1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月23日 18時47分39秒

2017鯖江を行くその2:北陸の味と人

テーマ:ブログ

この3日間で、たくさんの蕎麦を食べました。

北陸の蕎麦は大根おろしと一緒に食べる’おろし蕎麦’が一般的な食べ方とか。

どの蕎麦も特徴があって、とても美味しかったです。

そうそう、鯖江のライブラリーカフェの会場になるカフェでも、ご厚意で御蕎麦をいただくことができました。

噂どおりとても美味しかったです。

下の写真は、お昼にいただいたお店の蕎麦がきのぜんざいです。

思っていたより柔らかくてモチモチしていました。

お盆は蕎麦屋の主人のお手製です。

 

食べることといえば、王道は’越前ガニ’

蟹が今回の訪問の第2目的であったことは、いうまでもありません。

本当は、とても贅沢な懐石料理も堪能したのだけど、あんまり自慢すると僻まれそうなので、それでも極め付けの一つ紹介します。

どうです。堂々たる風格でしょう!

蟹は高いうえに、今までおいしい蟹に当たったことはなかったけれど、この蟹は、本当に美味しかったです。

懐には厳しかったけど、それだけの価値はありました。

懐石料理の締めに、水ようかんも出してくださいました。

福井では水ようかんは冬に食べるものなんだそうです。

人箱抱えて食べる様子がテレビで放映されたりしますが、本当に各家庭でそんな光景が見られるそうです。

地方色が無くなった今日でも、食の文化は残っているんですね。

 

そして、素敵な方にもお会いできました。

昨年、銀座で個展をした鯖江市図書館の館長だった前氏のご自宅までお邪魔してきたのです。

個展でいただいたプロフィールに武生出身とあったので、今回鯖江へ行くにあたり、お会いしたいラブコールを訴えて実現しました(笑)

前氏の創作に対する想いや図書館にいらした頃の市民に対する姿などもお聴きすることができました。

前氏は元々は小説家希望だったとのこと。

いただいた冊子には、自然に同化したような素敵な絵と文章が刻まれています。

冊子を2部余分に分けていただきました。

欲しい方は先着順で差し上げます。連絡くださいませ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月23日 15時25分46秒

2017鯖江を行くその1:かこさとしふるさと絵本館

テーマ:ブログ

鯖江市図書館で開催される’ライブラリーカフェ’を一度体験したいと思っていました。

館長が退任される前に行こうと、友達と思い切って出かけました。

もちろん、ライブラリーカフェだけで終わりはずがなく、いつものごとく脱線の旅となりました。

 

’かこさとしふるさと絵本館’は、鯖江の隣の武生市(今は合併して越前市)にあります。

一緒に行ったNさんが「だるまちゃん」の大のファンで、どうしても行きたいと今回第3希望の座をゲットしていたのです。

建物に入る前からお出迎えです。

もちろん、彼女は大興奮です。

入口は、

そして、中に入ると、こんなお出迎えが待っていました。

中の風景はこんな感じ。

お土産売り場も充実。そして、無料のカレンダーやお遊びグッズも持ち帰りました。

Nさんは、大満足の時間でした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日 20時35分58秒

2017年新年朗読会

テーマ:ブログ

1月18日から20日まで鯖江に行ってました。

20日は永平寺まで足を延ばしたものの、風邪を引かないかと内心気が気ではありませんでした。

実は、今日は、朗読会だったのです。

 

朗読は、カウンセリングの声の出し方に学ぶことが多いと誘われて、思い出したようにやっています。

だから、ちっとも上手にはなりません(笑)。

それでも、たまに非日常の世界に浸るのも悪くはなく、細々と続けているのです。

今回は、白洲正子の「花を活ける」を朗読しました。

私は、中学・高校と、お花とお茶のお稽古をしないと、月々のお小遣いがもらえなかったのです。

先生は、母。

嫌々ながらやっていたけど、今は懐かしい想い出です。

母の茶花を思い浮かべながら読みました。

テリー・ファリッシュ作、村上春樹訳「ポテト・スープが大好きな猫」を朗読するはずだったMさんが、朝になって熱が出たと連絡がありました。

病院に行ったらインフルエンザだったそうです。

とっても素敵な声で朗読するので、皆さんには聴いてもらいたかったなあ~

村上春樹がこんな絵本を翻訳するのも意外でした。

 

わざわざ足を運んでくれたKさん、Sさん、Uさん、楽しんでいただけましたでしょうか?

私以外は、みんな素敵だったでしょ!

よかったら、またいらしてくださいね。

自分で朗読するのもありですよ~

 

色々問題も多いけど、こんな楽しいことも探していけたらと思います。

鯖江の3日間は、明日以降にでもまとめますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月16日 19時24分05秒

2017年プチ新年会

テーマ:ブログ

今年に入って夜のお出かけは控えています。

喘息はかなり落ち着いてきたけれど、22日(日曜日)に朗読会があるため、用心しているのです。

と言いながら、、明後日から鯖江へ3日間ほど行ってきます。

鯖江の図書館で開催されるライブラリーカフェへ伺うのが目的ですが、もちろん越前ガニもスケジュールの中に入っています。

一緒に旅する友達は、最終日に、永平寺へ行くと張り切っています。

でも、寒いよね~

私だけが、ちょっぴり尻込みしています(笑)

 

そんなわけで、

昨日は、内輪の勉強会を午前中にして、みんなで持ち寄りのランチのプチ新年会をしました。

タッパーのままでは色気もないと、クロスを敷いたら、ちょっとだけ華やかになりました。

食べながらのおしゃべりは人の距離感をぐっと縮めてくれます。

今年もみんなと楽しい時間が作れればいいなと思っています。

みなさん、しっかり今年も遊んでくださいね~♪

 

中々ブログを書く気になれなかったのは、次男の体調が思わしくなかったからです。

今日は、いよいよ入院かと思いながら病院へ診察に行ったのですが、もう少し様子を見ることになりました。

私たち家族でできること、その覚悟を問われた一日でした。

病院から帰る途中のお宅の庭先に梅の花を見つけました。

我が家にも、いつか花咲く日がくると信じて。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月07日 11時34分42秒

今年も瑞巌寺から色紙をいただきました

テーマ:ブログ

今年も2011.3.11の震災でお世話になった、瑞巌寺の修行道陽徳院から色紙が届きました。

もう6年目になろうかというのに、ありがたいつながりです。

今回の色紙には、’忙中有閑’の文字が書かれていました。

(本当は縦に取りたいのだけど、どうもうまくいかないのです)

陽明学者で東洋思想家’安岡正篤’の「百朝集」に収録されている「六中観」の一句だそうです。

、’忙中有閑’とは、追い立てられている毎日の中で、ふっと転がり込む癒しの空間のことかと思えば、違うとのこと。

 

添付された文には、長い説明の後に、以下の言葉が書かれていました。

「煩悩で混沌とした現代社会を生き抜くには、柔軟性、実行力、独創性が必要なことは言うまでもないが、たとえばどんなに高性能の機械でも回転軸の中心がぶれていればエネルギーのロスが生じる。潤滑油が切れればオーバーヒートをおこす。

我々は自分自身の中心軸を見失わないよう、日々の点検を決して欠かしてはいけない。

そこに、『閑』の一字は深遠な世界を広げている。」

 

さて、深遠な世界は私にも広がるのかしら?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。