本日で8月のセッションは終了しました。
ご来訪、ありがとうございました~!(^^)
最後は駆け込みさんのご相談でございました。
まあ、いろいろと、ドンマイでござる。


先日お伝えしましたように、8月24日~9月1日まで山籠もりに行ってくるので、その間はお休みいたします。
山籠もりの修行の間はネット禁止な環境のため、その間にいただいたお問い合わせ等は9月2日以降の返信となります。
あらかじめご了承ください。
お休みに伴い、ネットショップの方もクローズしています。


山から帰ってきてからのことはサッパリ考えてないんですが、たぶんまた何か変わるだろなーという予感だけあります。
が、先の事はわかりませんし、わからなくていい派です。
もし変わらなくてもまあそれはそれで。
未来の自分にはさして期待してません( ̄▽ ̄)

未来を「楽しみ」にするというのと、未来に「期待」することは、別のこと、ですよん。
ここ重要なり。


このところ山籠もりの準備等に明け暮れてたってのもあるのですが、ブログやSNSに気が向かない状態でして。
リアルに集中するとSNS忘れてしまうのですわ・・・。
返信しそびれているものがいろいろあるんですが、時期が過ぎてしまったものはそのままに。
すみませんです。m(u_u)m

あと、インスタ再開したけれど・・・初期のインスタが染みついているのか今のがなんだか違和感ありまくりで、たぶんまたやめます(笑)
結局ツイッタークラスタなのやもしれぬ。うむ。

そして私信ぽい話ですが、コミュやゲームなど紹介制のもので登録したものも、最初の紹介文でだいたいの傾向がわかった上で(お決まりの書き方なので判別つきます)その人の助けになるならと登録してましたが、それも解除しますゆえ、各人はよろしくです。
(紹介者さんはサイトをエネルギーで判別してねー。解除方法が用意されていない悪質なものは紹介しない方がよいヨ。いくらビジネス仲間のサイトとはいえ>私信)

ほんとは書かなくてもいいお知らせなんですが、区切りとして書いてみました。

image

山奥の橋というのは、その立地だけで風情がありますなー。
明日に架ける橋・・・となるか?
それとも、あちらとこちらの架け橋か。



先日、某住職よりお告げの伝言をいただいたのですが、なんか覚えがあるなー?と思っていたら、それより1週間前にうちの神棚でのお告げで同じこと言われていて、それをメモってあったのを偶然発見して気づいたのでした。(きっと仕込まれた偶然・笑)
すっかり忘れていたから、わざわざ住職に伝えて言わせたのだな・・・と。
そこまで重要とは思えない内容だったけど、重要らしい。
だいたい、そこまでして伝えてくる事というのは、自分が聞きたくないことの場合が多く、聞きたくないゆえに理解するまで時間がかかったりする。
意識が理解を拒むのですな。脳みそはそういう意識にすぐ騙されるので、より認識が遅れます。(騙されるというか、ある意味信号通り働いているのか)

しかし、理解するまで現実的に事象がやってくるので、だんだんと「あれ?」という事態になってくるもので。
結局その現実の現象の始末に奔走することになり、理解するための落ち着いた時間等が失われたりするので、最初から謎かけのようなお告げではなく説明まできっちりしてくれればこっちもスムーズに理解しようと前向きになるのに回りくどいのほんとにやめてくださいよもう、
・・・というあちらへのイラっと感が募る今日この頃でございます。(なんだかな・笑)


見えざるもの・聞こえざるもの、というのは、得するようなことを教えてくれるわけでもなく、他の人を出し抜けるような情報をくれるわけでもない。
一部、必要に応じてそういう情報がもたらされる場合もあるけれど、頻繁に得するような話や誰かを批判したり秘密を暴くようなものが聞こえるとしたら、それは低級霊か精神的なものによる。(その状態に陥っている人の特徴は、人の話を素直に聞いているように頷いたり相槌を入れてわかった風にしているが、その相槌が適切ではないという自覚がない。実際は聞いていないし、聞いていても後で一人になった時に相手を馬鹿にしたりする)

高次の見えざるものからもたらされる事というのは、徹底的に自己と世界のこと。
段階ごとに違いがあるので、そこはケースごとに見極めが必要なものの、理解するごとに確実に視野が広がっていきます。視野が広がると、風や風景の色から世界の動向が読み取れるようになったりします。
そうしているうちに、世界のつながりが深くわかりはじめ、地球全体のことが無視できなくなります。この星の昔から今までの流れが、肌で感じられるようになってきます。
その流れの中で、自分は何なのかが、言葉ではないものでわかるようになります。
見えざるもの・聞こえざるものというのは、そういうものです。

自分のことがわかりはじめるところからが、なかなかにキツイ日々となるんですけどね(笑)
まあ、その流れの中で、修行に行くことになってしまった次第。

できることをやるしかなく独立し、精神世界の仕事になってしまった10年前。
やっとわかり始めて、更に踏み込むことになった10年目。
転がるように生きているのは変わりなく、先の目標など何もない。
目標がないおかげで?予想もしないいろんな人に出会えたとも思う。
山盛りの問題をすったもんだと何とか乗り越えた10年でもあったけど、それ自体はもういいや、という感じ。誰にもわからなくてもいいもの、というのはあるもんだ。

とりあえず修行から脱落しないように淡々と過ごそうと思う。
結局、体力はそんなに追加できなかったので(笑)


次の更新は山から帰って来てから。
ツイッターだけぼちぼちやる予定です。


AD
お盆ですね〜。

昨日は秩父の川に遊びに行ってきました。
前日まで猛暑な感じでしたが、この日の気温はふつーの夏レベル。
山の川辺ということもあり、そこは更に涼しいのでした。川の水も冷ためで。


{5BFC3709-898E-410E-97A3-52DB38653001}


雨が降ったのか川は増水していて流れが強いため、横の小川ゾーンで遊ぶことに。
泳ぐのは好きなものの、ちびっ子たちで賑わう浅い小川では思い切り泳ぐことはできず…うーん、残念。
この流れの川で泳いだら、泳ぎが得意な大人でも流石にヤバいでな…´д` ;


今回は団体で行ったので、みんなでBBQしたり、犬たちを撫でながらマッタリ過ごしたり、子供たちの水鉄砲の襲撃にあったり(笑)、夏休みだなー!という雰囲気を満喫しましたヨ♪( ´▽`)


ご一緒したMさんと、「これが…ふつーの夏…!」などと言いながら、子供たちの相手をしつつ川を眺めてました。
我々、世間の休みとかイベントとかとあまり関わらない生活を送ってきたので、こういう風にふつーに遊ぶことに感動しがち(笑)
のんびり過ごし、締めにスイカを食べ、夏休み気分を満喫して帰ったのでした。


Mさんと帰りがけに晩ご飯を食べながら、このところのスピな事について話してたんですが、その中で思ったこと。
思うままに生きられるというのは、意識はもとより、自分自身の「ベース」から自由であることだよなぁ、と。

なんやかやで今の仕事を10年やってきて、今年は分かれ目であると感じてます。
精神世界の活動は、とことん自分が反映されるもので(いや、それは何でもそうなのだが)、今の現実に納得いかないのだとしたら、納得する方へ一歩からでも踏み出すしかない。
もちろん、頭の思考や思い込み部分から発生する納得ではなく。

自由やありのままってのは、どんな状況や状態にも関係なくそう在れるもの、です。


あー、水に浸かってかなり浄化されたなぁ。

AD

土産物屋の黒猫さま

テーマ:
先日、成田山に行ってきました。
うちからは30分程度の場所なので、わりとお参りしてる場所です。

一通りお参りして、帰りがけにふと山門脇の売店を覗いてみたら、お猫さまが何匹かおられまして。

今まで売店を覗いたことがなかったので気がつかなかったのですが、ノラさん?がウロウロしてる界隈な様子。

そのうちの1匹の黒猫さんが、店番のように入り口で座っておりました。

{2237290F-FE01-4CCF-8AD0-325C5035707F}

自分ち…って感じで堂々と(笑)

お猫さまと話してたら、店のおばちゃんも出てきて、なんやかやで予定外のお土産買うことになり…。

やるな、お猫さま( ;´Д`)


この日はお猫さま以外まったく写真を撮らなかったので、成田山の写真はありません(笑)




AD