2013-07-03 18:00:04

京祇園ねぎ焼き“粉(こな)”金沢人気ナンバーワンの鉄板焼き店!究極の豚キムチに出汁巻き、せせり~

テーマ:鉄板焼き
皆さんこんにちは、あすかりんです。
本日も私、雅珠香(あすか)のブログにご訪問、誠にありがとうございます。

今回は、京祇園ねぎ焼き“粉(こな)”さんに伺いました。

 

場所は香林坊109の裏手。

カウンターとテーブル席で全12席。席間も取っていないので、隣のお客さんと袖が触れ合うようなお店。そんなこじんまり感、私は好きです。
鉄板焼きのお店では金沢で一番人気なのではないでしょうか。ひっきりなしにお客さんが訪れますので、運よく座れたらラッキー。食事中も何人も暖簾をくぐってこられましたが、空きがなくてお店を後にされた方がたくさんいらっしゃいました。連日閉店まで賑わいをみせています。

粉のご主人は強面ですが、とても気さくな方で、男らしく温かい対応をしてくださいます。そして、それぞれのお客さんから次々と来るオーダーを手早くさばき、なおかつ料理を出すタイミングもコントロールされています。スゴイ方だ。
店の壁には金沢の飲食店さんの名刺がズラッと貼られており、同業者さんが贔屓にされていることを伺わせます。信頼が厚いですね。


カウンター越しに見える、ご主人の手際の良さに見とれながら、ビールをグビグビ。
凍ったグラスで提供されるので、キーンと冷え冷えです。




豚キムチ

粉さんで、個人的に一番好きなメニュー。
キムチの辛味や酸味が主張し過ぎているものとは違い、豚の旨味が味わいをまとめあげています。キムチもまろやかで深みがあり、相性抜群。
夢中にさせるバランス感です。これぞ究極の豚キムチ!



ねぎ焼き

お肉は牛肉を選択し、タレはソースを塗ってもらいました。
ねぎ焼きは金沢ではあまり馴染みがないかもしれませんが、お好み焼きに似た料理で、キャベツを使わずに青ねぎを使用しています。(店によって、わずかに使用したり、キャベツと半々に混合する店などもある)

薄い生地に九条ねぎが挟まれているのですが、ねぎの水分をうまい具合に逃さず包み込んでおり、旨味が逃げていません。


今回はソースを塗ってもらいましたが、上品な和風でいきたい場合は、お醤油もいいかもしれません。



その他、人気メニューは「出汁巻き」。(写真:過去訪問)

鉄板に溶き玉子をサーッと流し、マスターがコテでくるっくるっと手際よく巻いてくれます。玉子は半熟状態で口どけが良く、紅しょうがと九条ねぎ、そして出汁が大人の味に仕上げています。

「粉風ピザ」や「せせり焼」もオススメですよ。


味・クオリテイーの割に、価格は良心的。客足の途絶えない人気店です。

ちなみに、粉さんが修行されたのが、京都祇園ねぎ焼"かな”さんです。


今日もお腹いっぱい!あすかりんでした。

 
ペタしてね
読者登録してね




●京祇園ねぎ焼 粉(Kona)
金沢市片町2-7-21
076-261-5033
月~土 17:00~26:00
日・祝 14:00~24:00
水曜定休
AD
 |  リブログ(0)

1級フードアナリスト雅珠香(あすか)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。