鳩山由紀夫首相は13日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し「5月末の期限をつくったので、国民との約束の中でできる限りのことはするが、すべて果たされるかどうかもあり、6月以降も詰める必要があるところがあれば努力する」と述べた。自ら公言してきた「5月末決着」は困難との見方を表明すると同時に、6月以降も首相として自ら交渉を継続する意思を初めて示した。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は地元自治体、連立与党、米国の同意を得た上で5月末までに決着させるとしてきた。政府は既に5月末決着を断念しているが、首相自ら認めた。

 平野博文官房長官が12日夜、鹿児島県徳之島町の町議と会談し、基地機能の一部移転への協力を求めたことについて、首相は「大変厳しいという話はうかがった。ただ、意見をうかがうのは大変大事で、これからも続けていく必要があるし、政府の考え方に理解を深めてもらえるよう努力したい」と語った。【青木純】

【関連ニュース】
普天間移設:政府原案「辺野古周辺」明記
普天間移設:米との交渉優先を 亀井担当相
普天間移設:官房長官が徳之島町議5人と会談
普天間移設:鳩山首相「月末までにできる限り」
普天間移設:平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ

「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待―米の日本人研究者ら(時事通信)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
<交通事故>観光バスなど3台衝突 乗客ら12人けが 千葉(毎日新聞)
【風】気になる男性の本心(産経新聞)
AD