肌トラブルをリセットしたい!!

10万人を超えるスキンケアカウンセリングから得た結果が出せるスキンケア術をお届けします♪


テーマ:
前回は保湿のコントロールについてお話をさせていただきましたキラキラ3


しかし、

『スキンケアでちゃんとお手入れしたのに、すぐに肌がつっぱる んです・・・・


という相談が、この時期とても多くあります。






肌がつっぱる理由は・・・


「水分が逃げてしまった!!」からだと考えられます。


えー、でも化粧水を何回もつけているし、肌がつっぱってきたらスプレーで吹きかけて補っています。

もちろんクリームで ちゃんとしてフタをしていてもつっぱるんですよ!!


とのお返事が返ってきます。



            

保湿剤をいくら増やしても、肌の水分が逃げたお肌は 「つっぱる」という感覚になってしまいます。

 
ここで、チェックチェックしなくてはいけない点がいくつかあります。




★乾燥スキンケアのチェックをする★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「最近肌のハリがなくなってきた」とか、「たくさんクリーム、乳液、
美容液、オイルなどで保湿しでもカサつきが治まらず、何をやっても
追いつかない汗」ということはありませんか?


このような肌のコンディションの状況は、肌そのものの機能が低下ダウンして
いると起こってしまいます。


カサついたりハリがなくなってくると「何かをつければ治まるはず」と
思うのが当たり前。



でも、つけて治まる、ハリが出てくるのは、カサつきや弾力が失い
かけた早い時期にだけ効果的であって、時間が経ってしまったもの
には、肌の根本から鍛えるケアが必要
になってくるのです。



--------------------------------------
保水力アップのためにすること
--------------------------------------


保水力アップのケアのポイントは3つ


1.肌の力を目覚めさせ、活性化させること
2.水を湧かせること
3.肌の貯水タンクを強化すること


1.肌の力を目覚めさせるには...              

 
私たちの皮膚はちょっとしたストレス(睡眠不足、喫煙、精神的
疲労など)によって肌の細胞活性機能が低下してしまうことがあり
ます。 


冷え性で血液の流れが悪く、足がむくみやすかったり、肩こり が
ひどかったりすると、肌の調子も低迷してしまうことが しばしば
起こります。


血液の流れが悪くなったり、リンパの流れが悪くなると、肌の新陳
代謝も悪くなるので、体の中で作られ皮膚に行き渡るはずの"潤い"が
すみずみまで行かなくなってしまう
のです。

             

保水力も減退してダウンしまいます。


★そこで大切なのが、血行促進を高めるケアで肌に力をみなぎらせ
保水力をアップさせることです。


残り2つのテクニックはこちらをどうぞ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)