スカパーJSATホールディングス(HD)が10日発表した2009年4~12月期連結決算によると、売上高が前年同期比3・0%減の1045億円、最終利益が同83・8%増の58億円で減収増益だった。前年同期に売却した衛星回線事業の減収分が響いたものの、コスト削減効果に加え、不況による「巣ごもり消費」で多チャンネルテレビ放送を視聴する契約加入者が増えたことが増益要因につながった。

 2010年3月期の通期業績予想は、売上高が前期比3・7%減の1400億円で減収となるものの、最終利益が同97・7%増の80億円と大幅増益を見込んでいる。今年1月に営業利益以下の各利益項目を上方修正した。

【関連記事】
ギャラ高い? 復活ロマンポルノ低予算でも1500万円
オシム氏、スカパーでW杯解説「口のフィジカル整えた」
サッカー関係者の7割が「国内のサッカー中継に不満」
ヨン様復帰!スカパー!で独占インタビュー
CS・ケーブルテレビ各社、HD番組拡充 高画質化 視聴者獲得の目玉

防衛コンサル事件、判決は3月29日最終弁論 脱税の無罪あらためて主張(産経新聞)
日本ケミコン、36億円申告漏れ 中国子会社への輸送費負担、寄付金認定(産経新聞)
ノリタケ元社員を逮捕=業務上横領容疑-愛知県警(時事通信)
山崎拓氏を自民党シンクタンク所長に(産経新聞)
ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞)
AD