岡田光世さんの
『ニューヨークのとけない魔法』
を紹介します。







世界一お節介で、おしゃべりで、図々しくて、でも憎めないニューヨーカーたち。
東京と同じ孤独な大都会なのに、ニューヨークは人と人の心が触れ合う瞬間に満ちている。
みんな切なくて人恋しくて、でも暖かいユーモアを忘れない。
息苦しい毎日に心が固くなっていたら、
ニューヨークの魔法にかかってみませんか。





岡田光代さんのニューヨーク生活についての エッセイです。


ずいぶん長い間、積ん読になっていました。
いつ買ったのか覚えてないくらいです(笑)



とても良かったです(^^)
もっと早く読めばよかったなぁ。

積ん読にしていた本を読むと、
大抵そう思います(笑)



一話一話がとても短くて読みやすく、
たくさん話があるので、読みごたえもバッチリです。



どの話にも簡単な英語がまじっていて、
よりニューヨークを身近に感じられ、
なにより勉強になりました!

英語は苦手なんですが、
これを読んで少し好きになりました(^-^)/



心あたたまる話だけでなく、 
文化の違いに戸惑ってる話や、切ない話などがあり現実感が伝わってきてよかったです。


アメリカは少し怖い印象があったのですが、
そうじゃない部分もたくさんあって、
イメージが変わりました。


ニューヨークって良いところだな、
行ってみたいな、と思う一冊でした!





読んでいて、
中学生の頃の出来事を思い出しました。


塾帰り、
黒人さんに片言の日本語で挨拶されました。

「hello!こんにちは!」

いきなりだったのですごくビックリして、
変な声で返したのを覚えています(^^;)

それからも何度か塾帰りにいつも同じ場所で黒人さんは立っていました。

最後の方は日本語が少し上達したのか、
「こんにちは!元気ですか!」
になりました。

いつの間にか、いなくなってました。



知らない人から挨拶されるなんて、
ほとんどないから驚きましたが、
嬉しかったです。

でも、あの人からしたら普通のことだったのかもしれません(*^.^*)




                            
これには続編があるので、
そちらも読みたいと思います♪


続編と言っても話が繋がっているわけではないので、どの巻から読んでも大丈夫なんだそうです (*^-^)b
AD

コメント(8)