1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月03日 14時45分30秒

Webコラム「図書館つれづれ第31回」が公開されました

テーマ:図書館

今回の「図書館つれづれ」は、10月に開催された日本図書館協会主催の第102回全国図書館開会からの報告です。

今年の図書館大会は、可愛い歌手:石川華乃ちゃんも登場しました。合唱作曲家の弓削田健介氏からいただいた「図書館で会いましょう」のCDは、今、児童のイベントやBM(移動図書館)などで大活躍しています。

12月15日から関西へ伺います。ダビングの了承もいただいているので、ほしい方は連絡くださいね。

 

そうなんです、10月までは絶好調でした。

でも、

11月に少し飛ばしすぎました。

横浜総合展が終わり、風邪気味の中大分へ行き、喘息を併発してしまいました。。

そして、次の予定である香川県高松市の男木島へ着いたときは、回復どころの状態ではなく。

生憎の雨に救われて、島内見学もせず、男木島図書館でまったりとした時間を過ごしました。

喘息の薬で胃をやられ、民宿でのタコ飯、オリーブハマチにも手が出せず。

究極は、夜明けに、本当に本当に久しぶりに喘息の発作用のスプレーの世話になり、朝は自分のリュックさえ担げない状態に。

 

その日、予定していた金毘羅山参りはあきらめて、温泉に浸って皆さんを待っていました。

幸か不幸か、もう一人堕落組がいたので甘えさせてもらいました。

お陰で、今回は走らずに済んだとは皆さんの弁。

金毘羅山も日本最古の芝居小屋も楽しんでいただけたようでよかったです。

 

帰ってきても体調はちっともよくなりません。

痰と咳と喘鳴音にうなされる日が続くと、さすがに落ち込みます。

「もういってもいいかなあ」なんて弱気の発言がついでると、鍼灸の先生から叱咤激励される、そんな日が続いています。

昨晩は、

「もう咳も痰もでない!」

「どうしてそう言い切れるの?咳がでそうになったらどうすればいいんだ?」

「でないと言ったらでない!」

そんな押し問答の夢を見て、息苦しくて目が覚めました(笑)。

 

ようやく食べれるようになったので、まずは体力回復を試みます。

コラム、よかったら覗いてみてください。

http://www.nec-nexs.com/supple/autonomy/column/takano/column031.html

 

追伸

久しぶりの喘息に拗ねているけど、心配しないでくださいね。

パソコンに向かえるぐらいに回復していますから(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月20日 11時11分43秒

来年の朗読会に向けて

テーマ:ブログ

久しぶりの喘息に、イジイジと不貞腐れた日を過ごしていたら、退職した会社の関西支社からお仕事の話をいただきました。

喘息になったのも知っていて、「どうせ総合展ではしゃぎすぎたのだろう」と話していたとのこと。

そうなのよね~

無理したのではなく、はしゃぎすぎたのよね~!

「しゃっぴい」の「しゃっぴい」たる所以です(笑)

髪の毛をカットして気分を変え、この一言で吹っ切れました。

そういえば、新幹線の中で喘息の発作を起こし、新大阪駅を担架で運ばれた時も、SEはちっとも心配してくれなかった!

まあ、その程度と思えば、少し気が楽になりました。

 

昨日は、来年1月22日に開催される内輪の朗読会のお稽古に初めて参加しました。

朗読会は、たまに思い出したように参加するだけなので、ちっとも上手にはなりませんが、私は白洲正子の「花を活ける」を読む予定です。

はねっかえりの私を少しでも女らしくしたかったのか、中学・高校時代は、お花とお茶のお稽古が毎月のお小遣いの引き換えでした。

母はとても忙しい人だったけど、お茶とお花が好きでした。喘息がひどくて、華道のお花は途中断念しましたが、茶花は、お茶のために庭で育てていました。

自分で育てて愛でる母の茶花は、さりげなくて、べっぴんでした。

白洲正子の文章に出会い、ちょっと読んでみたくなったのです。

 

朗読会で、宮沢賢治の「おきなぐさ」を読む予定の方がいて、昨日は、この「おきなぐさ」で盛り上がりました。

冒頭の、「うずのしゅげを知ってますか?」の文章に賢治はどんな想いを込めているのか、そんな普段気にもしないことから談義が始まりました。

ちなみに、岩手地方では、「おきなぐさ」を「うずのしゅげ」と呼ぶのだそうです。

絵コンテを書いて時系列を追ってみたり、ヒバリはどんな役目なのかとワイワイガヤガヤ。

「お日さま」ではなく「お日さん」と呼ぶ、賢治のこどもの無垢な目線。

 

色々話していて、宮沢賢治が大好きなYさんは、この物語をどんなふうに解釈するのかなあと聴いてみたくなりました。

ブログ書き終えたら、メールしてみようっと?♪

 

追伸:おきなぐさ

https://www.bing.com/images/search?

q=%e3%82%aa%e3%82%ad%e3%83%8a%e3%82%b0%e3%82%b5&view=detailv2&qpvt=%e3%82%aa%e3%82%ad%e3%83%8a%e3%82%b0%e3%82%b5&id=00D5E83C423590F9BBAEC46A0B239668E6D1CA32&selectedIndex=7&ccid=pdMwgxkS&simid=607997710545980360&thid=OIP.Ma5d330831912e218fb979c24397fbdfao0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月17日 16時50分56秒

久しぶりの喘息に苦しむの巻

テーマ:からだ

風邪から遂に喘息になりました。

昨晩は本当に久しぶりにバランスボールを抱いて一夜を明かしました。

もうこうなったら、ボヤキといじけの気持ちしか出てきません。

苦しくて咳き込む夜は孤独です。

10数年前は、毎日がこんな生活だったのに、今は気力も体力もなくなりました。

 

3.11の時お世話になった瑞巌寺の修行道場より来年のカレンダーが届いても、「来年も生きていていいのね」と言い聞かせてみても、なんとなく手ごたえが感じられないし、(何故だか縦に表示されない!)

青森のりんごをMちゃんが送ってくれて、一瞬元気になったものの、咳と痰でバリバリになった体は、息苦しくて苦しい。

小児科の主治医から、「風邪こじらせたのだから、仕方ないね」の優しい言葉と一緒に、大量の薬が処方されました。

本当に久しぶりです。

しばらくは観念して薬漬けの生活です。

 

ぼやいていても何も始まらいよ!

いじけるのもいい加減にしなさいよ!

ちょっとだけ頑張れと、自分にエールを送る!

 

追伸

薬もらったから、今日は大丈夫!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月14日 17時22分45秒

2016横浜図書館総合展フォーラム備忘録

テーマ:図書館

週末の持ち寄りランチで食べ過ぎたのか、暖房で乾燥したのか、風邪が復活。

なんとも!

心臓には毛が生えてるのにと言われるのに、私の胃は、たったあれだけの甘いものにも対応できないようです。

出歩くときは、足とお腹用のカイロと、甘いものを半分残せるようジッパー付きの入れ物を持ち歩くように言われました。

とはいえ、そろそろ整理をしておかないと、また忘れるので、参加したフォーラムの紹介だけしておきますね。

 

11月8日

・人と文化と施設を結ぶ公共施設

平成29年3月に開館を目指して整備中の「ゆいの森あらかわ」の紹介を西川太一郎荒川区長がされ、パネリストに、直接関わっている複合施設準備室長の堀裕美子氏と、元塩尻市立図書館館長の井東直登氏を迎えてのフォーラムでした。

コーディネーターは、太田剛氏で、ゆいの森あらかわアドバイザーをされています。

今年のフォーラムは、太田氏を追っかけるつもりで申し込みました。

区長のお部屋には300冊の本棚があり、本は自由に借りられるとのこと。

開館予定の図書館の中に、吉村昭記念文学館も併設されます。ちょうど台東区の池波正太郎記念文庫のイメージでしょうか?

特筆すべきは、国立国会書誌データが活用されることです。いわゆる「幕別モデル」が大規模図書館で使われるのは初めてのこと。

(参考:http://www.nec-nexs.com/supple/autonomy/column/takano/column028.html

この辺りは、コラムでまとめてみる予定です。

 

・ライブラリー・ファシリテーター体験講座

墨田区ひきふね図書館のボランティア団体が蓄積したノウハウをもとに、「図書館パートナーズ」という団体を立ち上げ、図書館職員が一番弱いビジネススキルを磨く講座を開いています。

今回は無料体験講座ということで、私も参加させていただきました。

技術スキルに重点が置かれているので、心理学のファシリテータ養成講座とは、また違った視点がありました。

 

11月9日

・公共図書館の総合目録の将来像を考える

本にたどり着くには、利用者からすると、どんな検索をしてもどこにあるのか判ればいいだけの話ですが、それが容易ではないのです。

各図書館が所蔵す書誌データには色々な持ち方があって、同じものでも同じものと識別できないこともたくさんあります。

県立図書館では、県下の所蔵本を網羅する検索システムを実現していますが、その検索するシステムにも違いがあります。

このフォーラムでは、京都府立図書館と三重県立図書館の横断検索の違いについて紹介されました。

京都モデルは、Googleの検索に似ています。早いけど、検索されないものはヒットしないというばらつきがあります。それでも、9割の方は、これで満足できるのです。

一方、三重モデルは、共通のインターフェースを提供して市町村図書館とつなぐ方式です。確実ですが、費用の負担がかかります。

どちらも特徴があり、一長一短。

2つの県立図書館が、何故その方式を選んだのか、特徴なども、コラムでまとめる予定です。

 

・出版文化を支える

元塩尻図書館長の内野安彦氏と日本書籍出版協会理事の成瀬雅人氏の対談で、昨年に続く2回目の対談です。

書店や出版社を擁護しなければ、日本の出版文化は本当になくなってしまうのではと、昨年にも増して危惧を強調されていました。

本に良い悪いはありませんが、編集がしっかりした本は本当に売れなくなっているようです。

地域でできること、図書館ができることを考えていかなければと強調されました。

 

11月10日

・専門図書館の書棚から覗く、所蔵資料の面白さ

以下の3つの専門図書館が紹介されました。

1)公益財団法人野球殿堂博物館

後楽園の中にある図書館ですが、巨人だけでなく、そしてプロもアマも野球にかかわる資料があります。多いのは、「おじいちゃん、昔はプロ野球にいたっていうけど、本当?」という質問だとか。野球ファンは必見です。

2)国立研究開発法人研究開発機構横浜研究所図書館(JAMSTEC)

海と地球の学術拠点ですが、一般の方にも公開されているフロアーがあり、私も伺ったことがあります。一般書だけでなく、科学絵本もとても充実しています。

ちょっと交通の便が悪いのが難ですが、一度行ってみることお薦めです。

3)公益財団法人日本交通公社「旅の図書館」

今年10月に、「テーマのある旅を応援する図書館」から「観光の研究と実務に役立つ図書館」へと、南青山へ移転とともに、リニューアルしました。

もっと研究者に使ってほしいとともに、閉館後に「たびカフェ」と称する人をつなぐイベントも開催しています。

これらの図書館は、dlib(ディープライブラリープロジェクト)でも公開されています。

あとでまとめてみる予定です。

 

・図書館で変わる!地域が変わる!

太田剛氏の編集力の話でした。

一番聴きたかったけど、まだ整理がつきません。

あとで、整理できたらお知らせします。

 

とりあえず書きましたが、URLの参照もできずにすみません。

気になった方は、直接検索してみてください。

 

今回も中日9日に大交流会がありました。

若い方々の交流会の最初のきっかけには関与しましたが、今年は「おばさんが今更!」と、実は参加を躊躇していました。

でも、京都府立図書館のOさんが、「忘れているかもしれませんが」と声をかけてくれ、「僕、明日発表します」と報告してくださいました。

若い方々が羽ばたいていく現場に居合わせられる幸せを感じた瞬間でした。

 

お祭りが終わって、早く風邪を治して、コラムに取り掛かりたいと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月11日 19時48分08秒

2016横浜図書館総合展を終えて:とんでもないプレゼント付きです

テーマ:図書館

11月8日から昨日(10日)まで、横浜で開催された図書館総合展へ行っていました。

今年は、昨年から関わってきたdlib(ディープライブラリープロジェクト)に関するコーナーも少しお手伝いしました。

まだまだ発展途上ですが、70館ほどの専門図書館がdlibの横断検索でつながりました。

是非、レファレンスツールとして使っていただけたらと思います。

そして、公共図書館のホームページにリンクを貼っていただくと嬉しいです。

 

そして、もう一つは、ポスターセッションに「しゃっぴいツアー」を発表して遊びました。

これまで友達と「図書館見学」と称して遊んできた場所を、ポスターにしてみました。

配布用の資料は50部印刷していたのですが、1日で無くなり、現地で90部コピーしました。

たまたま熱心に写真を撮ってくださっている方を目にし、「何がそんなに気になるんですか?」と、お尋ねしたら、「このゆるさがいいです」と、答えてくださいました。

皆さん、見に来てくださって、ありがとうございました。

 

しかし、この2つのコーナー、広~い広~い会場の両端にあったのです。

3日間で、何度会場を往復したかわかりません。

しかも、フォーラムも毎日2つ消化しました。

おまけに最終日は、夜にゲシュタルトコーチングの研修を入れていたので、もうヘロヘロでした。

風邪をひいての参加もあって、皆さんから差し入れていただいた、栄養ドリンク、クッキー、チョコレート、どら焼きに救われ、無事昨日は帰り着きました。

 

そして、今日、思いもかけぬ嬉しいことが2つ。

一つは、以前一緒に働いていたIさんから連絡をいただいたこと。子供たちが保育園時代の知り合いです。そんな友達がふっと連絡をくれるのは嬉しいことです。

 

そして、最後に、もっとびっくりしたこと。

退職した会社で公開しているコラムを読んでいると、熊本県A市の副市長からメッセージが届いたのです。市名の公開も承諾いただいたので、気になる方は連絡ください。

いただいたメッセージを紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自治体ポータル読ませて頂いています。
デジタル化の時代だからこそ公立図書館の役割を見直すよい機会だと思います。
図書館が本を貸し出すだけの図書館ではなく、もっと市民生活が豊かになるよう改善していきたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私の拙い文章を読んでくださっているなんて、もうびっくりでした!
「図書館だけ!」というつもりはないけれど、それでも、図書館の必要性を理解してくださる行政の方がいることは、心強いことです。
こんな出会いに、本当に感謝です!
 
フォーラムも幾つか伺ってきたので、忘れないうちに早くにまとめる予定です。
でも、その前に、
今日は、やはり差し入れでいただいた和菓子で一服です。
 
誰から差し入れていただいたのか、皆さんにお礼も言わずお許しください。
みんな美味しくいただきました(笑)
そして、
久しぶりに出会えた皆さん、今回初めて出会った皆さん、
今後ともよろしくお願いします。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。