2007年09月16日(日)

メガネProblem

テーマ:LONDON

shouda couda woulda....?


えーーーっと。

最近私の周りでいろいろとメガネなハプニングが続出してまして。

まぁ、いろいろありますが、ね。


ただ今、私の姉がロンドンにいます。いや、なんだかついでにモロッコとかも行っちゃうみたいです、羨ましすぎます。

ただ今、私のルームメイトはアムスにいてぷかぷかしてます、羨ましすぎます。

そして私はさっきちょっとイラっとしました。めーーーがーーーねーーーー!!!!


私の周りの数少ないメガネくん、めがねちゃん、あなたたちのことじゃないです、悪しからず。


お世話になってる、いや、これからもきっとお世話になるだろうMr.Pickyことクリス氏から、ちょとめがねについての依頼をうけまして。

『最近、メガネを新調してそれが物凄く気に入ってんだけど、どうやらそのフレームは日本製らしいからきっと日本で買ったほうが安いからちょっくら買って送ってくれるかい?』

みたいな。


私、すこぶる裸眼優良児でして、めーがーねーの事は無知でして。

しかもエクスペンシヴなめーがーねーの知識は皆無。

初めて知りました、『Oliver Peoples』。

アメリカのブランドでブラピをはじめとし、セレブがこぞってかけてる、アレですわ。

しかしフレームのほとんどが福井県の工場で生産されていて、海外に比べまぁ円安もあい重なってかなりお安く手に入るようです。


彼は私にその品番と特徴を事細かく、それはもう事細かく、何枚にもわたる写真を送りつけてはまた、事細かく説明し。

ええ、わたし皆無な商品知識から今やもうエキスパートですがな。


東京の直営店から名古屋のショップまでお取り寄せ。

正確な色がちょっぴりあいまいだったので(海外のそれと日本のそれでは若干表現が違うのです。)2本取り寄せてもらい。

その高級めーがーねー屋に行き、

やっぱ違うね、高級めーがーねー屋は。コーヒーが出てきた。おかわりした。


店員さん曰く、メガネのアームに必ず色番号が書いてあるはずだから、それをクリス氏に確認してみらったら間違いないのでは?

何度も確認し、『数字しか書いてないよ!』と言い張るクリス。


彼が送りつけてきた写真も店員さんに見てもらい・・・2色あるほうの片方を購入。

丁度、私の姉がロンドンに向かうところだったので、彼女に宅配役をお願いした。クリスから無料で占いを受ける事を条件に。

そして無事昨日、クリスの元にエクスペンシブなめーがーねーが到着。

そして電話が。


ありがとう、でもなんかちょっとだけ微妙に色が違うんだよねぇ。みたいな。

ってことはなに、迷った挙句の50パーセントの確立で、私が買ったやつがハズレだったって事、ね。

ショーーーーーック。

間違えたことが、じゃなくて。

『こうゆう細かな詳細についての意思疎通は難しいからしょうがないね。』という彼のコトバに。

慰めよりむしろ『キミの英語力じゃボクのニーズは汲み取れないね。』的に刺さる。


悔しいので、彼に二つの形同じくも、色が微妙に違う2つのめーがーねーを見比べてもらう。

すると。

『あ、ボクのオリジナルのほうになんかPって書いてある!』

『あ、これ、P for Pewterかなぁ?』 ※pewter・・・鉛色


絶句。

なんで先に言わなかったのさ?とたずねると、

さらに絶句。

だってその文字小さすぎて読めなかったんだもん♪だと。

おいおい、色を間違えちゃったのは私の未熟な英語力云々よりあんたのその老眼のせいだろーーーーーー!!!!

って怒鳴ってやりたいのをぐっとこらえスマートに

『返品交換して次は老眼鏡を送るね♪』とはなっておきました。



最近購入した『海外生活応援ガイド 地球の暮らし方 イギリス編』に甚だしく記されていた、

イギリス人の気質①いかなる時も自分の否は認めない。に見事適合。


ロンドンで暮らす。ってこんなかんじかぁ。ってちょっとハードルを感じつつも楽しみでもある今日この頃。

彼には私のイギリスVISA取得に相当働いてもらおう、と決意。(今ちょっと手こずっているので。)



来週末にでもピエールお帰りパーティーやると思うんで、集合!


今宵の一曲 he said he loved me/Reverend and Makers

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007年09月05日(水)

Mercury Music Prize 2007

テーマ:LONDON

Klaxons、Amyやbat for Lushesを押さえ圧勝!



まだまだフェスシーズン真っ只中のロンドンにて。

毎年行われるUKマーキュリーミュージックプライズにて、彼らのデビューアルバムがアワードを受賞。

昨年の受賞者はアークティックだったとか。(今年も2作目がノミネートされていたが。)


Klaxons、マーキュリーショック!

新進気鋭のnew raversが、Amy winehouse、Bat for lashesを押さえアワード受賞。

司会者より賞金£2万(約480万円だぜ!)を受け取る前からもう大喜びのメンバー。(学園祭みたいな図。)

審査員云々より、Its Not Over Yet, Golden Skans and Gravity’s Rainbow この3枚のシングルが革新的なサウンドであり、なおかつ高セールスであったことが受賞を決定づけた。

フロントマンであるJammie曰く、

『1年前のこの日、このアルバムのレコーディングをしていたんだ。。たった500枚のセールスの時点ですでに自分たちがメインストリームバンドにのし上がれる、と疑わなかった。だからこの受賞は当然だ。』と。

UKにおいてこの授与式は『どれだけ商業的な功績を残したかという典型的な審査基準ではなく、今後どんな活躍をしてくれるのかという期待度も含めた趣ぶかいアワード。』ならしいです。


すでに今年彼らを3回も観戦したが、まだ飽き足りず12月の単独も・・・なーんて思わせるニュースでした。

それにしても、オンナノコたち残念だったなぁ。美少女コンテスト出てもよさそうなノミネート陣だったのに。

しかし、好きなことして480万ってさぁ、いいなぁ。税金かかんのかな?


今宵の一曲(こんな女子になりたい。) Bat For Lashes/Horse and I @Glastonbury 2007


+追伸。メガネくんたちへ

メタモのレビューとかないんだ?


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007年09月03日(月)

見落としてました。

テーマ:LONDON

Pete Doherty



ってただのトラブルメーカーのただのジャンキーだと、



って『ロッカー』気取りなミドルクラス出身の、



って単なるゴシップのネタで、



って思ってたんだけどね。



意外といい男で、(歯フェチとしては申し分ないほどご立派な歯並びで、パーフェクト!)

意外とシュールな詩人で、

意外とステージ良かったんだよね。



『アキ、Why not Babyshambles?』観なきゃだめっしょ!みたいな強制的に連行されて、初めてグラストにて彼の音楽に触れる。

いやーーかっこよかった。

こーゆー予期せぬ展開がフェスの醍醐味だなぁ。



バックステージのケイトも確認できたし。



あんなsweetな詩をささげられたいもんだわね。


今宵の一曲。Delivery/Babyshambles


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。