姫路シャローム教会から、毎週メッセージをお届けo(^-^)o

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-10

忍耐して待つ (^_-)

テーマ:ブログ

先日 川沿いを歩いて 気が付いた  目

 

桜の木が 桜 すべての葉を 落として か細い枝だけになっていた ダウン

 

これから 冷たい木枯らし 雪の結晶 が吹いてくる   何とも寒々としていた 雪

 

春には 木全体が 花で埋まり 桜 人々を惹きつける桜 桜

 

花が散っても 新芽を吹いて 初夏には 生き生きとした葉っぱを茂らせ 霧

 

秋には 徐々に色が変化し 黄や赤に輝いて 合格 目を楽しませてくれた チョキ

 

そして 冬を迎える今流れ星  細い枝だけがアチコチに のびている あせる

 

枯れて 死んだかの様な枝 ショボーン  幹も 乾いてカサカサ ゲッソリ

 

見るだけでも 寒そう 雪の結晶 来年 どうかしら  と心配する ショボーン

 

しかし 桜は 毎年春になると 美しく咲き誇ってくれる 桜

 

桜の木の中には 桜 生命力があり 寒さに耐える事によって 養分を蓄える メラメラ

 

私達人間も 試練や 困難に ぶつかった時こそ パー 次のステップに 期待できる お願い

 

クリスマスも クリスマスツリー 近づいて来た 音譜

 

今から2000年程前 ビックリマーク イエス様が この地上に産まれられた時は !!

 

イスラエルは 当時 ローマの支配下にあり 民は苦しめられていた えーん

 

神の人と呼ばれる 預言者も 神の声が本 聞けなくなって400年が過ぎていた あせる

 

人々の心は 冷え切って あせる 生きる希望も 喜びも 持てなかった  あせる  ダウン

 

人々の中には 「 救世主 」 の出現を 待ち望んでいる人もいた  お願い

 

冷え切っている時こそ パンチ! 飢え渇きは 増してくる ラブラブ

 

この 飢え渇きこそアップ 寒さに耐える 桜の木を 思わせる メラメラ

 

辛い キツイ 現状を 受け止めつつも パー 内には 生命力を持ち 待ち望む信仰  チョキ

 

聖書に 野宿しながら 羊の番をしていた ヒツジ  ヒツジ 羊飼いの人達の所に 御使いが現れて 炎

 

「 恐れるな 見よ すべての民に与えられる 大きな喜びを あなたがたに伝える

 

きょう ダビデの町に あなたがたの為に 救い主がお生まれになった

 

このかたこそ 主なるキリストである 」 ルカによる福音書 2章 10、11節

 

それを 聞いた羊飼いたちは  ビックリ !! したが 信じ 行動を起こして 走る人  走る人  

 

ベツレヘムに向かって行った  あし  乙女のトキメキ  ラブラブ

 

キリスト 救い主の誕生を 知って喜びに溢れた と記されてある 本

 

当時 暗闇の世界で 新月 人々の心は冷え切っていたが ゲッソリ 

 

キリスト誕生の ニュースには 拍手 多くの人々が光を得た ひらめき電球

 

現代も 世界中に 物騒なニュースが流れている  ポーン  爆弾   びっくり

 

人々の心も ドキドキ 冷え切っている  丁度 葉っぱを全部落としてしまった あせる 

 

桜の木のように 枯れ果て ギスギスしている あせる   パンチ!

 

そんな心に ドキドキ 救い主を受け入れ ハート 神の命を頂いて 

 

これからの人生を あし  走る人  あし  生きて行けたら ラブラブ  乙女のトキメキ 幸いと思う

 

クリスマスは クリスマスツリー 教会で過ごしましょう ラブラブ   プレゼント  クリスマスベル  サンタ 

 

  

 

 

 

 

AD
2017-12-03

喪中ハガキ

テーマ:ブログ

12月に入った  目  今年の一年も アッ !! と云う間だった

 

最近 毎日ほどあせる 喪中ハガキが 届く パンチ!

 

あ~ そうだった 汗 な~って思い出す人 おじいちゃん

 

エッ !! いつだったの !? って ビックリする人 びっくり

 

90歳を越えた 親御さんを見送られた方々 おばあちゃん  おじいちゃん 

 

まだ 若いご兄弟を 亡くされた方々 お父さん  お母さん

 

今年は 例年より数が多く 10人は超えた  えー

 

そのひとり一人に 年賀状を書かない代わりに  バイバイ

 

哀悼の思いを込めて ドキドキ クリスマスカードを クリスマスツリー 送る事にしている

 

この世での別れは いくつであっても 淋しいもの 笑い泣き

 

その気持ちが この年末 クリスマスに 流れ星 少しでも癒されラブラブ 慰められたら音譜

 

と 願い心を込めて ドキドキ 書いている ラブラブ

 

私は今まで 実の両親 舅 を見送り ショボーン 喪中ハガキを 出してきた

 

その時には 年賀状が届かず 更に淋しい 汗 思いを 感じた事を 記憶している

 

だから 喪中ハガキが来た人 ショボーン には クリスマスカードを クリスマスツリー 書くようにした

 

人間は 誰でも 覚えていて もらいたいビックリマークと願うモノ

 

死を通して 世代交代が 成されて行く 走る人  走る人 と認めつつも 

 

人とのつながり も 大切にしておきたい ビックリマーク と願うモノ 手

 

でも 人間同士の ラブラブ つながり 慰めには 限界がある あせる   ダウン

 

しかし イエス・キリストには 限界が無い  ハート   メラメラ   グッ

 

聖書 コリント人への第2の手紙 1章 4節

 

神はいかなる患難の中にいる時でも

 

わたしたちを慰めて下さり

 

また わたしたち自身も

 

神に慰めていただく その慰めをもって

 

あらゆる患難の中にある人々を

 

慰めることができるようにして下さる

 

人を慰め 励ます事が ラブラブ 出来るのは いろんな苦難 患難を通ら 本

 

十字架の死まで 味われたが 復活されて チョキ 今も大きな御愛で ハート

 

支えて下さっている OK 主イエス様に依ることを 知っている  合格

 

日々 与えられている恵みを 本  ラブラブ  音譜  感謝しつつ 人々に流して行きたい 乙女のトキメキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
2017-11-26

姫路城 綿密な戦略

テーマ:ブログ

姫路に住んで 44年目  グッド!

 

姫路城近辺を 生活拠点としている あし 自転車でも15分かからない 自転車

 

世界遺産の美しいお城を クラッカー 日々眺められるってなんて  感謝 !!

 

朝日に輝くお城 晴れ 夕日に照らされるお城 乙女のトキメキ 折々に 美しさが違って見える 目

 

お客さんが 来られるとよく 案内していた 拍手

 

一昨年の平成の大修理が 終わり 真っ白になったお城にも 何回か行った 走る人  走る人

 

いつも その美しさと 壮大さに 感動していた メラメラ  ラブラブ

 

24日の金曜日 中学時代の友人が 姫路城を見たい 目 との事で やって来た 電車

 

彼女は 彦根城の観光ガイドを している  クラッカー

 

私は 今までは見るだけだったので イザ となったら何も説明できない !? 

 

彼女には 姫路城を 専門的に知ってもらいたいと思いグッ ガイドさんを頼んだ キョロキョロ

 

2時間タップリかけて 一つ一つ説明を聞きながら 回った あし

 

先ず 入城口から菱の門までの道で 「 目からウロコ 」  目  目  目  

 

私の城に対する イメージが ガラリと変わった 筋肉

 

マス状に登り坂を造り あし 壁には狭間(さま)が施され グッド! 分厚い門がある パー

 

これは 完全な防備の為 チョキ 最初の門は 広いが次々進むにつれて 狭くなってくる プンプン

 

門をくぐる毎に 道も狭く複雑に曲がっている !? 12の門を 突破しやっと天守に近づける あし

 

各櫓(やぐら)には 高い石垣がめぐらされ その造りにも綿密な戦略が 施されている バイバイ

 

すべてに 攻撃を防ぐ戦略が めぐらされている  びっくり 

 

400年前に これほどの綿密な 爆弾 戦略を練ったうえで造られた パンチ! と知り 今さらながら驚いた ポーン

 

天守の中に入り 説明を聞くと 耳 外からは優雅に見えるお城が 合格 

 

戦いの為の備えであり メラメラ 武器庫 爆弾 や 伏兵配置 パンチ! に使われていた  

 

きれいに並んでいるかの様に 見える狭間は 矢や鉄砲を放つ プンプン ための穴で 

 

それぞれの用途によって○ △  □ と形作っている えー

 

いかに 敵に威圧を与え 攻められない!! と思わせるか  タラー 

 

威風堂々とした外観 乙女のトキメキ 内に於いては攻撃の為に パンチ! 綿密な用意周到な備えをして置く 筋肉

 

お城を見て 400年前の 人々の生き方 あせる 心情を 汗 考えさせられた びっくり

 

今 衣食住の心配のない 日本国にいて ノホホン ニコニコ と生きてないだろうか  !?

 

聖書  エペソ書 6章 11節   

 

悪魔の策略に 対抗して立ちうるために

 

神の武具で 身を固めなさい

 

とある 

 

イエス様を 信じ ラブラブ 神の子供として頂いた者は 音譜 世の中のいろんな 誘惑や攻撃から メラメラ 爆弾

 

自分を守り 神様に喜ばれる ハート 生き方が出来る様に ラブラブ 神の武具を 本 持つ必要がある

 

神の武具とは エペソ書 6:14~17 

 

真理の帯 正義の胸当て 平和の福音の備え 信仰の盾 救いのかぶと 御霊の剣(御言葉)

 

等々 それを持って祈りと願いを お願い 捧げて行く時に 悪魔に勝つ事が出来る チョキ

 

お城の真の目的を知って グッド! 自分自身の心を ドキドキ 守って行かなければ !! 

 

と つくづく感じた 拍手

 

 

 

 

 

 

 

AD
2017-11-19

共に喜ぶ (*^_^*)

テーマ:ブログ

11月も 中旬になると 街中では クリスマスソングが 鳴り響き 音譜  クラッカー

 

ツリーも飾られ クリスマスツリー 光輝く イルミネーションが クラッカー アチコチで話題と なってくる

 

闇に輝く光 ひらめき電球 には 人々の心を ラブラブ ホッとさせる力がある !!

 

光は いろんな物を 包み込み 合格 安心感を与える 癒しとなる 照れ

 

聖書 ヨハネによる福音書 1章 9節

 

すべての人を 照らすまことの光が 

 

あって 世にきた

 

この言葉は イエス・キリストの 誕生を 表わしている 本

 

神を神とも 認めない世界 グラサン 人々の心は 冷え切っていた ゲッソリ

 

旧約時代から 預言されていた 救い主が来られる との期待感  手

 

人びとは いつかいつか ビックリマーク と 待ち望んでいたそのような時 !!

 

すべての人を 照らす 光として 本 イエス・キリストは お生まれになった 本

 

と 聖書に 書かれている

 

まさに 暗闇に 光として 来られた メラメラ

 

しかし 世は 彼を知らずにいた   聖書に書かれている

 

自分が 闇の中にいる事を 知らず 認めたくない人は ムキー

 

光が 来たとしても 認めようとせず 受け入れない ニヤリ

 

今の時代 ネット社会で 顔が見えなくても 目 通信したり 何を信じ !? 誰を信じるか  !?

 

まったく 先が見えなくても 新月 進んでしまう怖さが ある ダウン

 

マサに 暗闇の時代 と 思う パンチ!  爆弾

 

イエス・キリストは 今の時代にも 光となって下さっている  本

 

当シャローム教会では 25年程前 某身体障害施設に 入居しておられる方と知り合い ラブラブ

 

教会に 来られるようになり そこから数人の方々と深い 交わりが始まった お母さん  お父さん

 

25年 経った今では その方たちは 別の施設に行かれたり パー 亡くなられたり したが おじいちゃん

 

クリスマスには クリスマスツリー その施設に 訪問している あし  走る人  ラブラブ

 

何の取柄も 才能も無い 照れ 私たちだけれど イエス様に愛されている ドキドキ

 

イエス様の 大きな愛を ハート あの方たちに 届けたい 拍手

 

一人ひとりの上に 光が ひらめき電球 与えられて 生きる希望 チョキ 勇気 グッド! 

 

があるように と 願って ラブラブ 毎年 続けて来れた  走る人 走る人 走る人

 

私は 今年 一年間 数人のメンバーと 練習してきたオカリナ 音譜 を 聞いて頂こうと 頑張っている ニコニコ

 

ある人は サックス ヘッドフォン ギター バイオリン 流れ星 尺八 等々演奏に 力を注いでいる 筋肉

 

目も 楽しんで頂こうと願って フラダンス 七夕 を披露してくれる メンバー達もいる 

 

みんな イエス様の御愛を ハート 分かちたい と 願って準備を重ねている 炎

 

最後には サンタさんも登場して サンタ プレゼントを渡し プレゼント

 

一人ひとりの 肩に手をおいて 音譜  「 君は愛される為に 生れた 」 を 

 

みんなで 賛美し 音譜  声かけし 手を取り合って ラブラブ 恵みの分かち合いをする チョキ

 

施設の 皆さんも 毎年の訪問を ラブラブ 心待ちにして下さっている OK

 

暗闇の世の中 えー だからこそ 心と心の交流 ラブラブ 共に喜び合う事が 乙女のトキメキ 必要 グッ

 

今年も クリスマスが クリスマスツリー  クリスマスベル  近づいてくる 星

 

人びとの 心の中に 光 流れ星 が 降り注がれる事を 虹 願っている 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-11-12

子供の成長 (*^_^*)

テーマ:ブログ

11日土曜日は クリスチャンスクールの 子供たちが ラブラブ おりなすミュージカルを 見に猪名川に行った 走る人

 

幼児から高校生まで 60数人が 「 モーセ 奇跡のエジプト 」  を 力強く演じていた チョキ

 

モーセが 産まれたところから 出エジプトし 紅海を渡る所までを 歌あり 音譜 ダンス有り 照れ 

 

 確信に満ちたセリフあり グッ 衣装も その時代を表わしており チョキ 

 

メーク 合格 音響 音譜  効果音 クラッカー  照明 グッ 等々 素晴らしかった 拍手  拍手

 

一般の子供たちの域を はるかに超えて !! 洗練された劇団のミュージカルアップ の様に思い感動した メラメラ

 

感動を覚えたのには 大きな理由がある !!

 

思い返せば 5年前 バイバイ 当教会員の子が 公立小学校に入学してから いじめがあり ショボーン 

 

落ち着きが無く あせる 多動性発達障害と言われ 人びとから受け入れてもらえず ダウン 学校に馴染めなかった えー

 

心痛めたショボーン ご両親は 子供の事を 一番に考え上差し チャーチスクールを 探された 目

 

姫路には 無かったので 遠く猪名川まで 通う事となった 車

 

最初の一年半は 車で 車 片道2時間半 往復5時間を 毎日毎日 母子共に 通学された 車 車 車 

 

このチャーチスクール ビル に 落ち着きそうと 思われたご両親は 猪名川に家を購入され 家

 

週末は 姫路に帰って来て 父親と過ごす事も お父さん 大切にされていた  ラブラブ

 

これほどまでに 親の愛を受け ラブラブ イエス様を信じる 先生方 お母さん 友達に囲まれて おじいちゃん スクスク成長し

 

6年生になった 今年のミュージカルでは 音譜 シッカリ落ち着いて 大きな声でセリフを語り チョキ 

 

堂々と大役をこなしていた  拍手 メンバーとのチームワークも バッチリで チョキ 

 

心が たくましく成長している事が 解った  照れ  チョキ  OK

 

最初 入った時は 授業中 座って居られず えーん お母さんも共に 授業に臨んでいた びっくり との事

 

でも 今では 落ち着いて真剣に 授業を受け グッド! 理解力は抜群OK 暗記力も ずば抜けている様子 メラメラ

 

物事に 取り組む姿勢に 真剣さが見られ チョキ 人に対する思いやりも ラブラブ 育って身についている 手

 

この子が 産まれた時から 見て来たが 目 小学校のこの5年間の成長は 群を抜いている 拍手

 

この大切な 年齢の時 神様を信じる ラブラブ 家族や教師 友人たちに囲まれて 成長できた事は 幸いと思う チョキ

 

社会は こんなには 暖かくは無い  えーん  あせる   プンプン

 

 しかし この大切な年齢の時に しっかりと神様とつながり ラブラブ 心の基礎 ラブラブ が 正しく築かれた事は 

 

大きな財産を 得た事と 思う グッド!  グッ

 

神と人から 愛されて ラブラブ 育った事は 人生これからの上に 大きな力 パー であると 確信している

 

聖書 エペソ人への手紙 4章 15節 16節

 

愛にあって 真理を語り あらゆる点において 成長し

 

かしらなる キリストに 達するのである

 

また キリストを 基として 全身は すべての節々の助けにより

 

しっかりと組み合わされ 結び合わされ

 

それぞれの部分は分に応じて働き

 

体を成長させ 愛のうちに 育てられていくのである

 

キリストの愛の中で ハート 成長し ラブラブ

 

キリストを基として 本 結び合わされる パー 事こそ グッド!

 

人として 真の成長が 照れ 出来ると思う 

 

現代は 神様の愛 ハート に 気づかず 心痛め 苦しんでいる人達が 多い プンプン

 

いじめも なかなか無くならない ショボーン

 

先ず 自分の周りの人々 ラブラブ との 交わりから 音譜 始めて行きたい 拍手

 

淋しく 心痛めているえーん 子供が  居るならば 受け入れてあげたい ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。