ダハブ 紅海

テーマ:

今は、紅海沖の町、ダハブに居ます。



ここは、海がとってもとってもきれい。

ダイビングをする人にとっては、ここは聖地らしい。



砂浜がないので、数メートル泳げば、急に深くなり、

そこにサンゴ礁や熱帯魚などが見れるのが特徴だ。

透明度は、タイのピピ島以上によく、

普通に泳いでいるだけでも、様々な種類の魚を見ることができた。



ゴーグルから覗く海底の世界は、なんとも不思議。

見たこともないような魚たちが、サンゴ礁と戯れている。

あるいは、わずか数センチしかない魚の群れが、

太陽の光を反射させ、ネオンサインのように輝いている。



ダハブが、人気を集めているのは、ダイビングやその海のきれいさだけではない。

ここは、とにかく、時間がゆっくり。

現地の人たちも、とってもイージーゴーイング。

怠けているように見えて、常にリラックスしている感じ。

ここで、数ヶ月滞在している旅人にも会った。


かなりのスピードでヨルダンを駆け抜けてきたのと、

「中東」の潜在的な緊張感から、

心身ともに疲れていた。

ここでこの雰囲気に溺れて、疲れをとることにした。


時計を外し、海をのんびりと眺めながら、

日記を書いたり、本を読んだり、シーシャ(水パイプ)を吸ったり・・・

なかなか「無意義」な、そして贅沢な時間を過ごした。



海辺でのんびり過ごしていたら、

子供たちがやってきた。

サーフボードで遊び始めた。



何をして遊ぶのかと見ていたら、

なかなか面白いことをはじめた。


2人が、お互いを見合うような形でサーフボードの両端にうつ伏せに寝る。

第三者の声を合図に、とにかく腕で漕ぎまくる。





漕いで、


漕いで、


漕ぐ。



力があるほうが、徐々にサーフボードを進めていく。


ある一定のラインを超えたら、ゲームは終了、

ラインを超えさせた人が勝ち。


なんとも、単純なゲームだ。


このゲームには、説明書もない、

AボタンもBボタンもない、

バーチャルな世界もない。


体当たりで

ただひたすら漕ぎまくる。笑


やっぱ子供はこうでなくちゃなー。


子供たちは、このゲームに夢中になり、

1時間以上も飽きることなく、熱中した。

しまいには、一度も勝てなかった奴が泣き出すくらい・・・


単純なゲームに熱中する子供たちの無邪気な笑顔には、

こっちも思わず笑顔になってしまう。


いいなぁ、こんなのも。

ここの夕日は、とりわけきれいだった。



次は、王家の谷があるルクソールという場所です。



AD

コメント(2)