死海  &  ぺトラ遺跡

テーマ:

この旅、12カ国目、JORDANにいます。

冗談ではないです、ヨルダンです。

先月テロがあったアンマンは、いたって平和。

ヨルダンは、中東で一番平和な国と言われているくらい。

夜の渋谷より絶対安全な気がする。

アンマンから、車で行くこと約1時間。

死海  へ行ってきた。

死海は、塩分濃度がなんと27%。

生物がすめないことから、この名前になった。

ちなみに、ここは世界でもっとも低い地点。

この旅で、世界最高点(エベレスト)と世界最低点を見たことになる。

塩分の濃度から、浮力が強い。

ってことで、

死海といえば、やっぱこれでしょ!!

えーと、まずはテレビ欄から。

(このためにわざわざ新聞を購入 笑)

死海の水は、しょっぱい という言葉では表せないほど、塩辛い。

目に入ったときには大変大変。

ものすごい浮力で支えられているあの感覚は、

実に変な感じです。

体験したい人は、大量の27%塩水作って、

風呂に入れてみてください。

次は、死海の泥で全身パック。

肌すべすべ。

一緒に死海へ行ったパキスタン人のヘター。





死海を満喫した翌日は、ヨルダン南にあるぺトラ遺跡を観光。

ここは、後半の旅のハイライトのひとつ。

前日からまじ興奮。

あの「インディ ジョーンズ」「最後の聖戦」が撮影された場所で有名です。

そういうのに、弱いんです、俺。

ぺトラ・・・・

すごいです。

本当にすごい時って、「すごい」 としか表現できない。

俺の貧弱な語彙力だと・・・

ぺトラは、俺にとって、アンコールワットと超える遺跡だった。

狭い岩の切れ目を頭上には、100mほどの高さの崖が迫ってくる。


そこを抜けると、、、、




ドーーン と神殿が顔を現す。




あまりの大きさに圧倒される。

しかも太陽光の当たり具合で、色が刻々と変化する。

言葉でもいってもまったく通じないのが、残念です・・・

ぺトラ遺跡群は、これだけじゃなくて、かなり広い範囲にわたって

さまざまな種類の遺跡が散らばっている。




全部歩いてまわったので、10km以上歩いた気がする。

めちゃ つかれたぁ。



遺跡を見ると、それを作った人たちや、

その当時の生活を想像するのが楽しい。

長距離移動で鍛えた妄想を最大限に働かせ、

当時のことを想像すると、感動が2,3倍になる。

このぺトラ遺跡を造った人たちは、本当にすっげーよ。

みなさんも、死ぬまでには、是非ここに足を運んでくださいね。

ってことで、

これからこの旅最後の国、エジプトに向かう。

AD

コメント(7)