【 infomation 】
 

テレビ 出演情報 

BeeTV

『 いい大人がハマる世界 』
心霊の回にVTR出演

 
CD DVD のご案内 

池田武央のオフィシャル取材奇行
かごめかごめ降霊

池田武央のオフィシャル取材奇行
ひとり降霊…来る!

池田武央のオフィシャル取材奇行
怨憎籠の森
~時代から取り残された森~


星空 心霊研究家 池田武央 事務所 


星空 池田武央オフィシャルファンクラブ


星空 Facebook(フェイスブック)でも
池田武央情報を公開しています。

心霊研究家池田武央STAFF




テーマ:


皆さん、お久しぶりですビックリマーク

今回の写真は、縁あって猫地蔵のあるお寺さんに行った際の写真と、5月に入り、牡丹の花が綺麗に咲いていましたので、その写真です。

猫地蔵を見るのは、初めてでした。

ところで、話しは変わりますが、皆さんにとって「廃墟」と聞いた時に、どの様なイメージを持つでしょうか!?

「廃墟」それは、人が住まなくなった建物、「廃墟」それは、夢の残骸、「廃墟」放置された建物、等々…

「廃墟」になってしまう建物の理由は、それぞれですが、「廃墟」となってしまった建物自体の思いとは、あるのでしょうか、それとも、無いのでしょうか…!?

なんて事を、思ってしまうような事がありまして、「廃墟」になってしまった建物は、人が住んでいる建物との雰囲気や、気の流れの差が、余りにも大きなものになってしまう事に、改めて考えさせられる機会を、最近、得る事がありまして、その「廃墟」に付いて少し書いてみたいと思います。

「廃墟」、「廃墟」に漂うもの達の念は、限り無く続く執念に似た想いであり、言葉では表現できないものです。ただ、維持できなくなって、そうなってしまった理由として共通している点をのべるとしたら、例えば、経済的な事、人間関係、理想と現実の温度差、等々、建物が「廃墟」になる理由は、まだまだあると思いますが、私は、人が生きるというか、生き抜く為に必要な要素が、「廃墟」になってしまう理由とよく似ているように思えるのですが、そう思うのは、私だけでしょうか!?

経済的な事、人間関係、理想と現実の温度差、人が、学生から社会人になって、最初の受ける試練に非常に似ていると、私は、思います。

人生の中に「廃墟」を作ってしまう様な生き方は、したくないものだと思えるのですが、皆さんは、どのように思うでしょうか!?

今回も、とりとめのないものになってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m



池田 武央
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。