1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月29日(日) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【西首塚】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、東軍・山内一豊陣跡でした。
今回は、関ヶ原合戦の戦没者達が埋葬されているという、西首塚です。

西首塚4

当時の関ケ原の領主・竹中重門(たけなか しげかど)家康の命で、
関ヶ原合戦で散って逝った西両軍の兵士達を、
西の2箇所に埋葬しました。
といっても、東軍西軍で分かれているわけではないようです。

ちなみに、当時は『東軍』『西軍』という呼び方ではなかったそうですね。

西首塚3

さて、ここ西首塚には、
江戸時代に建てられたという
『千手観音』と『馬頭観音』が安置されているお堂があります。
現在はこじんまりとしていますが、
当時は今よりも規模が大きかったそうですよ。

首塚には数千人の戦没者達が埋葬されているそうです。

西首塚2

真ん中の大きな木は当時からのものでしょうか?
木の下には随分と古そうな墓石もありました。


関ヶ原合戦で華々しい活躍をした名将達の光の影では、
多くの名もなき戦士達が散って逝きました。
その数は、数千人ともいわれています。

みんなひとりひとり、
顔も名前も性格も、好きも嫌いも、得意も不得意もありました。

けれども彼らの名前も生きた証も、
きっと満足には残っていないかもしれません。

それでも、こうして近隣の方々によって、
今も尚供養され続けていることで、
そしてそんな戦士達がいた事を語り継がれ、思い出される事で、
きっと救われているのではないでしょうか。

西首塚1

関ヶ原合戦影の功労者、もとい、真の功労者である彼らに合掌。




関ケ原陣跡めぐり、次回は東首塚です。







仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月25日(水) 07時00分00秒

《告知》6月は仙台でぶっちぎるぜ!

テーマ:◆ライブ情報
芸能人で誰がタイプ? ブログネタ:芸能人で誰がタイプ? 参加中

  
「ブログネタ」の今回のお題はコレ!!

『芸能人で誰がタイプ?』


・・・そんなの決まっておろう!!!

宮内タカユキさんだぁぁぁ!!(即答)

カラオケ宮内さん

ぶ っ ち ぎ る ぜ !!


はい!どーも、です。
こんにちッショイ!!

仁王も宮内タカユキさんが大好きです。

仁王は、幼い頃から父の影響もあり宮内タカユキさんの歌を聴いて育ちました。
仮面ライダーが好きな父と一緒に「仮面ライダーBLACK RX」を熱唱したり…

特撮ソングもアニソンもバラードも全部好きです、大好きです!

もうほんとカッコイイキラキラキラキラ
カッコイイのに優しくてキラキラキラキラ
力強くて勇気が湧いてきますキラキラキラキラ
そして癒されますキラキラキラキラ

もうね、、、
特に仁王のお気に入りの歌で
『ゴセイナイトは許さない』っていう歌があるのですが、
とにかく!!!この歌、めっちゃオススメ!!!
仁王軍の皆も是非聴いてみてくださいっ!!
そして歌詞!!!!!
歌詞も込みで、よぉーーーく聴いて欲しいです。


・・・おっと、
ついつい長々と語ってしまいそうなので、ココで一旦自粛しますね。

そうなんです、、、
今日は、すっっっごく嬉しいお知らせがあるのです。

……と、いうワケで、一旦仕切り直し!!!


宮内さんと仁王


皆さま、こんにち和心
和心を詠って伝える伝道師(アーティスト)です(^o^)人(^_^)!


いよいよ5月も半ばですよ~!
この季節は、緑が生い茂って、
チョウチョが舞い踊ったり、イモムシが降ってきたり、
生き物達の活動も活発になる季節ですね。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか??


はといいますと…

あれは、ちょうど去年の今頃のことじゃった…。

私達は、畏れ多くも、
なななんと!!!

あの、アニソン界の大魔神こと
宮内タカユキさんとライブでご一緒させていただいちゃったのです!!!

宮内さんと2  宮内さんと♪

いやあもう!!ヾ(≧▽≦)ノ

は昔から、父の影響で、
宮内タカユキさんの曲をたくさん聞いていて大好きだったので、
まさかの出来事にドッキドキでした。
もう本当、感謝感激ぶっちぎりです。


あれから一年経ったのですね…。

0530宮内さん


そして今年。。。


ななな!!!なんと!!!!
そんな宮内タカユキさんと一緒に曲を創らせていただいておりますっ!!!

本当に本当にありがとうございますっ!!!

宮内タカユキさんの熱いヒーローソングと、の和心が織りなす、
今までに無かった、まったく新しい音の共鳴。
驚く程に響き合う、魂の響命!!!

とっっっってもいいモノが生まれそうです。
皆さま、ご期待くださいねヾ(≧▽≦)ノ

そして、更にありがたいことに、
今年もまた、宮内タカユキさんとライブでご一緒させていただける事になっちゃいましたあああ!!!
うわああああああああああああ!!ありがとうございますっ!!!


というワケで、
今年は仙台でのライブに出演させていただきます☆

2016/6/25(土)
~LIVE HOUSE enn 15th ANNIVERSARY LIVE~
宮内タカユキLIVE 2016 ~飛躍~ in仙台


出演:宮内タカユキさん、みちのくスーパーバンドさん、仁王(むく&ゆか)
ゲスト:牧野美千子さん

会場:LIVE HOUSE enn

OPEN 18:30 / START 19:00

注意チケットなど更なる詳細はコチラをご覧ください。
右矢印宮内タカユキ公式ブログ『ぶっちぎるぜ!!』キラキラ



宮内タカユキさんのライブは、本当にいつもパワフルで、
全力全開の宮兄の姿は、本当にカッコ良くて、
まっすぐ心に届くメッセージに心が奮えます。

当日は、宮内タカユキさんとの新曲発表も予定しております!


そしてそして!
翌日6/26(日)は、
君よ!歌っちゃえー♪ in 仙台~アニソン酒場 編~!!!

宮内タカユキさんの目の前で、
宮内タカユキさんの歌を歌えちゃう、
なんとも貴重な体験が出来ちゃうイベントです!!!
参加しているみんなが一つとなって、楽しい時間を過ごせる、
本当にあたたかい空間です(*´∇`*)

私たちも、宮内タカユキさんファンとして参戦予定です☆


皆さま、是非是非!
一緒にぶっちぎりましょう!!!キラキラキラキラ


更に…

畏れ多くも、、、
宮内タカユキさんの2016年ver.ライブTシャツタオル等のデザイン
私たちが手掛けさせていただいております。(大変恐縮!)

Tシャツ  
タオル01

宮内さんのカッコ良さ、優しさ、強さ、ポジティブなエネルギー等を、
一色だけで表現する為に色々と試行錯誤を重ね、
心を籠めて描かせていただきました。

タオル02

カッコ良く仕上がっているので、皆さんも是非ゲットしてくださいね♪
宮内タカユキさんのライブ会場各地で発売中です♪

宮仁王

皆も一緒に仙台でキラキラぶっちぎろう!!!音譜音譜音譜

れっつ・ぱーれー!!いやっはーお月様







仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








AD
いいね!(45)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年05月24日(火) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【東軍・山内一豊陣跡】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、東軍・本多忠勝陣跡でした。
今回は、東軍・山内一豊陣跡です。


東軍大将・徳川家康最初の陣・桃配山の付近に、
南宮山の敵を迎え撃つ形で、
山内一豊(やまのうち かずとよ/やまうち かつとよ)の陣が敷かれていました。

山内一豊といえば、関ヶ原合戦に至る前の小山評定で、
誰よりも早く、自分の居城である掛川城家康に提供すると発言し、
家康から絶大な信頼を得たという話が有名ですね。

しかし一説では、このアイデアは、
豊臣家三中老のひとり堀尾吉晴の次男・堀尾忠氏(ほりお ただうじ)によるもので、
以前忠氏一豊に相談したものを、評定当日、
一豊がちゃっかり我が物顔で実行してしまったという説もあるようです。

事実はわかりませんが、
歴史には色々な説があるから面白いですね(・∀・)

さて、そんな一豊ですが、関ヶ原合戦当日は、
南宮山西軍・毛利&長宗我部軍をおさえる形で陣を構えましたが、
東軍に内応していた吉川広家の働きによって、
毛利軍が動く事がなかったため、
激しい戦いをする事もなく、無事に帰還しました。

本戦で目立った武功を立てなかったとはいえ、
関ケ原には一豊の陣跡もございます(^_^)

山内一豊1

もう暗くなっちゃいましたが(笑)
よい子は明るいうちに行きましょう!

山内一豊2



そして。


名のある武将達の脚光には、
大切なモノを守るため全力で戦い、
散って逝った、名もなき戦士達が大勢いることをお忘れなく。

武功をあげ、名を馳せることこそなかったけれど、
彼らの働きなしでは、両軍の大将達はどうにもなりませんでした。

そんな名もなき戦士達こそ、真の功労者かもしれません。


次回は、戦没者達が埋葬されている西首塚を訪れます。






仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








AD
いいね!(37)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月21日(土) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【東軍・本多忠勝陣跡】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、西軍・島津豊久のお墓でした。
今回は、東軍・本多忠勝陣跡です。

本多忠勝4

徳川四天王であり、数々の戦に参戦しても、
傷一つないと言われている猛将・本多忠勝(ほんだ ただかつ)は、
関ヶ原合戦では意外にも軍監を務めていました。

武力だけでなく、知力も備えていたという事ですね。

忠勝の陣は、家康の最初の陣である桃配山を背に、
守るように配備されていました。

本多忠勝1

関ヶ原合戦の開戦のきっかけになった、
井伊直政隊&松平忠吉隊による抜け駆けは、
忠勝による開戦の催促がきっかけだったとも言われています。

本多忠勝3

はじめは軍監として参戦していた忠勝も、
西軍島津隊による敵中突破を食い止めるため、
井伊直政、松平忠吉らと共に死力を尽くします。

死闘の末、本多隊烏頭坂(うとうざか)島津義弘の甥、
島津豊久を討ち取るという手柄をあげました。(※諸説アリ)

本多忠勝2

やがて敵中突破をする島津義弘に戦意がない事を悟った家康は、
忠勝らに退くように命を下します。

こうして、関ヶ原合戦本戦は、
家康率いる東軍の勝利で終息となるのです。


…とはいえ、戦で目立った行動をとって名を轟かせる事はなくても、
関ヶ原合戦に参戦し、無事帰還したという方もいるのです。


というワケで次回は、東軍・山内一豊陣跡です!







仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(41)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年05月18日(水) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【西軍・島津豊久の墓】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、西軍・島津義弘陣跡でした。
今回は、西軍・島津豊久のお墓です。


島津豊久2

島津義弘(しまづ よしひろ)の甥である島津豊久(しまづ とよひさ)は、
義弘をなんとしてでも本国へ帰還させるため、
死を覚悟で戦いに挑みました。

島津
敵中突破
実はこのアイデアを出したのは、豊久だったとも言われています。

西軍の大敗を目前に、自刃を覚悟した義弘を、

島津家の今後の事を考えると、
 自分よりも、義弘に生きていてもらわなければならない』


と諭し、豊久は死を選んだのだと言います。

甥とはいえ、実の子同様に接していた義弘にとって、
苦渋の選択だった事でしょう。

それでも、豊久の意見を飲んだ義弘は、
なんとしてでも生きて薩摩へ帰る事を決意します。


こうして義弘は、四方八方を敵軍に囲まれた中を、
正々堂々と突破していきます。


島津豊久1

そんな義弘を守るため、
豊久烏頭坂(うとうざか)で、
徳川四天王である井伊直政&本多忠勝らと奮戦の末、
本多隊に討ち取られてしまいます。(※諸説アリ)


島津豊久4

またこの時、豊久率いる島津隊の鉄砲によって負傷した井伊直政は、
その傷が原因で翌々年に亡くなっています。


島津豊久のお墓は、
豊久がもたれかかったと言われている木の傍に建てられています。


島津豊久3


次回は、そんな豊久と奮戦した徳川四天王の一人、
東軍・本多忠勝陣跡を訪れます。



島津豊久5

島津義弘は、猫を戦場に連れて行っていたというエピソードがあります。
なので今回はタマも一緒なのです★

猫は時間帯によって目の色が変わるから、時計代わりにしていたそうです!

なんてカワイイ時計なんだろう(*´∇`*)







仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(39)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年05月15日(日) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【西軍・島津義弘陣跡】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、決戦地でした。
今回は、西軍・島津義弘陣跡です。

島津義弘3 島津義弘2

もともと、家康から上杉征伐の要請を受け、
薩摩(鹿児島)からはるばるやってきた島津義弘(しまづ よしひろ)でしたが、
東軍の連絡の不行き届きが原因で、
東軍としての戦意を喪失し、仕方なく西軍に属したといいます。

というのも、東軍の援軍として伏見城に訪れた際、
城を守る徳川家臣・鳥居元忠(とりい もとただ)に敵だと勘違いされ、
入城を拒まれてしまったのです。

かといって、三成の意見に賛同したわけでもなく、
また、本国でのお家騒動によって兵を送ってもらえず
少数の軍勢だった事により、三成から軽視されていたりで、
義弘本人としては、かなり不本意な戦いだったそうです。

こういった経緯で西軍に属していた島津隊は、
関ヶ原合戦当日、三成の命に従う事もなければ、
これといって率先して戦う事もなかったといいます。

それでも、優勢な東軍に寝返る事もなく、
西軍の大敗を目の当たりにした義弘は、
薩摩隼人の意地を見せつけるがごとく、驚きの行動に出ます。


背後に退いては島津の名を汚すー。


それならばと、義弘は正々堂々と関ケ原の中央を駆け抜けると、
東軍大将の家康の本陣に突入する勢いで猛突進していきます。

島津義弘1

この時、家康を守る為に立ちはだかったのが、
徳川四天王である井伊直政本多忠勝でした。

島津隊中央突破は激戦となり(烏頭坂の退却戦)
義弘の甥である島津豊久(しまづ とよひさ)は、
義弘の本隊を守るべく奮戦し、本多隊に討ち取られ、

家臣・阿多盛淳(あた もりあつ)は、
義弘の身代わりとなり討ち死にしてしまいます。

こうしてなんとか敵中突破を成功させた義弘でしたが、
はじめ300余いた軍勢も、
無事に薩摩に帰還出来たのはわずか80数名だったと言います。

しかし、義弘がとったこの行動は、
島津の家を、島津の名を、
後世まで語り継がれるほどの輝かしいものにしたのです。

島津義弘4


次回は、義弘敵中突破を成功させる為に命を張った甥、
西軍・島津豊久のお墓です。







仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(40)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月12日(木) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【決戦地】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、東軍・奥平貞治のお墓でした。
今回は、いよいよ決戦地です。

慶長5年9月15日。

午前6時頃、
西両軍布陣完了。

午前7時頃、
両軍対峙。

午前8時頃、
東軍・井伊隊&松平隊
による抜け駆けによって開戦。

午前11時頃、
なかなか決着のつかない両軍に業を煮やした家康率いる東軍前進。

正午頃。
ついに小早川秀秋が、東軍に属すことを決意、西軍猛攻撃を開始。

西軍大谷隊壊滅
敗北を悟った大谷刑部自刃

西軍・宇喜多隊&小西隊敗走

・・・いよいよ三成率いる西軍総崩れとなります。

勢いに乗ったの軍勢は、
西軍・石田三成に総攻撃を仕掛けます。

やがて総攻撃に耐えられなくなった三成は、敗走
伊吹山の山中へと姿を消しました。

関ヶ原合戦は、午前中で決着がついた、短い戦いでした。

関ヶ原決戦地1

その激戦地となった場所に現在は
『関ヶ原古戦場 決戦地』
という大きな石碑が建てられています。


関ヶ原決戦地2

かつて激戦があったとは思えないほど、
今はとてものどかな場所に、
両軍の旗指物が静かになびいています。



さて、三成敗走
これで家康率いる東軍の勝利。

そう、誰もが思ったであろう頃ー。


関ケ原薩摩隼人の意地が炸裂します。








仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(42)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月09日(月) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【東軍・奥平貞治の墓】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、西軍・大谷吉継(吉隆)陣跡&お墓でした。
今回は、東軍・奥平貞治のお墓です。

奥平貞治4

秀吉の黄母衣衆のひとりでもあった奥平貞治(おくだいら さだはる)は、
関ヶ原合戦では東軍に属していました。

合戦当日、貞治は、
あの小早川秀秋の監視役という大役を任されていました。

小早川秀秋といえば、
からも西からも寝返りのオファーがきていた、
いわば関ヶ原合戦のキーマンです。

そんな秀秋目付役家康から命じられるとは、
そうとう信頼の厚い方だったのではないでしょうか。

やがて秀秋東軍に寝返り、
西軍・大谷隊に攻撃を開始すると貞治は、
秀秋
の寝返りに戦意を喪失し離脱した松野主馬(まつの しゅま)のかわりに、
松野隊の先頭に立って西軍・大谷隊と奮戦します。

しかし、激戦の末、
貞治討ち死にされたと言います。

奥平貞治5 奥平貞治1

奥平貞治
のお墓は、後日子孫の方々によって建立されました。

奥平貞治3 奥平貞治2

激戦地
から少し離れた場所に、ひっそりと佇んでいます。


さて、次回はいよいよ決戦地です。







仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(38)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月06日(金) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【西軍・大谷吉継(吉隆)陣跡&墓】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、西軍・平塚為広の碑でした。
今回は、西軍・大谷吉継(吉隆)陣跡&墓です。

吉継の墓と仁王

三成の盟友である大谷吉継(おおたに よしつぐ)通称:刑部は、
その友情から西軍に属すと、病の身を押し、死を覚悟のうえ、
死装束で輿に乗って出陣したと言われています。

ちなみに、刑部関ヶ原合戦にむけて名前を
『吉継(よしつぐ)から『吉隆(よしたか)に改名しています。

改名の理由は、
1573年(天正元年)に起きた、若江城の戦い(織田信長VS三好義継)で、
信長に攻められ自害した三好義継(よしつぐ)と、
名前の響きが同じことを忌み嫌ったからだと言います。

吉継の陣跡
松尾山眺望吉継

関ヶ原合戦当日、予期していた小早川隊の寝返りを迎え撃つも、
予期していなかった脇坂隊・小川隊・赤座隊・朽木隊
相次ぐ寝返りによってさすがの大谷隊も壊滅してしまいます。

松尾山眺望地
松尾山眺望地から望む

そんな中、盟友である平塚為広から、辞世の句が届きます。

名のために 捨つる命は惜しからじ つひにとまらぬ 浮世と思へば
名誉の為に 捨てる命は 惜しくない 人の世は 限りあるものだから

最期を悟った刑部は、返歌を書き、陣中で自刃されます。

契りあらば 六つの巷に待てしばし 遅れ先立つことはありとも
共に散る約束があるのだから 六道の分かれ道でしばし待っていてくれ
遅れ先立つことは あるけれど


この時刑部は、家臣の湯浅五助(ゆあさ ごすけ)に介錯を命じ、
病に冒された醜い自分の顔を敵に晒してほしくないと、
自分の首を地中深くに埋める事を命じました。

主君の命通り、刑部の首を地中に埋めているところを、
東軍・藤堂高刑(とうどう たかのり)に発見された五助は、

「主君(吉継)の首の代わりに自分(五助)の首をもっていけ。
 そのかわりに、ここに主君の首を埋めた事は秘密にしておいてほしい」

と、願い出ました。

申し出通り五助の首を家康のもとへ持ち帰った高刑は、
刑部
の首の在処をたずねられると、

「五助との約束ですので、申し上げられません。
 どうぞ、私を処分してください」

と答えました。
これに感心した家康は後日、高刑に槍や刀を贈ったそうです。

また、寝返りが相次ぐ中、逃げも隠れも寝返りもせず、
最期まで戦った大谷隊に感心をした東軍・藤堂高虎は、
後日、敵方であるにもかかわらず、刑部の墓を建立させています。

大谷吉継1 吉継のお墓2

そして現在では、
刑部
の墓と並んで五助の墓もご子孫の方々によって建てられています。

関ヶ原、吉継参り 吉継墓地正面

険しい山中であるにもかかわらず、
いつ訪れても新しいお花が供えられています。

吉継のお墓1

次回は、東軍・奥平貞治の墓を訪れます。





仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(40)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月03日(火) 06時00分00秒

関ケ原めぐり【西軍・平塚為広の碑】

テーマ:◆関ケ原

みなさま、こんにちばん
和心を詠って伝える伝道師、です(^o^)人(^_^)

今ある私達の平穏な暮らしが、過去に散っていった、
数多くの犠牲の上に成り立っているということを常に忘れず、
その時代を全力で生き抜いた方々に、尊敬と感謝をこめて
手を合わせながら、がめぐる歴史ゆかりの地。

ただ今、関ケ原の陣跡めぐりをお届け中です★

前回は、東軍・藤堂高虎&京極高知陣跡でした。
今回は、西軍・平塚為広の碑です。

平塚為広2

大谷刑部と親しかった平塚為広(ひらつか ためひろ)は、
ともに三成を諌めるも、結果的に西軍に属します。

関ヶ原合戦当日は、
病で体調の優れない刑部の代わりに軍を指揮したといいます。

開戦すると、東軍・京極隊と激しく交戦します。

平塚為広3

やがて正午頃になると、東軍に寝返った小早川隊とも奮戦します。

小早川秀秋の寝返りは想定内だったので平塚隊が優勢でしたが、
まさかの脇坂・小川・赤座・朽木らの寝返りによって、一気に大混乱に陥ります。

負けを悟った為広は、討ち取った首に辞世の句を添え、
盟友である大谷刑部のもとへ届けさせると、戦乱の中に散って逝きました。

名のために 捨つる命は惜しからじ つひにとまらぬ 浮世と思へば


平塚為広1

次回は、そんな辞世の句の返歌を書いて散った、
西軍・大谷吉継(吉隆)陣跡&墓です。





仁王 Official Web Site :【仁王軍本陣@仁王幕府】
http://nioh.bakufu.org/index.htm
※仁王の詳しいプロフィール、芸歴、結成秘話、出演情報など

仁王公式twitter(@niooooo000h
※仁王の最新情報を逸早くお届け!

仁王CD情報一覧


最新仁王バナー

ひらめき電球「仁王」ブログ総合TOPへ 左矢印








いいね!(38)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。