☆別れた相手のことがどうしても気になる

そういうこと、ありますよね。

若い時などは、喧嘩の勢いで別れてしまうことがあります。

こういう時は、すぐにまたくっつくものです。

「もう会いたくない!」「こっちこそゴメンよ!」

みたいに、売り言葉に買い言葉で分かれてしまい、すぐに後悔する。

こういう場合、別れの原因がささいなことであることが多く、決定的な原因があるわけではないので、
元の鞘に納まりやすいのです。

寄りを戻したいと思ったら、意地を張るのはよくありません。

自ら連絡を取るのが、早く復縁するコツですね。

だいたい、ささいな喧嘩が原因ですので、連絡したほうが先に謝れば、相手も謝ってくれるはず。

そうなれば、しこりを残すことなく再び愛を育むことができます。

大事なのは、根に持たないことです。

後になってチクチク相手を攻めるようだと、再び喧嘩して別れることになります。

そうならないために、ふたりの約束を決めておくことも大事です。

その約束は、無理のないものにしたほうが無難です。

☆別れてからもう何年も経つのに、いまだに忘れられない

お互いに納得して別れて、音信不通の状態が長く続いたが、結局別れた恋人より良い人が現れず、
「よりを戻せたら」、と考えてしまう。

こういうことも、よくあります。

納得して分かれているのですから、「見解の相違」など、決定的に別れる原因があったのでしょう。

それでも忘れられない、となると、「好意は冷めていなかったのに別れた」、ということになりますね。

別れてから相手の良さがじんわり感じられるようになった、ということもります。

この場合、思い切って連絡を取ってみるのが一番です。

「久しぶり。最近はどうしているかと気になって」

程度の簡単なメールでいいでしょう。

相手も同様に、あなたのことをまだ心のどこかで思っていて、連絡を取ろうと思っていた、
なんていうこともあるはずです。

何年かの年月を経る間に、お互いが人として成長していれば、復縁して以前よりうまくいくこともあります。

レアですが、離婚した夫婦が再び同じ相手と再婚した、というケースもあるくらいです。


☆一番良くないのは、ひとりで悶々と悩むこと

やはり、相手に連絡をとってみなければ、状況は変わりませんし、相手の様子もわかりません。

もしかしたら、別れた間に相手にいい人が出来ていたり、結婚していたりするかもしれません。

そういう状況を知るためにも、勇気を出して連絡をとってみることです。

相手の状況を知ること。久しぶりに会話をすること。それだけでも、心の整理がつきます。

目の前が開けます。

一人で悩むのは、時間がもったいない。

復縁が叶っても無理でも、人生は続きます。

常に前向きな姿勢でいましょう。

一歩踏み出す勇気がない、前向きになれないなどお困りの場合は、
ぜひ一度ご相談ください^^



====================


☆シャーマン☆エルクは「占いの窓」にてチャットやお電話による鑑定を行っています。

☆シャーマン☆エルク

鑑定のご依頼はこちらから
(「占いの窓」トップページになります。シャーマン☆エルクが「待機中」のときに、選択していただければご相談に応じられます。「退席中」の場合はご容赦ください)




AD