SGS管理栄養士コラム

管理栄養士受験対策予備校SGSの
管理栄養士がお届けするコラムです。


テーマ:
SGSでは、次の管理栄養士国家試験に向けてのお勉強をスタートしています。
今週末は名古屋(6/14)、埼玉(6/15)、横浜(6/16)でセミナーを実施しますえ゛!

管理栄養士の資格は欲しいけれど、どうやって勉強すればいいのだろう?

とお悩み中のあなた!

SGSで、勉強して確実に合格を掴みませんかはてなマーク
まだまだ、お申込みは間に合いますよ!
詳しくはこちらから↓
SGS管理栄養士受験対策講座


さて、今回は今月のセミナーで学習予定の「社会・環境と健康」から、
疫学研究について取り上げたいと思います。

疫学研究には多くの種類があるため、
いきなりすべてを理解しよう!と意気込むと大変ですむっ

ですから今回は疫学研究のなかでも、よく比較して出題される
症例対照研究」と「コホート研究」について勉強していきたいと思いますきらきら!!


では早速・・・といきたいところですが、
疫学の分野は、日常生活ではまず耳にしない単語がヒョイヒョイ登場します354354

単語の意味がわからない→問題の意味がわからない

とならないためにも、まずは単語の意味について少し触れておきましょうビックリマーク


曝露』と『非曝露
曝露とは、曝(さら)されるという意味です。
ただ、さらされる?と言い換えてもまだ難しいですね。

こういう難しい単語は、具体例で理解しておきましょう。
喫煙を例に説明すると、

・タバコを吸っている人→曝露群(喫煙というリスクに曝されている人)
・タバコを吸っていない人→非曝露群(喫煙というリスクに曝されていない人)

となります。


症例群』と『対照群
症例群は、漢字から推測できるかもしれませんが、ある病気をもっている人です。
対照群は、症例群の反対の意味になります。つまり、ある病気をもっていない人です。

こちらも肺がんを例に説明すると、

・肺がんの人→症例群
・肺がんでない人→対照群

となります。


では、単語の意味が理解できたところで、
「症例対照研究」と「コホート研究」についてまとめてみましょう。


●症例対照研究
時系列:過去に向かって調査
調査時間:短め
費用:高額にはなりにくい
特徴:稀な疾患に適している


●コホート研究
時系列:未来に向かって(追跡)調査
調査時間:長め
費用:高額
特徴:時間もお金もかかるが信頼性が高い

実際に研究を行うとなると、こんなにシンプルではないのですが、
国家試験の問題を解くのであれば、コンパクトにまとめることができるんですね。


以上のように、疫学研究は2つの研究を比べて出題されることが多いので、
“何が違うのか”に注目して勉強を進めてみましょうえ゛!

では、問題を解いてみましょうビックリマーク


問 症例対照研究に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)症例群と対照群で、過去の要因曝露状況を比較する。
(2)症例群と対照群を一定期間追跡して、予後を比較する。
(3)症例群と対照群に、試験薬と偽薬(placebo)を投与する。
(4)コホート研究よりも、要因曝露情報が正確である。
(5)コホート研究よりも、時間がかかる。




ダウン解答ですダウン




答(1)
(2)⇒コホート研究についての記述です
(3)⇒介入研究についての記述です
(4)正確である⇒正確ではない 
(5)時間がかかる⇒時間はかからない 


難しそうな内容も考え方ひとつで、シンプルに理解できるようになりますきらきら!!
SGSでは、「難しい内容シンプルでわかりやすい内容」に変換して学習していくことに重点を置いています。
国家試験問題は難しい」と1度でも感じたことがある方にこそ、おススメですよ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。