hitomic channel

オーラソーマカラーケアシステムの色彩言語化通信


テーマ:
毎日が多次元の今、次はどこに着知、着地だっけか?とマヤの暦にいざなわれる今日この頃。
みなさまはいかがですか。きのうのことが前世のようになる不思議な時間感覚ですが、
今回の2016710は覚えておこう!と思いました。それは始まりだからです。
三宅洋平さんは政治に新しい命を吹き込んだドラゴンだ!!
浄化し、鼓舞し、新世代によりクリエイティブなディレクションを促している。
あらゆるレベルであんなに熱くてハートにギュンとせまる日本人のスピーチを聞いたのは生まれて初めてだ!3年前もカンパで応援した。今回はちょうど東京にいたから絶対会いたいと思って立川北口選挙フェスに!
同じ周波のレゾナンス!!それは大きなエネルギーを生み出す。
ポリティカルポエトリーリーディングか?バックで演奏するミュージシャン達のインプロビゼーションがクールでいい。その音に乗せて彼は正真正銘のトルヴァドールでもあった!
流動的知性、そんなエネルギーをつなげあい、洗練させていく希望を感じました。
権力と権威の闘争を超えていくパワー。
イロコイ族の話なども伝えていて、話し合いをしようという彼の目指す世界とのコミュニケーションに心から共感します!

彼のビジュアルに使われたラスタカラーが印象的で、ボブマーリーのGet up Stand upを毎朝目覚ましにしている私には彼が演説の最後にこの歌のことを言ったとき涙が出てきた。やーまん!


" >


もっともっと私たちはドリーミングを生きていく、そろそろ恐れの正体がみえてきた。
自分自身の中の恐れに気付いたらそれは愛に変わるね。

(ちなみに今回のタイトル覚明は平安時代の僧侶の名前ですが、革命より各名であり、さらに覚明がピタリときたので、使いました。)




さてこのあと新潟&春日部にてオーラソーマのレベル3コースを開催しますが、今はまっているMlle(マドモアゼル)ルノルマンカードの初級講座のリクエストを受け、急遽開講することになりました。
 
今日はそのご案内です。


マドモアゼル・ルノルマンカード 初級講座(ルノルマンスクール認定)@新潟 Lulu・Ten

{045F1C17-C032-4AEB-A88A-360F1333BE5D}




2016年7月26日(火)27日(水)18:30〜21:00 
会場:紫竹山 Lule・Ten お申し込み http://luluten.blog117.fc2.com
受講料:54000円(ルノルマンスクールオリジナルカード付き):ルノルマンスクールより修了証が発行されます。

—Mlle ルノルマンカードについてー from Hitomi Imamura

今ほど五次元思考、多次元思考になって多様でいて自在な瞬間着地点を生きる大切さ、個として生きる時代を感じる時はなかったように思います。地球に何回転生してきたんでしょう。
今回の旅は今どの地点に^〜!
謎の私という誰かは、I amの使命からこの天地に身をもって生まれ直して幾つもの通過点を、分岐点を越えてきたのでしょうか。
そんな中、脳はシャーマン的な知恵を記憶しています。
流動的知性という好きなことばがあります。
まさしく私たちの自在性を呼び覚ますための多様な構造のバランス感覚とでもいいますか、
思考のシフトを呼び覚まし考えるちからをリアルに自由にする知恵を磨きたいものです。

そこでMlleルノルマンカード!の出番かなと。
頭を柔軟に使い熟すトレーニングにもなるこのカードを紹介したいと思いました!

それはクリエイティブな宇宙遊戯であり変容のシステムに触媒する自らのための至高のガイダンスにもなりえます。
目覚めが加速する今こそ、ゆっくりとゲームに興じる心持ちと余裕が大切。そしてまたカードを切るごとにスピーディに意識の着地を見出しその瞬間に真実が花開く。
そんな現代社会に生きるニッポンの大人のオンナのためのエスプリを探究します!

京都の友人から見せられた36枚のカード。
私の手のひらにぴたっと吸い付くようにこのカードは眠る過去生DNAを蘇らせた。ん??なんだか知ってる感じ。
これは夢か幻か。あらま、あらま面白いじゃないですか!!

またたくまにJujuのコースを受講しました。
このJuJuさんこと小宮ベーカー純子さんが最強に頼もしいルノルマンスクールのプリンシバルです。Jujuのブログはこちら。http://ameblo.jp/sivjuju44/

姉妹であるMimiさんと本物魔女シスターズで運営しているスクールが未来を創造するルノルマンスクールになります。
この人生の先輩たちの懐の深さにも魅了され、ルノルマンカードにはまって現在に至るわけです。(笑)
かれこれ18年前、Jujuのコスミックダンスカンパニーにてダンスのワークショップに参加したこともあり、宇宙ご縁に共鳴。
Juju独自の解釈や歴史の紐解き方、新しいオリジナルなリーディング方法が、超絶面白いルノルマンカードリーディング伝授になっているのがこのルノルマンスクールの特徴です!

詳細はこちらルノルマンスクールからご覧くださいね!
http://www.lenormand-japan.com/ルノルマン-スクール/

そこで私も初級講座をお伝えすることにいたしました!
ちょっとした気分転換と思考転換から方向性やビジョンの確認作業、魂の癖や性格のパターンからの解放、様々なイメージのつなぎめを活性化するクリエイティブな手法!

このカードは数秘学やトランプ、カバラにも造詣が深く
精通していたと言われるマドマアゼルルノルマンの霊的存在が今私たちのインディペンデントなあり方に反映されつつサポートされているような不思議が実感できる実際的なカードです。

直感という乗り物を駆使して多次元の旅にでましょう!
今世の魂の訓練は幾つもの魂の旅の恩恵からもたらされる
至高の旅!誰しもが魂の美を生きることを許されています。

Mlleルノルマンがそっと耳打ちする瞬間、一杯の至福のカフェタイム〜〜私たちの人生がより優美で遊びに満ちた愉快なものでありますように!


{E51417EC-1661-4390-9C7E-01E0E91C3525}




(下記はプリンシバルJujuのルノルマンスクールより)
詳細がご覧になれます。
http://www.lenormand-japan.com/ルノルマン-スクール/


ルノルマンカード初級コースは、ルノルマンカードを使って簡単な日常のリーディングができるようになるための講習です。
ルノルマンスクールの初級講習は、マドモアゼル ルノルマンに敬意を払い、ルノルマンがトランプ占いを基本としていたところから、ルノルマンカードについているトランプの並びや意味を知るところから始まります。

トランプとヌメロロジー(数秘学)の関連もここで学びます。

このような過程で、36枚のカードの意味を単独で知るだけで、今の状況や、今のあなたにぴったりなメッセージを受け取ることができるようになります。

これは、ルノルマンカードの意味を丸覚えしなくても、リーディングができるようになる秘訣のひとつです。
ここから、ルノルマンカードリーディングの主幹となるジャクスタポジション(隣や縦横に隣接するポジションのこと)の2枚引きや3枚引きが簡単にできるようになります。

また、初級では、ルノルマンカードの背後にある、マドモアゼル ルノルマンの生きた時代背景や、カードの秘密の暗号ともいえる数々の歴史的な逸話も学び、混沌とした時代におけるリーディングの担う役割を明確にしていきます。

特に、マドモアゼル ルノルマンが、フランス革命時に、なぜ、サロン占い師として成功したのかなど、「生き方」を学ぶのも、初級の特徴です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

伊藤清泉さんの個展を10年ぶりに主催させていただきます。
東京根津のギャラリーマルヒさんにて。

8月3(水)〜7(日)是非ご来場くださいませ。
私も清泉さんも毎日おります。
3日(水)はオープニングレスプションパーティーを開催します。

http://star-poets.com





{4BFE983A-9D54-4A96-82D5-88E231400D46}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
チャーリーとさとこ~打ち上げタイム!


{85340D20-9CF4-4614-B78B-DBE1966AAE11}

野口さとこ写真展「Who is Charlie?」にお越しいただいた皆様。誠にありがとうございました!
毎日尽きることなく多くの皆さまのご来場があり、さとこ&チャーリーへの愛に溢れた皆さまのお立会い、ご声援こそが何よりの楽しいエキシビションとなった6日間でした!
250部限定の写真集もすでに150冊を切っております。
チャーリー曰くこれからもぐふふ。と笑いみなさまの懐に回り込む!マジカルな技もさらに磨きをかけていくことでしょう!会場で野口さとことのフォトセッションを楽しんでくださった皆さま。
チャーリーページにて少しづつアップされると思いますのでゆっくりと楽しみにお待ちになってあげてください。
これからも野口さとこ&チャーリーをよろしくお願いいたします。


(以上はFacebookのチャーリー展のイベントページに先ほど投稿した記事です。)


さてさてチャーリー、というわけでお疲れさんでした!

さとこ&チャーリーとアート関係者M氏との打ち上げにて
すでにチャーリーは放心状態。いやいやよくがんばりました。こちらは上記のBarでの打ち上げタイムでチャーリーを撮ったつもりが、、、、笑 

{6711920A-E7B0-4CBC-8679-74F76BE1387A}

最終日、皆様からいただいた花に囲まれて。
{FAA82806-E6C2-4C50-BEDF-96D6F8A5E0BD}

{3153B8C3-6F6F-420F-B59F-2A6AFBD4FE76}

サインも熟れてきましたぞ。

{11858D17-518E-48F3-9360-05417B39EE28}

かずえさんと、(さとこ母)  チャーリーほんとに嬉しそう!





人生は予期せぬことで溢れている。

今回のチャーリー展のDMでさとこいやチャーリーが使った言葉です。

縁は異なもの味なものと言いますが、チャーリーという存在はぶれない稀有な存在としてその中心に立つことをゆるされたアイコンであり、
野口さとこのモデルとして強調されてはいますが、彼女のしている行為は単にチャーリーを連れ歩いて、ほのぼのとした一瞬をカメラに収めようとしているわけではなく、
チャーリーとの縁が味なものになってしまった瞬間がどこかにあったのだろうという過程が現在に至る~ということではないでしょうか。
はじめにチャーリーありき。(詳しくは今回の野口のテキストをごらんください。)http://www.satokonoguchi.com/

便宜上、チャーリーは野口の写真のモデルです。確かに。
今回の展示に際し、選び抜かれた作品たちから感じるそれぞれのテンポやリズム、哀愁やほのぼのとした一瞬や風情、景色の美しさなど、私たちがスマホやデジタルカメラを簡単に使えるようになった今、
日々の中で自分自身や愛する人々を撮りたくなる、動物や風景を撮りたくなるようなショットたち!
チャーリーはひょうひょうとした旅人のようにそんな大切な瞬間に登場しています。そして見事に収まっています。それは長年写真の技術を重ね、感性を磨いてきた誰にも真似できない野口さとこならではの本質の一瞬なのです。

また一方ではチャーリーが居るという瞬間に立ち会う、写真に映し出される前後の真実にこそ、物語があり、親密さや、驚き、可笑しさ、などのペーソスに満ちたコミュニケーションのエネルギーが有ったことを想像させます。
チャーリーがいることによって気配が変化したり、人間模様のパターン化された日常に新風を送り込み、風穴を開けたり風通しをよくしたり、新鮮なる精妙な輝きを授けるチャーリー、また間に立つことによってサークル(円)の中心が保たれ、チャーリーがポータルとなり、コミュニケーターとして中継点となって人間界を支援するといったことが起きてくるのです。

人形やぬいぐるみなどの愛玩としてのジャンルは当然存在し、私たち人間の間に立つことで
介在者となる不動の地位を築いている人形の文化、伝承があります。
人形に魅せられるということは私たち人間の古くからの歴史であり、確固たるひな形としてその存在価値を古代より現代まで世界各国の文化、伝承として今も息づいている世界です。

ではチャーリーはチャーリー人形なのか。

そんな愚問からは遠ざけ、彼のルーツ(腹話術人形)にもあるようにチャーリーを聖なるものと人の間に立つカタリストとしてのDNAを受け継ぐものとして讃えてみたいと思います。

同じように私たちもまたそれぞれの遺伝子を引き継ぐ生命体である。

命があるかないか、その違いは大きいでしょうか。
私たちが命ある存在の儚さに畏れを抱くとき、不死の生命、物質に宿ったスピリットとしての憧れを人形は俯瞰する思念として映しているのかもしれません。

チャーリーはまるで命を吹き込まれたかのような存在感と洒落者の風貌により
あるいは知性を感じるほどの豊かな表情で、多くの人々を魅了せずにはいられない
存在なのです。
Who am I ?   チャーリーは問いかける問いかけです。

チャーリーをこの先も撮り続けていくのか、野口さとこの写真人生はこれからが本番を迎えるのではないでしょうか。

また野口さとこのお地蔵さんの作品シリーズの展開、今評判を呼び売れている「京都日常花」(青幻舎刊)
(写真はすべて野口による。)
野口さとこの存在としての妙は、さらなる進化を遂げていくであろうと思われます。

彼女が学生の時に大きなアフロヘアにしていたことを思い出しましたが、彼女の中から放たれる普遍的な気品と謙虚な物腰からくる存在感は、チャーリーに負けず劣らず益々面白や~と展開していくことでしょう!

6日間のチャーリー展が終わり、ほっと胸をなでおろす、チャーリーという男
と写真家、野口さとことの最終打ち上げ飲み会は今日です!

皆様とも乾杯させてくださいね!

http://www.satokonoguchi.com/
https://www.facebook.com/charlie.noguchi/
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
チャーリーよ!君は今、これまでに経験したこともない緊張を感じているだろう。

君の人生はなんて創造的なんだろ~~!そして日々を渡る経験者としての君の自由への目論見に
拍手喝采を送りたい!

{18CF7E96-C41F-4669-87DE-24103EA7E9BB}

さて私の友人、チャーリー君は野口さとこちゃんちの不思議な家族です。

彼をモデルに写真を撮り続けているさとこちゃんがその数多くの写真の中から選びに選んだ
写真作品がこの度、北白川のロンドクレアントに展示されます!

私も毎日お手伝いしています。

ぜひさとこ&チャーリーに出会いに来てください。
チャーリー展について書かせていただきました。

:::::::::::::::::::

チャーリーとは誰か。


チャーリーの手の鳴る方へ
     ~コミュニケーションのアートとしての実在~

野口さとこの個展を主催した2003年、彼女の切り取る時間の奥行きには
常に傍観し、俯瞰し、カメラの向こう側へと何かを観察し続ける少女の姿があった。
距離感の必然をとらえたこちら側とあちら側。その隙間に立ちながらコミュニケーションの瞬間をつなぐ記憶。
野口の写真にはクールな愛情がある。

ただ自然の美しさを写しただけではない花と蜂のおしゃべりが聞こえてくるような瞬間、北欧の街の路上で、遊んでいるのか嘆いているのかわからない女の子。
パリのカフェのテーブル越しに微笑むロートレック風イラストの中の女と生き生きと今を飲み込んでしまいそうなオレンジジュース。
“Suite féerique”というタイトルの個展だった。
当時、すでに彼女の現像の技術が結晶化したオリジナルプリントは、
旅の途中の配分を分かつ優美で懐古的な結界のようで美しかった。

その後の野口は写真家として水木しげる氏はじめ錚々たる紳士・淑女たちのポートレイト、2011年には禅フォトギャラリーにてライフワークのひとつである、各地のお地蔵さんをとらえた写真集「地蔵が見た夢」を発表するなど、精力的に独自の写真芸術を探求し続けている。

そして初個展から13年目の現在、野口さとこの写真芸術の世界はチャーリーという一人の家族のような男の出現によってかき乱されている。

3.11以降はじめてチャーリーを紹介された。
チャーリーをモデルにした写真を見せられた時、とにかくチャーリーの生い立ちが気になってよく彼女に尋ねたものだ。
ねえねえ、さとこちゃん。チャーリーってルーツはイギリスなの?その懸賞を出した酒造は今もあるの?
さとこちゃん!ところで中学の時はチャーリーで腹話術やってみたの?
腹話術って降霊術だったらしいね!など。

どうでもいい話のようで興味があるから仕方がない話題を
チャーリーをいじりながら投げかけてみたものだった。
そんなチャーリーが、なんだか会うごとにおしゃれな紳士へと変貌していくではないか。いや変容していくといったほうが正しいかもしれない。
祖母であるとしこさんの、お手製のダンディなワードローブを駆使する洒落男。
意外と照れ屋なチャーリーには少し気遣いが必要だ。
うっかり無礼をするとこちらの方の神経を問われるような顔をする。
モデル?としてどのような場所、人々とであっても実に凛とたたずむ彼は、
何か言いたげにいつもため息をついているように私にはみえる。

「チャーリーという男が媒介するこの世の縁(えにし)。」
今こそ野口さとこの写真の中にいる真実のチャーリーに会いたい。

チャーリーとはいったい何者なのか。

近づこうとすればするほど彼の存在は遠く儚い。
また彼から離れようとすればするほど手を引かれ人類の深みへと招かれるようだ。
ならば導かれるに任せよう。

チャーリーの手の鳴る方へ。



:::::::::::::::::

京都・北白川のロンドクレアント(故・梅棹忠夫邸)にて展開される、初のチャーリーの晴れ舞台。
http://rondokreanto.com/category/concept/

もちろんチャーリー本人も毎日在廊しています。

媒介者の極みとして存在するチャーリーのあらゆるシーンを野口さとこが演出する、チャーリーの魂の物語!
ぜひあなたもチャーリーに出会いに来てください。

スターポエッツギャラリー 今村仁美


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

野口さとこちゃんのホームページはこちらから。

http://www.satokonoguchi.com/

今回のFacebookイベントページを作成しております!

https://www.facebook.com/events/1765033807076092/
{99F78795-4A53-4374-B70A-BDA00089D1FA}

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。