデーションということで、試作を何度も行ってつくりました。

 

日本の女性が輝くように♪うふ

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ケニアでお仕事です。

 

曇りだったのですが、いざ出かけようと思ったら日差しがあまりにも強烈だったので、慌てて

UVプロテクトを取り出し、手足にしっかりつけて!

 

顔は曇りだからUVローションしかつけていなかったから、メイクの上からだけどペタペタしちゃいました。

 

もう、ほんのり赤くなってしまったような。

お願いしますUVプロテクトさま!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★スキンケア大学の美コラムに【シャレコ】の記事が掲載になりました!!
  
  
◎日焼け予防は前日夜から始まる!意外と知らないリカバリー法 です♪ 



紫外線予防は、UVカット剤だけつければいい!!と思っていませんか?

★日焼け予防は前日夜から

紫外線の影響を受けて、ウッカリ日に焼けてしまったとしても、
シミなどにならずに元に戻れば何も問題ないですよね?


ただ、皆さんもよくご存じのとおり、夏に真っ黒に日焼けしても
秋にはちゃんと元の肌色に戻ることができるのは、代謝力のある
20代前半くらいまでです。


年齢を重ねれば重ねるほど、肌色の戻りはどんどん遅くなって
しまって、秋が過ぎても冬が来ても、春になろうとしても戻らなく
なったりしてしまう方もいらっしゃいます。


さて、何故そんなことが起こるのでしょうか?


実は、多くの方がUVカットをつけるという認識は高く、十分に
ケアをされてはいるのですが、紫外線対策が前日から始まるという
のをご存じない方がとても多いからだと考えています。


私自身がソフトテニスの現役選手ということで、大会に出ると
次から次へと試合があり、汗を拭くのがやっとの中で、


UVカット剤の塗り直しする間もなく、ものすごい紫外線に当たり
続けなくてはいけなく、美容という仕事をしている都合上、
焼けても肌が元にちゃんと戻れるか?ということを常に意識して
きました。


そして、そのためには何をどうケアすればいいのか?ということを
日々試行錯誤しながら自らの肌でテストしてきたのです。
日焼け予防は前日夜から始まる!!


あれこれ試しているうちに、数年前に気づきいろいろな方へ
アドバイスしてきて、成果が出ている方法が(日焼け予防の徹底、
日焼けのアフターケアも大切ですが)日焼けの【ビフォーケア】に
オイルを使うというものです。


それは、オーガニックのマカデミアオイルにビタミンEでもある
トコフェロールを合せたスキンケアオイルを活用します。


これをすると、日焼けを最小限にとどめられ、もし焼けてし
まってもリカバリーが早くなります。


もともと、マカデミアオイルは、主成分がオレイン酸ですが、
パルミトオレイン酸という脂肪酸成分が、他のオイルより多
含まれているのが特徴であり、この成分は人の皮脂に近い成分で
あると言われています。


肌の弾力とハリに作用すると考えられています。なぜなら、
このパルトミトオレイン酸の分泌は、赤ちゃんの皮脂に多く、
加齢による皮脂減少ともに少なくなっていくため、老化と
関連が高いものだと考えられるのでしょう。


近年では、メディアに取り上げられて以降、ベビーマッサージ
にも利用されたりするくらい、やはり刺激も少なく、肌なじみが
良いものです。


ビフォーケアとしては、日焼けしそうな場所に行く【前日】の
洗顔はあまりしっかり洗いすぎないようにします。


皮脂を取り過ぎて、皮膚表面がカサカサな状態で、日焼けを
するとダメージが大きくなってしまうからです。


また、洗顔後にマカデミアのスキンケアオイル(化粧用に
精製されたものがいいでしょう。マカデミアナッツ油だけだと
ベタつきを感じてしまったり、毛穴づまりの要因になることが
あります。)を少量つけてから、保水性の高い化粧水を繰り返し
何度もつけます。


その後は、いつも使っている保湿剤を少し多めにつけて終わりです。


要は、前日からいいコンディションを作り込んでおく!!という
ことなのです。


★ビフォーケアをしていたけど、万一日に焼けてしまったら…


ビフォーケアをして、日焼け予防をしっかり行う。これをして
いたのに万一「焼けてしまった!!」ということが起きた場合には、
まずは肌を冷やして沈静化させてから、肌の1箇所の小範囲部分に
マカデミアのスキンケアオイルを薄くつけてみます。


つけた部分に赤みやむず痒さが出ないようでしたら、日焼けした
場所全部に薄くつけてから、(使う分だけ)冷やしておいた化粧水を
繰り返しつけます。そして、またスキンケアオイルや保湿クリーム
をつけておく。


これをしておけば、翌日は痛みや赤みが出ないで済みます。


ぜひ、日焼けはビフォア―ケアのオイル、当日の日焼け止め、
アフターケアの化粧水、この【3ステップの対策】を行って、
秋にはちゃんと元の肌色に戻れるようになさってくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
残暑でも日焼けはする!!


UVカット剤を顔につけて予防していてもなんだかうっすら焼けて
いるような?


やっぱり日傘か帽子は必須ですよね。



日傘でも最近はUVカット付きですし、色味もいろいろ出ています。


私はソフトテニスをしているので、各メーカーが出しているのが
何故かシルバー。





これって効き目あるのかな?と思いつつ、なんの気なしに使っています。


UVカットの機能付きの日傘の寿命があるのだそうですね。
だいたい2.3年だそうです。


物持ちのいい私は、5年前の日傘を使っていたけれど、効果なかったのかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)