2017年はどんな年になりましたか?

 

今年は、運の使い方としては、勤勉に学びを深めることで

来年飛躍の年を迎えるコスモスということだったので、

 

しっかり学びを深めた人は2018年はとても楽しみな年と

なりますね。

 

来年と言っても年の切り替えは

 

2018年2月4日からですので、

 

まだあと一ヶ月、間に合いますのでぜひこれから発展させ

たいと思っていることの情報収集、勉強などをスタート

させておくといいですね。

 

私は、いろいろな開発をしていますので、それが形にして

いきたいと思っています。

 

2018年は火メラメラのエネルギーが強くなる年となるので、

 

とくに紫外線晴れ予防剤や紫外線予防ファンデーションの

大切さをしっかりお伝えして、

 

美白づくりを応援したいと思っていますベル

 

只今、人気急上昇でベージュが品切れ中ですあせる

AD

ありがとうございますラブ

 

 アメブロ公式#敏感肌ブログ シャレコクレンジングが2位にベル

 

敏感肌、乾燥肌でお悩みの方々にお役に立てて嬉しいです富士山

 

 

https://www.shareco.co.jp/product/skincare-item/cleansing-cream-ad/

 

 

ロサンゼルスのセミナーのご縁を結んでくださった著者の中野博さんが 新作本を発売されます。

 

前回の「帝王学」からまだ間もない出版です。

 

「もともと占いサーチなんて怪しいとさえ思い、毛嫌いしていました。」という中野氏が、 占いの本質を理解して嫌いだったわけではなく、なんとなく占いに付着した一般的な イメージが嫌いだったと気づき、学び始めた『易経』鉛筆の説く世界観に魅力され、 そのイメージを大きく一新した一冊になったようです。

 

私は、占いはけっこう信じる方でしたが、でも当たらないおーっ!ことも多かったのは 事実でして、

都合のいいところだけ信じるという感じでしたドキドキ

 

ところが、会社を経営するとなると雇用しているスタッフとその家族に対しても 義務が生じますし、社会的な責任も出てきますあせる

 

占いではなく、このような先人の智慧のような統計学は、同じ誤ちを繰り返さないためにはとても 貴重な情報ひらめき電球なのではないか?そう考えるようになり、 時をつかむアップことをしてきました。

 

運気が下がった時ダウンは、本当に悲惨でした。そこにフォーカス目するからそうなるん じゃない?と

周りの人々に言われたこともあります。

 

確かにそのとおりかも知れませんが、私は自然と呼応して生きている気がしているので、 この運気というのはどうやらあると思うのです。信じられるのです音譜

 

運気というものを信じて、その運気を上手に味方につけたいかたはぜひ手に してみてはどうでしょうか? 強運を読む9code占い

美腹巻

仲良しの桜香純子さんがプロデュースした

ムック本「美腹巻」がアマゾンで49日間連続で一位だそうです!

 

お腹の冷え改善のためにと、リンパの流し方からセルライトの

研究して開発プロデュースされた本です。

 

ウエストシェイパー 美腹巻 お腹がやせる! 冷えなくなる! 便秘が改善! (講談社の実用BOOK)

 

この素材はものすごくて、ショップチャンネルでも何年もずっと人気商品なので、

ムック本で購入できるととってもお得です。

 

便秘に悩んでいる方はぜひお試しくださいね♪

 

 

カチカチ角栓くんとプニョプニョ角栓くん が肌に居座るワケをマンガにしました!

これらの角栓くんには、モイストプラスパックがなじんでくれて

さようならできます!

 

シャレコモイストプラスパック

 

人生のテーマの中で、一番多い悩みは「人間関係」と「お金」なんじゃないかと思う今日この頃。目


これまで自己啓発本は本当にたくさん読んできましたが、どれも似たようなことばかり。最近ではテクニックにも飽き飽きしてどの本にも新鮮さがないなーと思っていました。ダウン


そんな人も多くいらっしゃるんじゃないかな~と思います。


この本は「あ、これは何かちょっと違うかも?なんだか聞き慣れない言葉があっちこっちに出てきて、まるで玉手箱のような感じ。」


このとおりに出来れば、すべてを手に入れられるのか?って本気で思っています。


著者自身の体験談や失敗談が超リアルなのも、読んでいて親近感がわいてきます。


とても真面目で自分と向き合って必死に生きてきているんだなーと共感できる内容です。


自分は?というと、まだまだその域ではないけれど、一つ一つにちりばめられているヒントはとても新鮮なものもあるので、まずはそれを実行してみよう!と思う素晴らしい一冊でした。