嵐のような風雨が過ぎ、そして夏日に至り、桜も終わりな千葉県北西部です。
 
今週は某ご奉仕の予定で埋まっておりまして、ご予約は来週までストップしています。
また来週以降に受付再開しますので、しばしお待ちください。
 
 
{94C0A424-90B4-4A2F-BA87-64EF2EFE8BA9}
 

移動しつつ、通りがかりの桜はだいぶ見たのだけど…のんびり花見をしたかったなぁ。

 
毎年、なんだかんだで春は忙しいような。と言っても、面白いことをやってるので忙しくてもいいんですけども。
おかげさまで色んなことが身について、細かいスキルが伸びまくり(笑)
 
 
この頃、本業とか別件仕事とか何だかんだとか、それらの境目が無くなってきていて、ただ生きているんだなぁ、なんて心境になってきてまして。
何をしているとしても、この世の今いる場所でやることをやってるだけ、という感じ。
 
納得してようが納得できなかろうが、誰しも自分の「考える」ように生きているわけで。
さてその「考える」元になる発端は、どんなものだろか。
考えるより前にあるはずの『最初の感覚』は、「いま」の自分の中に見当たるだろうか。

自由なつもりでいながら自由でない、なんてことはわりとある。
価値観などによって作られた自分ルールの中で、そこからはみ出ないところで自由にしていること多し。
それは安全であるし、「好きな範囲」で好きなように動くという事であるし、良いも悪いもなく、収まるところに収まるというこの世の法則なだけの話です。
 
何を自由とするか、というところから既に人それぞれである故に。

この星の上ではまず重力があり、自然があり動植物が存在するから生きていけている故に。
(違う機能を持った生命体だったら、そのベースの条件もまた違っていただろうけど)
 
自由というのは、何にも縛られないということだけではなく、自ら選べるといいうことが自由でもある。
環境として不自由を感じても、自分というものが自分の意志で何かを選べるのであれば、それは自由というもののひとつ。

さて、あなたが思っている自由って、なんなんでしょうね?



前回の虚空会ではリーディングまで説明至らず、ほぼチャネリングについて語ってました。
ひじょーにながーい解説をしてしまいましたが(毎度思うけど、皆さんよく聞いていられますね・笑)、神々とのコンタクトをする前に、価値観のシフトや意識に風穴を開ける必要があるのです。

特にこの神々というものについては、人により価値観も概念も何もかもが大なり小なり違いがあります。もちろん、それらをみんな統一する必要もないんですが、今までの知識で作られた神というものへのフィルターを一度外さないと、コンタクトする際に歪みが生じてしまいます。
気楽なチャネリングならまあそのくらいでいいかー(いやよくないけどw)という状態も、マジなチャネリングをする際には間違うだけでなく精神がやられるので、虚空会のレッスンでは地味だけどある意味安全で確実なルートを提供しています。

KOKUU Labでお伝えしたいのは、神々という識別すら解除された段階の、精霊の次元とのコンタクトです。まあ精霊という言葉も正確ではないかもしれませんが・・・そういった、神羅万象の存在との「響き合い」ができるようになると、その中に内包されている神々やスピ系に出てくる存在たちとのコンタクトが当たり前になります。何か声が聞こえたわーわたしすごい力を得ちゃったわー特別だわー、みたいなのではなく(笑)、普通に生活しながら日々の中で色々なことが「わかっている」という感じになります。
knowing ってやつですね。

・・・長くなるので間を(だいぶ)端折って話を進めますと、その響き合いの状態というのは、我々のもともとの状態なわけです。もともとそうなわけなので、もと、元、素・・・と、つまりそういうことです。はい。(え?)
何もしなくてもその状態に気づく人もいるし、気づかなくてもそうなる人もいる。
それは人それぞれ。ほんとに人それぞれ。ケースバイケース。
たったひとつの冴えたやり方、ってのも、もしかしたらあるかもしれないけど(笑)

もし、自分からその状態になろうとするのなら、いつも言っているように今の時代はその方法も情報も山盛りあるので、ただ求めてしたいようにすればいい。KOKUU Labはその山盛りにあるやり方のひとつを提供しているけれど、うちが絶対ということもないし、もちろん著名な人のやり方が絶対という事もない。自分にマッチするかしないかというだけです。タイミングとかもありますし。
何にしても自分に合うかどうかはやってみなければわからないから、いくつかやってみたり、複数の人にあたってみるといい。それは当たり前の事なんだけど、どこかにハマって盲目的になってしまうと・・・忘れてしまうんだよね。


その、「響き合い」というのも昔から言われていることで、何ら新しいことでもないのです。響き合いという言葉ではなく、違った言い方もいろいろある。その状態になった時に、それぞれが自分なりの言葉で表現するからでしょう。


今日起きたときに、精霊と神々の関係性のビジョンと、何をしようとしているのか、ということをキャッチしたので、それについて書いてみました。
穀雨の一日前でやや惜しいですが(笑)、虚空と穀雨のKOKUU Labであるので、穀雨のエネルギーに触れたのかもしれません。

そんな虚空会は、次は5月7日(日)です。
なんでGWの最終日にしてしまったのだろうかと思いつつ(笑)、ご参加お待ちしております。
・・・あ、その前に新月会が4月26日にありますので、そちらもぜひー。



 
AD