先日のオフィシャルニュース

修行も崇文もカッコいいけど、この人はやはり違うんですね。

トリニータでも顔面偏差値高かったらしいですが、一緒に写っている女子大生はJリーガーとの認識とはちょっと違う気がします。

確かに顔小さいし。アイドル系ですよね。
って、この表現がオヤジくさいかな・・・ガーン

そのかっこよさで、多くの人を野津田へ呼び寄せてほしい。

そして、そのかっこよさと裏腹な、熱いプレーを私もみたい。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
AD

あの高揚感を再び

テーマ:
あっという間の21試合。
思えば、始まったのは昨年度でしたね。
スカパーも契約してなくて、HUBの存在も知らないで。

ホーム開幕戦は駒沢で、そして3節目には早くも初勝利。
4節の本当のホーム開幕戦で2勝目。

行けるんじゃないかぁ?

そう勘違いしたのは、私以外にもいるはず・・・ガーン

それから次に勝つのは、11節の横浜FC戦。
このときは、前日に購入したチケットを自宅に忘れたことを最寄り駅2つ手前で気がつき引き返しました。
さすがに家族分6千円は、捨てられませんでした。

再び戻ったのは、前半15分過ぎくらいでしょうか。

あの時も興奮しましたねぇ。

そして前節21節まで10試合。勝ち星無しなんですね。

長い様で短い21試合。

でもやっぱり長いかな?

ここからは、勝ちの割合が増える予定ですので、もっと短く感じるのでしょうにひひ


ただひとつ、言えることはJのチームとして戦い、それを応援できることの喜び。

負けたっていい。

ただ、負けるべく負けるのではなく、勝負しようよ。
けが人が多くゲーム組み立てるのが難しくても、出来るチャレンジをしよう。

だってプロだもん。エンターテイナーだよ。

最初から、投げ出す様な試合では客は離れる一方だよ。

勝負して失敗しても、精一杯やっていればとてもカッコいい。

挑戦する、勝負する、その真剣さに価値があるんじゃないかな。
そりゃ、思い通りのサッカーが出来て、相手ゴール前までパスが繋がり、シュートが打てる。

そんなサッカーが出来ればいいが、J2初参戦でいつもそんなサッカーが出来るとは思ってないよ。

でもやっぱりプロなんだから、お金払って見に来て貰っているのだから、お客を楽しませるとか、感動を与えるとかしてほしいな。
特に、子供はしっかり見ているよ。
コーチやっている選手も多いし、プレーに感動あれば、きっと子供はまねするよ。

カッコいい選手の真似。子供は素直だから、カッコ良ければ憧れる。

選手との距離が近いゼルビアのいいところ。


20節のホーム、モンテディオ戦は今までで一番、一体感を感じたよ。

鳥肌だけでなく、しばらく涙が止まらなかった。

あ~ぁ、こんな試合いいなぁ・・・・

そう思った。


さあ、後半戦。


これまで以上に、野津田全体で盛り上がろうよ。


頼んだよ、オジー。


あ、ドイツーイタリアまでもう時間がない・・・汗
これから寝たら、やばいかな?

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
AD

テストマッチ

テーマ:
ん~、テストマッチは基本的に、出場機会の少ない選手の試合感を落とさないため、怪我から復帰を目指す選手のテストの場・・・いろいろな意味合いがありますが、さすがにプロですから大学生に4-4はどうなんだろ?

今のチーム事情を反映しているのでしょうか。

あくまでも『テスト』マッチですから、結果を心配の材料にはしませんが、練習でできないことは試合でもできませんから、次回のテストマッチではいいネタがあることを期待します。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
AD
さすがにこううまく行かないと、いろんな不具合が目についてくる。

・勝てないこと
・点を取れないこと
・ミスが多いこと
・何も変わらないこと

わかっていても、行動に移さないと何も変わらない。

だれが変えるのか。


我々に出来ることは、我々が変わること。

これまでの良いところは続けていき、
?な点は変えてみる。

何かを変えなければ、結果は変わらない。


前節、岐阜戦はスカパーでの観戦でしたので、何が長良川であったのかは、
他のサポさんのブログ等でしかわかりません。

ただ、私が言えるのは、どんなに負けて弱いゼルビアであったも、ゼルビアサポは決して、他チームに対して恥ずかしいサポではないと言うこと。

人がやっていることなので間違いや勘違い、ミスはあります。
トップチームは何せミスが多いですから(^_^;)

ミスで人を嫌いにはなりません。
ミスを認めない人、気づかない人、直そうとしない人に対して、私は距離を置きます。

ここは、弱いトップチーム応援するためにも、それこそゼルビア公式HP等利用させて貰い、今回の件について見解をとりまとめ、コメントを出されてはいかがでしょうか。

誤解や勘違いがあるかもしれません。もし間違いであれば非を認めることは大切なこと。
まさに、クレーム処理と同じだと思うのです。
特に同じ商品であるゼルビアを愛する顧客からでたクレームを流してしまって良いのでしょうか。
難しいところではありますが、チームがこういう時こそ、まとまって力を結集することが大切だと私は思います。


注)上記、コメントは憶測を元に記しております。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ

VSFC岐阜

テーマ:
ん~・・・・しょぼん

遠く岐阜まで遠征しましたサポさんお疲れさまです。

今日は、画質が悪く、見ているのが誰か判別できないスカパーでの観戦。
画質とともに、内容もだめなゼルビアに戻ってしまい、テレビの前でイライラ。

はっきり言って、岐阜に行かなくて良かったと思った。
下位決戦で、岐阜も精度がないプレーの連続。
枠に飛ばないシュートに、攻められないゼルビア。

それくらい、ダメプンプン

やはり、選手層が薄いのか。

こういう時こそ、ベテランの経験が必要だと思うのですが。
もう、オジーには期待できない、してはいけないのでしょうか。

いつも、コメントは第三者的だし。

次節は、貴重な勝ちを献上してくれた横浜FC。

今度は前回の逆の展開になるでしょうねガーン

書けば書くほど愚痴になるので、この辺で。


遠征サポさん。気を付けて帰って来て下さいね。
カツが戻ってくるまで、あといくつ勝ち点を積み重ねられるか。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
選手の皆さん、スタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、サポーターの皆さん。
そして、モンテディオサポの皆さん。

お疲れさまでした。
今日は、ゴール裏から見ても良い試合でした。

確かに、モンテディオは格上ですから、決定的なシュートも何本かありました。
でも、それでも、遅れても走って追いかけ、シュートコースを消していた加藤のプレーや、藤田の身体の張ったスライディング。

ゴール裏までしっかりと伝わってきました。
なによりも、この試合は、前々へ、そしてゴールへ向かう姿勢が見られました。
途中、モンテディオからボールを奪えない時間帯があり、その時はそのまま崩れるかと思いましたが、ボールをとれなくてもあきらめずに追いかけ続けたのが、失点を防げた要因ではなかったでしょうか。

ピッチの気持ちがゴール裏に伝わり、ゴール裏では今までにない高揚感、モンテディオサポさんからからダイレクトに伝わる声量。
初めて、ゴール裏で鳥肌立ちました。

とっても暑くて、ゼルビアのユニは絞れば滴がたれるくらい汗かいたのに。


結果、スコアレスでしたがこんなに満足感ある試合は初めて。

90分声出し続け、途中、なぜか歌いながら涙が出始め、止まらず・・・。

たとえ、最下位でもJの一員としていられる、応援できることが嬉しかった。


でも、まだまだ最下位。



ここから、徐々に上がっていくぞ!



追伸)コールリーダーさんお疲れさまでした。
今日は、バックスタンドも少し巻き込めましたね。
あそこから少しでも声が出たら、すばらしい応援になりますね。
いつもありがとうございます。
お疲れさまでした!


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ



VSモンテディオ

テーマ:
今日は、前節まで首位のモンテディオ戦。
現在最下位のゼルビアでは厳しい相手であることに、異論はありません。

ただ、ホームの野津田ですし、前節では明らかにいいゲーム展開出来ていましたから、もう一歩進化できたら、ひょっとするかな?

勝ち点3を取るんだ!

とまではいいません。

決して気持ちで負けずに頑張って、勝ち点1を勝ち取ってほしいと思います。


では、野津田へGO!!

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
ゼルビアネタで復活したブログ。
でも、最初は不甲斐ないプレーにカツを入れるため、厳しくとも強くなるために檄を飛ばすことが主な目的だった。

だから、必要な事は、たとえ厳しくても言わないとチームは強くならない・・・
そう思っていた。

昨年はゴール裏への参加が初めてで、ともすればちょっと強い口調で声を出しただけで、周りから浮いた様な視線を受けること数回・・・
あ、もちろん罵ったり、馬鹿にしたりという類のことは口にはしませんよ。

今と同じく、前に進まずに負けたりした時には、

『Jに行くんじゃないのか?行きたくないのか?』

位は言ってました。


場数を踏む毎に、どんな試合でも次こそ頼むぞ!

その気持ちをぶつけることの大切さ、選手として受ける気持ち、力の強さを、選手や他のサポさんのブログで拝見しました。

ブーイングしないこと。

この強さがいつか発揮できると良いなと思います。

そりゃあ、人間ですから不甲斐ない戦いであった時は言いたいこともあります。

いまだに、息子はゼルビアが野津田で負けると半べそになります。

選手も苦しいだろうけど、サポーターも苦しんでます。

だからこそ、いつか勝ち点3を勝ち取った時に爆発したいです。


そろそろ、前半戦も終盤。

このままシーズン終盤ってことはありません。きっと。


前節は、本当に良い流れだった。
ただ決められないだけ。

これまでと違った。
いつもメディアでは、良いサッカーはしている・・・という表現が使われていた。
でも本当なのか?そう思う試合が多かった。
でも、前節は違った。
あと一つだけ、これまでと違うことが出来た時、勝ち点3が転がり込んでくると思う。

その一つができるように、やっぱり、サポーターが、一人でも多くのサポーターが声出して、選手達の後押しをするのが、まさにサポートなんだと思う。

選手もサポーターもチームも勝ちがほしいところ。

前向きな意見であれば、厳しい意見もどんどん出したらいい。
それは前向きが条件。
そうでなければ、ただの愚痴。
愚痴は何も生まない。

みんなでいろいろ言い合って、少しでも改善すればいい。


やっぱり、何があってもゴール裏で声あげるのがいいね。


追伸)前節はやっぱりみんな声が出てなかったかな?


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ


今日は、定時あがりで帰宅。

途中息子からのメールで、先制を知る。

ここ最近ないパターンなので、ついに今日は夜明けかな?と期待が頭をよぎる。

途中メールが来ないので、同点のままハーフタイムで、後半からスカパー見ようかな?

と思っていたら、あっというまに逆転・・・・とのメール。

後半から視聴しましたが、攻撃に関してはなかなかではないですか。

でも、やはりというか、決定力が・・・・汗


後半のファジアーノは手数少なく前線にボールを運び、しっかりシュート。

しかも枠を捕らえる、またはドキッとするようなシュートが多い気がする。


ゼルビアもディミのシュートや庄司のシュートありましたが、枠を捕らえてなかったり、キーパーの前だったり・・・


こればかりは、一朝一夕には改善しませんが、すくなくとも数を打たないと入らないと言うこと。

今日は13本?のシュートでしたが、他の試合やこれまでをみてもシュート14本打つと2得点になる確率が高い気がします。(調べてませんが・・・)

ぜひ、次節は首位との戦いですがシュートで終わってほしいものです。


追)負け癖がついて?悔しさよりも前節よりもできるようになったプレーが見られるのが嬉しい。

Drugi put!!


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ


そろそろ得点の、勝ち点の匂いがしていて、雨の中息子を連れ出し野津田へ行ってきました。

結果は0-2で勝ち点0。

厳しい見方をすれば、これまでと変わらず、DF陣の横や後ろへのパスがメインで、前へ進む、得点を取りに行く気持ちが見えない前半。
耐える修行。雨の中、枠内のシュートを数本はじき頑張っていましたが、前半のうちに失点。

後半、スタートからディミが出場すると、ディミが上手くくさびになったり、前線で左右にはたいたりで良い流れ。でもシュートまでが遅く、結局打てなかったり、打っても枠に飛ばなかったり。
でも北井だけは、後半はドリブルで突っかけシュート打つものの枠に弾かれたのが何本かありました。
ディミが入ったこと、そして康介や田代などのディフェンス陣がリスクを冒しドリブルで突っかけたり、駆け上がったりすることで、相手のディフェンス陣も少しついてこれなくなったところがありました。やはりパスで崩すのも大事ですが、パスだけしかないと、パスの出所、受けどころを相手ディフェンス陣は抑えればいいわけですし。

だから、後半終了間際に大竹が今季、J初出場したのは、この突っかけるのを期待されていたのだと思います。時間がなかったのでしようがありませんが、ボールには結構さわっていたので、強引に突っかけてほしかったですね。
ゼルビアよりは上位ですが、ザスパのディフェンス陣はそれほど強固な壁ではありませんでした。
今のゼルビアは、このドリブルが少なすぎ。

ここのところ、頼りになりつつあった鈴木孝司も今日は、いまいちでしたし、平本もいつものキープ力、そしてヘディングで競り勝つところが少なかった。
疲れが出ているのでしょうか。

やはり一言で言えば、決定力がなかったこと。

ザスパも決して良い試合であったとは思いません。
ザスパのサポであったならば、後半の半分はひやひやしていたところです。
でも、決定力のない下位チームだから、決められずに済んだ・・・

そんな印象でしょう。

そんなザスパも、2点目はワンチャンスを決めてきました。

決定力があったから、勝ち点3をもぎ取っていったのでしょう。


ん~、負け慣れちゃったのでしょうか。
悔しさよりも、そんなもんだよ。

そんな慣れっこになりたくない!!


アルディレスよ、なにを考えている?!

理想は大事。でも現状も見ようよ。

今の選手で出来ることはもうないの?
われわれサポは、まだあきらめてないよ。

だって、出来ると思われていること、やってくれるだろう選手がまだ出ていないこと。
まだ試されていないことがあると信じているから。

あきらめるのは、すべてやってだめだったら。

それからでも遅くないですから。

われわれは挑戦者です。もう恐れることはないのです。

やらずにJの舞台から降りること。

それだけは許せません!!

なんで酒井を使わないのか。
今日は最後まで走りましたが、苦しい時こそ走って、最後まで走って周りを元気付ける選手だと思っています。
ようやく、待望の大竹は出場しましたが、5分だけ。
身長のある先崎もリザーブ入りしたし、まだやれることがあると信じています。

田代の右足首は心配ですし、カツや薗田もいつになるのかわかりません。

チーム状態は万全ではありませんが、


今いる戦力をフル動員して、前へ進んでくれ!!




追伸)ザスパの湯もみ。
ご当地っぽくていいね。地域性を感じるのは楽しいですね。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ