2005年03月24日(木)

SONIC YOUTHライヴ

テーマ:音楽

前座がスゴイ!


毎回、とんでもないバンドを前座に迎えるsソニックス。
前回の来日では、大阪の女子ノイジーバンド、HELICOID0222MB。今回の来日では、これまた大阪のノイジーかつ、おバカ女子バンド、あふりらんぽ。

あふりらんぽの情報はまったくなかったのだが、北海道出張中で残念ながら来れなかったパートナーのIWAクン曰く、『ソニックスよりも見所たくさん!』だそうで、ちょっと期待はしていたのだ。
その期待を裏切るどころか、上回るほどのベストアクト!
ド派手な衣装!(KIM姉さんを抜きましたな・・・。)
ステージでは猥褻行為!(バナナ投げました・・・。)
SONICSと共演!(ボアダムスじゃないんだから・・・。)
終始大阪ノリ!


ありえない。

ソニックスの締めくくりは、やはりノイズの嵐。
さんざん、『Skip Tracer』や『The Empty Page』やらで観客をひきつけておいて、エンディングでの即興ノイズのグルーヴで、あっさり彼らに突き放されるのだ。
アンコールだというのに、オーディエンスの反応はさまざま。
①ぽかーーーーんと口を空けて放心するヒト。
②即興ノイズをおかずに、瞑想に入っていくヒト。
③退屈しちゃってタバコを吸い始めるヒト。

超満員のクアトロ客たちは、大体そんな所である。
私はというと、TYPE②である。
音楽の楽しみ方は、ひとそれぞれだが、自分が気持ちよくなれれば良いのだ!


20年以上も現役で、更なる進化を遂げる、SONICYOUTH。
常に新たな試みと、異常なほどのマニアック性には、崇拝するとこである。
スケールは違えど私も1クリエーター。(かっこよく言いすぎかしら?)
一見、いい年のオバチャン・オジチャンである彼らが作り出すアート的な音楽に、またしても圧巻されるとともに私の新たな目標となったりするのだ!

KIMみたいに、40過ぎてもスパンコールのシャラシャラドレスが似合うオトナになりたーーーい!






AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年03月23日(水)

SONIC YOUTH がやってきた!

テーマ:音楽

2005.3.19@NAGOYA CLUB QUATTRO


SONIC YOUTHの待ちに待った2年ぶりのライヴ。
連日の激務の中、(美容院は3月大忙しね。)まさか休みなど取れるわけもなく、何とか仕事を早めに切り上げ、ありったけの力を振り絞り、ここ、クアトロにたどり着いた。

エレベーターを待つ間ももどかしい。 早まるキモチは押さえきれない。
もうすぐ巨人に、キムに、リー、スティーヴ、ジムにお目にかかれるのだーーー!!!
ちなみに「巨人」についてはyo-oo-koさんのブログを参照。

クアトロの入り口、8Fのエレベーターの扉が開くや否や、

リーだっ!!!!


白い、白い、以前にも増して、髪が真っ白!
ブックセンターの買い物袋下げてる!
レコード屋の袋もだ!
至近距離でのリーの姿に、大興奮。
こんな時のために、英会話習ってるぞ!!!
えっと・・・レコード何買ったの???What kind of・・・?何だっけ?
こんな時の英会話・・・。
こんな時の・・・。
ウジウジしてしまう私。をさっさとおいて、スタンバイしに行ってしまった。

一緒にいたASAHIも同類で、やっぱりウジウジ。

気を取り直し、チケットを出し、入場する。
会場前で大興奮の、イイオトナ2人組。
成長してないのよね・・・。 続。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月17日(木)

プージャー(礼拝)を見た!

テーマ:インド

噂のプージャー(礼拝)


ガンガーでの日課となってる、日没後のプージャー。
ガンガーといえば、沐浴する人々のシーンが一般的なのだが、私はこのプージャーを見たことのほうが印象的である。
ガイドブックやら、さまざまな旅行記やらによく登場していたその神秘的な礼拝を一度拝んでおきたい・・・と旅立つ前からこの旅の目的の1つであったからだ。

日没後のガンガーは、大変危険である。・・・らしい。
そう聞かされていた私は、同じ宿のSAYAちゃん親子を誘って、日没後の午後7:00ガンガーへと向かった。

するとそこには、今まで見たこともないような空気が流れていた。

ドラの音と太鼓のリズムが激しく鳴り響く。
紅いライトに照らされたステージに僧侶が5人、ゆるやかな動きとともに祈りを捧げる。
それを見守るものすごい数の地元人とさまざまな国からやってきた観光客。
まぶしくて、きれいで、幻想的で。


終盤に差し掛かると、皆が手に手に花を配る。
それは私の手元にも。 

『ジャーーーーーイ!』
という掛け声とともに皆が手を挙げて合唱する。



ああ、これは、一種の・・・ライヴだ!
この一体感。
今まで見たどんなライヴよりも、何よりもトランシーな。


この礼拝の締めくくりには、ガンガーに向かって花とろうそくを放つ。
ガンガーに浮かんだ無数のろうそくの灯が、プージャーの余韻を漂わせ、私の記憶に深く刻まれたのだった。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月16日(水)

3/15@CAFE CAWA

テーマ:音楽

3・15 山本精一+KEI ライヴ速報!


春日井市の住宅地の一角に、すばらしいCAFEを発見!
Koshiクンが鼻息荒く、『山本精一が来る!!!』と。
早速行ってみると、これまたなんともゆるーい小さな小さなCAFEであった。
即興ノイズ音楽の場としては、なかなかの好環境である。

出だしは、Keiという見た目まったり系のアクトから。
SABASのTシャツを着てた彼の音は、すこぶるユルユルのCAFEミュージック。・・・と思いきや、次第にノイズ色が増す。もはや弾き語りではなくなってきた。

続いて山本さん登場。

♪言いたいことがあるならばー何にも言わなくていい♪
とかなんとか、歌モノあり、ノイズあり。
あまりのかっこよさに、Koshiクンともども圧巻。
いいもの見させてもらいました。

しかし、今日はこんな田舎にこんなにオサレサンが集まったな・・・的な客層でした。

今週は、一大イベント、SONICYOUTHのライヴも控えているのだ!
そして今月末は、LEMONJELLY東京ツアーも控えてるし。
いやーーー3月楽しいぞー!  続。




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年03月13日(日)

ヒロシとの出会い③

テーマ:インド

やっぱりインド人

ヒロシとの帰り道の途中で、彼が『僕の彼女だ!』という女の子にすれ違った。彼女はこちらをチラッと見てそのまま行ってしまった。
『声かけなくていいの?』『私と歩いてちゃマズいんじゃない?』
という私に、
『ダイジョブ。』 『今はあなたを送らなきゃ。』と。
あら、ずいぶんまた紳士じゃないの!

歩くこと30分。わたしのGHに近くなった頃、
『宝物の交換をしよう!』と、ヒロシが提案してきた。
旅の一ページとしてはいいかも!ウルルン滞在記的ムードかしら?
『うん!いいよ。』と、私。
するとすかさず、
『カメラのフィルムがほしい!』と、ヒロシ。


ん?   宝物?    指定されるのか????
最初からこれが目的だった????


ま、いっか。 今日一日楽しませてもらったし。・・・の割にはシルクの店には出向かなかったし。手ぶらで返すのも悪いしなぁ。
部屋に戻って安物のフィルム(私はいつも業務用ネガ)をヒロシに渡した。

すると。
『もう一個くれ。トモダチの分だ!』と。
なにーーーー!!!!!
図々しく様変わりしたヒロシに仕方なく、フィルムを2本あげたのだった。
やっぱりインド人。
どんなにかわいくても、幼くても、しっかりインド人。
またしてもやられたな。
昨日、ボートで子供にやられたばかりなのに・・・。とほほ。
と思っていたら、ヒロシが何やらポケットから出して、私の手に握らせた。
『僕の宝物。』
それは、小さな小さな薄汚れた鈴であった。


それが、彼の本当の宝物であったかはわからないが、帰国後私の宝物のひとつになった。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月10日(木)

ヒロシとの出会い②

テーマ:インド

ヒロシについて。


アッシーガートをふらふら散策する私に、威勢よく話しかけてきた彼は、これまで私が突っぱねてきた「日本語を話すインド人物売り」たちの中で類を見ないほど日本語が上手だった。

彼とはいろんな話をした。

その身なりからは想像もつかないが、学校に通っていたらしい、事。
兄貴がシルクのお店をやっている、事。(しつこく誘われたが、断固として断り続けた。)
日本語は、お客さん(日本人カモ)から教わったのと、長期滞在の日本人パッカーに教わった、事。
彼女がいる、との事。(かなり自慢していた。)
学校は長く通えず、今はお兄さんの手伝いをしている、事。

何杯チャイを飲んだだろう。ヒロシの話は支離滅裂で、ほんとらしいこととうそ臭い話とで、時間も忘れてぶらぶらしていた。
何度聞いても『ヒロシデス。』とニヒルな面持ちで答えるだけ。
誰が教えたのか・・・。

ペットボトルのミネラルウォーターを買ったとき、私は気づかなかったのだが、ヒロシは栓が開いているのをすばやく察知し、店主に文句を言い新しいのと交換させた。
まだ12歳だというのにしっかりものである。

ガンガーの眺めが一望できるんだ!と、彼の一番お気に入りの場所に連れて行ってくれた。
かなりハードな階段を登らされ、27歳の体にはこたえたが感動的な夕陽を一望できた。

ぶらぶら一緒に歩いていると、ヒロシの友達たちが、はやし立ててくる。
日本人の女の子(と言えない年ですが。)と歩くのが誇らしいのか、自慢げに
『フレンドだ!』と。
そのうち、ぶらぶら歩く人数が1人増え、2人増え、ヒロシとその仲間たちとで人だかりになってしまった。
しかし、彼らには縄張りらしきものがあり、100mほど歩いた所で皆解散してしまう。
ヒロシの縄張りを越えたらしく、『ここから先はトモダチいないね。』と。
どこの国でも物売りには縄張りがあるものだ。

そうこうしてるうちに陽もくれてきて、帰り道がわからない私にヒロシは『送っていくよ。』と。
この少年、かなり紳士である。 続。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月06日(日)

ヒロシとの出会い

テーマ:インド

『ヒロシ』と名乗る少年

その日もガンガー沿いをぶらぶら目的もなく歩いていた。
メインガートのダシャーシュワメードガートから歩くこと30分。
アッシーガートというにぎやかなガートにたどり着いた。

『ハロー、マダム!』
聞き慣れた呼びかけに無視。
『ハロー、こんにちは!』
これにも無視。
『こんにちは、どこいくの?』
無視。
『かわいいねー、なにするの?』
カワイイ?は嬉しくないこともないが、無視。

『ただ歩きたいだけなのだ!ほっといてくれーーーー!』

ぶらぶらしたいだけの異国人に容赦なく話し掛けてくるのは、ほとんどがバクシーねらいの物乞いか物売りたちだ。これにいちいち返事してたら、インドでの1日は日本での1時間に匹敵するだろう。
ほぼ無視してグイグイ歩いていくが、子供となるとそうもいかない。
しかもカワイイ子供となると・・・。

ヒロシに会ったのはここアッシーガートである。
ぴたっとわたしのあとについて流暢な日本語で話し掛けてきた。
始めはやはり無視したが、あんまりしつこいのと、特別することもなく暇なのと、カレの笑顔が憎めないのとで一緒にぶらぶらしてしまうことになる。
とても天気のいい昼下がりだ。

ヒロシ、といっても小さなインドの少年だが。
名前を聞くと、
『オレ、ヒロシ。』

胡散臭いガキだ。しかしヒロシはいろんな事を教えてくれた。続。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年03月01日(火)

インドでアート

テーマ:インド

ヘナタトゥー


インドにて唯一出会った『いい仕事』が、コレである。
仕事柄、ヘナとはなじみがあるのだが(毛染めに使うので。)、本場のヘナはまた趣が違う。
日本でもヘナアートは良く見かけるが、こんなに繊細かつ濃厚な色が出せるのには驚いた。

以前、タイのカオサンの路上にて同じようにやってもらったのだが、仕上がりは残念・・・な結果に。

ヘナ職人はきれいなインド人女性で、流暢な曼荼羅模様をいとも簡単にわずか5分ほどで仕上げてしまった。
最後にレモン汁を振り掛けるのだが、コレがネイルでいうところのトップコートになるらしい。
へぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。



数日間この手で街をぶらついたのだが、会う人会う人地元の人からかなりごひいきにしてもらった。
中には、『上手に書けてるねぇー。今まで見た中で、最高だよ。』なんて言って近づいてくる男性たちに囲まれたりもした。

異国の地でその国の文化に触れるのっていいな・・・と思った。
しかしインドほど外国人が地元人に扮しようとがんばる国はないのでは?
アジア人はともかく、金髪なびかせてる白人さんたちがルンぎーやらパンジャピーやらサリーやらまとってガンガーでぽやーっとしてるのを見ると、異様である。

シルク売りの青年は、普通にGパンにTシャツ(日本製らしく胸に『命』と入っている。)を着て、新しく買った昔日本でも流行ってたハイテクスニーカーを誇らしげに自慢してきた。
地元人より旅行者のほうがはるかにインド服を愛してるカンジ。
私もそのうちの一人だが・・・。
だってかわいいんだもん。 色使いとか。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。