2008年06月12日(木)

ロンドン日記

テーマ:LONDON

ロンドンからこんにちは!


たくさんの大好きな人たちに見送ってもらい、日本を離れてはや1ヶ月。

出国間際までバタバタのギリギリなのは、いつものことで。

ロンドンに着いてからも、最初の2週間はさらに慌しくて。



『なんとかなるさ』で、とりあえずVisaと航空券と入学証をにぎりしめてきたけれど、

ほんとにナントカなるもんで。

1週間後にはすでに、サロンに立ってカットしておりました。



留学者の体験談に『なんかなんとなーくうまくいっちゃうもんだよ。』ってあるけどホントだね。



一応私、ガクセイなんで学業に励むのが本業なのですが、

ここロンドンでは学生でも週20時間までの労働が認められているのです。

が、私の学校はロンドン一安い(年間約6万円! 日本で駅前留学してる場合じゃないですわ。)ので

入学して5日経ったところで、ホリデイに入ってしまいまして。

やたら休みが長い、多い!

ので、はりきってフルタイム張りにサロンで勤務しています。



お店はTottennhamcourt Road の一角にあって、割と忙しいお店で。

なんとなくぶらぶら歩いてて、見つけたその日に面接→採用!みたいなゆるいかんじで私にピッタリ。

ロンドンの中じゃ価格はちょっと安めカナ?(ってもカット6000円しますよ!!)

サッスーーーンやトニガイ辺りだと、60ポンドくらい(12000円)するらしい。

すさまじい物価です、この街は!!!



物価といえば、唯一日本よりも安くてなかなか使えるのがアレ。

『レンジでチン!』Food。

今日の私のランチは、"セインズブリー(max valueみたいなスーパー)オリジナル ラザニア"

70p(140円!)でした。

節約生活には欠かせない、食料源になりそうです。



ワーカホリックなのはもう性分なのか、週6日みっちり働いてます。

っていってもやっぱりここはロンドンの美容院。

開店ギリギリにスタッフが出勤、お客さんは外で待ちぼうけ、

なんてことも普通で。

朝っぱらからの朝礼とかありもせず。

自分の仕事が終われば、さぁ帰りましょうってな具合で。

のんびりしてていい感じです。あ、しかも日曜が休みなのーーー!ステキ。

掃除するだけのためのアルバイト君がいるのにはちょっと驚いたけど。

オーナーも他のスタッフもみんないい人たちで、楽しくやっています。

ロンドンにぜひ、髪を切りにきてください!



ミーハーですが、今日大好きなバンドのギタリストを見ました!

私のサロンがあるストリートは、Tatooと楽器屋で有名なところで。

何気なくミュージシャンが現れたりしちゃうみたいです。ラッキ。



残念ながら最愛のカメラが手元になく、せっかくのLondonライフの記録ができず。

変わりにこれでも。

http://www.flickr.com/photos/messynessy/2538547868/in/set-72157603478319986/

元気でやっております。

ちなみにコレはサロンの前でタバコ休憩してる時に、通りすがったvanessaさんによるものです。

こういうstreet撮影してる人に、何度か声をかけられます。ココでは私が『外人』かぁ。としみじみ。

あ、あとあやしげなエキストラ募集会社とかからもよく声かかります。AVとかなのかなぁ、やっぱり。

だとしてもなんで私に?


あ、そういえば。

イギリスにおけるTVのタブーについて。

男性の性器の角度が30度以下、モザイクなし。

             30度以上、モザイクあり。

だそうです。いろんな解釈が国ごとで違うんだなぁ、、、と。


ユウコチャンが教えてくれた例の深夜番組、毎日見てるよーー!もうなんかSilly!の一言だね。でもなぜか次の日も見ちゃう。タモリ倶楽部みたいな依存性をもった番組かも。



今月末はグラストです!今年は本格的に労働しなきゃっぽいのであんまりステージ見れないけど、

楽しみです。
















AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2008年03月04日(火)

VISA報告。

テーマ:LONDON

エントリークリアランスGET!


visa申請のため、東京へ。 

せっかくなんで1週間ほど滞在し。

東京中の、いや日本中のおいしいものを食べつくし、

予期せぬUnitでのイベントに参加し、

MIKEのやぶくんのヘアカットに、

bamiちゃんと飲み、

newな人たちと出会って、

あ、@nn@ちゃんとも朝から餃子がっついたね。

やぶ宅でごろごろして、

3キロ増で名古屋へ帰ってきたわけですが。



いっこうにvisaの返事はなく

待つこと10日あまり経過した今日。



届いたーーーーーーー!



学生ビザなんで、基本的には学校のコースの期間が期限なので

5月からの1年で申請したところ、1年と2ヶ月ぶんのビザが発給されましたーーーーー!

ってことは。



5月上旬渡英。

すぐさまフェスシーズン突入。

ロンドンのふぁーざーにすかさず電話したところ、

グラストのチケット(もちろんworkersサイドで)申請済みとのことで。

6,7,8月はガッツリはたらいて貰うからねーー、と。やったー。

もうこれは学校行けません、夏は。

ビザの期限は来年の7月末まで。

ってことは

1回のビザ申請で2度フェスシーズンを楽しめるわけです。



イギリスフェス留学を考えてる方は、夏前の申請がお勧めです。





あと2ヶ月。

やらなきゃいけないことばかりだけど。

とりあえず今夜はニヤニヤしながら床につきます。

あーーーーーうれし。



最後に、やぶ君ありがとう。東京ステイではお世話になりました。

これでLONDONでちゃんとお返しができそうです。







AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007年09月16日(日)

メガネProblem

テーマ:LONDON

shouda couda woulda....?


えーーーっと。

最近私の周りでいろいろとメガネなハプニングが続出してまして。

まぁ、いろいろありますが、ね。


ただ今、私の姉がロンドンにいます。いや、なんだかついでにモロッコとかも行っちゃうみたいです、羨ましすぎます。

ただ今、私のルームメイトはアムスにいてぷかぷかしてます、羨ましすぎます。

そして私はさっきちょっとイラっとしました。めーーーがーーーねーーーー!!!!


私の周りの数少ないメガネくん、めがねちゃん、あなたたちのことじゃないです、悪しからず。


お世話になってる、いや、これからもきっとお世話になるだろうMr.Pickyことクリス氏から、ちょとめがねについての依頼をうけまして。

『最近、メガネを新調してそれが物凄く気に入ってんだけど、どうやらそのフレームは日本製らしいからきっと日本で買ったほうが安いからちょっくら買って送ってくれるかい?』

みたいな。


私、すこぶる裸眼優良児でして、めーがーねーの事は無知でして。

しかもエクスペンシヴなめーがーねーの知識は皆無。

初めて知りました、『Oliver Peoples』。

アメリカのブランドでブラピをはじめとし、セレブがこぞってかけてる、アレですわ。

しかしフレームのほとんどが福井県の工場で生産されていて、海外に比べまぁ円安もあい重なってかなりお安く手に入るようです。


彼は私にその品番と特徴を事細かく、それはもう事細かく、何枚にもわたる写真を送りつけてはまた、事細かく説明し。

ええ、わたし皆無な商品知識から今やもうエキスパートですがな。


東京の直営店から名古屋のショップまでお取り寄せ。

正確な色がちょっぴりあいまいだったので(海外のそれと日本のそれでは若干表現が違うのです。)2本取り寄せてもらい。

その高級めーがーねー屋に行き、

やっぱ違うね、高級めーがーねー屋は。コーヒーが出てきた。おかわりした。


店員さん曰く、メガネのアームに必ず色番号が書いてあるはずだから、それをクリス氏に確認してみらったら間違いないのでは?

何度も確認し、『数字しか書いてないよ!』と言い張るクリス。


彼が送りつけてきた写真も店員さんに見てもらい・・・2色あるほうの片方を購入。

丁度、私の姉がロンドンに向かうところだったので、彼女に宅配役をお願いした。クリスから無料で占いを受ける事を条件に。

そして無事昨日、クリスの元にエクスペンシブなめーがーねーが到着。

そして電話が。


ありがとう、でもなんかちょっとだけ微妙に色が違うんだよねぇ。みたいな。

ってことはなに、迷った挙句の50パーセントの確立で、私が買ったやつがハズレだったって事、ね。

ショーーーーーック。

間違えたことが、じゃなくて。

『こうゆう細かな詳細についての意思疎通は難しいからしょうがないね。』という彼のコトバに。

慰めよりむしろ『キミの英語力じゃボクのニーズは汲み取れないね。』的に刺さる。


悔しいので、彼に二つの形同じくも、色が微妙に違う2つのめーがーねーを見比べてもらう。

すると。

『あ、ボクのオリジナルのほうになんかPって書いてある!』

『あ、これ、P for Pewterかなぁ?』 ※pewter・・・鉛色


絶句。

なんで先に言わなかったのさ?とたずねると、

さらに絶句。

だってその文字小さすぎて読めなかったんだもん♪だと。

おいおい、色を間違えちゃったのは私の未熟な英語力云々よりあんたのその老眼のせいだろーーーーーー!!!!

って怒鳴ってやりたいのをぐっとこらえスマートに

『返品交換して次は老眼鏡を送るね♪』とはなっておきました。



最近購入した『海外生活応援ガイド 地球の暮らし方 イギリス編』に甚だしく記されていた、

イギリス人の気質①いかなる時も自分の否は認めない。に見事適合。


ロンドンで暮らす。ってこんなかんじかぁ。ってちょっとハードルを感じつつも楽しみでもある今日この頃。

彼には私のイギリスVISA取得に相当働いてもらおう、と決意。(今ちょっと手こずっているので。)



来週末にでもピエールお帰りパーティーやると思うんで、集合!


今宵の一曲 he said he loved me/Reverend and Makers

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007年09月03日(月)

見落としてました。

テーマ:LONDON

Pete Doherty



ってただのトラブルメーカーのただのジャンキーだと、



って『ロッカー』気取りなミドルクラス出身の、



って単なるゴシップのネタで、



って思ってたんだけどね。



意外といい男で、(歯フェチとしては申し分ないほどご立派な歯並びで、パーフェクト!)

意外とシュールな詩人で、

意外とステージ良かったんだよね。



『アキ、Why not Babyshambles?』観なきゃだめっしょ!みたいな強制的に連行されて、初めてグラストにて彼の音楽に触れる。

いやーーかっこよかった。

こーゆー予期せぬ展開がフェスの醍醐味だなぁ。



バックステージのケイトも確認できたし。



あんなsweetな詩をささげられたいもんだわね。


今宵の一曲。Delivery/Babyshambles


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年07月27日(金)

LONDON日記 Chris宅到着編。

テーマ:LONDON

到着。

















18時間のフライトでげっそりしつつも、5年ぶり3度目の渡英に心躍り、到着。

Chrisのアパートは、London中心部から程近いとってもいいロケーション。

政府からの補助を受けて暮らしている、日本でいうとこの安っい公団っって感じ。

・・・なだけに、治安の悪さはピカイチ!


最寄り駅であるStocwell駅に着いたばかりの私を、改札口で迎えてくれたChrisとの4ヶ月ぶりの再会。

長旅を終え、やっと一服・・・とした私に彼の一言。

『ココで吸うな!』と、ぴしゃり。


ふつうさぁ、『よく来てくれたね、』とか『長旅ご苦労さん』とかねぎらうもんでしょ???

アナタだって一目散に吸ってたじゃん、セントレア着くや否や!!!

え?何?禁煙区域なワケ?と思ったのもつかの間、

タバコちょーだいちょーだいちょーだいちょーだいちょーだいタバコちょーだい

と群がってくるハイエナたちに遭遇。

ホームレスとかなら分かるけど(ヤだけど。)普通のローカルの人たちと思われる。


あ、そゆことね。

この辺りはあんまり裕福じゃない人たちが住んでる区域だから、道端で堂々とタバコ吸ってる外国人はいいカモだから、とのこと。

あ、そゆことね。

確かにうわさ通り、軒並み並ぶCCTVカメラの数々。半端ない。

数えること20個ほど。(駅からChris宅までの10分間の道のりで。)

あ、そゆことね。

幼稚園とかスーパーならまだしも、streetごとに丁寧に気持ちいいくらい規則的に配列されたカメラたち。公園の隅々、アパートの四つ端。


あ、これ見覚えあるなぁ、この看板。

Hard-Fiのジャケね。

納得。LONDONを象徴するこの看板。

何百万と配置されたCCTV。

あ、そゆこと、ね。

ここ、ほんとにカオスだわ。同時テロはまだ記憶に新しいよね。

テロシティ。



やっぱ、ワタシ平和な田舎もんだわ、と再認識。

一発目のカルチャーショック。いやいやまだまだ続くんだけど。

依然訪れたいわゆる団体旅行の際、見落とした『裏LONDON』を、このあとフェスを通じて見る事になるのだが。


だから旅は楽しいよね。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年06月04日(月)

しばらく留守にします。

テーマ:LONDON

London Calling


SHANTI美容室も大盛況で、何かとあわただしかった今日この頃。

見送りには行けないけど、明日にはゾノがオーストラリアにワーホリ出発。

さよならパーティーやら、引越しパーティーやら、何かよくわかんないけど参加した、大学のサークルのような河原でバーベキューパーティーとか・・・5月はほんとにいそが楽しかった。



特に昨日のパーティーは楽しかったなぁ。

程よい月明かりの下で、YUKOちゃんとpeeしながらPについて語り合ったり、

得意じゃないワインをがっついてvomiりながらもまた飲んで、

大好きなゾノが行っちゃうのがほんとにほんとに悲しくて。(でもモントリオールかブリスベンで再会を誓ったのでよし。)



いろいろあったけどとりあえず、

しばらく留守にします。

ロンドン中です。

電話通じます。

国際電話扱いになります。

さっきkachuさんがかけてきて即座に切りました。

ご予約は30日より承ります。


あ、ゾノと上空ですれ違うかもね、なんかステキ!


では。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。