電車・バスなどの公共交通において、席を譲るべきかどうか。

これは、結構難しい。


明らかに譲るべき人ならば問題ないが。



昨日見たのは、


「優先席だからゆずれ!」


と要求するタイプ。見たことない・・・。


当然要求されたのは若いサラリーマン。


「つらいから、譲って頂けませんか?」


ならば青年も気持ちよく譲っただろう。




しかし、この場合は、



「優先席だから、当たり前だろう。」


こころのなかにしまっておくべき言葉を放っていました。



もし、青年も体調が悪かったり、怪我をしていたら、それは当然座っている権利はあります。




不機嫌に立ち上がった青年に対して、そのオヤジはずっと説教たれてました。



なにか良い方法はなかったのか。



お互いにちょっとした思いやりの一言があればいいのにな、


と、心にもやもやっとしたモノが残ってしまった、一件でした。


AD

またまた

テーマ:

またですかぁ・・・・・。

空港みっちゃん


いまそう思いましたね。



わたしがそう思いましたから・・・。


広島空港みっちゃん「ネギ焼きスペシャル」。


空港は本店、その他の店と違うのでしょうかね。


まあ美味しかったです。


でもこれもラーメンと一緒で、奥が深い。なかなか


これだぁ!!


と言うのもない。


これまたラーメンと一緒で、夜がもっとも美味しい時間帯なのでしょうか。


焼く人によってもだいぶ違いますよね、Hiroさん。


AD

望月 俊孝
幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる

少~し暖めていたプランがあり、人に軽く(ここポイントです)相談する機会があった。


結果、


「難しいのではないか」


との意見を頂きました。



詳しい計画、見通しその他は伝えてません。


ですから、それでそのプランが消えることはありません。


が、しかし、人に否定されると結構モチベーション、テンション、その他もろもろ下がりますね。




そんなこともあり、今このモチベーションを維持できたきっかけとなった本を、実は前もって鞄に入れておいてテンションが下がりそうになったら、帰りの電車で読もうと思っていました。


そのとき目についたのが、標題の言葉。


いろいろと考え、いままでと何も変わらないと思える生活の中でも、何かに気付き、そのことを楽しめる。


それは、目標としていたモノ、状態を手に入れるのではなく、心を手に入れて初めて


「満足感」


を得るのではないでしょうか。



思ったよりも早くモチベーションを回復することができそうです。


AD

カール・ユング(フランクリンプランナーの今日の言葉より)


まさに私だ!


そう思いました。


腹をたてて初めて、いやなことなんだと気がついたり、自分ならば絶対にしないぞ、と誓ったり。


決して自分では怒りっぽいとは思っていないのですが、こんなのもありました。




「不満が前進への第一歩である(トーマス・エジソン・・・フランクリンプランナーより)」





怒ること、不満に思うことは自分の心の中に飲み込まなくてもいい。


改善する方向にもっていけばいい。


私もミッションステートメントに掲げました。




「イライラしたとき、頭にきたとき、怒ってもしょうがない。目的を完遂するための方法を選択しよう。」




な~ぁんだ、私も怒りっぽかったんだ・・・。

自分でもわかっているじゃん!俺って・・・。




のんべ~バトン

テーマ:

奇跡への軌跡 のcuriositaさんから回ってきました、

「のんべ~バトン」

乗りは不幸の手紙と同じような気がするのは私だけでしょうか・・・。

ただおもしろそうだし、なぜ私に来ない・・・そう思っていたのも事実なのでまあ、いいか。

では行きますねー!

【Q1】今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?

えーと、確認してきました。

ビール系飲料350ml×3

H16自宅産梅酒約1.5l

ワイン1本でした。

【Q2】 好きな銘柄は?

ビール系飲料は、当然昔はビールだったわけですが、時代の流れに乗って雑酒、リキュール類になっています。

ビールはキリンですね。子供の頃に、オヤジが飲むキリンラガー瓶の泡をよく飲んでいた。

飲んでいたというか、おもしろがって泡を食べていました。

だからか、今でもラガー飲むとこれぞビール!

そんな気がします。

若い頃は、ビールは数杯だけでしたが、今は大丈夫です。

好きなお酒は?と聞かれたら「ビール」と言うでしょう。


ラガー、一番搾りでしょうか。


自宅で飲むものは、経費削減のおりキリン淡麗、そしていまはサントリーのスーパーブルー・・・。

安いからと言う理由で、変化していきましたが、今は淡麗よりもスーパーブルーがうまい。


これは好きで飲んでます。まあ、懐に余裕があったら、ラガーでしょうか・・・。


それともう一つ追加。

この先どうなるのかな?

一時期店頭にもよく並びました

「銀河高原ビール」

高いけど我が家(私と妻)の口にはとってもよく合いました。

お高いので週末のみ買ってましたね。

最近飲んでないけど、作り続けてくれぇ!!

日本酒も結構好きです。これは特に銘柄にこだわりはないです。

ただ純米酒であればOKです。


ダイレクト樽酒

↑これは日本酒におがこ(おがくず=杉の粉)をいれたもの。即席樽酒を林業家の方が造ってくれました。

酒はたいしたことないモノですが、とってもうまい。ただし、かすが口の中に入ってくる・・。


あ、ブログ出だしではテンション低かったけど十分に酒好きですね。

強くはないのですが。


おっと、忘れるところでした。


自作梅酒。これまた旨い。H16モノは1年以上経ちまして結構いい琥珀色になっております。

来客があったときは、グラスに氷と梅酒でお出ししております。


H17モノは少し奮発、ちょっと高い焼酎で漬けております。

できあがるのが楽しみですね。


【Q3】最近最後に飲んだ店は?



店の名前は忘れましたが居酒屋です。


一週間半前に週末起業大學に参加しまして、そのうちあげです。

久しぶりに楽しい、語り合える飲み会だったと思います。


少なくとも、同じ目標を持つ仲間と飲むのは、学生時代の飲み仲間と飲む感じに近いですね。


夢を語ったり、他人の夢に口出したり・・。


会社の飲み会とは天と地との差がありますです、ハイ!


【Q4】よく飲む、もしくは思い出の飲み物は?アルコールじゃなくてもいいです。


あえてノンアルコールで。


今1分考えました。


水!


これが一番です。


普段はあって当たり前。だけど最近飲んでいない水道水。うちは一応浄水器を通しては飲んでいるけど、そのほとんどは薬飲むときくらいかな・・。


今はわかりませんが、高校生の頃、まだ16、17歳の頃。自転車で実家の茨城から青森まで旅しました。


このときに飲んだ、岩泉駅前の水道水。

夏の暑さしのぎの水を汲みに行ったのですが、冷たくて、冷たくてとっても美味しいことといったら。


駅前土産屋のらくがく帳?に水が旨かったこと記しました。もう16年も前なんですねぇ・・・。


また飲んでみたい。


【Q5】 ジョッキ渡す4人


curiositaさんも書いていたけど、これは難しい。

同じ目標を持つ、一度飲んでみたい方として勝手にお願いしてみましょう!


NPO法人設立運営★会長日記・・・のタイトルで始まったブログ のe-proさん


咲蓉子の官能な日々 のkuriharasayokoさん


前進あるのみ! のhibizensinさん


そして

★★部屋とポルシェと私★★ のさくらいさん

ご迷惑でなければお願いします。

いつかグラスをかたむけましょう。



入社後、毎月給料がもらえて、年末にはボーナスまで。

実際は親への借金返済などに消えましたが、学生時代のアルバイトでは考えられません。

自分が働いた時給のほかにもらえるのですから。




このときの喜びが会社依存、自分では考えなくなる、脳細胞の萎縮へと導いたのでしょうか。






新入社員が賞与をもらえるだけ稼いでいるわけはない。(他の会社、業種ではあるかもしれませんが)


社会を知らないうちに、会社って美味しいところだ!そう擦り込まされているのかもしれない。


一度美味しい思いをしたモノは、なかなかそこから抜け出せない・・・・。


薬物、バクチ・・・・・これらを説明する言葉のようだ。



でもこれはサラリーマンの危険性ではなかろうか。




現実はそうなのだろう。




当初の見込みとは違うことに気がついても、その器から出ることはない。


いや出る方法を知らないのだ。




それ以前に、出るという発想がすでになくなっているからではないか。




私も言葉にして初めて



気がついた



自分で稼ごう!


そう思ったことが、器の外にも世界があるということの



気付きではないだろうか?



雇う側の論理の中、井戸の中に閉じこめられていたのではないか。

昨日娘とテレ朝で放送中の


「マジレンジャー/仮面ライダー響鬼」


の劇場版を見に行きました。


マジレンジャーはご存じの通り、かつて見ていた


「ゴレンジャー」


の流れです。


これが見るとおもしろいです。子供用にストーリーが簡単にされているため、毎回放送するストーリーの着目点がはっきりとしているのです。


たとえば、今回は「友情」とか、「勇気」とか・・・。


子供だましではなく、結構脚本がしっかりしているのではないでしょうか。


劇場版もおもしろかったですよ。


主人公の恋の行方がところどころ見え、また、マジレンジャーの背景が描かれており、テレビではまだそこまでの様子は描かれてないと思いますので見る価値はあると思います。


仮面ライダー響鬼の方は、マジレンジャー以上にしっかりした、と言うか、子供には難しいのではないでしょうか。

テレビ放送では一話完結が少ないです。これは、親を対象にしているのか?そんなストーリーです。

主人公が、細川茂樹(元日経新聞CF)であることからも伺えます。


そんな響鬼ですが、通常は毎週見ることができないことが多く、なかなかストーリーをつかめないのですが、映画版はおもしろかったです。

少年”明日夢”君の目で見たストーリーでした。


そろそろ上映期間が終わるのでは?


お子さんがいる方は一度いかがでしょうか。



会話

テーマ:

昨日、ブログをとおして知り合った方とお話しする機会がありました。


ここ最近、自分の中で目指すものが形づけられつつあるのを感じていましたが、やはり自分以外の頭を使わせて頂くと、発展しますね。


自分の「脳細胞」も確実に活性化してきているようです。





「よ~く寝たなぁ。そろそろ活動するかぁ!」




そんな感じです。





事業計画段階へそろそろ入ろうかなと思います。




ワクワクしています。



PS.貴重な時間をありがとうございました。

「佐藤 安弘・・・キリンビール相談役(日経「私の履歴書」)」より


私が日経新聞をしっかりと読み出したのは1年ちょっと前からである。

しかも文化面を読み出したのはさらについ数ヶ月前から。


この「私の履歴書」はおもしろい。

掲載している人の人柄がよく現れています。


標題の言葉はまさに私も大事にしていること。



普段はどんなにカッコイイ言葉、きれいなことを言えても、いざなにか起きたときにその言葉通りに行動できるか?


それは、非常事態を起こりうることとして想定していたか、落ち着いて平常心で周りを見渡すことができるか。


そして、行動に移せるか







普段はバカをやっていてもいい・・・。







芯が強い男であれば・・・・・。

(女性でも同じですね)


そんな人には、


「ライバルに負けて悔しいから泣ける」


そう言う部下が育つのですね。



カッコイイ社長だったのですね。




私もそんな人間に、社長になりたいものです。




「カール・W・ビューナーの言葉・・・(フランクリンプランナー)より」


とっても身にしみます。


高校生くらいの頃から、


「あ!言ってしまった・・」



そう思うこと多々あります。


一言多い、よけいなことなんですね。


本当は蛇足ではなく、相手の気持ちを考えてないのでしょう。

なんか他人事のようですが。




記憶力の悪い私でも、言われた言葉を忘れても、はらわたが煮えくりかえるような思いは残っている。



これは経験ありますね。






おそらく、そんな意味で言ったのではないのだろう、そう思っても相手の前言の確認はしないものです。




全く自分にも当てはまります。




あ、でもその逆もまた真なり。でしょうか・・・・・。



プラスにすることができれば、とってもいいことですね、お互いに。




「ありがとう」





お互いをプラスにするとっても良い言葉です。





「どうも」


「すみません」


をやめて



「ありがとう」


習慣付けのため多用しています。



ようやく恥ずかしさが少なくなってきました。




迷わず、はっきりと!!




「ありがとう」




気持ちいいですね。