スカパーで見ました。
A席ではよく見えませんが、仮設棟からの映像で見るとボールはそれなりには回せていたようです。

ただ、愛媛のプレッシャーが効いており、ボールキープするのがいっぱいいっぱいの感がありました。

ゴール裏からは数試合、遠ざかっていたので詳しくはわかりませんが、ゴール裏でもだいぶ厳しい声が聞かれたとか。
戦術批判や監督批判を嫌う風潮がやはり多くあるようですが、イエスマンばかりでは成長はない。
選手がすべて正しいという意見。
それも一つの意見ですし、否定するつもりはありません。
プロの選手だから、有名な監督だから。
そんな権威に素人が意見を言えない。
そんな環境やチームには成長はない。

だから、いろんな意見が出るべきだと思っています。
個人的には誰かを攻撃する様な発言は、匿名性の高いネット上であればなおのこと、好きではありませんが、一生懸命頑張ったのだからと、だれも責任を取らないようなチームではいけないと考えます。
私はどんな意見であれ、建設的な意見はどんどん発するべきだと思います。

素人だろうが戦術采配、プレーに疑問があればどんどんぶつけるべきだし、素人だからこその目線で語れば、玄人には気がつきにくいことを発言しているかもしれない。

だから、もっともっと、ゼルビアを愛すればこその発言が増えることを期待します。
現状を認識し、応援するのはもちろん。
負けても拍手で迎えるのもいいでしょう。

それぞれの立場で、考えで応援すればいいと思います。

そこに気持ちがあれば。

だから、プレーに気持ちが見えないと私は許せないのです。



愛媛戦の太田のプレー。
野津田ではよくわからなかったけど、後半はよく走っていましたね。
2点とって、前線からボールを追い回し・・・・

でも周りがついてきていない。
一人でプレッシャー掛けても、他の人も連動しないと。

今一度、選手の気持ちを、意識を胸に戦ってほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
AD