日本介護クラフトユニオン(NCCU)は2月19日、東京都内で第10回中央委員会を開催し、今年の春季労働条件交渉などについて提案した。賃金交渉では昨年に引き続き、全産業と介護従事者の賃金格差を段階的に埋めていくことを目標とし、月給制で平均1万円以上、時給制で平均60円以上の引き上げを要求するほか、定期昇給制度の導入拡大を進めることなどについて了承された。

 NCCUは、昨年から10年間の計画で、介護業界の賃金を全産業並みに引き上げることを目標としている。全産業の平均賃金が29万9100円(2008年賃金構造基本統計調査)なのに対し、介護業界は21万6489円(08年度介護労働安定センター調査結果)と、8万2611円の開きがあるとし、今年は月給制で平均1万円以上、時給制で平均60円以上の賃金引き上げを要求する。併せて、業界で導入が十分でない定期昇給制度の拡大を図るとしている。
 NCCUではこのほか、付帯要求項目として、▽時給制組合員の土・日・祝日の時給を3割増しにする▽ケアマネジャーの現任研修を受講する際は出勤扱いとし、研修費や交通費は会社負担とする▽時給制組合員が介護福祉士資格を持つ場合は、時給を1割増しとする―などを掲げている。
 NCCUでは、12年度の診療・介護報酬の同時改定に向け、今年の秋にも本格的な議論が開始されるとし、3月末までに政策提言をまとめて政府に提出するとしている。


【関連記事】
介護報酬改定による賃金アップは月6475円
介護報酬改定後、月9千円賃金アップ―厚労省が速報値
介護従事者の処遇の調査方法で議論―給付費分科会調査実施委
介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査
加算に振り回されないか-介護報酬改定、「プラス」の行方(上)

<殺人容疑>夫が妻を? 静岡・掛川(毎日新聞)
<鳥インフル>「感染源は不明」最終報告 愛知・豊橋(毎日新聞)
雑記帳 鉄腕アトムの五月人形を発売 群馬の人形店(毎日新聞)
練馬の幼児2人焼死、押し入れが火元か(読売新聞)
ノエビア前副社長再逮捕へ 交際女性にも嫌がらせメール(産経新聞)
AD